Hatena::ブログ(Diary)

Critique of games - メモと寸評


twitter

過去の記事

[↓はてなダイアリー移行前]

2002 | 12 | 11 | 10 | 09 | 08 | 07 | 06 | 05 | 04 | 03 | 2月以前
2003 | 01 | 02 | 03 | 04| 05-06| 09-12

カテゴリー別に見る

出版物への執筆/掲載など


『PLANETS vol.7』第二次惑星開発委員会/宇野常寛編,2010 所収
「ゲームと物語のスイッチ」ほか


『早稲田文学増刊U30』早稲田文学会,2010 所収
「認知的作品論」


『Review House 03』レビューハウス編集室,2009 所収
「批評」としてのゲーム実況動画―「反復性」の破壊と「一回性」の発生 / 黒瀬陽平(司会)×石岡良治×井上明人×濱野智史


(Chris Bateman,Richard Boon,松原健二(監訳),岡真由美『「ヒットする」のゲームデザイン ―ユーザーモデルによるマーケット主導型デザイン』オライリー,2009 所収 
「ゲーム市場の生態系とネットワーク構造の変化をどう捉えるか」

ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険
『ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険』青土社,2009
「リテラシーという解釈システム」


『未来心理 vol.13 』モバイル社会研究所,2008
「遊びとゲームを巡る試論-たとえば、にらめっこはコンピュータ・ゲームになるだろうか」
[ ! ]リンク先PDFファイルです。


ユリイカ2008年9月号 特集=太宰治/坂口安吾 無頼派たちの“戦後”
小島秀夫インタビュー(聞き手=井上明人)「ゲームという戦場から見た世界――『MGS4』という挑戦」


ユリイカ 特集=任天堂/Nintendo
「宮本茂をめぐって―コンピュータ・ゲームにおける作者の成立―」

その他の仕事リスト

2005.03.20(Sun)

[]優良図書指定にしたいゲーム

 おお、id:ConquestArrowたんがはてなの質問が終わったと思ったら、こんなのはじめたらしい。

 http://member.blogpeople.net/TB_People/tbp_2129.html

 いろいろなサービスがあるんですな。トラックバックを集積するためだけのURLかあ、なるほど。

[]有害/優良指定論議

 それはさておき、優良図書とゲームという話は、まあ、正直なところどうなのだろう。「優良図書」「有害図書」などといったものを国だとか、市だとかそういった公的機関が決めるというのがそもそもちょっと奇妙な現象である、というのはいまにはじまったことではないけれども。

 にしても優良/有害というのは、実際のところどういう根拠に立脚した形で議論してるんだろうか。マスコミ報道の中で暴力・エロ系のものが眉をひそめられるというような類の「良識」に影響されて議論されちゃったりするようなヘナヘナ感のただよう実情とかも本当にあるのだろうけれども、もし自分がそういうのを議論しなければいけない役職に無理矢理に就かされてしまった場合とか、どういう議論にもっていけばいいのだろう。なかなか想像がつかないな。

 とか思いつつググってみると、「有害図書撲滅」「有害」規制監視隊をとなえていらっしゃる大変にエネルギッシュなサイトを発見。がんばってください。

 これを見ていると、有害云々の議論は埼玉県なんかだと、一般から公募した「青少年健全育成審議会委員」などにまかせてやっているらしい。ほほー、そういうのに応募する人というのがいるわけだな。一般から応募するのは結構だが、「書類選考のあと、面接による第2次審査が行われ、5月中旬までに選考結果が通知される」とかって書いてあるが、その選考過程におけるイデオロギー的中立性の保障とは言わないまでも「社会的に望ましい意思」とか、っていうものはどのようにして保障されうるのだろうか?見た限りだと、県につとめてる公務員の面々が決めちゃってるようだけれども。就職試験じゃあるまいし。そんな制度でいいもんなのか。でもまあ、県職員とかも本人が保守っぽい人とかでもない限りこの応募をやってる職員当人達も面倒でたまらないのかもな、本当に。(少なくとも、自分が公務員でそんなことやれと言われたら、確実にダルい)

