Hatena::ブログ(Diary)

虫、たべてくれませんか。

ブログのもくてき

ここ数年、昆虫食への注目度が高まっています。

僕(むしはし)はブームといってもいいと思っています。

しかし、皆さんにとって「昆虫食」と「科学」は遠い存在なのではないでしょうか?

何故、昆虫食を嫌うのか。本当に虫を食べる必要があるのか。世界では昆虫食についてどのようなことが考えられているのか。

このブログでは、昆虫食と科学との橋渡しの役割を担えたらいいな、と思っています。

※ここでの記述内容は僕の個人的な見解であり、唯一絶対のものではありません。すべての話を一般化されると、昆虫食界に偏った印象を与えてしまう恐れがあり、僕個人としては不本意です。ですので、すべての記事に自信がつくまで本文の無断転載はお断りさせていただきます。僕の発言に対しては、常に疑いの目を持っていただけるよう、よろしくお願いいたします。

※2011.1.18追記 むしはしの記事の更新が停滞しています。これは学術発表とネタが被るんじゃないかと不安になってきたからです。本当は主張したいことや訂正したいことがたくさんあるのですが、どうしようか悩んでしまいます。 ですが、昆虫食に関するご意見ご質問などはいつでもお受けいたしますので、ご遠慮無くメッセージをいただけたら嬉しいです。もっと熱いディスカッションがしたい!!

メールアドレスはプロフィールに記載しています。

※2011.5.1追記 ブログ更新がめんどくさくなっています。活動の場をtwitterに移行しました。

アカウント mushihashi

※2011.6追記 昆虫食を科学する研究会を発足しました!

食用昆虫科学研究会(E-ISM)

2011-01-11

3日坊主

となってしまいました。(カイコの話が)

すみません。。。そして明けましておめでとうございます。

ちょっと卒論の実験やらまとめやらしていたら。。。

しかしまだまだ実験は続きます。


今日ある場所を通り過ぎたら(食べもの系のとこ)

「???この辺りカイコのにおい(「匂」と「臭」のどちらにするか迷ってひらがなに)がする?!?!」

って思ってびっくりしたけど、カイコ料理ではありませんでした。

魚っぽい、香ばしいような感じ。


ちょっと学祭を思い出して懐かしかったです。

卒業までにもう一回ぐらいはカイコ料理作りたいです。



…なんかどうでもいいで日記ごめんなさい。

2011-01-10

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。遅いですけど。すでに成人式ですけど。

年始年末忙しくってあまり記事書けませんでした。


年末にうちのヘビ(命名:うねり)が脱皮しました。

財布に入れとくといいって言うけどなぜなのでしょうか。

2010-12-30

美味しいカイコ料理を作ろう (2)

と、いうことで私達は

ボンバーグ   と

カイコ入りチーズパン   を

作ることに!



材料を調達して、私の家に直行ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ



まずはカイコ入りチーズパンを作りました。

1)チーズパンミックス粉とカイコの割合が95対5

2)チーズパンミックス粉とカイコの割合が90対10

3)チースパンミックス粉だけ(対照区)


…なんか実験みたい笑


写真はコレです。

カイコ5%パンとカイコ10%パンの焼く前。

f:id:hiyokodaikon:20091014122500j:image


〜続く〜

2010-12-29

美味しいカイコ料理を作ろう  (1)

3年後期が始まる10月。


研究室に所属するようになるこの時期からは授業のコマ数がぐっと減ります。

それまでは1週間に20コマ前後あったのに、いきなり3コマに!!!

やったぁ(≡^∇^≡)

実際は自分の研究室のゼミがあったり、実験の練習があったりで忙しかったけど。


そんな中、F先生から貰ったカイコの蛹粉末で、

「ボンバーグを作ろうの会」を開くことにしました。


メンバーは

私、Tちゃん、Aっち、Fちゃんです。みんな同じ学科の子♪


とりあえず材料調達に近くのいなげや(スーパー)へε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ


ボンバーグの作り方を簡単にいうと、

ひき肉とカイコの粉末を混ぜて、カイコの臭いを消すためにスパイスをいっぱい入れて、

普通のハンバーグを作るときの材料を加えて焼くだけ。


つまり、ハンバーグにカイコの粉が入ってるだけ!

ひき肉とカイコを7対3の割合で混ぜたものなら、なんとか食べられるという情報を聞き、

今回はそれを基準に作ることに。


いなげやで材料を購入中…

「ねぇ、せっかくだからコレにもカイコ入れてみようよ」

と、チーズパンのミックス粉を提案した○○。(←誰が言ったのか忘れちゃいました…)



「だってさ、ボンバーグとパンを作るなら

ボンバーガー(ハンバーガー)ができるじゃん。」


〜続く〜

2010-12-28

カイコ料理を作ろうと思った訳 (4)

今日、むしはしさん(違う研究室だけど部屋は近い)と久しぶりに話しました。

頑張ってブログ更新しようという気持ちになれたので、年末年始は集中的に記事を書けたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。


-------------------------------------------------------------------


「先生、ボンバーグ(カイコのハンバーグ)作ってみたいです。」


…昆虫なんて食べたことないし、

このチャンスを逃すともう食べられない。

もしかしたら食料問題について自分の考えが深まるかもしれない。


今思えば、このとき勇気を出して先生にお願いして本当に良かったです。

実際に作って食べたことで、「もっと○○したい、××したい」と挑戦する気持ちが湧いてくるんです。


あ、

ちなみになぜカイコが入ったハンバーグを「ボンバーグ」と言うかなんですが

カイコの学名Bombyx mori(ボンビックス モリ)のBomとハンバーグを合わせたからですよ(*^▽^*)



そして先生にお願いしてから数週間後、

カイコの蛹粉末が届きました。


↓コレ↓

f:id:hiyokodaikon:20101229001055j:image

f:id:hiyokodaikon:20101229001054j:image


分かりますか?(携帯の写真なので見づらいかもしれません)

カイコの蛹は茶色の粉末です。



…ってか魚のエサじゃん(((( ;°Д°))))

これでちゃんとボンバーグ作れるのでしょうか???





「カイコ料理を作ろうと思った訳 編」おわり。

次からは「美味しいカイコ料理を作ろう 編」書きます☆