映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html)

.

  採点は、★4つで満点 ☆は0.5

    ★★★★ 人類の宝 / ★★★☆ 必見 / ★★★ オススメ / ★★☆ 及第点

    ★★ 中間レベル / ★☆ パスしてよし / ★ ひどい / ☆ この世から消えろ

  さらに詳しい内容(感想など)は、本館 ==> http://www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html

  にある場合もあるので、ぜひご覧になってみてください。

  ツイッター ==> http://twitter.com/cine_sal/

   感想へのリンク: 【感想】...リンク先に感想がある / (感想)...リンク先に感想があるかもしれない)

 ==============================================================================

2014-05-13 2014/05/07(水)の日記

 2014/05/07(水)の日記(「可愛い悪魔」『斬る』『K2 初登頂の真実』)

| 14:06 |  2014/05/07(水)の日記(「可愛い悪魔」『斬る』『K2 初登頂の真実』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2014/05/07(水)の日記(「可愛い悪魔」『斬る』『K2 初登頂の真実』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

 家から駅まで自転車で行くが、駐輪場の空きが見つからず、探しているうちに12:10の電車に間に合わないかと思った。

 運よく電車が5分遅れていたので事なきを得た。

.

 シネマヴェーラ渋谷に、岸田森特集の「可愛い悪魔」の開映時刻13:05の5分前に到着して入場。

お客さんは50人ぐらい。

.

 終映時刻は14:40頃で、トイレに行ってから引き続き14:50からの『斬る』を鑑賞。

.

 終映時刻は16:45頃で、ロビーで地図を見ていると、そこに井口昇監督が通りかかって、あれよあれよという間にいなくなった。

 彼が心酔する大林宣彦監督の「可愛い悪魔」が目的だろうか。

.

 次は19:00からの『K2 初登頂の真実』の試写会を観に中野のなかのZEROホールまで、1時間10分位かけて歩いて行くことにしていたが、時間の余裕があったので、タワーレコード渋谷店によってから行く。

 途中、迷いそうになるような住宅地の道だったが、タブレットの地図のおかげで問題なく18:25頃に会場に到着。

 『K2』の試写はブルーレイだったみたい。

終映は21:05頃で、中野駅から総武線と山手線と田園都市線で帰宅。

2012-01-08 1/03(火)〜1/07(土)の日記

 2012/01/03(火)〜2012/01/07(土)の日記

| 08:03 |  2012/01/03(火)〜2012/01/07(土)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2012/01/03(火)〜2012/01/07(土)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【1/03(火)】

 今日も夕方に近所に買い物に出かけた以外は、終日家でブログやサイトの更新をしたり、留守録していた番組を観たり。

 初出勤の明日のことは気にする気も失せて、27:30頃まで夜更かし。

=========================================

【1/04(水)】

 今年初出勤の日だが、始業前に無意味なイベントがあって、いつもより早く家を出るはめに。

 唯一の収穫は、未踏の場所を体感できただけ。

 リピートしようとは全く思わない。

 その後、楽しくない職場に行って19:10頃まで仕事。

 26:30頃まで夜更かし。

=========================================

【1/05(木)】

 06:00頃に目覚めるが、寒さよりも気分的な理由で起きるのがおっくうになる。

 それでもなんとか普通に出社。

 なんとか普通に仕事して、19:10頃に退社。

 こたつでいつの間にか寝る。

=========================================

【1/06(金)】

 03:00あたりに目が覚め、そのまま起き続けるが、ものすごく眠い。

 行きの準急の車内で、わりと睡眠がとれた。

順調に仕事が終わって、『タンタンの冒険』を観ようか迷い、結局前売り券を買っただけで家に向かう。

 でも、そろそろ上映回数が少なくなってきていて、レイトショーで観るはめになったら、割引の方が安くなって損をするかもしれないが、はたしてどうなる?

 家に帰って、『タンタンの冒険』を観に行く予定を具体的に立て始めたら、良い時間帯が無くて、字幕版はあきらめて妥協して吹替え版にしなければいけないかもと思い始めた。

 そんなことで悩み続けているうちに、今夜もこたつで眠ってしまった。

=========================================

【1/07(土)】

 04:00頃に目覚めて、すぐにとりあえず週末恒例のブログを最低限だけ。

 その後、時間をかけて完成させる。

 その作業をしながら、録画していたテレビドラマを観る。

 まず「恋する日曜日 空に近い週末」(2003、★☆)

 監督は利重剛

 夫(鈴木卓爾)を亡くした小山田サユリが、夫が知らない女に当てた未投函のラブレターを見つける。

 その相手が図書館の職員(奥野ミカ)だと気付き、彼女に夫との関係を問いただそうとし、次第に打ち解けて夫が自分を愛していたことに気づく。

 台詞による表現の比率が大きすぎて、画的な動きが足りないせいか面白味が足りない。

 次が「恋する日曜日 すばらしい日々」(2005、★☆)。

 監督は篠原哲雄

 板谷由香は、夫婦仲が冷めてきた夫(戸田昌宏)の浮気相手の作家(宮澤美保)に浮気をばらされるも、よりを戻そうと夫に迫る。

 彼女の2人の妹も、同棲相手と別れたり、男友達との恋が芽生えたりの変化を迎えた。

 板谷由香はじめ熱演を見せるも、やっぱり台詞とストーリー偏重で、画的な面白味が足りない。

 宮澤美保は、今でも『櫻の園』(1990)のすっとんきょうな表情の印象が強いので、まるで別人のようにしっかりした大人の女に成長したなぁと感慨もひとしお。

 次が昨夜の「特命係長・只野仁ファイナル」の前編。(★★)

 只野も年のせいか複数の成人病を患って、格闘でもベッドでもスタミナ切れになってしまう。

 まぁこのシリーズは、ちょっとやそっとじゃつまらなくならないといった感じで、相変わらず頭空っぽにして楽しめる。

 次に同じく昨夜の「湯けむりスナイパーお正月スペシャル」(★★)。

 相変わらず渋くていい。

 こちらも、今でも『女優霊』(1996)の印象が強い石橋けいが、インチキスピリチュアル小太り霊能者(深沢敦)の付き添い役でちょっと出演。

2012-01-03 12/17(土)〜1/02(月)の日記

 2011/12/17(土)〜2012/01/02(月)の日記

| 09:50 |  2011/12/17(土)〜2012/01/02(月)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/12/17(土)〜2012/01/02(月)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【12/17(土)】

 今日は出勤日。

 平日より約30分遅く家を出る。

 意味が薄くやる気の出ない雰囲気が蔓延している中で、自分は課題をこなして定時と同時に切り上げて退社。

 家に帰るとテレビで「THE MANZAI」とかやっていたので、普通の演芸番組の気分で見始める。

 ナイツとかハマカーンとか面白いなぁとか思っていたら、準決勝の途中でいつの間にか眠っていて、気が付いたら優勝者バンクブーブーの発表があった。

=========================================

【12/18(日)】

 夕方に近所に食品や日用品を買いに行った以外は、家でなんてことない休日。

=========================================

【12/19(月)】

 朝、このまま家でやりたいことをやっていたい気持ちが強くなって、いつもより遅く家を出て、電車も今まで乗ったこともない遅い時間帯のもの。

 そこで、到着駅のホームの階段辺りに停まりそうな出入口のところに立って乗り、着くなり乗り換え電車へと急いだりしたおかげで、なんとか定時に出社。

 帰ってから、年末年始に帰省することに決め、明日切符を買う計画を立てる。

 25:00過ぎに眠くなって就寝。

=========================================

【12/20(火)】

 普通に起きて順調な通勤で、出社前にテレホンカードで帰省していいか?の確認の電話を実家に入れる。

 昼休みに、新幹線の切符を買いにびゅうプラザの窓口に行ったら、券売機に連れて行かれ、操作してもらいながらの発券。

 長いこと遠出をしてないうちに、鉄道会社はすごい進歩してた。

 夜は家で普通に過ごすが、何時に寝たのか全く覚えてないくらい、本当にいつの間にかこたつで眠ってしまった。

=========================================

【12/21(水)】

 04:30頃にこたつで目覚める。

 あれこれやることをやって、いつもの時間に駅に着く。

 寝不足気味だったのだが、準急に座り損ねて、立って寝たふり。

 昼休みに外出して、おみやげを探す。

 午後、仕事が終わって、情報収集と称してネットであれこれ見ているうちに、動画の再生プレイヤーが欲しくなって、定時に退社してビックカメラやヤマダ電機を見に行くが、iPodとウォークマン以外は少なかったりなかったり。

 夜、眠気に襲われて、「このまま横になったら眠っちゃうだろうなぁ」と思いつつ、ちょっとだけのつもりで横になったら、案の定そのままこたつで眠ってしまった。

=========================================

【12/22(木)】

 今朝も03:30頃にこたつで目覚めて、そのまま起床。

 優先順位の高いことから片付けていって、いつもの時間に家を出る。

 今朝も寝不足気味だったので、今日こそ電車内でたっぷり眠って行こうと思ったが、寝付きが悪くて結局短時間の睡眠。

 ボーナスの金額が変な決められ方をされて、やっばりダメだと気持ちを固める。

 夜、会社の忘年会に気が向かないまま出たが、雑談だけだったので良かった。

 一次会でさっさと帰り、23:00過ぎに帰宅して、早目に寝る。

=========================================

【12/23(金=祝)】

 夕方に近所に買い物に出かけた以外は、1日中自宅で週末恒例のブログの更新やダビングなど。

=========================================

【12/24(土)】

 昨日同様、夕方に近所に買い物に出かけた以外は、1日中自宅でブログやサイトの更新やダビング。

=========================================

【12/25(日)】

 今日も歩いて行けるところに買い物に行った以外は、終日家でブログとサイトの更新、それにダビング。

 翌日に寝不足でも気にしなくなってきて、夜更かし。

=========================================

【12/26(月)】

 いつものように出勤。

 今日はほとんどやることがなくて、自習。

 でも、唯一頼まれたことで軽くミスをしたので、なんだか見放されたような気分になって落ち込む。

 帰省時のおみやげを渋谷で物色するが、決まらず。

 帰りの電車内で久しぶりに英文のe-mailの文面を考えるが、思うように進まないまま駅に到着。

 今夜もこたつで寝てしまう。

=========================================

【12/27(火)】

 05:00前後になんとなく目覚めて、他の通勤客が少なくなったのを除けばいつもどおりの出勤。

 暇そうな雰囲気を見計らって、初の有給休暇を明日1日分消化。

 18:55頃に退社。

=========================================

【12/28(水)】

 有給休暇を取って、ダビングとか留守録セットとかメール読みとか、その他もろもろの雑務で1日中家の中。

 明日はどうせ大掃除なので、夜更かしして時間を有効利用。

=========================================

【12/29(木)】

 いつもより早く駅に行って、腹ごしらえをしてから、いつもより人が少ないおかげで待ち時間なしで準急乗り換え。

 今日は実質仕事がないのだが、平気で予定から遅れることにイライラ。

 そのせいか、頭痛にも襲われる。

 散々待って納会が始まり、さっさと食ってさっさと帰る。

 そして帰省。

 渋谷に行っておみやげを買い、山手線で東京駅に行って、間に合ったら早い新幹線に指定席を切り替えようと思っていたが、着いたのは出発時刻直前で、しかも満席だった。

 予定通りの次の新幹線まで1時間ぐらい時間をつぶし、車内では思惑通り長時間睡眠で寝不足解消。

 夜中だというのに、父が駅まで迎えに来ていて、楽々家まで。

 すぐに就寝。

=========================================

【12/30(金)】

 朝は普通に起き、終日ほとんど何もしない実家の1日。

 そのくせ食事の量は多いから、田舎は太りやすいか?

