ヴォーリズ建築保存再生運動 一粒の会 BLOG

2016-06-22

7月2日(土)石井和浩さんを偲ぶ会 開催

去る2015年12月27日早朝、ヴォーリズ建築歴史的建造物の保存再生を通じ、

人にやさしいまちづくりを目指して活動されてきた石井和浩さんが永眠されました。

つきましては、故人の功績を称え、

石井和浩さんの思いである人と人との出会いやきずなを今後につなげていくことを目的として

石井和浩さんを偲ぶ会」を企画いたしました。

ご出席いただけます場合には、お名前・ご住所・お電話番号・所属をお書き添えのうえ、ご連絡ください。ご参加をお待ちしております。

f:id:hitotubunokai:20160622111735j:image

 日 時:2016年7月2日(土) 午後1時〜(1時間程度)

 場 所:日本キリスト教団 近江八幡教会

〒523-0865 近江八幡市為心町中1

電話 0748−32−2480(直接の問合せはご遠慮ください)


*会場には駐車場がございません。お車でご来場の場合は、

タイムズ近江八幡仲屋町(有料)をご利用ください。

 内 容:

開式/黙とう/追悼の言葉/弔辞/在りし日の石井和浩さんの想い出(スライド)

/送る言葉/ご遺族の言葉/閉式

*閉式後、旧郵便局近江八幡まちや倶楽部等、故人が関わられた建築物の一

部を見学していただける予定です。詳細は会場にて説明します。(〜17時まで)

 参加費:1,000円

(会場設営費等。参加費以外のお心遣いはご遠慮させていただきます。)

*残額が発生した場合は故人が取組んで来られた活動に寄付させていただきます。

 申込み・問合せ:石井和浩さんを偲ぶ会実行委員会事務局

 住 所:〒523-0862 近江八幡市仲屋町中8番地 旧八幡郵便局

 電話・FAX:0748-33-6521 メール: hitotubu97@ex.bw.dream.jp

*電話は、平日(火曜日休み)午前10時〜12時、土・日曜日午前10時〜午後3時

 主 催:石井和浩さんを偲ぶ会実行委員会

2016-06-16 雨の旧八幡郵便局

今日も雨の旧八幡郵便局

明るい雰囲気になるといいなあと、再び花を置いて下さいました。

f:id:hitotubunokai:20160616105556j:image

f:id:hitotubunokai:20160616105558j:image

f:id:hitotubunokai:20160616105557j:image

写真を撮る観光の方が、花を見てにこっとしておられました。

ホッと癒されていただけたら幸いです。

昨日は大阪から中学生がまたたくさん来館して下さいました!

にぎやかな中学生たちに圧倒されていると、玄関で待機されていた若い男の先生が、

「いや、最近の子はおとなしいですよ、もっと元気でいいのに」

とおっしゃいました。

たしかにゲームやスマホ全盛のこの時代、静かな子が増えているのかな。

視覚ばかりで、五感を使えない子も増えているとか。

近江八幡は、近江商人の発祥の地でもあり、自分で何かを興そうとするエネルギーがじわっとみなぎっているまちだと思います。まちのあちこちに、それはさりげなく、あります。

近江八幡のまちを歩いて、五感でなにか感じ取って帰ってくれたらいいですね。

事務局HY)

2016-06-13

ヴォーリズ記念講演会 「ヴォーリズと吉田悦蔵の明治・大正期 〜吉田家に残る資料を通して〜」

今回はNPO法人ヴォーリズ精神継承委員会さんからの情報です。

 

 

ヴォーリズ記念講演会

ヴォーリズと吉田悦蔵の明治・大正期 〜吉田家に残る資料を通して〜 」

 

講師 吉田与志也氏

日時 6月25日(土)13:30〜

場所 学校法人ヴォーリズ学園 西館1階大教室

ヴォーリズの右腕として活躍した吉田悦蔵氏を祖父にもつ吉田 与志也(よしだ よしや)氏が、吉田家に残る資料をもとに独自に研究された近江ミッションの歴史とヴォーリズについて講演されるそうです。

 

※ お申込みは不要です。

※ お問い合わせは下記ページを参照ください。

http://vories-academy.org/?p=777

 

f:id:hitotubunokai:20160613190455j:image

2016-06-08

梅雨の旧八幡郵便局

今日は曇り空の旧八幡郵便局です。

しかし朝からたくさんのご見学の方々で賑わっています。

高槻からの中学生のみなさん。

「いまから八幡山登山をする」という20名ほどのシニア世代の元気なみなさん。

昔この郵便局で働いておられた井狩さんも、お散歩がてら寄って下さいました。(88歳になられたとか!まだまだお若い!)

以前、旧郵便局で植えたお花のプランターですが、枯れてきたものは摘んだり、栄養をあげてみたりのケアが必要です。

植えたその時は美しく、充実感もいっぱいだったんですが、それを継続させ花を咲かせ続けることには努力が必要です。

NPO活動にも同じことが言えるような気がします。

立ち上げた時は、華々しく、やる気に満ち溢れているのですが、それを維持し継続させることは難しい。

水をやり、肥料を入れ、土を改良し、陽のあたる場所に移動させたり、新しい苗を植えたり。

そうして成長してきた一粒の会も、もうすぐ20年目です。

事務局HY)

2016-06-04