Hatena::ブログ(Diary)

Critique of games - メモと寸評


twitter

過去の記事

[↓はてなダイアリー移行前]

2002 | 12 | 11 | 10 | 09 | 08 | 07 | 06 | 05 | 04 | 03 | 2月以前
2003 | 01 | 02 | 03 | 04| 05-06| 09-12

カテゴリー別に見る

出版物への執筆/掲載など


『PLANETS vol.7』第二次惑星開発委員会/宇野常寛編,2010 所収
「ゲームと物語のスイッチ」ほか


『早稲田文学増刊U30』早稲田文学会,2010 所収
「認知的作品論」


『Review House 03』レビューハウス編集室,2009 所収
「批評」としてのゲーム実況動画―「反復性」の破壊と「一回性」の発生 / 黒瀬陽平(司会)×石岡良治×井上明人×濱野智史


(Chris Bateman,Richard Boon,松原健二(監訳),岡真由美『「ヒットする」のゲームデザイン ―ユーザーモデルによるマーケット主導型デザイン』オライリー,2009 所収 
「ゲーム市場の生態系とネットワーク構造の変化をどう捉えるか」

ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険
『ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険』青土社,2009
「リテラシーという解釈システム」


『未来心理 vol.13 』モバイル社会研究所,2008
「遊びとゲームを巡る試論-たとえば、にらめっこはコンピュータ・ゲームになるだろうか」
[ ! ]リンク先PDFファイルです。


ユリイカ2008年9月号 特集=太宰治/坂口安吾 無頼派たちの“戦後”
小島秀夫インタビュー(聞き手=井上明人)「ゲームという戦場から見た世界――『MGS4』という挑戦」


ユリイカ 特集=任天堂/Nintendo
「宮本茂をめぐって―コンピュータ・ゲームにおける作者の成立―」

その他の仕事リスト

2005.05.27(Fri)

[]ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ

ティアリングサーガシリーズ ベルウィックサーガ(通常版)

 先日ちょこっととりあげた『ベルウィックサーガ』を、うちの家族が購入したのでちょっとだけやらせてもらいましたが、とりあえず内容のレベルでは「ファイアーエムブレム」シリーズとはだいぶかけ離れたものになったな、というのが第一印象です。

 そもそも、桝目が四角じゃなくてヘックスになってたり、本拠地があったりという感じで、これなら内容面においては「ファイアーエムブレム」とは別物といってもまあ悪くないぐらいに変わってます。

 耐久力等もやや曖昧になり全体的なシステムを複雑化させた分、計算不可能な面が増えているので、これだと戦闘システムとしてのファイアーエムブレムシリーズが好きな人にはもしかすると不評かもしれません。ただ、独特のキャラクター絵とか会話システムとかはファイアーエムブレムっぽいので、そこのところは同一性を保っているというべきでしょうか。

TatsukiTatsuki 2005/06/04 03:07 変わったと僕がもっとも感じたのは傭兵システムの導入でした。
操作できるキャラクター間にこのシリーズで、正規の軍隊と傭兵という「区分け」をシステムレベルで行ったのは衝撃だなぁ、と。
> 計算不可能な面
命中率もけっこうシビアな数値になってますね。戦略をしょっちゅう練り直すはめになる…。その分、5ターン毎にセーブ可能にしてバランスを保った、というところかなぁ。



Connection: close