 18:30から「アメトーーク」の4時間半特番を観る。(★★★)

 死ぬほど笑った。

 嫌なことも忘れられて、大袈裟に言えば「生きてて良かった」と思えるから、やっぱりお笑いって偉大だ。

 その後、すぐ寝る。

=========================================

【12/31(土)】

 昨夜早く寝たせいか、普通に早起き。

 朝食後に近所のスーパーとホームセンターに行ったぐらいが唯一のイベント。

 夕食は大晦日のならわしでごちそう。

 その後は、テレビで紅白とボクシングと笑ってはいけないをザッピング。

 紅白は、ちゃんと観たのは最後の方だけだったけど、SMAPで明るく締めくくったのは良かった。

 ただ、その後に野暮な勝敗決定なんかを今でもやってることはマイナスだけど。

 25:30頃までテレビを観て寝る。

==========================================

【1/01(日=祝)】

 06:30頃に起床。

 夕方まで家で食事とテレビと世間話で過ごす。

 そして新幹線で帰る。

 車内では、少し眠ったり、ワンセグを観たり、文章を入力したり。

 予定通り23:00頃に帰宅。

 わりとすぐ寝る。

=========================================

【1/02(月=休)】

 夕方に近所のスーパーに行った以外は、終日家で留守録したTV番組を観たり。

2011-12-25 12/03(土)〜12/16(金)の日記(『アントキノイノチ』『恋の罪』)

 2011/12/03(土)〜2011/12/16(金)の日記 (『アントキノイノチ』『恋の罪』)

| 17:29 |  2011/12/03(土)〜2011/12/16(金)の日記 (『アントキノイノチ』『恋の罪』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/12/03(土)〜2011/12/16(金)の日記 (『アントキノイノチ』『恋の罪』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【12/03(土)】

 2:00頃に目が覚めてしまい、そのまま起きて週末恒例のブログの更新を始める。

 しかし、朝食を食べたら起きていられないくらい眠くなって、こたつで4時間ぐらい寝る。

 HDDレコーダーで、たまに録画終了直後にそのデータが消えることがあったのが再発したが、低画質モードでは電波の状態によってその危険性があることを、説明書を読んで初めて気づいた。

 こりゃ、使用方法を変えなきゃいかんなぁ。

 夜は夜更かし。

========================================

【12/04(日)】

 10:00頃に目覚める。

 サイトの更新などをしながら、午後に『マーキュリー・ライジンク』(★★、【感想】)の録画を観る。

 今夜も、差し迫ったことはなかったけど、なんとなく夜更かし。

========================================

【12/05(月)】

 06:00に目覚めたが、二度寝したりで06:50頃に起床。

 早く家を出て各駅停車で眠って行くつもりが、結局いつもの時間に。

 でも、電車が順調で早目の到着。

 仕事はまあまあ順調だったけど、やる気をなくするメールが回ってきて、あとをひきつつ19:20頃に退社。

 帰ってからも、もやっとしたままなんとなく26:00まで起きる。

========================================

【12/06(火)、曇】

 06:00に目覚めたけど、二度寝したりで危ない季節。

 安全策で早く出社するために電車立ち乗り。

 順調に仕事して、19:15頃に退社。

 そして、またまたいつの間にか眠ってしまう。

========================================

【12/07(水)】

 04:00頃に目覚めたので、4時間ぐらい眠ってしまったことになる。

 そのまま起き続けて、趣味的なことをして、いつもぐらいの時刻に家を出て、準急電車で一眠り。

 テアトル新宿に『恋の罪』の19:30の回を観に行こうかと思ったけど、踏ん切りがつかないうちに退社時刻が19:25になったので、今日はパスして家に向かう。

 そして、25時過ぎに就寝するまで、特に何と言うこともなし。

========================================

【12/08(木)】

 06:00頃に目覚めて、いつもの時間に出勤して、準急車内で少し居眠り。

 順調に仕事をこなして、19:10頃に退社。

 明日映画を観に行く予定を立てていたら、いい時間に眠くなってきたので、24:30頃に自分の意思で就寝。

========================================

【12/09(金)、雨】

 06:00前に目覚めて、一通りのことをやってから、雨の中をいつもの時間に出社。

 雨なので電車が遅れるかもしれないと思って、すぐの準急に立ち乗りしたら、予想的中で9分遅れで、かろうじて問題にならない程度の遅刻。

 渋谷東急『アントキノイノチ』(★★)の19:00の回を観に行くために定時に退社。

 そして、前売り券を買って劇場に向かい、開映直前に入場。

 お客さんは20人ぐらい。

 約10分間の予告編に続いて本編の上映。

 『アントキノイノチ』は、実質的には「TBS製作」+「榮倉奈々主演」『余命1ヶ月の花嫁』(★★★☆)に続くシリーズ第2弾だろう。

 二番煎じは安直になりがちなところ、この作り手たちは題材に流されることもなく、しっかりと作品を作り上げてくる。

 何故か有名俳優が多数、どおってことないチョイ役に至るまで出演している。

 主に、柄本明、津田寛治などの『余命〜』からの流れと、江口のりこ、渡辺真起子などの瀬々監督の前作『ヘヴンス ストーリー』(★★★)からの2つの流れがあると思った。

 でも、後で調べたら、柄本明も津田寛治も『ヘヴンス〜』に出ていた。

 あと、壇れいがどこに出ていたかは、今も判らない。

 終映は21:25頃で、まっすぐ帰宅。

 終末恒例のブログの更新を最低限だけ行う。

========================================

【12/10(土)】

 朝からブログやサイトの更新をしながら『金瓶梅』(2009香港、★☆)『金瓶梅2』(★☆)の録画を観る。【感想】

 続いて、午後から『江戸城大乱』(1991、★☆、【感想】)の録画を観る。

========================================

【12/11(日)】

 午前は、昨日の深夜にTBSで放映していた『包帯クラブ』(★★、【感想】)の録画を観る。

 午後は『僕と妻の1778の物語』(★、【感想】)を見始め、後半は夜に見終わる。

今後も、いつの間にかこたつで眠ってしまう。

========================================

【12/12(月)】

 夜中にこたつで目覚めて、そのまま起き続ける。

 寝不足に対処するため、早く家を出て各駅停車で長く眠って行こうとする。

 結果は、ちょっとだけ眠れた。

 普通に退社して、普通に家で過ごして、いつの間にかこたつで寝る。

========================================

【12/13(火)】

 今朝も昨日と同じパターンで、04:30頃にこたつで目覚めて、そのまま起き続けて早めに家を出て、各駅停車に乗って眠って行く。

 19:30頃に退社。

 今夜はちゃんと就寝。

 ただし25:30頃と遅め。

========================================

【12/14(水)】

 06:00に目覚めたが、かなり寝起きが悪く、ちゃんと起きたのは06:40頃。

 バタバタと色々やって、遅めに家を出て、雨上がりで電車が遅れるのを恐れて、すぐの準急に立ち乗り&立ち寝。

 その予想が的中して、電車が5分遅れたものの、ちょうどの出社で問題なし。

19:30頃に退社。

 電車の車内広告で「歌川国芳展」というのに惹かれる。

 人間の格好をした猫たちが楽しそうにしていたり、役者っぽい男が大クジラの背中に乗って刀を突き立てようとしていたり(没後150年だから、「白鯨」よりも前じゃないの??と思ったが、後で調べて「白鯨」が1851年発表だから、どっち先か判らない。)

 家に帰ってなんとなく過ごし、今日中にやりたいことだけをなんとかこなすために27:30頃まで起きて就寝。

========================================

【12/15(木)】

 寝起きが悪くて、やりたいことをやり残したまま家を出る。

 いつもよりは早かったけど各駅停車で行くには遅い時間で、結局準急に乗って、それでも結構長時間眠れた。

 後ろの電車が遅れたみたいだけど、こっちは早い到着。

 昼寝も15分ぐらい。

 19:00過ぎに退社。

 今夜が最終日の『電人ザボーガー』を観に行こうかとも思ったけど、結局パス。

 今夜も、眠気を覚ますつもりでちょっと横になったらそのまま1時間半ぐらい眠ってしまい、その後しばらく起きて明日の映画の予定を立てたり、留守録のセットなどをしてから27:30頃に改めて就寝。

========================================

【12/16(金)】

 今朝もますます寝起きが悪くなり、06:50頃になんとか起きて、バタバタしてから普通の時刻に家を出る。

 今日も準急で眠って行こうと思ったが、すぐに寝付けなかった。

 定時頃に仕事が終わり、明日から上映時間が変わって行きづらくなる『恋の罪』(★★★)を観に行く。

 19:30からのテアトル新宿か、20:35からのTCららぽーと横浜かの選択で、20分ぐらい帰宅が遅くなるけど、300円ぐらい安くつくららぽーとの方にする。

 時間は十分にあると思ったので、各駅停車で座れたのをいいことに、急行に乗り換えずに、長津田までのちょっとの時間に熟睡気分。

 鴨居駅から、途中冷たい風がまともに当たる橋を渡って劇場に着いたのは20:15頃で、余るほど待ち時間があると思っていたが、実際にはちょうどいいぐらいだった。

 レイト料金1200円でスクリーン9に入場。

 お客さんは15人ぐらい。

 予告編で、なんといっても一番楽しみなのは『ロボジー』。

 『テルマエ・ラマエ』とかいう作品、今から予告編流して、封切りは来年の春なんて、そんなにもったいつけるような大作なのか?

 阿部寛が古代ローマ人を演じているようなものが?

 『しあわせのパン』は、10年ぐらい前のビデオカメラと上映技術のようにキタナイ画質なのは何故?

 まさかあれが「味」なんてことないよね?

 11分程の予告編に続いて、ビデオプロジェクターによる本編の上映。

 終映は23:13頃で鴨居駅へと急ぎ、家に着いたのは24:00頃。

 週末恒例のブログの更新も最低限しかできなかった。

2011-12-04 11/28(月)〜12/02(金)の日記(『猿の惑星:創世記』)

 2011/11/28(月)〜2011/12/02(金)の日記 (『猿の惑星:創世記』)

| 03:16 |  2011/11/28(月)〜2011/12/02(金)の日記 (『猿の惑星:創世記』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/11/28(月)〜2011/12/02(金)の日記 (『猿の惑星:創世記』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【11/28(月)】

 06:00頃に目覚めたが、寝起きがつらい季節になってきて、時間がなくドタバタした。

 結局、いつもより1本遅い電車になって、それでも座って行くことができた。

 ただし、実害はないものの厳密には1分遅れて到着。

 夜中になって、やっと年末調整の用意をし始める。

 必要な証書が1つ見つからなくて、部屋を引っ掻き回してなんとか見つける。

 そんなことをしているうちに27:00頃になって、就寝。

=========================================

【11/29(火)】

 昨夜遅く寝たせいもあって、寝起きが悪い。

 年末調整用の証書が一部足りなくて、どうしようかと調べているうちに家を出るのが遅くなり、昨日と同じ1本遅い電車でギリギリバレない遅刻をする。

 朝一番のチェックで不具合を見つけ、その調査をするという予定外の1日だったが、1時間程度の残業でけりをつけたので、まずまずの結果。

 この間の昼過ぎに、年末調整のことを調べたら、昨夜一所懸命探したり準備したりしようとした証書は添付しなくてもいいことが判明した。

 そんなこんなで、年末調整も終了。

 今夜もまたまた、色々やり残したままこたつで眠ってしまった。

=========================================

【11/30(水)】

 04:30頃に目覚めたから、5時間ぐらいは寝れたけど、電気がつけっぱなしで、もったいない。

 入浴とか洗濯とかもして、時間が足りないまま遅く出勤して、今朝も1本遅い電車。

 隣に座ってた男が、「そんなに肩が当たるのが嫌なら立ってればいいじゃん」って思うくらい理不尽に突っかかってきて、こんな一方的な人間が存在する事実と、そんな社会をどう認識してどう振る舞うべきかを考える。

 1日中ほぼノープランで闇雲に仕事して、19:10頃に退社。

 今夜は23:00過ぎても目が冴えていたから、こたつで寝ることはないだろうと思っていたら、 その後間もなく眠ってしまった。

=========================================

【12/01(木)、雨】

 うたた寝から目覚めたのが2:30頃。

 今日は映画1000円の日なので、観に行くことも考えて睡眠は十分にとりたかったのだが、結局そのまま起き続けることに。

 その代わり、早めに家を出て各駅停車でたっぷり眠って行こうと思ったが、色々やっているうちにギリギリの時間になり、そしてまた発車時刻を1分勘違いしていて、気付いて駅まで走ったけど目の前で発車してしまう。

 結局、4分後の電車に乗って、各停はもはや間に合わなさそうなので、諦めて準急に乗り換え。

 これだと到着が早すぎるはずが、雨のせいか12分遅れて着いて、結局いつもの時間に会社へ。

 1日みっちり仕事をして、映画1000円の今日に、109シネマズGMで20:05からの『猿の惑星:創世記』(★★)に間に合ったら観に行こうと思って、19:05頃に退社。

