Hatena::ブログ(Diary)

脱エンタープライズ志向 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-08-19

as4g 半歩先の解説その2 〜as4gを利用する〜

| 22:49 | as4g 半歩先の解説その2 〜as4gを利用する〜 - 脱エンタープライズ志向 を含むブックマーク

今回は実際に Error 404 (Page not found)!!1 の画面を見ながら、as4gに自分のATNDユーザを登録してみようと思う。このas4gにATNDユーザを登録するって作業をしないと、as4gの目玉でもあるメールサポートを受けられなくなるのだ。

as4gはGooglアカウントログインする

Error 404 (Page not found)!!1 を開くと、未ログインの場合はこんな画面が表示されるはずだ。


f:id:hkhumanoid:20090818123710p:image


as4gについての情報とログイン又はアカウント作成を促す画面だ。ここは迷わず「ログイン又は新規にアカウントを作成する」を選んでログインをしよう。


f:id:hkhumanoid:20090818123908p:image


ログインに成功するとas4gのトップ画面が表示される。ちょうどこんな画面だ。


f:id:hkhumanoid:20090818124039p:image


3つメニューがあるが、まずはas4gにATNDユーザを登録したいので、「関係を作成する」を選ぶ。そうするとATNDユーザのIDとその使用用途などをメモれるようにメモという2つのフィールドが表示される。


f:id:hkhumanoid:20090818124422p:image


このIDには、前回述べたようにサポートを受けたいATNDユーザのIDを入力しよう。*1メモは自分の好きに入力して良い。するときっとこんな画面になると思う。


f:id:hkhumanoid:20090818124619p:image


あとは、追加ボタンを押して登録を完了させよう。


f:id:hkhumanoid:20090818124903p:image


上のような画面が出れば登録は正常に終了した。そこでもう一度メニューに戻って、今度は「関係を編集する」をクリックしてみよう。そうすると、さっき登録した内容が表示されるはずだ。


f:id:hkhumanoid:20090818125201p:image


1つ増えているのは、はてなOPENIDも登録したからだ。登録できる数に制限は無く、自分が使っているATNDユーザIDを好きに登録する事ができる。

また、新しく「無効にする」っていうフィールドが追加されているが、これは一度登録した紐付き情報を無効にしたい場合にチェックをすると効果を発揮する。物理削除ではなく、論理削除することで再登録の手間を省いた。このチェックボックスにチェックを入れる事によって、誰かがそのATNDユーザIDが参加しているイベント宛にメールサポート(メニューの「サポートをする」)を行ったときにはメール送信対象から外れ届かなくする事が出来る。

これでやっとas4gサービスのメールサポートを受ける準備が整った

次回は実際にイベント参加者にメールを送ってみる事にする。

2009-08-18

hkhumanoid2009-08-18

as4g 半歩先の解説その1 〜利用の事前知識〜

| 18:59 | as4g 半歩先の解説その1 〜利用の事前知識〜 - 脱エンタープライズ志向 を含むブックマーク

ちょっと前にError 404 (Page not found)!!1という、GoogleユーザのためのATNDサポートサービスを公開したけど、ちょっと説明不足のところが多々あったので、改めて一から説明しよう。

その第1弾として、as4gを利用する以前に確認することがあるので、それを一緒に確認していこうと思う。

ポリシー

ATNDにもポリシーがあるようにas4gにもポリシーがある。

よく誤解を受けるのが、Googleユーザ専用と歌っているので、ATNDを利用するときもGoogleOPENIDでないといけないということだ。

実はそれは間違いで、ATNDを利用する時のOPENIDはなんでも良くて、じゃ何がGoogleユーザ専用なのっていうと、サービス内でメールの送信ができるのだが、その送信対象がGmailを持つGoogleユーザなのだということだ。

ではなぜGoogleユーザ専用というと、as4gはGoogle App Engine上で動作しGoogleと強く結びついているので、サービス内ではGoogleアカウントを容易に利用できる。そのためATND同様にas4gは独自のユーザ管理、認証機構、メールアドレスを持つ事無くサービスを提供できるのだ。

前提条件

as4gを利用するに前に必要なものがあるので、箇条書きする

  • ATNDを利用した事があり、ATNDユーザを持っていること
    • これは、どんなOPENIDでも良いのでATNDユーザを持っていること
  • Googleアカウントを持っていること

ATNDユーザを一意にするATNDユーザIDがカギとなる

どんなOPENIDでもATNDではATND内でユニークなIDをふってくれる。僕がGoogleOPENIDでログインした時の画像を下に表示してみる。


f:id:hkhumanoid:20090818122551p:image


URLに書いてあるように、2957というIDがふられているのが分かると思う。この2957こそがどんなOPENIDログインしたかを隠蔽し、さらにATND内でユニークしているのである。もう一つ例として、僕のはてなOPENIDログインした時の画像も下に表示しよう。


f:id:hkhumanoid:20090818122845p:image


URLのユーザIDにあたるところが8294に変わったと思う。これもこれだけ見ただけでは誰の、どんなOPENIDかは分からないはずだ。

このATNDユーザIDをas4gで登録してはじめて、サポートを受けることができる

さて、ATNDユーザのIDとやらが分かったところで、次回はこれを使って実際にas4gに登録してみようと思う。

2009-08-05

プラスマイナス投票サービス on GAE を作ったよーw

| 01:55 | プラスマイナス投票サービス  on GAE を作ったよーw - 脱エンタープライズ志向 を含むブックマーク

Error 404 (Page not found)!!1

横浜へなちょこプログラミング勉強会は今、BC(ビューティフルコード)本を読んでいる。BCはとても良い本だが、厚い本なんで、まじめに勉強会で読んでいると33章分、33ヶ月くらいかかってしまう。だから、みんなが読みたいと思うところを選出して読んでいきたい。

