Hatena::ブログ(Diary)

香港電影迷宮+blog このページをアンテナに追加 Twitter

2018-01-17(Wed)

戦狼 ウルフ・オブ・ウォー 

[][]《戰狼II》(戦狼 ウルフ・オブ・ウォー

呉京ウー・ジン)、盧靖姍(セリーナ・ジェイド)、フランク・グリロ、呉剛(ウー・ガン)、張翰(チャン・ハン)、余男(ユー・ナン) 呉京:監督 2017年 


特殊部隊「戦狼」の冷鋒(呉京)は、戦友の遺骨を持って彼の田舎を尋ねると、故郷の家はデベロッパーに壊されようとしていた。怒りに任せ冷鋒は相手に重症を負わせてしまい、除隊になったうえに半年の禁固刑になる。婚約者の小雲(余男)は婚姻届を持って監獄を訪ね、自分は任務に赴くと言ったまま失踪してしまった。失踪現場には銃弾が1つ残されていただけだった。彼女を探すべく、冷鋒は内戦が激化するアフリカにいた。。


前作《戰狼》が5億元の興行成績を上げ、これが続編になる。資金は1億5千万元(2億という報道もある)。うち8千万が呉京の個人資産によるという。2017年7月27日に公開され、2017年8月8日、33億9千900万元を記録し周星馳の《美人魚》(人魚姫)が持っていた33億9千200万元の興行収入を抜き、最終的には56億787万元の大ヒット作となった。中国大陸では大歓迎されたのだが、最後に登場する中国パスポート文章香港では大いに嫌われることになった。


呉京を最初に観たのはどの映画だったか覚えていないのだが、アクションは確かだが、いまいち役に恵まれないこともあって、なかなか実力が発揮されてないように感じていた。そういう時は不思議と顔も自信なさげに見えるものだが、この作品は自ら監督・主演で、表情も豊かで思う存分自らの実力と魅力を見せている。

最初の水中の戦いからとにかくアクションでお腹いっぱいになりアクション映画としてはとても面白く傑作だと思う。ただ中国プロパガンダ映画であることは間違いないので、そのことに神経質にならない日本人はただただアクション映画として楽しむのが正しい観方だろうと思う。

2018.01.16@角川シネマ


■□18年に見た映画一覧□■