 なんとか20:00頃に南町田駅に電車が着いて、予告編の上映中にスクリーン2に入場。

 お客さんは15人くらい。

 本編を観ながら、そういえばロディ・マクドウォールって死亡記事の記憶がハッキリしないけど、確かもう生きてないよなぁとか思ったり。

 ジョン・リスゴウは久しぶり。

 彼は『ハリーとヘンダーソン一家』とかいった、大猿と暮らす一家の映画でお父さん役だったけど、猿の収容所にいた手話のできる老人っぽい猿が、そのハリーと少なくとも見た目はそのまんまだったような…。

 飼育員の「その薄汚い手を離せ!」とかいう台詞は、1968年の『猿の惑星』(★★★☆)で、チャールトン・ヘストンが猿に捕らえられた時に同じことを言ってたような…。

 あと、毛利元就の三本の矢のエピソードも引用していたけど、1968年の『猿の惑星』でも「見ざる言わざる聞かざる」を引用していた。

 ただし、その三猿は昔から世界中にあって日本発祥というわけでもないので、三本の矢も毛利元就オリジナルじゃないのかも。

 終映は22:05頃で、すぐに南町田駅に向かって電車に乗って帰る。

 そして、今夜もいつの間にか眠ってしまい、2時間後ぐらいに目覚めて、26:30頃に改めて就寝。

=========================================

【12/02(金)】

 06:00に目覚めて、寒くて起きづらいところをエアコンで暖めてなんとか起床。

 今朝はいつもの時間の電車に乗ったが、雨のせいか10分以上も遅れて、5分遅れて出社。

 今日も張り切って19:35頃まで仕事。

 またまた今夜も、いつの間にか眠ってた。

2011-11-27 11/13〜27の日記(『ミッション:8ミニッツ』横浜聡子/TAMA NEW WAVE)

 2011/11/13(日)〜2011/11/27(日)の日記 (『若草の萌えるころ』『マディソン郡の橋』『ミッション:8ミニッツ』、横浜聡子、TAMA NEW WAVE)

| 09:59 |  2011/11/13(日)〜2011/11/27(日)の日記 (『若草の萌えるころ』『マディソン郡の橋』『ミッション:8ミニッツ』、横浜聡子、TAMA NEW WAVE) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/11/13(日)〜2011/11/27(日)の日記 (『若草の萌えるころ』『マディソン郡の橋』『ミッション:8ミニッツ』、横浜聡子、TAMA NEW WAVE) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【11/13(日)】

 午前に『若草の萌えるころ』(1968年、★★★)の録画を観る。

 同居している伯母が脳卒中で危篤状態になり、看病疲れになった女子大学のジョアンナ・シムカスは夜のパリの街を当てもなくさまよって人々と出会う。

 さまよいだしてからの展開が、別れてはまた別の場所でばったり再会したりのあからさまなご都合主義等々のデタラメぶりで、いいねぇこの自由な感じ。

......................

 夕方に『マディソン郡の橋』(1995年、★★★)の録画を観る。

 不倫への風当たりが強かった時代の田舎町での不倫話。

 とはいっても、時代や環境がどうこうよりも、恋する気持ちの強さの方に作り手の想いがこもっているから、時代を越え普遍的な映画になっている。

....................

 夜は、調子に乗って夜更かしをして、向こう1週間の映画を観に行く予定を立てたりする。

========================================

【11/14(月)】

 睡眠時間が短くて寝起きが悪く、各駅停車に乗って長く眠って行こうと思い、早めに出社。

 しかし、弁当を持ってくるのを忘れたことに車内で気付き、昼食どうしようか?という迷いと、不注意な自分にショックを受けて眠れなかった。

 昼食は、時間重視で適当なラーメン屋にさっさと飛び込み。

 眠気に負けそうになる程、縛りの緩い仕事で、定時には終わらせて予定通り映画を観に行く。

 小雨が降っていることに気付き、オフィスに戻って折り畳み傘を持って行く。

 観る映画は、直前に『サウダーヂ』にしようかとも迷ったが、結局予定通りTC六本木ヒルズに行き『ミッション:8ミニッツ』(★★☆)の19:20の回を観に行くことにする。

 19:10頃に劇場に到着。

 前方の席しか空いてないと表示されていたが、まずまずの席を取ってスクリーン4に入場。

 お客さんは120人ぐらい。

 『ALWAYS'64』の予告編で、登場人物たちがカラーテレビが家に来たとか、オリンピックが開催されるとかで大騒ぎ。

 1作目から既に、白黒テレビや電気冷蔵庫が家に来たことが「昔は良かった」と年寄りに思わせることの大きな要素だった。

 3作目でも相変わらず、「今の時代は夢がない。ワクワクさせてくれる物もイベントもない。国のトッブが夢を与えてくれないのが悪い。」みたいな、思い通りにならないことはみんな他人のせいにする虫のいい人たちだけでよろしくやる映画にするつもりなのかな?

 15分間の予告編に続いて本編の上映。

『ミッション:8ミニッツ』は、連続テロ犯の2回目の爆弾テロを阻止するために、発生済みの1回目のテロを調べるストーリーだが、後でよくよく考えると、犯人の立場で考えたら、1回目のテロはほとんど無意味で、2回目だけで十分じゃないの?

 映画を成立させるための展開か?

 でも、更によくよく考えると、核兵器を使わずにシカゴ全体を爆破しようとすると、大量の爆発物が必要なんじゃないの?

列車内の爆薬とその爆発から考えて、家1軒分とかビル1軒分とか。

 まあでも、観ている間に気付いて面白さが半減するてなことはなかったし、筋の通らないことは「無差別テロを企むような奴のすることだから」とこじつけることも可能だし。

 終映は21:10頃。

 日比谷線に乗って、恵比寿と渋谷で乗り換えても良かったのだが、上手くいけば1つ早い急行に乗れるかもしれないと期待して、中目黒と自由が丘で乗り換える方にする。

 結果は、そんなに上手いこといかず、渋谷経由だと乗るはずだった急行を溝の口で待つことになった。

 電車賃も30円高くついた。

 駅に着いたらものすごいどしゃ降りで、傘を持ってて良かった。

========================================

【11/16(水)】

 仕事が終わってから『ラビット・ホール』と「映画監督・横浜聡子 最・新・作x2!!!」をハシゴしようと思っていたが、調子に乗って仕事に励んだので、退社は20:00頃。

 そこで、後者だけを観に渋谷へ。

 21:10の開映まで余裕があったので、ビックカメラとヤマダ電機を回って、ドンキホーテでシェーバーの洗浄液を購入。

 ユーロスペースに着いてチケットを購入し、ロビーを見回すと、「『NINIFUNI』2012年2月ロードショー」のボスターが。

 あの映画、とっくに劇場公開されてるし、ちゃんと観に行ったけど、世間的には映画を追いかけることにおろそかな人たちが普通で、「movie PAO」なんか観たこっちは相手にしないということなのか?と思ったが、よく見ると「FULL VOLUME ver. 42分」と書かれていた。

 そんなバージョンがあるの〜?!

 整理番号44番で入場。

 お客さんは60人ぐらい。

 上映後にトークショーがあるので、予告編なしで本編からの上映。

 まずは『真夜中からとびうつれ』(★★★)。

 ネットで観賞済みだけど、映画館だとスクリーンに大映しの多部ちゃんをじっくり眺めることができて、一味違っていい。

 続いて『おばあちゃん女の子』(★★☆)

 屋外のシーンで、北日本にしか存在しないはずの、家庭用の灯油タンク(大きめ)が映っていたので、また青森ロケかな?

 野嵜好美のセリフも岩手っぼく聞こえた。(愛知県出身らしいけど。)

 終映は21:55頃で、引き続き2作品に出演していた宇野祥平について語るトークショーということで、宇野さん、彼と旧知の仲の前田弘二監督、横浜監督、進行のリトルモアの人の計4人が登壇。

 宇野さんはどうやらこういう場では話下手で、トークの中心がふわふわした感じの変な雰囲気に。

 それでも、他の3人がテーマに忠実に進行して、約30分間のトークショーが終了。

 渋谷駅へと急ぎ、たまたま遅れ気味でホームに停まってた急行に乗れたが、家に着いたのは23:30頃だった。

 そこから、明日のために色々して、寝たのは27時頃。

=========================================

【11/17(木)】

 今夜は早めに帰宅。

 でも、いっぱいやり残して寝る。

=========================================

【11/18(金)】

 今夜は仕事終わりに『サウダーヂ』を観に行く予定を立てていたが、今いちその気になれず、パスして区切りのいいところまで仕事して、19:30頃に退社。

 でも帰ってから、室温のわりに寒く感じたり、いつの間にか眠ってしまったりで、週末のブログやサイトの更新がやり残し。

=========================================

【11/19(土)、雨】

 今日は出社日。

 でも、土曜日でみんなだらけ気味。

 早々に仕事を片付けて、暇を潰して定時にさっさと退社。

 光熱費の無駄遣いにしか思えない。

 帰宅後、夜更かししたにもかかわらず、今夜も結局ブログとサイトの更新等、色々やり残したまま。

=========================================

【11/20(日)、晴】

「TAMA NEW WAVEコンペティション」に、一般審査員として今年も参加するために、ギリギリまで長く寝て、9:00前の電車に乗るべく駅へと急ぐ。

 すると、発車時刻を1分勘違いしていて乗り過ごし。

 次の電車は12分後で、遅刻の危険性が急増。

 小田急永山駅でのバス待ちの時間が最大の懸念事項だったが、バス停に着いたところにバスが来た。

 それでなんとか集合時間10:00の5分前に、聖蹟桜ヶ丘駅前のヴィータホールに到着。

 例年通りの審査方法と注意事項について、約5分間の説明があった後に入場。

 10:30から1作品目『アイネクライネ・ナハトムジーク』(★★)

 客を虜にする男娼によって、登場人物数人の運命が狂い出す。

 あからさまな欠点はなく安心して観ていられるが、そんな冷静な誉め言葉が出ることが物足りなさを表している。

 約5分間の休憩時間に続いて12:00から『めぐり来て待たず』(★☆)

 農家の跡取り問題を伝えるメッセージが完成度より優先されてる映画。

 昼休みが13:00から13:50までの中途半端な長さなので、近くのKFC。

 両隣の客が、母親任せの注文に食べ終わるまで文句を言い続けるいかにも駄目ニートと逆らえない母親、もう1組が午後上映のノミネート作品の関係者らしき3人。

 昼休み後の1作目は『想いは壁を通り抜けて、好きな人に逢いに行く』(★☆)

 塾の女教師に好意を抱いた高校生が、彼女がDVを受けていることから守ろうと思って暴走し始める。

 とはいっても、暴走具合が物足りない。

 次が14:55から『春夏秋冬くるぐる』(★)。

 4作目にして初めて有名は出演者の松雪オラキオ(弾丸ジャッキー)が主役で出ている作品だが、上映前の舞台挨拶には欠席。

 大学生たちの何もない日常の1年。

 スクリーンからこっち側に何も向かってこない。

 続いて15:55から『キユミの詩集 サユルの刺繍』(★★)

 ストーリーらしきものが少しあるだけで、女子中学生2人が紅葉や砂浜をバックに戯れる。

 このジャンルは好きなので、気に入りつつも厳しく観ると、紅葉の映像など「キレイ」とは思えても、ドキッとするようなそれ以上の感慨はない。

 次が16:35から『私の悲しみ』(★★)。

 舞台挨拶で、監督と出演者10人の大多数が登壇したので、それまでの舞台挨拶が5分程度だったところ、10分ぐらいもかかってしまった。

 その中に川連廣明さんもいて、それ以外にも名前は覚えてなくても自主映画で見たことある顔がチラホラ。

 主役のハッキリしない14人が、主に恋愛がらみの複数同時進行エピソードで絡み合う。

 そんな構成のおかげか、何となく充実感を感じる気分にはなれたが、人に薦めたくなるほどではない。

 最後が18:20から『チョッキン堪忍袋』(★☆)

