映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html)

.

  採点は、★4つで満点 ☆は0.5

    ★★★★ 人類の宝 / ★★★☆ 必見 / ★★★ オススメ / ★★☆ 及第点

    ★★ 中間レベル / ★☆ パスしてよし / ★ ひどい / ☆ この世から消えろ

  さらに詳しい内容(感想など)は、本館 ==> http://www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html

  にある場合もあるので、ぜひご覧になってみてください。

  ツイッター ==> http://twitter.com/cine_sal/

   感想へのリンク: 【感想】...リンク先に感想がある / (感想)...リンク先に感想があるかもしれない)

 ==============================================================================

2017-12-12 スパイ大作戦『暗号名「キタラ」』

「スパイ大作戦『暗号名「キタラ」』」 ★★

| 14:34 | 「スパイ大作戦『暗号名「キタラ」』」 ★★を含むブックマーク 「スパイ大作戦『暗号名「キタラ」』」 ★★のブックマークコメント

原題Kitara意味キタラ」)

シーズン5、第20

1971年アメリカカラー、1:1.33、35mm、英語吹替、約47分

監督マーレイ・ゴールデン脚本マンルービン【エグゼクティブプロデューサーブルースゲラ

【出演】ピーター・グレイヴス、レナード・ニモイレスリー・アン・ウォーレン、グレッグ・モリスサム・エリオット、他

2017/12/11(月)17:58再放送BSジャパン、2017/12/11(月)鑑賞

ストーリー

 1世紀に渡って人種差別政策を執っている西アフリカ植民地で、暗号名「キタラ」と呼ばれる自由運動リーダーが、資金獲得のためトラックを襲って金塊を強奪して隠したが、まもなく地域長官大佐に捕まり、炎天下独房に入れられ拷問されるも、キタラではないと言い張り正体を隠していた。

 ジム(グレイヴス)が中央から来たキタラ調査官に、ダグ(エリオット)が軍医に成りすまして大佐を訪ね、ダナ(ウォーレン)が記者に成りすまして大佐の人となりについて長官宅でインタビューをし、大佐と副官を含めた5人でくつろいでいる時にダグが、白人と思われていた男が一夜で本来黒人の姿になった隔世遺伝症例を話した。

 バーニー(モリス)が長官宅に忍び込んで、浴室の滅菌装置ライトすり替えた後、泥棒に成りすまして捕まり、キタラの隣の独房に入れられ、壁を叩いてモールス信号で会話を試みた。

 浴室のライトに反応して一週間ほど皮膚が黒くなる薬をダナが大佐コーヒーに入れ、翌朝に黒人のようになった大佐は部屋に引きこもった。

 モールス信号監視員に見つかり、ジムがバーニーを尋問し、バーニーの回答からキタラから聞いた金塊の隠し場所IMFに伝わった。

 ダナが撮影した幼少期の大佐祖父との写真を元に、祖父黒人捏造した写真を作り、ダナが電話大佐にその写真古物商で見つけたと話して長官宅を訪ね、大佐は抜け出してダナと古物店を訪ねた。

 店主に成りすましたパリスニモイ)が大佐に、黒人子供祖父だと話し、大佐が持参した本物の写真薬品を塗って祖父黒人に変えて見せ、大佐を薬で眠らせた後にパリス黒人祖父に成りすまして、目覚めた大佐向かって「写真捏造したから白人に成りすまして生きろ」と言って息を引き取った芝居をして、大佐孤児院に引き取られる前のウソ記憶を植え付けた。

 ジムから大佐黒人であることを隠すために妊娠中の妻を事故に見せかけて殺した」という疑惑を聞かされていた副官が古物店に現われ、パリスが銃で脅して大佐と逃亡し、金塊の隠し場所大佐を連れて行き、間もなくジムが副官をそこに連れて行って、金塊の隠し場所にいた大佐キタラ容疑者として逮捕された。

 ジムとダグは、本物のキタラとバーニーと金塊を引き受けて去っていった。

感想

 写真フィルムのように光で人間の皮膚を一夜で黒くするとか、薬品写真に写っている白人黒人に変えるとかの、「魔法」としか言えないことを「技術」と称するようになったところが、「スパイ大作戦」がご都合主義に頼るほどネタ切れなのでは?と感じさせられる。(後者は、ダナが大佐所有の写真すり替えるワンシーンがあれば問題なかったのだが、カットしたのかな?)

 現地の軍隊が正体を知らない男を、IMF側が写真まで入手出来ているのも不自然

 まだ辛うじてサスペンス作品としての緊張感を保っているところが唯一の特長になりつつある。

 今気づいたが、音楽担当ラロ・シフリンから、いつの間にかリチャード・ハザードに替わっていた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hkwgch/20171212/1513056895