 他にも、CEROがやってるようなレーティング制度っていうのは単に年齢ごとに適正なものを決めるという程度の比較的温和なものだけれども、こっちは「有害」というきわめて強い表現なわけですけれども、そこらへんの差異を気にするのも面倒なのか、「CEROの基準を援用すれば、ま、いいんじゃね?」みたいな話になってたり、なかなかにダルさ全開。

[]ところで優良なものの根拠というのは何なのでしょうか。

 有害図書指定については、なんとかがんばって「科学的根拠」らしきものを発見しようとしているのが会議の様子などを読んでいるとわかるし、委員の方々も外野から突っ込まれないように武装しているのはわかるんですが*1、ググってみてもわからないのは、「優良図書」の論議。

 優良図書の「科学的根拠」らしきものを論じているのが見つからない。

 「オーイエス。この本からはマイナスイオンが出てるから確かに優良な効果があるヨ!!」みたいな論拠をゲットしたいわけですが、どうしてみんな、これについては何も口を挟まないのでしょ。もちろん有害図書指定になったら実際に書店において特定の年齢層に対して「販売禁止」という強い措置がとられることになり実効性のきわめて強い問題だというのはあるけれど、自分は『わが子に帝王学を』堀川たかしが、子供にとってどのように優良なのか知りたい次第。

 結局、優良図書を選定する基準として発見できるのは、東京都青少年の健全な育成に関する条例第5条、第8条及び第14条の規定に関する認定基準あたりで、

(1)社会の良識と倫理観念のかん養に役立つもの

(2)正しい知識と教養を深めるもの

(3)人間的愛情を豊かに育てるもの

(4)美に対する感覚を洗練し、豊かに育てるもの

(5)健全な娯楽作品として優れたもの

(6)思考力、批判力又は観察力を養うもの

(7)前各号のほか健全な心身の成長に役立ち、福祉の向上に資するもの

 という「科学的根拠」というよりは、価値の多元性を当然のように認めるという緩やかな方向性ぐらい。

 ここで見られるような、有害図書指定の時はやや絶対的な「科学的根拠」らしきものが必要とされ、優良図書認定のときは価値の多元性のようなところでヌルーく終わらせてしまえるという非対称性は一体どうしてなのだろうか。

*1:つっこみようのない議論をしていると言っているわけではありません。あたりまえですが

ConquestArrowConquestArrow 2005/03/22 08:56 >有害図書指定の時はやや絶対的な「科学的根拠」らしきものが必要とされ、優良図書認定のときは価値の多元性のようなところでヌルーく終わらせてしまえるという非対称性

おっしゃるとおりですね。例の質問では東京都の基準を引用しましたが、正直、こんな曖昧な基準で決めて欲しくないと思いました。

東京都の場合はむしろ良い方で、優良図書の基準がはっきり示されていない地方自治体も多く、本を売り込みたいどこかの出版社が政治力を駆使すればいくらでもリスト入りさせられるのではないか、と思ってもみました。

もっとも、優良図書自体の認定をしていない自治体も多いんですよね。有害図書はほぼどこでも目にするのですが。それが科学的根拠のなさに起因するのか、それともそもそも優良図書に関する話自体が盛り上がっていないからなのかは分かりませんが。

yaizawayaizawa 2005/03/22 12:46 とりあえず大航海時代シリーズは私の中では優良図書です.(w
OnlineだとNPCとして芸術家とかもいろいろ出ているので地理・歴史だけでなく文化まで勉強できてしまいます.

