映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html)

.

  採点は、★4つで満点 ☆は0.5

    ★★★★ 人類の宝 / ★★★☆ 必見 / ★★★ オススメ / ★★☆ 及第点

    ★★ 中間レベル / ★☆ パスしてよし / ★ ひどい / ☆ この世から消えろ

  さらに詳しい内容(感想など)は、本館 ==> http://www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html

  にある場合もあるので、ぜひご覧になってみてください。

  ツイッター ==> http://twitter.com/cine_sal/

   感想へのリンク: 【感想】...リンク先に感想がある / (感想)...リンク先に感想があるかもしれない)

 ==============================================================================

2018-05-08 スパイ大作戦『指令なき作戦計画』

「スパイ大作戦『指令なき作戦計画』」 ★★

| 02:37 | 「スパイ大作戦『指令なき作戦計画』」 ★★を含むブックマーク 「スパイ大作戦『指令なき作戦計画』」 ★★のブックマークコメント

原題】Kidnap(意味誘拐」)

シーズン7、第11話

1972年アメリカカラー、1:1.33、35mm、英語吹替、約47分

監督&出演】ピーター・グレイヴス【脚本サミュエルロッカジェームズ・L・ヘンダーソン【エグゼクティブプロデューサーブルースゲラ

【出演】グレックモリス、リンダ・デイ・ジョージピータールーパス、他

2018/05/07(月)17:58再放送BSジャパン、2018/05/07(月)鑑賞

ストーリー

 ジム(グレイヴス)がテニスクラブ誘拐され、一緒にいたバーニー(モリス)にメツガーと名乗る男が接近した。

 メツガーは、2人が以前カジノから金と資料を盗んだのを撮影した防犯カメラ映像を調べたと言って、その写真をバーニーに見せた。。

 メツガーの殺人罪証拠手紙を餌にメツガーから縄張をもらっていたコナリーが、自分起訴を免れるのと引き換えに手紙をと3時に当局に渡す司法取引を結んだので、メツガーはジムと引き換えに手紙を貸金庫から盗んで4時半までに持って来るように脅した。

 ケイシーが銀行の貸金庫の開設の客に扮して、ひそかに鍵穴にプラスチックを流し込んで銀行マスターキーの型を獲って帰ったが、メツガーの写真を持っていた1人の銀行員ケイシーの写真と照合した。

 コナリー捜査官が、貸金庫のある銀行に向かうためにアパートの部屋を出て乗ったエレベーターに、ケイシーとウィリールーパス)も同乗した。

 エレベーター管理会社点検人間に成りすましたバーニーがアパートに潜入して、基盤を操作してエレベーターを止め、錯乱したケイシーがコナリーポケットから貸金庫のかぎをスッて型を取って元に戻した。

 コナリーの車をパンクさせたすきに、ケイシーが先回りして貸金庫から手紙を盗み出したが、銀行員通報でメツガーの部下のホークス手紙横取りした。

 バーニーはメツナーに「手紙を手に入れた」と嘘の電話をしたがバレなかったので、ケイシーの記憶を元に封筒を偽造して、3人でメツガーの家に行った。

 ジムの無事を確認するために彼が拘束されていた地下室に連れて行かれ、そこにホークスが現れて全員を銃で脅してメツガーから金をせびろうとするが、実は拘束を解いていたジムクリーニング駅をヒーターにかけてショートさせ、暗くなって乱闘がはじまり、IMFは全員を地下室に閉じ込めて、通報していた警察に後を任せて立ち去った。

感想

 シーズン6第21話の「カジノ規制法(シンジケートからきた男)」の続編。http://d.hatena.ne.jp/hkwgch/20180410/1523332185

 とはいえ、前作を知らなくても全然問題ないくらい、2作品はつながりが薄いし、脚本家も別。

 ジム・フェルプス役のピーター・グレイヴスが監督で、どうりで彼の出演シーンが少ないはず。

 彼が生涯に監督を手掛けたテレビドラマ2作品中の2作目。

 不在のジムに代わってバーニーが作戦を立てるストーリーだが、複雑な作戦不思議と遜色なく立ててしま(笑)

 今回の「つじつまが合わない細部」。

  (1)メツナーから要求を受けたのが9時40分頃で、タイムリミットが16時30分という短い時間での作品なのに、ケイシーがスリの訓練をしたことになっている。

     (今回の作戦のためということでなく、以前からスリ練習していたということかな?)

  (2)ケイシーがエレベーターの中でコナリーから貸金庫の鍵をポケットからスル時に、胸ポケットを狙って一発で成功してしまう。

     (一瞬コナリーが胸ポケットを押さえたので、それを見て鍵のありかが判ったのだろうと一応説明がつくが、コナリーが何もしなければどのポケットにあるかは判らず、作戦としては無理過ぎる)

  (3)監禁されていて、メツガーとバーニーの取り引きの詳細を知らない筈のジムが、最後に「警察に知らせたか?」とすべて知っているかのように振る舞う

 以上。

 これらは、特に作品をつまらなくしているわけではないが、細部まで注意が行き届かないのは、作り手の意気込みが薄れてきているからなのでは?と勘ぐってしまう。

 貸金庫内で、銀行員の注意をそらすために長々と咳き込んだり、エレベーター内でスリをはたらくために長々と狼狽したりするのも、野暮ったい印象を受けた。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hkwgch/20180508/1525801067