映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html)

.

  採点は、★4つで満点 ☆は0.5

    ★★★★ 人類の宝 / ★★★☆ 必見 / ★★★ オススメ / ★★☆ 及第点

    ★★ 中間レベル / ★☆ パスしてよし / ★ ひどい / ☆ この世から消えろ

  さらに詳しい内容(感想など)は、本館 ==> http://www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html

  にある場合もあるので、ぜひご覧になってみてください。

  ツイッター ==> http://twitter.com/cine_sal/

   感想へのリンク: 【感想】...リンク先に感想がある / (感想)...リンク先に感想があるかもしれない)

 ==============================================================================

2018-04-16 スパイ大作戦『死を呼ぶカード』

「スパイ大作戦『死を呼ぶカード』」 ★★☆

| 03:43 | 「スパイ大作戦『死を呼ぶカード』」 ★★☆を含むブックマーク 「スパイ大作戦『死を呼ぶカード』」 ★★☆のブックマークコメント

原題Image意味「心象」「イメージ」)

シーズン6、第17

1972年アメリカカラー、1:1.33、35mm、英語吹替、約47分

監督ドンマクドゥガル脚本サミュエル・ローカ、ジェームズ・L・ヘンダーソン【エグゼクティブプロデューサーブルースゲラ

【出演】ピーター・グレイヴス、グレックモリス、リンダ・デイ・ジョージピータールーパス、他

2018/04/16(月)17:58再放送BSジャパン、2018/04/16(月)鑑賞

ストーリー

 米国北東部犯罪組織ボスエミールは、ビジネスパートナーのソアを後継者に選び、連邦政府の追及を逃れるために、彼だけがありかを知っている「買収した高級官吏リスト」を持って海外に逃亡しようとしていた。

 リストの入手を命じられたジム(グレイヴス)は、切手業者に扮して切手コレクターであるソアの屋敷に売り込みに行き、トンネルを掘って屋敷の地下の酒蔵に潜入したウィリールーパス)に合図の信号を送った。

 ウィリーは、屋敷警報装置の交換器に細工をして、何者かが潜入して作動した時の警報を鳴らし、その音に紛れて金庫を破って、中の切手コレクションを盗み出し、立ち去る時にソアの部下に見つかるも、倒してトンネルから逃走した。

 エミール文通している占い師に成りすましたバーニー(モリス)が、街に来たのでエミールに会って彼を占いエミールも知らない双子の弟共々危険が迫っていると言い、薬を彼に向けて噴霧して「タロットの『死のカード』を見たら、前もって決めた事が起こる」と暗示をかけた。

 行きつけのレストランから瓜二つの客がいるとの電話を受けたエミールが駆けつけると、彼に変装したIMFメンバーのデイヴと、その娘役ケイシー(ジョージ)がいた。

 デイヴは、エミール出身地シチリア島から来た教授だと名乗り、持病の心臓発作が起きた時に死のカードエミールに見せると、暗示通りに彼にも同じ発作の症状が起きた。

 エミールの家に招待された2人が家に着いた入り口で、覆面をしたジムたちがデイヴを連れ去り、ケイシーから援助を求められたエミールに、屋敷にいたバーニーが死のカードを見せると、エミールは気を失った。

 バーニーはエミールの息子のトニーに「(心臓発作の時のように)双子の弟が頭を殴られたので、エミールも殴られたような現象が起きた」と説明した。

 バーニーは目覚めたエミール占い、「身近な人間エミールと間違えて弟を誘拐し、自宅の地下の酒蔵で拷問してる」と言った。

 エミールは、酒蔵のあるソアの家を調べるためにトニーを行かせ、トニーがソアの部下を脅して地下に降りると、トンネルを通って地下に潜入したウィリーがデイヴ拷問しているのを目撃した。

 ソアから盗んだ切手を、ジムエミールと通じている業者に持って行って買い取りを依頼し、業者はそのことをエミールに知らせた。

 帰ってきたトニーから目撃情報を聞いたエミールは、弟が死んだら自分死ぬと思い、切手業者のところに現れたジムを待ち受け、ソアの屋敷に潜入した方法を尋ねた。

 ジムは、トンネルを通ってエミールとトニー達をソアの酒蔵に連れて行くと、縛られた弟を見つけたジムは「弟は死んでいる」と言った。

 ジムエミールに死のカードを見せると、エミールは発作で動けなくなった。

 酒蔵に潜んでいたウィリーたちが発砲して銃撃戦になり、エミール死ぬかもしれないと思ったトニーは、エミールからリスト腕時計に隠されていることを聞くと、鵜戸時計を奪ってトンネルから逃げていった。

 ウィリーエミールを連れ出すと、トンネルの出口には警官隊が待っていてトニーもろとも捕まり、死んだはずの弟役のデイヴ変装を解いて正体を見せた。

感想

 ターゲット占いを信じていて、その占い師に成りすまして催眠術自在に操るという設定は、都合が良過ぎる。

 でも、それよりも「スパイ大作戦」の王道である「大掛かりな仕掛けで、まんまとだまず」という展開を踏襲していることが良い。

 即ち、ストーリーにおいて、リアリティの有無という観点では「なし」だけど、「手応えを感じる」「面白い物を見せてもらった」という観点では「あり」作品だった。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hkwgch/20180416/1523904205