Hatena::ブログ(Diary)

Critique of games - メモと寸評


twitter

過去の記事

[↓はてなダイアリー移行前]

2002 | 12 | 11 | 10 | 09 | 08 | 07 | 06 | 05 | 04 | 03 | 2月以前
2003 | 01 | 02 | 03 | 04| 05-06| 09-12

カテゴリー別に見る

出版物への執筆/掲載など


『PLANETS vol.7』第二次惑星開発委員会/宇野常寛編,2010 所収
「ゲームと物語のスイッチ」ほか


『早稲田文学増刊U30』早稲田文学会,2010 所収
「認知的作品論」


『Review House 03』レビューハウス編集室,2009 所収
「批評」としてのゲーム実況動画―「反復性」の破壊と「一回性」の発生 / 黒瀬陽平(司会)×石岡良治×井上明人×濱野智史


(Chris Bateman,Richard Boon,松原健二(監訳),岡真由美『「ヒットする」のゲームデザイン ―ユーザーモデルによるマーケット主導型デザイン』オライリー,2009 所収 
「ゲーム市場の生態系とネットワーク構造の変化をどう捉えるか」

ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険
『ユリイカ2009年4月号 特集=RPGの冒険』青土社,2009
「リテラシーという解釈システム」


『未来心理 vol.13 』モバイル社会研究所,2008
「遊びとゲームを巡る試論-たとえば、にらめっこはコンピュータ・ゲームになるだろうか」
[ ! ]リンク先PDFファイルです。


ユリイカ2008年9月号 特集=太宰治/坂口安吾 無頼派たちの“戦後”
小島秀夫インタビュー(聞き手=井上明人)「ゲームという戦場から見た世界――『MGS4』という挑戦」


ユリイカ 特集=任天堂/Nintendo
「宮本茂をめぐって―コンピュータ・ゲームにおける作者の成立―」

その他の仕事リスト

2009.01.25(Sun)

[]ニコニコ動画研究会@GLOCOM

一応、ご報告。

昨日、下記のイベントの開催を手伝わせていただきました。

 ぼくはまあ、濱野くん(id:shamano)や、吉川さんらからお声をかけていただいて、会場の都合をさせていただいたぐらいではあるのですが、インフォーマルに組織されたものながら(というか、インフォーマルなものだからこそ?)、非常に濃い内容の研究会で、楽しめました。

 いま、ちょっとデスマーチ気味で、その後の懇親会等には参加できなかったのですが、またの機会があれば、ぜひ参加したいですね。というか、今度は、ゲーム系の動画分析というあたりの話をもうちょっと聞きたい(or 僕が用意すればいいのかしら)ですね。

 まあ御三家(東方、アイマスボーカロイド)のうちの二つは、実はゲームなので、もうすでにゲームの話ではあるのかもしれませんが…

 その関連で言えば、東方は「ゲーム」タグ以上に、「音楽」タグとの関連性が深い(グニャラさん)とか言う話とかは「ゲーム」コンテンツの受容動向という話をする上ではもちろん、いい話だなあ、とも思いました。まあ、東方は実況動画とかよりも、それとは違ったレベルでの消費がメインになってしまう、という。

 アイマスに関しても、投稿が盛り上がるのは、月末の火曜(新しくDLできる要素がリリースされる日)、だけでなく個々のアイドル(NPC)の誕生日だとかね…

 あとは、デンドロイド/ボロノイ/CytoScape/S.o.c.i.o.r.i.umとかで解析されたタグ間のネットワーク関係を、もうちょっと細かく見られたらいいなぁ、という感じで。データの、いくつかの部分については、あとでグニャラさんのほうで公開される、とのことで暇を見つけて見に行こうとおもいます。

#追記

→公開されてた!ビバ。 http://d.hatena.ne.jp/tasukuchan/20090126/nicovideo_tag_kai2_analysis

codezineの記事 http://codezine.jp/article/detail/3516