TatsukiTatsuki 2005/03/22 13:05 卒論がこの手の議論に少し噛みそうなのですが、
僕自身は有害・優良なる観点による議論ばかりが目立つ現状こそ、
ゲームを巡る状況そのものを閉鎖的にしている感があります。

「優良」の基準が曖昧、というお話でしたね。
しかし「有害」の方も研究量はあるものの、
たとえば坂元章氏の「暴力性」の研究などでは、
「暴力」という概念そのものを問う姿勢があまり見受けられない。
何を問うべきか、という議論が薄いというべきでしょうか。

価値判断を前提にしないと語れないところに、
現在の影響論の底の浅さが出てしまう気がしています。

hiyokoyahiyokoya 2005/03/22 13:51 みなさま、コメントどうもありがとうございます。

>ConquestArrowさん
優良図書認定のためには、出版社が政治力を駆使すればOKというのは実際そうかもしれませんね。ただ、僕は優良図書指定の認定がゆるい基準であること自体はむしろ好ましいぐらいに思っています。そこで優良の正当性を実証しようだなんて議論が出てこられても嫌ですね。「優良」が多元的でヌルい、というのは「優良」なるものが測定不可能である、という基本的な認識に基づいているからか、とも思いますし。
 優良の多元的ヌルさが問題だ、というより有害においてある種の客観性を前提としなければ話ができないという状況のほうに対して、それはなんなんだろう、と。

>yaizawaさん
大航海シリーズは地歴の勉強には確かに必須ですね。あれとシヴィライゼーションが組み合わさったら最強。

>Tatuskiさん
おっしゃることは推測するに、坂本氏の研究がある種の価値判断を前提としないことにはできない種類の研究スタイルをとっちゃっていてマズいんでないかい、という突っ込みでしょうか?(違ってたらすみません)。
確かにそれはものすごく妥当な話ですが、結局のところ実証研究にどうフィードバックされうるのか、というところで効力のある議論にすすむことなく終わってしまったりすると、人文・社会科学系の人の議論と、実証系の人の研究との差異を確認して終わってしまうだけのような気もします。
そういったツッコミをもう少し具体的なレベルに落とすとしたらどんな感じなのでしょうね。
# もし卒論であがってるのでしたら読ませていただきたいです。

ConquestArrowConquestArrow 2005/03/23 14:05 >優良の多元的ヌルさが問題だ、というより有害においてある種の客観性を前提としなければ話ができないという状況のほうに対して、それはなんなんだろう、と。

なるほど勘違いしていました。確かにそうですね。

ひとつ考え得ることと言えば、影響度が大きいからと言うことがありそうですね。例えば有害図書指定にあるタイトルが指定されたとすると、それを作った作り手や流通の人間の中に首を括らなくてはいけなくなる人が出るかもしれない。そう考えると話の客観性を求める意見が出てくるのは当然ではないかと。現実問題として法規制、という段階まで話が行っているわけで。

一方の優良図書ですが、うーん、まあ現実問題として、あまり注目も影響度も無い、というのが現状ではないかと。となると曖昧なままでも十分なのでしょう。

いずれにせよ、有害・優良の話はどちらも議論と理解が不足していますね。

TatsukiTatsuki 2005/03/23 17:48 長々と書くわりに曖昧な文章で申し訳ありません。
コメントの中身についてですが、例えば坂元氏は「社会心理学者」を名乗っていますので、ゲームによって「社会が」どういう影響を受けたか、どんな社会になったか、などの研究もありえるはずです。

けれども「好・悪」という判断が前提となったまま影響を実証していくスタンス(それを例の「暴力性」だと言いたいわけです)では、議論の間口が狭いままになってしまうのではないか、という危惧を書きました。

(よく考えると、hiyokoyaさんの元記事の議論からやけにはみ出してますね…改めてすみません)

>人文・社会科学系の人の議論と、実証系の人の研究との差異
これはむしろ現状で差異がどこにあって、問題関心の共有がどの程度成功(あるいは失敗)しているかが見えてくれば、それはそれで有意義になりませんか?

ちなみに僕は来月から学部4回生で、卒論の本格的な作業はこれからです。だから「噛みそう」というのは方向性としてですね。とりあえず作業経過をWebに上げて行こうとは考えてます。

hiyokoyahiyokoya 2005/03/24 18:14 話を3月23日につなげました。