Hatena::ブログ(Diary)

Critique of games - メモと寸評


twitter

過去の記事

[↓はてなダイアリー移行前]

2002 | 12 | 11 | 10 | 09 | 08 | 07 | 06 | 05 | 04 | 03 | 2月以前
2003 | 01 | 02 | 03 | 04| 05-06| 09-12

カテゴリー別に見る

出版物への執筆/掲載など


『PLANETS vol.7』第二次惑星開発委員会/宇野常寛編,2010 所収
「ゲームと物語のスイッチ」ほか


『早稲田文学増刊U30』早稲田文学会,2010 所収
「認知的作品論」


『Review House 03』レビューハウス編集室,2009 所収
「批評」としてのゲーム実況動画―「反復性」の破壊と「一回性」の発生 / 黒瀬陽平(司会)×石岡良治×井上明人×濱野智史


(Chris Bateman,Richard Boon,松原健二(監訳),岡真由美『「ヒットする」のゲームデザイン ―ユーザーモデルによるマーケット主導型デザイン』オライリー,2009 所収 
「ゲーム市場の生態系とネットワーク構造の変化をどう捉えるか」

ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険
『ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険』青土社,2009
「リテラシーという解釈システム」


『未来心理 vol.13 』モバイル社会研究所,2008
「遊びとゲームを巡る試論-たとえば、にらめっこはコンピュータ・ゲームになるだろうか」
[ ! ]リンク先PDFファイルです。


ユリイカ2008年9月号 特集=太宰治/坂口安吾 無頼派たちの“戦後”
小島秀夫インタビュー(聞き手=井上明人)「ゲームという戦場から見た世界――『MGS4』という挑戦」


ユリイカ 特集=任天堂/Nintendo
「宮本茂をめぐって―コンピュータ・ゲームにおける作者の成立―」

その他の仕事リスト

2005.08.07(Sun)

[]ファミ通クロスレビューの影響力

 まだ、完了してませんが、4月ごろの私のエントリ→http://d.hatena.ne.jp/hiyokoya/20050409#p2 に関連して、以下のようなアンケート調査を行っています。

ファミ通のクロスレビューを参考にしている、あるいは参考にしていたことのある××代の方にお聞きします。

あなたがファミ通クロスレビューを参考にした時期は次のうちどれですか。「だいたい」でかまいませんので、あてはまるもの全てにチェックをつけてください。

 という質問を「10代」、「20代」、「30代以上」で年齢別に、3つほどかましています。

 とりあえず、現在の集計結果を以下、簡単にExcelでまとめてに表にしておきますと、以下のような感じ。

 まあ、20代以上の読者に対して影響力が低下しているのは隠しようもない事実だとして、10代の読者にはまだ影響力を確保してるんですね。ただ、これ、盛り上がりが規則的に10年スパンで訪れていればまったく問題ないと思いますが、3年スパンで盛り上がりがきて、さがっちゃってるのはつらいっすな。結局、2000年以降はすべて右肩さがり。

 終わったらまた別途にページをつくりまーす。

 あと、

あなたが「自由度が高い」と思うゲームを5つあげ、どのような点に対して「自由度が高い」と思った(感じた)のかを、作品ごとに、簡単にでかまいませんので説明をしてください。

→ http://www.hatena.ne.jp/1123378733

あなたが「ゲーム性が高い」と思うゲームを5つあげ、どのような点に対して「ゲーム性が高い」と思った(感じた)のかを、作品ごとに、簡単にでかまいませんので説明をしてください。

→ http://www.hatena.ne.jp/1123379897

 の二つがあまり回答が芳しくないようですので、お時間のある方は嫌にならない範囲でつきあっていただければ。


(2005-8-13:注意書き追記)
  • この記事がはたまたカトゆー家からリンクされてされてしまって人が大量にきているようなので、誤解なきよう、早めに注意書きを付け加えておきます。一言で言うと、この調査はあまり信頼性の高いものとはいえません
  • 今回のはてなアンケートを用いたアンケート結果にはさまざまなデータのバイアス(ゆがみ、かたより)がありますが、特に考慮したほうがよいものを三点挙げておきます。
    1. 調査項目に「参考にしていなかった」という項目を付け加えていないこと:あくまで「参考にした」人だけの数なので、ファミ通の趨勢自体は微妙にフォローできていないところがあります。はてなアンケートがクロス集計をしやすいような機能を実装してくれればもう少しどうにかなるのかもしれませんが…。
    2. 答えたい人だけが答えているアンケートであること:はてなアンケートの根本的な問題ですが、答えたくないユーザーは答えていません。そのため「この話に興味を持った人」たちによる回答としてのバイアスがあります。このバイアスはかなり大きなものです。
    3. 答えた人の記憶が「だいたい」でしかないこと:「だいたい」で答えてもらっていい、といいましたので、そこらへんかなり記憶が曖昧な状態で答えていただいた方が多いかと思います。特に86年〜87年ごろにけっこうな数の人が「参考にした」と答えていますが、これは本当はおかしくて、この当時のファミ通はファミマガなどに比べるとややマイナーな、創刊してからあまりたっていない月刊誌隔週刊誌だったと思うので、これだけの数の人が「参考にした」といっているのは少し奇妙な印象があります。おそらく86年〜87年のころに「参考にした」と答えていただいた方は「ファミコンが流行っていた頃に参考にした」という程度の意味で答えたのでしょう。厳密に86〜87ではないと思われます。
  • また、バイアスではありませんが、誤解なきよう注意してほしい点を一つ挙げます
    1. クロスレビューを「信用」ではなく「参考」とした時期を聞いていること2ch風に言えば「ファミ通信者」ではなくとも、「参考」にしている人は大勢いますので。誤解なきよう。

kikuchikikuchi 2005/08/13 20:55 はじめまして
何時、クロスレビューへの信用に疑問を持つかにはゲーム機の変遷にリンクしているような気がします。
スーパーファミコンの発売(90)、発売当初のPS・SSの過熱時期(94-97位?)、PS2の発売。
次世代機に対する読者の疑念と誌面の内容に違和感を感じ、レビューに懐疑的になるのには絶好(?)の機会かと。

hiyokoyahiyokoya 2005/08/13 21:05 kikuchiさん、はじめまして。
そういう見方もできるかもしれませんね。
ただ一応、kikuchiさんの書き込みと前後して注意書きを付け加えましたが、「信用」ではなく「参考」という聞き方でのアンケートですのでご注意ください。

kikuchikikuchi 2005/08/13 21:13 失礼しました。
書き込んだ後、モロに指摘されたような追記があったので焦りました。(ハズカシィ)

MatroxMatrox 2005/08/14 08:26 はじめまして。
感想としては、参考≒信用と考える人も居るのではないかと考えています。「信用しているから参考するに値する。逆も然り。」みたいな感じで。
私は「信用していないけど感想として参考にしている」派で、読み始めた94年のセガサターン隆盛期から現在に至るまで参考にしています。(20代)

hiyokoyahiyokoya 2005/08/14 09:56 Matroxさんはじめまして。
確かに「信用する人」は「参考にする人」の部分集合のような形をとっているだろう思います。それはおっしゃるとおりでしょう。
その意味では私も常に「参考に」はしてますね。

yms-zunyms-zun 2005/08/14 10:14 一往、念のため。ファミ通の創刊当初は隔週刊誌でした。

hiyokoyahiyokoya 2005/08/14 13:37 zunさんご指摘ありがとうございます…完全に記憶違いでしたね…