 兄の引きこもりを直そうと頑張る妹。

 この作品も、もっと思い切ってたらもっと面白かったのにと思った。

 今年は予定通りの時間で進行。

 19:00からすぐに投票の時間になったが、これはという作品がなくて、ものすごく悩んた末に投票。

 19:15から、ゲストコメンテーターの山崎裕カメラマンと7人の監督たちが登壇して、1人5分ずつでコメントなどのそれやりとり。

 最後に審査結果の発表。

 結果は、ベストキャラクター賞の男優が松雪オラキオ(『春夏秋冬くるぐる』)で、ここにはかけつけてくれていて、ステージ上で渡されたトロフィーが女優賞だったのに気付いて、場内大爆笑。

 続いて女優賞がよこえとも子(『私の悲しみ』)。

 一番目立ってたもんね。

 特別賞が『キユミの詩集 サユルの刺繍』、グランプリが『私の悲しみ』で、前者の方が迷った末に泣く泣く投票から外した作品だったので、それが受賞できたことの方が嬉しい。

 審査状況は、やはり決め手となる作品がなくて、ノミネート外作品も含めて僅差だったとのこと。

 ほぼ予定通り20:35頃に終演で、すぐに会場を後にして、駅のバスターミナルからすぐ発車したバスに乗って帰る。

 おかげで思ったよりも早く、21:30頃に帰宅。

========================================

【11/21(月)】

 03:00に目が覚めて、そのまま起きる。

 短い睡眠時間のため、寝不足気味で早めに駅に行き、各駅停車に乗って間もなく眠り、約1時間後に目が覚める。

 今日も仕事が少ないことを見越しての短い睡眠時間だったけど、眠気を紛らすのは大変だったし、結局1時間残業してしまった。

 帰ってからも、何も出来ないままいつの間にか眠ってしまったが、今夜は25:00頃に目覚めた後、改めてちゃんと寝る。

=========================================

【11/22(火)】

 目覚まし時計が、日曜日にセットしたままの時間だったので、遅く目覚めてあわただしく出社。

 危うく大幅に寝過ごすところだった。

 暇そうにしてたらさすがに仕事が回ってきて、でも19:00には切り上げて退社。

=========================================

【11/23(水=祝)】

 今日は主に、明日以降の映画を観る予定を考える。

 そのついでに、撮りだめていたテレビ番組をかなり消化する。

 1日中やってもやり足りなかったが、眠くなったので25:00頃に寝る。

=========================================

【11/24(木)】

 05:30頃に目覚めて、色々やり残して出社。

 1日中たっぷり仕事をして、定時辺りで区切りのいいところまで終わってさっさと帰る。

 そして、明日の映画鑑賞の予定を立てるために劇場のスケジュールを見る。

 寒さに耐えきれずこたつをセット。

=========================================

【11/25(金)】

 朝、起きたくない気候になってきて、2度寝して危うく寝過ごしそうになるところ、06:45に起きてバタバタと家を出る。

 今日も退社時刻に区切り良く一仕事終えて、WMCつきみ野『コンディション』(★★☆)の20:05の回を観に行く。

 19:30頃には中央林間駅に着いてしまったので、時間をつぶしながら19:55頃に劇場に到着。

 ポイントカードが5回分たまっていたので、それでタダで観ようと思ったら、WMCにご無沙汰だった間に、有効期限が9月で切れていたのに気づかなかった。

 損した。

 レイト料金1200円を払ってスクリーン4に入場。

 お客さんは10人ぐらい。

 10分ぐらいの予告編に続いて本編の上映。

 終映は予定より早く22:05頃で、家に直行。

 今夜もいつの間にか眠ってしまった。

=========================================

【11/26(土)、晴】

 05:00前に目覚める。

 後で寝不足で昼寝しそうだと思いつつ、そのまま起き続けて、週末恒例のブログの更新をしたりする。

 のどが風邪のひき始めみたいにちょっと痛いので、昼に餃子で風邪予防。

 夜はちゃんぽんでビタミン補給。

 レイトショーを観に行こうと思ったが、家でサイトの更新をしながら、録りだまった録画を観る方を選ぶ。

 今夜もいつのまにか寝てしまう。

=========================================

【11/27(日)、晴】

 夜中に何度も起きたり寝たりしながら、07:20頃にこたつで目覚める。

 午前は先送りしていたブログの日記をやサイトを更新。

 たまってた趣味的なことはかなり片付いた。

 もっと夜更かししようとしたが、いつの間にか眠って28:00頃に目が覚め、改めて就寝。

2011-11-12 1週間のTV放映映画&封切り作の出来予想&10/31-11/12の日記

 2011/10/31(月)〜2011/11/12(土)の日記

| 03:23 |  2011/10/31(月)〜2011/11/12(土)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/10/31(月)〜2011/11/12(土)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【10/31(月)】

 なるべく遅く家を出て、仕事も順調に終わって早く帰ったが、それでもやりたいことをたくさんやり残し。

=======================================

【11/01(火)】

 今日は映画1000円の日で、仕事が終わってから新宿バルト9『電人ザボーガー』の20:05の回を観る予定を立てていた。

 仕事も早く終わって、渋谷まで電車で行って、そこから新宿まで久しぶりに歩いて行くことにした。

 18:55頃に渋谷を出発し、慣れたコースの明治通りを歩いて、19:45頃には劇場に到着。

 そして、窓口に行ったらなんと完売。

 他の作品『カメリア』を観ようかとも思ったけど、帰りが遅くなってまで観たいとは思わなかったので、新宿三丁目駅から副都心線で帰る。

 帰ってから疲れて眠くなり、たくさんやり残したまま24:30頃には寝る。

=======================================

【11/02(水)】

 06:00頃に起床し、07:30過ぎには家を出て、今朝も何もする時間なし。

 行きの電車で眠くなって寝る。

 今日も仕事が快調に片付いたが、観たい映画がないので、さっさと帰る。

=======================================

【11/03(木=祝)】

 ちょっと遅めに起きて『牛泥簿』(★★)の録画を観る。

 更に、午後に『スライディングドア』(★☆)の録画を観る。

 夕方に、PCの調子が悪くなって見ているうちに、セキュリティソフトが無料でバージョンアップできることに気付き、それを始めたらすんなり進まなくて復旧に手間取り、PCを使える時間が少なかった。

 25:30頃に寝る。

=======================================

【11/04(金)】

 休みを取って4連休にしないで、今日も出勤。

 早め帰宅して、週末恒例のブログの更新。

=======================================

【11/05(土)、曇>小雨】

 なかのZEROホールで19:00から『指輪をはめたい』(★★)の試写会を観る予定は決まっていて、更にその前にもう1本映画を観ようと思ったが、何も決まっていなかったので、朝から考える。

 その間『エクソシズム』(★☆、感想)の録画を観る。

 2ヶ月程前に劇場で上映されていた新作が、もうWOWOWで放映ってすごいな。

 考えた結果、新宿武蔵野館『密告・者』(★★☆)の15:30の回を観に行くことにする。

 渋谷で山手線に乗り換えて、開映ちょっと前に新宿駅に到着し、地下道から新宿武蔵野館に入る。

 すると、入り口のところに「15:30の回 立ち見」の貼り紙が。

 一瞬迷ったけど、他の予定もなかったので、そのままスクリーン3に入ることに。

 すると、実際には前の方にまだ5席ぐらい空いていて、最終的にも2席ぐらい残っていた。

 立ち見の貼り紙を見て帰っちゃった人がいなければいいけど。

 予告編に続いて本編の上映。

 終映は17:35頃。

...........................

 次の『指輪をはめたい』の開映までは1時間25分あったので、新宿駅の東口と西口でそれぞれヨドバシカメラとビックカメラにちょこっと寄ってから、中野まで歩いて行くことにする。

 以前一度通ったことのある、中野坂上駅と堀越高校を通るのとほぼ同じルートで、18:25頃にはなかのZEROホールに到着。

 そして、列に並んで大ホールに入場。

 お客さんは50%ぐらい。

 19:00に本編からの上映。

 終映は20:50頃で、アンケートに記入して外に出ると小雨で、駅まで早歩き。

 渋谷経由で帰る。

=======================================

【11/06(日)】

 午後に『北京の55日』(★★☆)の録画を観る。

 1900年に中国で起きた、義和団とそれに押された清の政府軍と、北京に駐留する欧米列強の軍との戦いを描いた大作映画。

 でも、爆薬庫の件のように、実話とは思えないエピソードも含まれる。

 日露戦争が1904年なので、この頃はまだ日本とロシアが連合軍で一緒に戦ってたりする。

 日本人の出演者は、伊丹一三当時の伊丹十三

 昔の中国が舞台ということで『砲艦サンパブロ』を連想するが、この作品でも自国から離れた地で戦争することへの疑問や、各国の目的が所詮は利己的な覇権主義だったりすることも描かれていて、ベトナム戦争の影響があるのかもしれない。

 戦闘シーンでは、バカ高い城壁の上から水面に落ちるなどの、多くののスタントマンたちの(無謀な?)頑張りが見られる。

............................

 サイトの溜まった更新を、深夜までかけて行う。

=======================================

【11/07(月)】

 今日は、仕事が「してるふり」をしなきゃいけない程少なく、ほぼ定時に退社。

 家であれこれ趣味的なことをするために、調子に乗って夜更かし。

=======================================

【11/08(火)】

 06:00頃に目が覚め、約3時間睡眠。

 次に『海の底』の録画を観始めるが、途中でタイムアップで出勤。

 電車で寝ていこうと思ったが、ギリギリの時間に駅に行ったら、長い列ができていたので、諦めて立って乗る。

 今日は、昨日以上に仕事がなくて、1日中自習に熱中。

 心配していた眠気に襲われることもなく、ほぼ定時に退社。

 家で夕食後の22:30頃、ここにきて眠気に襲われて、いつの間にか眠ってしまった。

=======================================

【11/09(水)】

 03:00頃に目覚めてしまい、睡眠時間は約4時間半。朝食をはさんで『タイタニックの最期』(1953年、★☆)の録画を観る。

 ディザスター映画あるある。− 作品に厚みをつけようと思って人間ドラマを付け加えがち。

 そのドラマも、仲違いした者同士が危機に際してよりを戻す、だったりしがち。

 それだけだったら、やっぱりつまんない。

..........................

 寝不足気味なので、久しぶりに各駅停車でたっぷり眠って行こうと思ったが、そこまで時間の余裕がなかったので、急行に乗り10分間ぐらい寝る。

 今日は仕事があったが、夕方頃には片付いて、早めに帰宅。

..........................

 昨日の朝の『海の底』(1931年、★★)の録画を観る続き。

 ジョン・フォード監督によるトーキー作品。

 第1次世界大戦中に、大西洋で貨物船に偽装してUボートをおびき寄せて逆に沈めようと企むアメリカ海軍の船の話。

 「潜水艦映画にハズレなし」の法則通り緊迫感も見せるが、なんかモタモタした部分もあった。

=======================================

【11/10(木)】

 普通に起きて普通に出社。

 今日は本格的な仕事があったが、ちょうど退社時刻のあたりに1日かけて片付けて、早めに退社。

 明日以降に観る映画を探すが、今のところ予定を立てる程でもない。

 25:00頃に寝る。

=======================================

【11/11(金)】

 朝起きて、時間がなくあわただしく家を出る。

 すると、田園都市線で人身事故があったとのことで、振り替え輸送の方にしようかとも思ったが、二子玉川駅までは行けるのと、もうすぐ全線開通しそうだったので、そのまま乗って行くことにした。

 しかし、前の電車がつまっていて信号待ちが長く、車内アナウンスも「大幅に遅れそうなので振り替え輸送を」と言うので、長津田から横浜線と東横線と日比谷線を乗り継ぐ方に変更。

 遠回りしたので、いつもより30遅れで出社。

 振り替え輸送とそのまま乗車、果たしてどっちが正解だったのやら…。

 暇にしてたので、適当なダメ元の仕事が回ってきたけど、一応きっちり成果を出して、 19:30頃に退社して雨の中を帰宅。

 22:30頃に眠ってしまって、週末恒例のブログ更新はできず。

=======================================

【11/12(土)】

 昨夜早く寝たので、夜が明けないうちから起きる。

 そして、週末恒例のブログの更新。

 午前に『ヒックとドラゴン』(★★)の録画を観る。

 ドラゴンを害獣として殺すことを叩き込まれるバイキングの村で、暴力を嫌う少年が傷ついたドラゴンと友情を深める話。

 敵に対して力で対抗することが唯一の価値観の社会で、その常識を打ち破ろうとする話は、とりあえずは正しいし、アニメを観るような子供に対してはそれで十分かもしれない。

 でも、それが「正さ」を疑うというより、反対の別な信念(言わば「友愛」)を提示して、どっちが正しいか?を問うようでは、友愛という別の信念に凝り固まるだけの元の木阿弥になってしまう。

 バカの1つ覚えみたいな友愛も、結局は何の役にも立たないどころか、現実に合わないことを押し通すことで事態を悪化させるだけだったし。

 それに現実の人間は、相反する2つの理念を都合よく使い分けるというダブルスタンダードを平気で実践して、自分の矛盾には無頓着という虫のいい生き物だし。

 例えば、キリスト教徒のくせにあの世の王国を信じずこの世の私利私欲にのめり込んだりとか、右の頬をぶられたら毅然とした態度で報復するとか、イルカは殺しちゃいけないけどサメとかの命は屁とも思わない自称動物愛護とか。

 というわけで、映画も世の中ももう1段階先に進まないと。

.......................................

