映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html)

.

  採点は、★4つで満点 ☆は0.5

    ★★★★ 人類の宝 / ★★★☆ 必見 / ★★★ オススメ / ★★☆ 及第点

    ★★ 中間レベル / ★☆ パスしてよし / ★ ひどい / ☆ この世から消えろ

  さらに詳しい内容(感想など)は、本館 ==> http://www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html

  にある場合もあるので、ぜひご覧になってみてください。

  ツイッター ==> http://twitter.com/cine_sal/

   感想へのリンク: 【感想】...リンク先に感想がある / (感想)...リンク先に感想があるかもしれない)

 ==============================================================================

2018-12-25 『深すぎる面接』『形』

『形』 ★☆

| 23:32 | 『形』 ★☆を含むブックマーク 『形』 ★☆のブックマークコメント

2018年日本カラー、1:1.78、日本語、6分

監督デトロイト城ケ崎

参照リンクhttps://www.youtube.com/watch?v=BJ6fI8FeHFo

https://www.ashitanoshow.net/blank-37

2018/12/25(火)04:00放送 TOKYO MXTV、2018/12/25(火)鑑賞

ストーリーネタばれ有り】

 久しぶりに再会した大学生のタケバヤシとヨッシー

 タケバヤシはこれから小説家を目指すと言い出した。

 3日後にヨッシーがタケバヤシの家に行くと、和服にぼさぼさ頭で、原稿用紙にほとんど白紙のままだった。

 ヨッシーは、形から入るのはやめて、まずパソコンの使い方を勉強するように言った。

 その3日後、タケバヤシは今度はネット中毒者のようになっていた。

感想

 感想は上の『深すぎる面接』とほとんど同じ。

 違いは、『深すぎる〜』は6分間リアルタイムで進行するのに対し、この作品はシーンで日付が変わるので、「そのままライブで出来る」という訳にはいかず、「映画である必然性」が少しあるということ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hkwgch/20181225/1545748340