映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html)

.

  採点は、★4つで満点 ☆は0.5

    ★★★★ 人類の宝 / ★★★☆ 必見 / ★★★ オススメ / ★★☆ 及第点

    ★★ 中間レベル / ★☆ パスしてよし / ★ ひどい / ☆ この世から消えろ

  さらに詳しい内容(感想など)は、本館 ==> http://www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html

  にある場合もあるので、ぜひご覧になってみてください。

  ツイッター ==> http://twitter.com/cine_sal/

   感想へのリンク: 【感想】...リンク先に感想がある / (感想)...リンク先に感想があるかもしれない)

 ==============================================================================

2018-04-10 スパイ大作戦『カジノ規制法(シンジケートからきた男)』

「スパイ大作戦『カジノ規制法(シンジケートからきた男)』」 ★★☆

| 12:49 | 「スパイ大作戦『カジノ規制法(シンジケートからきた男)』」 ★★☆を含むブックマーク 「スパイ大作戦『カジノ規制法(シンジケートからきた男)』」 ★★☆のブックマークコメント

原題】Casino(意味カジノ」)

シーズン6、第21話

1972年アメリカカラー、1:1.33、35mm、英語吹替、約47分

監督】レザ・バディ【脚本】ウォルター・ブラフハワードバークエグゼクティブプロデューサーブルースゲラ

【出演】ピーター・グレイヴス、グレックモリス、リンダ・デイ・ジョージピータールーパスジャック・キャシディ、他

2018/04/09(月)17:58再放送BSジャパン、2018/04/09(月)鑑賞

ストーリー

 シンジケート資金源のカジノ経営者ケラー(キャシディ)の悪事証拠を入手し、ギャンブル規制法の法案通過を助けることを命じられた。

 ウィリールーパス)がシカゴから派遣されたディーラーなりすましカードイカサマ披露してケラーに雇われた。

 シンジケートとは別にケラーが協力関係を結ぼうとしている組織から来た人間にバーニー(モリス)が成りすましてケラーを訪ね、「検察ケラーシンジケート幹部だと見なした」の記事を載せたニセ新聞を見せて、釘を刺して立ち去った。

 シンジケートから派遣されているキャメロンと部下は、ケリーの部屋に仕掛けた盗聴器でそれを聞いていたが、ジム(グレイヴス)が配線に細工をして別な音声を聞かせることができるようにしていた。

 客に扮したケイシー(ジョージ)が不渡り小切手チップを買い、その代金を肩代わりする男に扮したジムと共にケラーオフィスに入ると、ケラーはバーニーから受け取った新聞に載っていた強盗犯の仮釈放記事の男がジムだと見抜き、未発見強奪金を目当てに、ジムに千ドルを貸してカジノ博打をしてもらうことにした。

 この時の盗聴の音声も、バーニーが再生した会話テープ差し替えられていて、キャメロンに「ケラーが3人と協力して金庫の大金を持ち出す相談をしている」と思わせた。

 キャメロンは、ジムケイシーのホテルの部屋を訪ね、2人を脅して白状させようとしたが、逆に捕らえられた。

 ジムケイシーがウィリーテーブルブラックジャックを始め、ケラーの指令でウィリージムに5千ドルすらせて、ジムが「イカサマだ」と騒いでつまみ出されるすきに、ウィリーテーブルの売上の金箱をケイシーが持ち込んだものすり替えて、金庫番に納めた。

 実は内部がロボットである金箱は全自動金庫の中に入れられ、現金輸送車運転してカジノの地下に潜入したバーニーが遠隔操作して金庫内の警報装置バッテリー破壊した後、床下に穴を開けて積み重ねられていた紙幣もろとも金庫室内の空気を吸い出し、近くの廃墟の町の銀行に向かった。

 ケラーお金をすぐ返さないと警察を呼ぶと言ってジムを脅し、ジムケイシーが廃墟に向かったのをケラーたちが後をつけた。

 ウィリー通報で拘束されていたキャメロン発見され、金庫が空になっていることに気付いたキャメロンは、ジムが部屋に遺した地図から廃墟へと向かった。

 廃墟ジム大金を手にしているところをケラー横取りしようとし、そこにキャメロンが現れ、ケラーは「12年前の強奪金だ」と説明したが、紙幣の年の刻印からカジノの金庫から盗まれた物だと判った。

 そこにバーニーが現れケラーを救出するが、そこに州の法務役人が現れ、ケラーキャメロンに殺されるより証人になる方を選んで彼らと立ち去った。

感想

 「キャメロンが盗聴の結果、ケラーが裏切ったと断定したで決着して、その後ジムケイシーを調べるために彼らの部屋に現れなかったら、作戦は上手くいかなかった」の点に代表されるように、「ターゲットIMFの思惑通りに動いてくれなかったら作戦が上手くいかない」ポイントがいくつもあり、かなりの綱渡り作戦実現性は乏しい。

 でも、そんなことのリアリティを気にしなければ、ターゲット誘導する心理的工作を重視した作戦であり、ターゲット破滅させるのではなく証言をする気にさせる結末といい、かなり洗練されたストーリーと言える。

 それでも、「声帯模写の名手を使えば、誰の声色でも真似できて、会話の内容を捏造できる」という設定もご都合主義過ぎて安直だと思うのだが…、まぁドラマってしょせん「面白いと感じること」が目的なのだから不都合なことには目をつぶろう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hkwgch/20180410/1523332185