 午後は「short cut」(★)の録画を観る。

 三谷幸喜脚本監督による、113分全編ワンカットのWOWOW20周年ドラマ。

 仲の冷めた中井貴一鈴木京香の夫婦が、車の故障で山中をさまよいながら口げんかを続ける。

 予感はあったけど、本当に面白くない。

 カット割りなしだからといって、しゃべりっぱなしにするだけでは間が持たない。

 口ゲンカの連続も、間を持たせようとしているだけみたい。

 そもそも、間を持たせることが目的の大半のドラマって、何?

 あと、中井喜一演じる主人公が振り回されてあたふたするマゾな展開も、相変わらずの三谷作品。

 美術監督は種田陽平

.......................................

 夕方買い物いったり、録画を観たり、今週の映画を観に行くスケジュールを考えたり、ブログの日記を更新したりで、夜更かしする。

2011-11-09 10/29-30の日記(「SSFF」『テンジャン』『ウィンターズ・ボーン』)

 2011/10/29(土)の日記〜2011/10/30(日) (「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2011」『テンジャン(味噌)』『ウィンターズ・ボーン』)

| 06:59 |  2011/10/29(土)の日記〜2011/10/30(日) (「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2011」『テンジャン(味噌)』『ウィンターズ・ボーン』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/10/29(土)の日記〜2011/10/30(日) (「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2011」『テンジャン(味噌)』『ウィンターズ・ボーン』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【10/29(土)、晴】

 06:00頃に起床。

 招待券がある「ショートショートフィルムフェスティバル & アジア 2011」の11:00の回に行こうと思い、09:30過ぎにでも家を出れば間に合うだろうと呑気に考えていたら、急行列車に間に合わないかもしれない時間になっていて、あわてて家を出て駅に駆け込むも、目の前を定刻に発車。

 でも、15分後の急行でも間に合いそうだったので、ひとまず立ち食いそばで腹ごしらえ。

 そして、恵比寿の動く歩道の上を歩いて、開映直前に東京都写真美術館ホールに入場して事なきを得る。

 お客さんは30人ぐらい。

 司会者の挨拶で始まって、ショートフィルムの予告編に続いて本編の上映。

 1本目は『スーバースター』(★☆)

 韓流スター狂いのオバサン(櫻井淳子)が、ソウルでのファンミーティングに遅刻して、飛び乗ったタクシー運転手をあちこち引きずり回す。

 非現実で引っ張って、最後に優しく現実に落とす、という狙いは解るが、そんな「優しさだけ」みたいな作品。

 続いて『中国野菜』(★★☆)

 フランスで現地の男と暮らす日本人女性が、夜に仕事場から郊外のマンションに帰って来た時、近所の畑で耕作しているという老婆とすれ違って彼女から野菜を買い、おまけで中国野菜の種子をもらい、室内で育てることになる。

 芝居に合った安定感を感じる間合いとか、不自然さを感じさせないカメラの動きを伴う室内の長回しとか、映像的に惹かれるものがあった。

 日本人を演じたのは、『ユキとニナ』でユキの母親役だったツユ。

 3作目は『ふたつのウーテル』(★☆)。大家族であることと、仕事もしない父親に嫌気がさした少年が夜に家を飛び出すと、玄関の外から家の中の様子をうかがっている女に出くわした。

 彼女は父の前妻との間にできた子供で、母を亡くしてから1人で軽トラで働いていた。

居場所のない姉弟2人の軽トラでの旅が始まった。

 まるで、もっと長いストーリーの長編の導入部分でいきなり終わったゃった感じの短編。

 だから、観ている時は普通に観ていたけど、終わってみると短編にしては密度が薄かったせいか、ほとんど印象に残っていない。

 最後に『3.11 A Sense of Home Films』(★☆)

 河瀬直美監督の呼び掛けで、世界の21人の監督が「Home」をテーマに3分11秒の尺で撮った短編集。

 一言で言って、短すぎ。

 ほとんど何も残せないまま終わってしまう。

 ビクトル・エリセ監督がアナ・トレントをキャスティングしてるのは日本向けか?

上映が終わって、『2つのウーテル』の主演の水口早香と、『3.11〜』の1編の西中拓史監督の舞台挨拶と軽いインタビュー。

 終演は12:45頃で、一旦退場して13:00の回に再入場。

 お客さんは40人ぐらい。

 1作目は『口ゲンカの行方』(★☆)

 乗り合いタクシーに乗った男女が、出発後間もなく痴話喧嘩を始め、別の客のケータイの会話につられて更にこじれる…、という話しを、車内の固定カメラで全編ワンカットで撮った作品。

 続いて『rain town』(★)。 戦争かなんかがあった後の、雨がやまない荒れ果てた街で、小さな女の子が散歩に出かけ、出会ったロボットと街中を巡る。

 いかにも「丁寧な絵作りでアニメを作りました」な作品って、気持ちがスクリーンのこっち側に向かっている感じが全然しない。

 3作目は、バク・チャヌク監督が全編iPhoneで撮影したという『波瀾万丈』(★★)

 英題が「Night Fishing」で、夜の湖畔で釣りをしていた男が、そこで女の死体を見つけて…という出だしから展開して、見所は降霊の話しを死者の側から描いているのがユニークなところぐらいか?

 最後は『3.11〜』の別な7作品で、感想は同じく、3分11秒は短い。

 終映は16:30頃。

........................................

 この後も映画を観るオプションは却下して、渋谷のビックカメラに寄って、映画を観ている時に切れた腕時計のバンドとBD-Rを買って帰る。

=======================================

【10/30(日)、曇>小雨】

 「コリアンシネマウィーク2011」の13:00からの『テンジャン(味噌)』(★☆)の招待券があったので、昨日の反省で11:30過ぎに早目に家を出て、表参道で乗り換えて12:50頃に霞ヶ関駅に着き、建て替えられたイイノ ビルへ。

 かってが変わって少しうろうろ。

 そして、前の半分位の大きさになったイイノホールに入場。

 お客さんは80%位。

 司会者の挨拶に続いて本編の上映。

 オリジナルはシネスコサイズの35ミリと思われるものを、SD画質のビデオプロジェクターでトリミングなしで上映。

 終映は14:50頃で、イ・ソグン監督が登壇して、司会者による質疑応答。

 終演は15:05頃。

......................

 この後ハシゴを考えていた映画には間に合わなくなったので、とりあえず虎ノ門駅から銀座線で渋谷に向かいながら次の映画を決め ることにする。

 表参道駅で半蔵門線に乗り換えて、渋谷で降りてホームでケータイでネットアクセスして見つからなかったら帰ろうと思っていたら、新宿武蔵野館で16:00からの『ウィンターズ・ボーン』(★★☆)に行けることが判り、副都心線で新宿三丁目に向かい、15:50頃に整理番号48番でスクリーン1に入場。

 お客さんはは60人ぐらい。

 ティアドロップを演じていた見覚えのある人はハリー・ディーン・スタントンだと思ってたら違ってた。

 もう1人、なんとなく見覚えのあった人はシェリル・リーだった。

 終映は17:50頃で、山手線で渋谷まで行って帰り、18:50頃帰宅。F1観たりして遅くまで起きたが、やりたいことをたくさんやり残し。

2011-11-08 10/16(日)〜28(金)の日記(『女と銃と荒野の麺屋』『メカス×ゲリン』

 2011/10/16(日)〜2011/10/28(金)の日記 (『女と銃と荒野の麺屋』『フェアウェル』『メカス×ゲリン 往復書簡』)

| 07:05 |  2011/10/16(日)〜2011/10/28(金)の日記 (『女と銃と荒野の麺屋』『フェアウェル』『メカス×ゲリン 往復書簡』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/10/16(日)〜2011/10/28(金)の日記 (『女と銃と荒野の麺屋』『フェアウェル』『メカス×ゲリン 往復書簡』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【10/16(日)、晴、暑】

 昨日の疲れが残っているのか、風邪がぶり返したのか、ボーッとしてやる気の出ない1日。

 それでも、洗濯などのやらなきゃいけないことをこなす。

 夜は、うたた寝したりで24:30頃になんとなく寝る。

=======================================

【10/17(月)】

 5時に目覚めたので、約4時間半睡眠。

 やっばり、風邪が悪化したみたい。

 遅めの時間に駅に着いたら、田園都市線が人身事故でストップ。

 そこで、人生初の振り替え輸送利用。

方法がわからないので駅員に訊いて、小田急で新宿まで。

 小田急、25年ぶりぐらいに朝の急行に乗ったけど、相変わらずのろい。進歩がない。

 りんかい線も遅れていて、いつもより15分遅れで出社。

 頭がボーッとして、仕事がはかどらない。

でも、午後は次第に体調が回復して、19:30頃まで仕事。

 家に帰ってから、やる気が出ないまま時間が過ぎ、25:00頃に就寝。

=======================================

【10/18(火)】

 05:30頃目覚めて、約4時間半の睡眠。

色々やり残して出勤。

 仕事が順調に片付いて、予定どおりシネマライズ『女と銃と荒野の麺屋』(★★☆)の19:30の回を観に渋谷へ。

 19:10頃に劇場に着いて、火曜料金千円で入場。

 お客さんは20人ぐらい。

 『ハラがコレなんで』は、ボスターでは仲里依紗が大笑いして、タイトルとも合わせてとぼけた映画だと思っていたけど、予告編では終始見たことないようなムッツリ顔で予想外。

 「小田桐譲?」主演の『ウォリアー&ウルフ』は、監督が田壮壮なのかぁ。

 なら注目。

 15分の予告編に続いて本編の上映。

 終映は21:15頃で、すぐに帰る。

 今夜も家で、充実しない時間を過ごして、24:45頃に寝る。

=======================================

【10/19(水)】

 05:15頃に目覚めて、今日も約4時間半睡眠。

 昨日より早く出たのに、信号事故やらで準急の本数が半減して、いつもより混んだ電車に立って乗るはめに。

 まだ水曜日かぁ…。長いな。

 駅まで自転車に乗ってたときには、上着無しだと寒いと感じたけど、電車に乗ったら暑いくらいで、今月いっぱいは大丈夫か?

 快調に仕事をこなして、19:00に退社。

 帰りの電車も遅れ気味で混んでいた。

.......................................

 牛乳を買って家に帰り『フェアウェル』(★★)の録画を観る。

 1981年のソ連で、体制に失望した情報部員がソ連の変革のために、ソ連に内部情報を流している西側の人間のリストを西側に提供しようとし、フランス情報局はソ連在住のカタギのエンジニアを連絡員に雇って彼と定期的に接触させる。

 彼らのおかげでソ連は情報戦で不利になり、後のペレストロイカに繋がった、という実話、とのこと。

 諜報活動を緻密に描いた映画ではなく、2人の家庭問題に重きを置いたりして、でもだからと言ってそっちのジャンルとして際立っている訳でもなく、結局は面白いボイントが少ない、モヤッとした印象の映画。

.......................................

