ヴォーリズ建築保存再生運動 一粒の会 BLOG

2016-07-07

7/5八幡中学校のみなさん来館

7月5日猛暑のなか14時より、地元八幡中学校の生徒さんと先生200名あまりが旧八幡郵便局を見学されました。

『「旧八幡」の市街を散策し「ふるさとの良さ」を自分の目と耳で確かめ、考える』というテーマです。

石井和浩さんも八幡中学校の卒業生で、石井さんを通じて数年前より八幡中学校の旧郵便局見学がはじまったそうです。


「二階からの風をとくに感じてもらいたい」と担当の先生が事前におっしゃっていました。先生も、ヴォーリズ建築の良さに気づかれた一人です。生徒のみんなにも何かを感じてかえってもらいたいと熱く繰り返しおっしゃっていました。

そこで、開けられる窓はすべて開けました。二階からは八幡山ロープウエー、八幡瓦の屋根が見え、私も好きな場所です。暑い中にも、さわやかな風が吹いてきました。


子どもたちも先生も、汗だくで・・・旧郵便局のなかは、ひんやりしていたので、少しは涼んでもらえたかな。


ヴォーリズ建築にしても、町家にしても、人によっては「ただのボロイ建物」と取る人もいます。

私は、古い家は「おじいちゃんのしわ」のようだと思うときがあります。

新築の家は、赤ちゃん。誰が見ても無垢で、綺麗です。もちろんそれは美しい。「新しい」という値打ちです。

しかし古い家には、おじいちゃんのしわもように、経験に裏打ちされた渋さや重みや、歴史があり、味わい深さがある、と思うのです。「古い」という値打ちもある、と感じるのです。

もうすぐ100歳の旧八幡郵便局にも、毎日たくさんの方が来て下さいます。

ぜひ、ヴォーリズさんの優しさと、古い建物のもつ味わいを、感じて帰ってくださいね。

事務局HY)

2016-07-06

6/28トップライトの改修

かねてよりひび割れが気になっていたトップライトの改修が行われました。

f:id:hitotubunokai:20160706114501j:image

f:id:hitotubunokai:20160706114502j:image

f:id:hitotubunokai:20160706114503j:image

f:id:hitotubunokai:20160706114504j:image

f:id:hitotubunokai:20160706114505j:image

郵便局で働く人たちが明るい環境で過ごせるよう設けられた、大正時代には斬新な天井のトップライト。

ヴォーリズさんの優しさが感じられる、1階ホールのみどころのひとつです。

二階のベランダから修理していただきました。

キラキラ輝いています!

事務局HY)

2016-07-05

石井和浩さんを偲ぶ会が開催されました。

f:id:hitotubunokai:20160705122738j:image:w640

八幡郵便局金沢の川上幼稚園、大丸の設計担当者である佐藤久勝の自邸・・・

その他多くのヴォーリズ建築や、歴史的建築の保存再生に尽力されてきた石井和浩さんが、昨年の2015年12月27日に急逝され、その偲ぶ会が7月2日に開催されました。

当日は会場近くにある石井さんが関わられたヴォーリズ建築歴史的建造物などでも、特別開館や石井さんが出演されたテレビ番組の上映などのイベントが行われました。

近江八幡に全国から80人以上の方が駆け付けてくださり、石井さんの想いと、その功績を改めて確認する事が出来ました。

2016-06-22

7月2日(土)石井和浩さんを偲ぶ会 開催

去る2015年12月27日早朝、ヴォーリズ建築歴史的建造物の保存再生を通じ、

人にやさしいまちづくりを目指して活動されてきた石井和浩さんが永眠されました。

つきましては、故人の功績を称え、

石井和浩さんの思いである人と人との出会いやきずなを今後につなげていくことを目的として

石井和浩さんを偲ぶ会」を企画いたしました。

ご出席いただけます場合には、お名前・ご住所・お電話番号・所属をお書き添えのうえ、ご連絡ください。ご参加をお待ちしております。

f:id:hitotubunokai:20160622111735j:image

 日 時:2016年7月2日(土) 午後1時〜(1時間程度)

 場 所:日本キリスト教団 近江八幡教会

〒523-0865 近江八幡市為心町中1

電話 0748−32−2480(直接の問合せはご遠慮ください)


*会場には駐車場がございません。お車でご来場の場合は、

タイムズ近江八幡仲屋町(有料)をご利用ください。

 内 容:

開式/黙とう/追悼の言葉/弔辞/在りし日の石井和浩さんの想い出(スライド)

/送る言葉/ご遺族の言葉/閉式

*閉式後、旧郵便局近江八幡まちや倶楽部等、故人が関わられた建築物の一

部を見学していただける予定です。詳細は会場にて説明します。(〜17時まで)

 参加費:1,000円

(会場設営費等。参加費以外のお心遣いはご遠慮させていただきます。)

*残額が発生した場合は故人が取組んで来られた活動に寄付させていただきます。

 申込み・問合せ:石井和浩さんを偲ぶ会実行委員会事務局

 住 所:〒523-0862 近江八幡市仲屋町中8番地 旧八幡郵便局

 電話・FAX:0748-33-6521 メール: hitotubu97@ex.bw.dream.jp

*電話は、平日(火曜日休み)午前10時〜12時、土・日曜日午前10時〜午後3時

 主 催:石井和浩さんを偲ぶ会実行委員会

2016-06-16 雨の旧八幡郵便局

今日も雨の旧八幡郵便局

明るい雰囲気になるといいなあと、再び花を置いて下さいました。

f:id:hitotubunokai:20160616105556j:image

f:id:hitotubunokai:20160616105558j:image

f:id:hitotubunokai:20160616105557j:image

写真を撮る観光の方が、花を見てにこっとしておられました。

ホッと癒されていただけたら幸いです。

昨日は大阪から中学生がまたたくさん来館して下さいました!

にぎやかな中学生たちに圧倒されていると、玄関で待機されていた若い男の先生が、

「いや、最近の子はおとなしいですよ、もっと元気でいいのに」

とおっしゃいました。

たしかにゲームやスマホ全盛のこの時代、静かな子が増えているのかな。

視覚ばかりで、五感を使えない子も増えているとか。

近江八幡は、近江商人の発祥の地でもあり、自分で何かを興そうとするエネルギーがじわっとみなぎっているまちだと思います。まちのあちこちに、それはさりげなく、あります。

近江八幡のまちを歩いて、五感でなにか感じ取って帰ってくれたらいいですね。

事務局HY)