映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html)

.

  採点は、★4つで満点 ☆は0.5

    ★★★★ 人類の宝 / ★★★☆ 必見 / ★★★ オススメ / ★★☆ 及第点

    ★★ 中間レベル / ★☆ パスしてよし / ★ ひどい / ☆ この世から消えろ

  さらに詳しい内容(感想など)は、本館 ==> http://www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html

  にある場合もあるので、ぜひご覧になってみてください。

  ツイッター ==> http://twitter.com/cine_sal/

   感想へのリンク: 【感想】...リンク先に感想がある / (感想)...リンク先に感想があるかもしれない)

 ==============================================================================

2009-01-15 日本インターネット映画大賞に投票(2008年度)

 日本インターネット映画大賞 日本映画(2008年度)

| 22:13 |  日本インターネット映画大賞 日本映画(2008年度)を含むブックマーク  日本インターネット映画大賞 日本映画(2008年度)のブックマークコメント

 以下は私の投票結果です。

 投票先のサイトは、http://www.movieawards.jp/

==============================================

[作品投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで

 ・持ち点合計は30点

 ・1作品投票できる最大は10点まで

----------------------------------------------

日本映画投票フォーマット

作品賞】(5本以上10本まで)

  「崖の上のポニョ    」    6点

  「ぐるりのこと。    」    5点

  「ハッピーフライト   」    4点

  「GSワンダーランド   」    4点

  「その日のまえに    」    4点

  「トウキョウソナタ   」    2点

  「歩いても 歩いても  」    2点

  「俺たちに明日はないッス」    1点

  「接吻         」    1点

  「悪夢探偵2       」    1点

コメント

 まずベストテンに対するコメント

 投票しておいてなんなのだが、おそらく投票者たちはそれぞれ好みが違う以前に観ている映画がかなり違うのだから、そのような状況で集計して出された順位は、本当に意味があるとは言えない。

 よって、ベストテンや個人賞の最終結果がどうなるかは、ほとんど興味がない。

 事実、似たような集計方法の「キネマ旬報ベストテン」や「ヨコハマ映画祭ベストテン」の最終結果においても、メジャー作品、話題作、有名監督作品オーソドックス作品で占められていて、順位の妥当性とは別に、意外性のない、面白味のないベストテンというのが直感的な感想である。

 映画を観ることを職業にしている人たちによるベストテンがこうなのだから、アマチュアが選ぶ「日本インターネット映画大賞」は、より偏った結果になることだって考えられる。

 以上は、集計結果に文句を言おうとしているのではなく、むしろ逆で、他の賞も含めて結果には振り回されない方がいいんじゃないの?ということです。

 それじゃあこのような賞に何の意義があるのかと言えば、見落とした映画の中に隠れた傑作を発見するきっかけになるかもしれないということが一番大きいです。

 その点では、思い入れベストテン投票者数ベストテンという、普通ベストテンとは違う結果が出るようなものは、発見の手段としては有益だと思います。

 そんなわけで、ただでさえ映画の将来に危機が叫ばれている現状では、映画ファンは映画の没落で一番損害を被る人たちと言えるので、「日本インターネット映画大賞」は単なる賞ではなく、映画の発展に一役買うようなものであって欲しいです。

 他人に期待するだけでなく自分から何とかしなければならないのは解っているので、何か思いついたら提言することにします。

 続いて、ベストテンに選んだ作品についてコメント

 次点は、「母べえ」「奈緒子」「あの空をおぼえてる」「百万円と苦虫女」「パコと魔法の絵本」「ホームレス中学生「アリア」ねこのひげ

 次次点はさらに多数で、2008年はいい邦画を多く観られた年だった。

 映画はやっぱりなんといっても視覚で訴えることが最大の特徴で、それに加えてテンポ、間、空気感といったものをリアルタイムに受け取る、つまり「頭で観る」のではなく「体で観る」ことの喜びを満たしてくれた作品が選ばれている。

 その点、邦画バリエーション豊富で、様々な表現方法で映画ならではの楽しみを味わえる作品が多かった。(もちろん、ダメなのも多いけど、そういうのは予告編などをパッと見で判るから観ないし、観ないことで映画に事足りることもないので問題ない。)

----------------------------------------------

監督賞】      作品

   [宮崎駿] (「崖の上のポニョ」)

コメント

 次点橋口亮輔『ぐるりのこと』。まあ事実上同率首位。

 ちなみに、私は「映画ファン」なので、「アニメファン」とか「ジブリファン」ではない、というより保守的なところが嫌。

【主演男優賞】

   [宮迫博之] (「純喫茶磯辺」)

コメント

 次点は、江口洋介闇の子供たち』、塚本高史イエスタデイズ』、阿部寛『歩いても 歩いても』などなど。

【主演女優賞】

   [木村多江] (「ぐるりのこと。 」)

コメント

【助演男優賞】

   [佐々木蔵之介] (「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「アフタースクール」)

コメント

 次点は、妻夫木聡(『パコと魔法の絵本』『闇の子供たち』『ザ・マジックアワー』『TOKYO!(インテリアデザイン)』)などなど。

【助演女優賞】

   [麻生久美子] (「純喫茶磯辺」「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「アキレスと亀」「たみおのしあわせ」)

コメント

 個人賞ですんなり決まったのは助演女優賞だけ。

 2008年麻生久美子の年だった。2009年もか?

 次点余貴美子おくりびと』、水野美紀あの空をおぼえてる』『ジャージの二人』『斬〜KILL〜』などなど。

新人賞

   [安藤サクラ] (「俺たちに明日はないッス」)

コメント

 次点水沢奈子『赤んぼ少女』、井之脇海トウキョウソナタ』、仲里依紗純喫茶磯辺』、吉田里琴あの空をおぼえてる』、三浦春馬奈緒子』などなど、きりがないくらい。

音楽賞】

  「崖の上のポニョ

コメント

 適当なのが無かったからポニョでいいや。

----------------------------------------------

勝手に○×賞】

   【追悼賞】[故 市川準]

   【功労賞】[柄本家]

コメント

 市川監督の死は本当にショックでした。

 ひょっとしたら、今度その損失がますます大きくなっていくのかもしれません。

 柄本家の皆さんは全員日本映画にものすごく貢献しています。

 『ぐるりのこと。』をはじめ、確認できただけで14作品に出演した明さんもさることながら、2008年は特に二男の時生クンが『奈緒子』『きみの友だち』『俺たちに明日はないッス』『ホームレス中学生』などの出演がいずれもとても目立ちました。

-----------------------------------------------------------------

 この内容(以下の投票を含む)をWEB転載することに同意する。

-----------------------------------------------------------------

日本インターネット日本インターネット 2009/02/07 09:37 先般は日本インターネット映画大賞への投票ありがとうございました。遅くなりましたが、作品賞ならびに各賞が決定しましたのでお知らせいたします。今後とも、日本インターネット映画大賞をよろしくお願いいたします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hkwgch/20090115/1232025186