という背景があり、何かいい投票システムがないかと思ったが、アンケートツクレール*1ではまかなえない仕様があったので、アンケートツクレールをそのまま使う事はできなかった。

ならばと、横へな用に作ってやると思い、PythonGAEで作ってやった。けど、仕様は実装できなかった。仕様とはこうだ。

投票はプラスマイナスで評価する。
開票は1位は通常通り、評価が一番高いものを1位として選出する。だが、2位からは通常とは異なる。
2位は、1位のものを一番高く評価した人以外が一番評価したものの中の1位を2位として選出する。
同じく3位は、1、2位で選出されたものに一番高く評価した人以外が一番高く評価したものを3位として選出。
4位は・・・といったように選出していく。

プラスマイナスは満たしたが、そもそもの狙いである選出方法盛り込む事が出来なかった。(諸事情により、作っている時間がないから・・・)

ひとまず、投票はできるから、リリースしちゃえということで、リリース。

結果、横へなではそのまま使えないけど、他の用途で使えるかな。

機能

流れは簡単。

  • 投票する物を作る(俗にいう投稿)
    1. ログイン
    2. トップ画面の「投票を作る」を選択
    3. 必要な項目を入力する
    4. 完了!
  • 投票する
    1. ログイン
    2. トップ画面の「投票をする」を選択
    3. 投票IDを入力(これは、事前に作成者から教えてもらっているはず)
    4. 投票内容を確認し、投票(評価するともいうかも)する
    5. 完了!
  • 投票を締め切る
    1. ログイン
    2. トップ画面の「投票を締め切る」をクリック
    3. 投票IDとパスワードを入力(これは、事前に作成者から教えてもらっているはず)
    4. 完了!
  • 投票結果を見る
    1. ログイン
    2. トップ画面の「投票結果を見る」をクリック
    3. 投票IDを入力(これは、事前に作成者から教えてもらっているはず)
    4. 完了!

制限

  • 一度投稿した投票は、変更はできない
  • 一度投票した物に関しては、変更、再投票はできない。
  • 一度締め切られた投稿は、もとに戻せない。投票もできない
  • 投票結果の一覧は、ランキングになっていない(並び順は、投稿を作った時の項目順)

ちなみに

削除はないので、データがたまってしまう。。。。

あと、まともにテストしていないから、不具合沢山でるかも(なんたってトッカンだからねぇ)

2009-08-01

Googleユーザ専用ATNDサポートサービス再始動

| 02:24 | Googleユーザ専用ATNDサポートサービス再始動 - 脱エンタープライズ志向 を含むブックマーク

as4gというにはAtndSupport4(for)Googleの頭文字を取った名前で、サービス内容はその名前の通り、Googleユーザに対してイベント支援サイトのATNDをサポートするGoogle app engine上で動作するWebサービスだ。主にATNDイベント参加者に対して何か通知したいことがあれば、本サービスを使用して参加者Gamil宛にメールを送る事ができるサービスだ。

メール送信なのでスパム対策を施したいところだが、その術がない。ひとまずサービスを停止して対策を考えたが思いつかないので、ひとまずスパム被害が出ない限りサービス提供する事に。まずは横へなやGWT弱者勉強会で試験運用して、こじんまりと開始するか。

Error 404 (Page not found)!!1

2009-07-29

as4g一時停止です

| 01:13 | as4g一時停止です - 脱エンタープライズ志向 を含むブックマーク

as4g - ATNDってメールサービスないから、Google App EngineでATNDサポートサービスを作っちゃいましたw - 脱エンタープライズ志向

Googleユーザ専用ATNDサポートサービス、as4gだけど、スパムメール対応していないので、やっぱり問題あるかなと。何か対策を施したいけど、アイデアがない。メール送信時に合い言葉的な認証ができればベストだけど、ATNDにそういう設定が無いから実現は難しそう。何かアイデアないかな。模索中です。

tannztannz 2009/07/30 00:49 早い、さすがです。
僕も、今日の感触でいい勉強会になりそうな予感がしました。
今後ともよろしくお願いします!

hkhumanoidhkhumanoid 2009/07/30 00:59 tannzさんも早いコメントありがとうございます。
今日はSICP以外にも学べて良かったです!
また次回もよろしくお願いします。

EhrenEhren 2009/07/30 01:36 さすが。よいまとめですね。SICPはみんなで読むのに向いた本ですね。
今日は本当に楽しい勉強会でしたね。

hkhumanoidhkhumanoid 2009/07/30 02:17 Ehrenさん、お疲れさまでした。
今日はみんなの雰囲気がよかったので、僕も楽しかったです!
また次回もよろしくお願いします。