 24:00過ぎに寝る。

=======================================

【10/20(木)】

 05:30頃目覚める。

 洗濯までしたので、バタバタした後に家を出る。

 今日も快調に仕事をこなして、さっさと切り上げて19:00前に退社。

 早く帰ったわりには何も出来ず、23:30頃には眠くなって就寝。

=======================================

【10/21(金)】

 昨日は寝不足気味だったせいか、05:30頃目覚めて6時間睡眠。

 ほとんど何もする時間もないまま家を出る。

 単純作業を張り切って予想より早く終わらせ、夜に雨が強くなる前にほぼ定時に退社。

既に小雨が降っていた。

 ほとんど雨に濡れずに帰ることができた。

 明日からの東京国際映画祭を観に行く予定を初めて本気で考えだしたら、唯一観たいと思った『メカス×ゲリン 往復書簡』の明日の上映の前売り券が完売したと気付いてショック。

 明日、様子を見ながら当日券での観賞を目指そう。

 週末恒例のブログの更新は、始めるのが遅くなって、眠気をこらえながら最低限の更新だけなんとか終わらせて、25:30頃に寝る。

=======================================

【10/22(土)】

 昨夜夜更かししたので、9:00頃に遅めの起床。

 今日の14:40からTIFFで上映の『メカス×ゲリン 往復書簡』(★★★)の当日券の状況を、情報更新が随時行われるツィッターの公式アカウント@tiff_siteでチェックすると、いつまでたっても完売の情報がでないので、当日券で観れるかもしれないと思い、12:15頃に家を出る。

 その前に、観れなかった場合の代わりの映画を調べるのと、ケータイでツィッターにアクセスできるようにセットアップすることで一苦労。

 駅に着いたら急行まで15分ぐらいあったので、駅前のマクドナルドでちゃっちゃと腹ごしらえ。

 13:45頃に千代田線で日比谷駅に着き、TCシャンテに行くと、当日券はまだあったので購入。

 コーヒーショップでツィッターにTIFFの残席情報をアップ。

 14:20頃にスクリーン2に入場。

 お客さんは90%ぐらい。

 開映前に、少しだけ明かりの灯った暗い会場で、TIFF恒例の長めのスポンサーCF。

 でも、去年まではCFが終わるとわざわざ再び場内が明るくなるところに、お客さんよりもスポンサーの方を大事にしている感があって気に入らなかったのだが、今回はそのままま更に場内が暗くなって引き続き本編が始まったので、気分的には少し改善。

 終映後、ビックカメラにちょっと寄っただけで、有楽町線で帰る。

=======================================

【10/23(日)】

 夕方、近所に買い物に行った以外は、ほぼ1日中家の中。

 でも、趣味的なことがさっぱり進まなかった。

 25:00頃就寝。

=======================================

【10/24(月)】

 05:45頃に目覚めたので、約4時間45分睡眠。

 仕事量も少なく、18:30過ぎには退社。

 でも、家に帰ってからは趣味的なことがはかどらず、25:00頃就寝。

=======================================

【10/25(火)】

 05:30頃目覚めて、家を出るまでにちょこっとサイトとブログの更新。

 ちょっと生活が夜型になったせいか、久しぶりに行きの電車で居眠り。

 今日も仕事量が少なく、18:50頃に退社。

 サイトを更新などで調子に乗って25:30頃まで起きる。

=======================================

【10/26(水)】

 久しぶりに目覚まし時計に気付かず、06:20頃まで寝た。

 今朝も昨日に続き電車で居眠り。

 暇な勤務が続いていたので、他のチームの仕事を回される。

 それでも、19:00頃には退社。

 洗濯とか色々やって、25:30頃に寝る。

=======================================

【10/27(木)】

 今朝も目覚まし時計に気付かず、06:30頃に起床。

 そして、電車でちょいと睡眠。

 19:10頃退社し、渋谷でワイシャツを閉店セールで買ってから帰宅。

 久しぶりに夕食を食べて間もなく、いつの間にか寝てしまう。

 夜中に目覚めて、27時過ぎに本格的に寝る。

=======================================

【10/28(金)】

 05:45頃に目覚め、やりたいことができないまま家を出る。

 今朝も車内で途中から居眠りし、ケータイのバイブに気付かないまま、運良く渋谷の直前で目覚める。

 19:10頃に退社し、まっすぐ帰宅。

 そして、またまた22:30頃に寝てしまう。

2011-10-25 2011/10/15(土)の日記(『監督失格』)

 2011/10/15(土)の日記 (『監督失格』)

| 07:30 |  2011/10/15(土)の日記 (『監督失格』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/10/15(土)の日記 (『監督失格』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【10/15(土)】

 04:00頃に起床。

 今日は出勤の日で、オフィスではなく倉庫。

 カジュアルな服装で、平日より約30分遅く家を出る。

 約1時間の電車の乗車の後に現地に到着。

頑張って作業して、16:00頃に終了。

........................................

 この後、TC川崎『監督失格』(★★)の19:25を観に行く予定になっていて、さらにその前にもう1本観れると思って、とりあえず渋谷に向かう。

 しかし、適当な映画が見つからなかったので、諦めてケータイでワンセグを聞くためのブルートゥースベッドホンを買いにいく。

 どの電気屋に行ってもみつけられない中、ビックカメラ東口店だけはケータイアクセサリーとPCアクセサリーのコーナーに判りやすく展示されていて、2980円をボイントで購入。

 そして、山手線と京浜東北線を乗り継いで、19:00頃TC川崎に着く。

 開映までに、ヘッドホンとケータイの接続を試みてあっさり成功。

 スクリーン5は550席ぐらいで、お客さんは30人ぐらい。

 14分ぐらいの予告編に続き、本編の上映。

 『監督失格』の配給は東宝映像で、確か『Document of AKB48… 』もそうだった。

 終映は21:30頃で南武線と田園都市線を乗り継いで、21:45頃帰宅。

 立ってる時間が長かった1日だったので、疲れてすぐに眠ってしまった。

2011-10-20 10/11〜10/14(金)の日記(『成龍拳』)

 2011/10/11(火)〜2011/10/14(金)の日記 (『成龍拳』)

| 06:48 |  2011/10/11(火)〜2011/10/14(金)の日記 (『成龍拳』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/10/11(火)〜2011/10/14(金)の日記 (『成龍拳』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【10/11(火)】

 風邪気味でも最近の睡眠パターン通り、03:00頃に目が覚めてしまう。

 眠ろうと努力しつつ『成龍拳』(1977、★★)の録画を観る。

 『酔拳』以前の作品で、ジャッキー・チェンは2人の主役のうちの1人。

 カンフー映画ではなく、武侠映画。

ジャッキーは、『ヤング・マスター』以降、自分で監督するようになってからは、格闘のスピードを格段に早くしたので、それ以前のロー・ウェイ監督作品はやっぱり遅く感じるが、それでもまずまずの面白さ。

........................................

 自転車でゆっくりと駅に向かい、遅めの電車に乗って、かろうじて座席に座ることができ、じっと座ったままで体力温存。

 仕事中は、少しボーッとしたが、幸い忙しくなく、定時に退社。

 帰りの急行電車に立って乗っていたら気分が悪くなって、降りて各停に乗り換えようかと思ったが、深呼吸で復帰することに成功し、そのまま目的地まで。

 買い物をしてから家に帰り、軽く夕食を摂って、22:45頃に就寝。

========================================

【10/12(水)】

 04:15頃に目覚めたので、久しぶりに5時間半も寝たが、もうちょっと眠りたかった。

 昨日と同じ電車に乗って、途中で眠って渋谷で目覚めて、危うく乗り過ごすところだった。

 区切りのいいところまで仕事をしたら、20:20頃退社。

 本当は定時に帰って映画を観ようと思ってたのだが…。

 久しぶりに、てっべんをちょっと越えて就寝。

========================================

【10/13(木)】

 05:15に目覚めて、相変わらず5時間睡眠。

 普通に家を出て間もなく、財布を忘れたことに気づいて、家に戻ってから駐輪所に向かって自転車で猛ダッシュ。

 上着なしでも汗が出る。

 仕事は少なかったけど、空いた時間は自習に当てて、気分だけは充実の1日。

 早めの退社。

 意思に反していつの間にか寝てしまう生活は昨日から終わったかな?と思っていたら、今夜も22:30頃に眠ってしまった。

========================================

【10/14(金)】

 目覚めたのは04:15頃で、ざっと6時間睡眠。

 趣味的なことをやり残したまま家を出る。

まだ風邪が治りきってなく、電車の座席で何かすると具合が悪くなりそうだったから、じっとしてたら眠った。

 19:10頃に退社したとき小雨が降っていて、ずぶ濡れにならずに家まで帰れるか心配。

 駅を降りたら不安が的中して雨が降っていた。

 ケータイで気象レーダーを見て、雨雲が遠ざかりつつあったので、雨宿りしてちょっと待ったら、そのとおり小降りになったので、自転車に乗って帰る。

 しかし、買い物に立ち寄っているうちに、次第に本降りになって結局ずぶ濡れ。

 今夜も、22:00頃にいつの間にか眠ってしまった。

2011-10-10 10/10(月=祝)の日記(『お引越し』『ロード・オブ・ザ・リング/二つの

 2011/10/10(月=祝)の日記 (『お引越し』『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』)

| 07:06 |  2011/10/10(月=祝)の日記 (『お引越し』『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/10/10(月=祝)の日記 (『お引越し』『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

 昨夜は早く寝たけど、結局今朝も4時間ほどの睡眠の後に、03:00頃に起床。

 『お引越し』(★★★☆)の録画を観る。

 最近の映画に欠けている要素は、やっぱり「相米慎二」だということを再認識

 終盤の田畑智子が祭りの夜に当てもなく野山をさまようところなんかそうだけど、登場人物の心にこみ上げてくる感情の「訳の解らなさ」をも表現しようとする意気込みが強い。

 映画の見てくれは文字通り見てくれとしか思ってなくて、体裁だけカッコつけてるような映画とは対極。

........................................

 午後、TIFFのバンフレットで上映作品を見ていたら、風邪の体調不良が悪化して、横になって『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』(★★)の録画を観る。

 感想は第1部と同じ。

 なんか旅して、なんか戦って、なんか深刻になって、なんか強い魔術を使える人が決め手で勝敗が決まっちゃうってだけの映画。

 そんな展開だから、第1部を封切りで観て以来の続編で、その前作のストーリーを忘れていても大丈夫だろうと思って観始めて、そのとおりの結果になった。

 細かい映像を作り上げた努力にだけは感心。

........................................

 夜になって益々風邪っぽくなって、軽く夕食を取って就寝。

2011-10-09 10/05(水)〜10/09(日)の日記(『朱花の月』)

 2011/10/05(水)〜2011/10/09(日)の日記 (『朱花の月』)

| 15:07 |  2011/10/05(水)〜2011/10/09(日)の日記 (『朱花の月』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/10/05(水)〜2011/10/09(日)の日記 (『朱花の月』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【10/05(水)、小雨>雨】

 今朝も昨日と同じ、夜中に起きて、出勤までの数時間であれこれする。

 今日は、仕事がこれといってない予定だったので、早く退社して眠くなかったら映画を観に行こうと思っていたが、午後にバタバタと仕事が増えるは、やっぱり眠くなるはで、結局そんなに早くない時間に帰る。

 雨で、駐輪所に自転車を置いて家に帰る。

 近所で買い物して帰り、眠らずに起き続けようという決意も虚しく、22:30頃に寝てしまう。

========================================

【10/06(木)】

 昨日と同様、昨夜の22:30頃に眠ってしまい、2:30頃に目が覚めるという、4時間睡眠の生活。

 家を出るまで色々するが、時間が足りない。

 昨夜、雨で自転車を駐輪所に置いてきたので、家を出て歩いて駅へ。

 今日は手仕事が少なく、早く退社して映画を観に行こうと思ったら、夕方に状況が変わって、今日中にやることが増えて、帰りが遅くなった。

========================================

【10/07(金)、晴】

 今朝も、4時間程の睡眠から早めの起床。

 昨夜遅くまで働いたせいもあって、今日は仕事が少なく、仕事っぽいことをしたり、仕事をしている振りをしたり。

 そんなわけで、ほぼ定時に帰って、渋谷に向かってユーロスペースでの『朱花の月』(★★☆)の19:00の回を観に行く。

 予告編が始まった頃にスクリーン2に入場。

 お客さんは10人ぐらい。

 『朱花の月』は、ビデオプロジェクターによる上映で、ただし撮影はフィルムっぽい。

 河瀬直美監督作品でビデオ上映は初めてかもしれないが、ビデオでも映像はキレイ。

 寝不足の影響は出ないと思っていたら、後半に眠気に襲われて苦労する。

 終映は20:45頃で、渋谷駅から帰る。

 家に帰ってから、今夜もいつのまにか寝て、目覚めて再度寝るパターン。

=========================================

【10/08(土)】

 早く目覚めて、昨日までできなかった週末恒例のブログとサイトの更新をする。

 あとは、来週映画を観に行く予定を考える。

=========================================

【10/09(日)】

 昨日までに比べて遅めの普通の時間に起きるが、何回か寝たり起きたりした後なので、寝不足気味。

 おまけに朝からのどが痛く、ぼーっとした感じもするので、風邪をひいたかも。

 ためていた映画の感想をサイトに上げる。

 夜には幾分楽になったけど、早めに寝た方がいいと判断する。

2011-10-05 10/03(月)〜10/04(火)の日記

 2011/10/03(月)〜2011/10/04(火)の日記

| 07:08 |  2011/10/03(月)〜2011/10/04(火)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/10/03(月)〜2011/10/04(火)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【10/03(月)】

 今朝はスッキリと早く起きたんだけど、昨夜から2回ぐらい目覚めたので、あまり寝てないかも。

 せめて夜まで眠気が襲ってこなければいいけど。

 先週までと比べて、電車を待つ人が増えたみたいで、座って行くために準急を2台バスする時間的余裕もなく、すぐのやつに立って乗って行く。

 午前はこれといった仕事がなく、午後は新たな仕事が舞い込むも、快調にこなして19:15には帰宅の途。

 眠くなかったから、もうちょっと早ければ映画に行けたかも。

 いつもは青葉台で人がどっと降りて座席に座れるんだけど、今日は行きも帰りもやけに混んでいる。

 今気づいたけど、新卒の就活が解禁だから?

 家に帰って、眠らないようにしようという決意もむなしく、22:00頃に寝てしまう。

 そして、目覚めたのが26:00頃で、眠くならないのでしょうがなく起き続ける。

=========================================

【10/04(火)】

 昨日と同じような時間に家を出る。

 昨日より整列乗車の列が短かったので、準急を1本乗り過ごして、座って行く。

 寝ないと思っていたら眠ってしまい、それどころか1駅乗り過ごしてしまった。

 ケータイのバイブのアラームで起きられなかったのはショック。

 対策が要るかな?

 夜も、すぐ終わるつもりで始めたことがなかなか終わらなくて、20:00頃まで帰れなくなってしまった。

 そして、今夜も22:00頃に眠ってしまい、26:00頃に目覚めて、眠気が覚めて朝まで起き続ける。

2011-10-02 9/30-10/02(一枚のハガキ/ピラニア/未来を生きる君たちへ/クイック!!

 2011/09/30(金)〜2011/10/02(日)の日記 (『一枚のハガキ』『ピラニア3D』『未来を生きる君たちへ』『クイック!!』)

| 13:49 |  2011/09/30(金)〜2011/10/02(日)の日記 (『一枚のハガキ』『ピラニア3D』『未来を生きる君たちへ』『クイック!!』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/09/30(金)〜2011/10/02(日)の日記 (『一枚のハガキ』『ピラニア3D』『未来を生きる君たちへ』『クイック!!』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【9/30(金)】

 昨夜の二度寝は03:30から05:30の約2時間、合計4時間ぐらいの睡眠時間で、不足気味。

 今日は休みとはいえ、おととい申請したのは、今日でテアトル新宿での上映が終わる『一枚のハガキ』(★★☆)と、同じくシネマート新宿で3D上映の最終日である『ピラニア3D』(★★☆)を観に行くためなので、寝不足は禁物なのだが、…。

........................................

 午前に『すべて彼女のために』(★★)の録画を観る。

 現在公開中の『スリーデイズ』は、このフランス映画を元にしたハリウッドリメイクということもあって観てみた。

 無実の罪で殺人犯として投獄された妻を脱獄させようという男の話。

 これといって特徴の無い、脱獄ものとしては従来パターンの展開だが、緊張感は感じられた。

........................................

 13:00頃に家を出る。

 急行に乗る前に駅の近くでタンメンで腹ごしらえしたのが効を奏して、車中でいつの間にか眠って渋谷で目覚めてあわてて降りて睡眠時間を稼いだ。

 副都心線に乗り換えて新宿三丁目駅で降り、前売り券やガムを買ってからテアトル新宿に着く。

 チケットカウンターで、「『一枚のハガキ』15時の回でよろしいですか?」と聞かれたけど、最終日の最後の上映の回に、その確認は要らんだろう。

 お客さんは30人ぐらい。

 予告編で『幕末太陽傳』のデジタルリマスターのを見て、最近の南田洋子をはじめ、みんな死んじゃったなぁと思った。

 映ってた人で存命なのは、小林旭菅井きんぐらいか?

 あと、テアトル新宿で明日から上映の『とある飛空士への追憶』ってタイトル、日本語としておかしいぞ

 「飛空士の追憶」だったらともかく「への」ってなってるけど、追憶は自分自身で過去を思うことで、誰かに対してしてやることじゃないぞ。

 そして結局「何の」追憶なのかは判らないし。(「飛空士の」追憶でないことだけは確か。)

 約15分間の予告に続いて本編の上映。

 終映は17:10頃。

........................................

 次の『ピラニア3D』の開映時刻の18:55近くまで、ドトールで携帯で文章入力。

 そして、シネマート新宿のビルに行くと、1階のエレベーターホールのポスターの中に、

 「『ピラニア3D』なのに2D上映決定!」

の文字。

 いやぁ、妙な状況になっちゃいましたねぇ。

 それに、2D上映じゃ全然凄いことじゃないのに、「!」までつけちゃう開き直りぶりが偉い!

 まぁ、種を明かせば、今日30日で上映が終わる予定が、好評なので急遽延長することにしたものの、3Dプロジェクター設置のスクリーンは『ファイナル・デッドブリッジ』と『ラビット・ホラー3D』で占有されるので、未設置のスクリーンに回されるからというだけだろけど、ともあれ延長は嬉しいはず。(観た上の結論では、2Dでも全然問題なく楽しめるし。)

 エレベーターで上がると、チケットカウンターには5人ぐらいの列。

 そして、スクリーン1に入場。

 お客さんは30人ぐらい。

 次の回の深夜にイベントがあるようで、そのせいでドタバタしていたせいか、開映が3分ぐらい遅れて、予告編キャンセルで本編からの上映。

 エンドクレジットの「THANKS TO」のところに、かろうじて『ピラニア』のジョー・ダンテ監督だけは判ったが、他は名前が多過ぎて確認できず。

 そして、最後に「次回作『ピラニア3DD』公開予定」なんて怪しい予告が。

 「3DD」って何の略だ?

 終映は20:30頃で、副都心線と田園都市線を乗り継いで帰る。

 そしてまた、すぐに眠って夜中目覚めて、しばらく起きて遅い時間に就寝。

=========================================

【10/01(土)】

 今日は、13:50から『クイック!!』(★☆)の試写会に行くので、ついでにその前にTOHOシネマズ シャンテ『未来を生きる君たちへ』(★★☆)を観に行くことにする。

 10:00の開映時刻に間に合うために07:30に起きようと思っていたが、目覚めたのは08:15で予定が狂い、出かける前のバナナと、電車の中でのカロリーメイトで朝食。

 予定通り開映5分前ぐらいにチケットを買ってスクリーン3に入場。

 お客さんは40人ぐらい。

 予告編を観て、今年の年末にかけて作品が充実していると思った。

 中でも気になったのは『ラビット・ホール』

 本編前の「映画泥棒」のプリントが、1つ前の出演者がカメラ人間が1人だけのものだった。

 しかも、「映画泥棒」がビスタで、その後スクリーンのマスクが広がってシネスコの本編が上映された。

 今まで、「映画泥棒」は本編に合わせた画面サイズのプリントが本編のプリントと一体になっていると思っていたけど、別プリントで劇場側が続けて上映する方法もあるのか?

 『未来を生きる君たちへ』は、画質がビデオっぽいなぁと思った。(後日調べたら、やっぱりRed Oneだった。)

 終映は12:10頃。

.........................................

 次の『クイック!!』の試写は、すぐそばの東商ホールで13:25開場で、スターバックスで腹ごしらえとケータイの文字入力。

 そして、開場時刻に合わせて入場。

 お客さんは80%ぐらい。

 13:50にすぐ上映開始。

 画面にラスターが見えたので、フィルムではなくSD画質のビデオ素材の上映。

 プロジェクターの輝度が暗すぎる。

 劇場公開時もビデオのままか?ビデオは試写だけかは不明。

 終映は15:50頃。

 有楽町駅から永田町経由で帰る。

 端の席に座ったらものすごい揺れを感じたが、それでも少し眠った。

 家に帰って夕食後、今夜もいつの間にか眠ってすぐに目覚めて夜中起き続けて就寝した。

=========================================

【10/02(日)】

 今日は予定がないので、遅めの起床で十分な睡眠。

 そして、ブログの更新など。

 夕方になったらやっぱり眠くなって、夕食後にちょっと寝る。

2011-10-01 9/29(木)の日記

 2011/09/29(木)の日記 (外国の撮影隊?)

| 04:25 |  2011/09/29(木)の日記 (外国の撮影隊?) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/09/29(木)の日記 (外国の撮影隊?) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

 昨夜の二度寝で計4時間ぐらいは寝て、とりあえず朝のうちはすっきり出勤。

 仕事は夕方まで余裕をもって終わらせ、午後の眠気も軽くなってすっきり帰宅。

 渋谷駅の田園都市線のホームに着くと、男1人女2人のフランス語で話す白人がいた。

 間もなくやって来た各停に、ひょっとしたらどこかで見たかもしれない、リュック・ベッソンを小さくしたようなその男が1人乗って去っていった。

 そして、その後に来た急行に残りの女2人と乗ると、車内で1人が、素人が持っているはずのないソニーのシネアルタを大きなバッグから取り出し、独り言をしゃべるもう1人を撮影しだした。

 どうもドキュメンタリーの撮影ぽかったが、となりに立っていたので、いずれ何かの映画を観たら、見切れている自分を目にする、なんてことがあるかも。

 2人は溝の口駅で降りた。

 先の男の乗った電車は、桜新町駅で追い越したから、待ち合わせているわけではないのか?

 牛乳を買って家に着いたのは20:30頃。

 眠くても眠るまいと思ったが、耐えきれず22:00から24:00まで眠ってしまい、目覚めたら今度は眠れなくなる。

 明日は休みとはいえ、映画を観るためにとったものなので、なんとか眠ろうとする。

2011-09-29 9/22(木)〜28(水)の日記(ラビット・ホラー3D/東野・岡村の旅猿)

 2011/09/22(木)〜2011/09/28(水)の日記 (『ラビット・ホラー3D』、「東野・岡村の旅猿」)

| 06:49 |  2011/09/22(木)〜2011/09/28(水)の日記 (『ラビット・ホラー3D』、「東野・岡村の旅猿」) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/09/22(木)〜2011/09/28(水)の日記 (『ラビット・ホラー3D』、「東野・岡村の旅猿」) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【9/22(木)】

 夕方に突然土曜日出勤の話が出て、他に予定がなかったので受けることに。

 家に着いて、週末恒例のブログとサイトの更新で、寝たのは深夜遅く。

========================================

【9/23(金=祝)】

 久しぶりにぐっすり寝たら、起きたのが昼過ぎになってしまった。

 おかげで、明日は朝から出勤だというのに、夜になっても眠くならず、朝までほとんど眠らず起き続けてしまった。

 起きていた間に、明日都内に行くついでに、仕事終わりに観る映画を探したが、この調子だと明日は眠くて映画どころではないだろう。

========================================

【9/24(土)、晴】

 朝から休日出勤。

 電車の中でなるべく長時間眠って行こうと思い、早く家を出て各駅停車に乗る。

 でも、思うように眠れず、結局せいぜい30分ぐらい。

 初めての清澄白河駅で降りて、夕方まで眠気をこらえながら単純作業。

 終わってすぐに電車で帰ったら、乗ってすぐに眠ってしまい、目覚めたら最寄り駅近くで、ざっと1時間ぐらい眠った。

 家に帰ったら、晩御飯も食べずに眠ってしまい、目覚めたら深夜だった。

========================================

【9/25(日)】

 昨日の夜中から起き続けたら、午後に眠くなった。

 なるべく眠らないように頑張って起き続け、おかげで夜中に早めの就寝。

========================================

【9/26(月)】

 昨夜、早く寝たおかげで、普通に起きても十分眠れた。

 家を出たのも遅めで、急行で眠らずに行く。

でも、午後にはいつも通り眠くなる。

 これじゃ、仕事終わりに『ラビット・ホラー3D』(★★)を観に行く計画をキャンセルしなきゃいけないかな?と思ったが、夕方には眠気が取れてきて、実行に移すことに。

 余裕があったつもりが、新宿駅到着が19:10で、そこから早歩きでシネマート新宿に向かい、開映時刻19:15ちょっと過ぎの、本編が始まった頃に、メンズデー&3D&リアルD方式3Dメガネ持参料金1300円でスクリーン1に入場。

 お客さんは30人ぐらい。

 『アバター』以来部屋に置きっぱなしでホコリにまみれたメガネを拭きながら見始める。

 目が疲れたというより、やっぱり寝不足で終盤には眠くなった。

 劇中、清水崇監督の前作『戦慄迷宮3D』のフッテージを使っていたり、今回も富士急ハイランドでロケをしていたりで、前作とのつながりが大きいようだ。

 終映は20:50頃で、新宿三丁目駅から副都心線と田園都市線を乗り継いで、家には22:00頃。

 そして今夜も早寝作戦ですぐに寝る。

寝る前に観た日テレ22:00からの「東野・岡村の旅猿SP プライベートでごめんなさい…スイスでキャンプの旅」(★★☆)は、今回も面白かった。

 ジミー大西がゲスト。

 行き当たりばったりのロケ番組としては、「モヤモヤさまぁ〜ず2」に対抗できる唯一の番組だろう。

========================================

【9/27(火)】

 昨夜の早寝作戦が効を奏して、ある程度の睡眠時間ですっきり早起き。

 出勤時刻も遅めにして、昨夜やらなかったもろもろのことを余裕で始める。

 しかし、色々やり過ぎて時間がなくなり、ぎりぎりで電車に駆け込む。

 夜寝ても、やっぱり午後が眠い。

 頑張って粘って仕事して、遅めの帰宅。

 そして、今夜も早めの就寝。

========================================

【9/28(水)】

 昨夜、早く寝たおかげで早起きだったが、睡眠時間が4時間ぐらいなのが気になる。

 昨日と同様、余裕があるつもりで色々やっていたら、実はぎりぎりであることに気づいて、あわてて駅に向かう。

 心配した午後の眠気は、やっと改善したと思ったら、ピークが夕方にずれた。

 早めに帰ったら、すぐに眠くなって、1時間ほど熟睡してしまった。

 夜中に目覚めて眠れずにしばらく起きて、27:00頃になんとか寝る。

2011-09-26 9/20(火)〜9/21(水)の日記(『ゴーストライター』)

 2011/09/20(火)〜2011/09/21(水)の日記 (『ゴーストライター』)

| 07:17 |  2011/09/20(火)〜2011/09/21(水)の日記 (『ゴーストライター』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/09/20(火)〜2011/09/21(水)の日記 (『ゴーストライター』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【9/20(火)】

 昨日の朝のようにちょっと眠っただけで目が覚めてそのまま起きて寝不足の一日を過ごすことになるんじゃないか?という悪い予感が的中してしまった。

 すっきり目覚めてしまったせいで、行きの電車で熟睡時間を稼げず、そして午後は睡魔。

 帰りの電車で気持ち悪くなりそうになって、各停の座席に座ってそのまま時間をかけて帰る。

 そして、そのままてっぺん越える前に就寝。

=========================================

【9/21(水)、雨、台風】

 昨夜、上手い具合に早く寝て、4時起床でいつもより長めの5時間睡眠。

 色んなことをやる時間もあって、そして余裕の出社。

 で、今日は午後眠くならないかもと思ったが、そんなに簡単に変わるはずもなく、睡魔と戦う。

 帰宅時間の頃に、台風が上陸してほとんどすべての電車が止まり、しばらく様子を見て、遠回りしても帰れそうだということが判ったところで『ゴーストライター』(★★☆)のレイトショーを観に行くつもりで渋谷に向かう。

 山手線が思うように動いてなくて、長い時間ホームで待って、車内も混雑する状態で、なんとか20:40頃に渋谷に到着。

 劇場に向かう途中に、田園都市線の様子を見に行くと、改札の手前で多くの人が電車が動くのを待って並んでいた。

 その脇を通って、開映時刻20:50頃にヒューマントラストシネマ渋谷に到着し、水曜割引1000円で予告編が始まった頃にスクリーン2に入場。

 同じことを考えて映画を観に来る人が多いかと思ったが、お客さんは20人ぐらい。

 終映は23:05頃で、渋谷駅に着いたら各駅停車が普通に走っていて、ゆったりと帰る。

 ただし、家に着いたのは24:30頃になってしまった。

2011-09-19 9/14(水)〜9/19(月=祝)の日記(野田ともうします。」『エアベンダー』

 2011/09/14(水)〜2011/09/19(月=祝)の日記 (野田ともうします。」『エアベンダー』)

| 08:36 |  2011/09/14(水)〜2011/09/19(月=祝)の日記 (野田ともうします。」『エアベンダー』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/09/14(水)〜2011/09/19(月=祝)の日記 (野田ともうします。」『エアベンダー』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【9/14(水)】

 昨夜、変な時間帯に寝たせいで、行きの電車で座席に座ったとたんに眠って、そのまま渋谷まで熟睡と半寝の1時間を過ごした。

 そして、例によって午後に眠くなり、夕方ほぼ定刻に帰って、スーパーに寄って家に着く。

 今夜も、昨夜ほどではないが、食後にいつの間にかちょっと寝て、目覚めて眠くならずにそのまま朝近くまで起きて睡眠不足という結果になってしまった。

........................................

 その夜中に起きた24:55-25:05に、それまで目にしていて気になっていた、NHK教育テレビのワンセグドラマ「野田ともうします。」の再放送をちゃんと観始める。

 今夜は第15話「ささやく女達」(★★☆)と第16話「全てはお客様の為に」(★★☆)の2作品(各5分)。

 出演者は、江口のりこ安藤サクラなどの充実した布陣。

 髪の毛の量が多くて表情も判りにくく何もしゃべらない重松さんは、地は可愛いと思っていたら小林涼子ちゃんだったのか。

 面白かったから、明日から続きと、10月からのシーズン2も観よ。

=========================================

【9/15(木)】

 昨夜から1時間ぐらいしか寝ないで朝を迎え、行きの電車で熟睡。

 今日も午後眠いのをなんとかこらえて、定時の30分遅れぐらいに帰宅。

 そして、食後に眠くなるのもなんとかこらえて、23時頃に寝た。

=========================================

【9/16(金)、曇>雨】

 昨夜、23時に寝たので、さぞかしたっぷり眠れるだろうと思っていたら、目覚めたのは3時で、たったの4時間睡眠だった。

 それでも熟睡できたせいか、いつもより爽快な朝で、でも、思ったとおり昼前から眠気に襲われた。

 でも、3連休を控えた金曜日の勢いも手伝って、張り切って仕事を片付けて19:30頃に帰宅の途につく。

 最寄駅に着いて、湿った強い風が吹いていて嫌な予感がしたら、案の定まもなく土砂降りで、ずぶ濡れで帰宅。

 そして、あすの出勤を気にしないで、朝近くまでかけて週末恒例のブログとサイトの更新を片付ける。

=========================================

【9/17(土)】

 昨夜寝るのが遅かったのと、恐らく平日の寝不足のせいで、昼過ぎまで眠ってしまった。

 朝型体質にするために、夜中過ぎぐらいになって眠ろうと思ったが、結局遅い就寝になってしまった。

=========================================

【9/18(日)、晴】

 火曜日までに朝型体質になることを目指して早く起きたかったが、結局起きたのは10時頃。

 しかし、その後昼過ぎから夕方まで眠ってしまったので、ますます昼夜逆転の傾向に。

 早く寝ようとなんとか頑張って、26時頃に就寝。

=========================================

【9/19(月=祝)、晴】

 せっかく昨夜2時に寝たのに、目覚めたのが4時で昼夜逆転気味のまま。

 眠れそうにないので、そのまま夜まで起き続けることで、朝型体質化を目指すことにする。

.........................................

 起きて間もなく、昨夜のテレビ東京24:00-24:30の「SHOWBIZ COUNTDOWN」の録画を観る。

 今週の興収ランキングは、今年1月から8月までの全米トップ10

 10作品中、日本未公開済み7作品中、観たのは『ハングオーバー!!〜』のみ。

 しかも、それもタダだったし。

 まぁ、こんな作品選択で間違ってないだろう。

.........................................

 朝にWOWOWの『エアベンダー』(★)の録画を観る。

 思った通り、本当に「どうでもいい映画」

 30分位経った頃から、完全に流し鑑賞。

 水の国だとか、悪い火の国をやっつけるとかの物語の構成も、生身の人間には何の意味も無い。

 超能力合戦や魔法合戦はみたいな「何でもありアクション」は、見せ場でもなんでもない。

 映画って観て心を動かすことを、たとえ出来てなくても少なくとも目指すものだとは思っていたけど、VFXで見せ場っぽく思わせることによってお客さんを誘って金をだまし取ることだけを目指している映画と2種類が存在する、ということを実証しているみたい。

.........................................

 午後、心配した通り、睡眠時間の短さがたたって、長めの昼寝をしてしまい、朝型体質化がさらに遠のく。

 あとは、今夜普通の時間帯に眠れることが出来るかにかかってるか?

2011-09-18 9/05(月)〜9/13(火)の日記(「荒川アンダーザブリッジ」)

 2011/09/05(月)〜2011/09/13(火)の日記 (「荒川アンダーザブリッジ」)

| 13:54 |  2011/09/05(月)〜2011/09/13(火)の日記 (「荒川アンダーザブリッジ」) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/09/05(月)〜2011/09/13(火)の日記 (「荒川アンダーザブリッジ」) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【9/05(月)】

 今日からケータイ生活。

 行きの電車でタイマーで目覚めて乗り越し防止。

 職場に着いてからはひたすら仕事。

 帰りに渋谷のビックカメラでケータイのUSBケーブルを買う。

 急行電車でつり革につかまりながら、あぼつかない手つきでこの文章を書く。

 あっという間に時間は過ぎるけど、長時間やってると気分が悪くなるかも。

 自宅の最寄駅に着いた頃には雨が降っていて、雨宿りを兼ねてスーパーで買い物して帰る。

 家で晩御飯食べて横になったら、そのまま長時間にわたって眠ってしまった。

 しょうがなく起きて眠くなるのを待ってたら、明け方近くになってしまった。

 最近、すっかりこんな生活。

========================================

【9/06(火)】

 目覚めに失敗し、遅い時間帯での余裕のない出社。

 帰りの田園都市線は、今日もつり革片手にこの文章を入力。

 夜は、食後に眠くなるのをこらえて、早めの時間帯に普通に就寝。

========================================

【9/07(水)】

 昨夜早く寝たおかげで、今朝は早く目覚めた。

 早めに家を出て、余裕で各駅停車でぐっすり眠っていく作戦。

 それは良かったが、ちょっとしたことで7分電車が遅れて、ギリギリ職場に駆け込むはめに。

 こんなことだと、更に10分早い電車に乗らないといかんかな?

 夜、家に帰って、昨夜のように早く寝ようと思ったが、あれこれやっているうちに遅い就寝になって、おまけに寝た後に一度目覚めてしまった。

========================================

【9/08(木)】

 昨夜、ちゃんと寝てないせいで、目覚めも悪く、予定より遅く家を出た。

 電車の中での居眠りも思うように時間がかせけず、眠気を振り払いながら仕事。

 今夜も早めに退社し、帰りの電車でケータイで日記書き。

 今夜は、気が緩んで夕食の後にすぐ眠ってしまい、1時間ぐらいで目覚めて朝まで眠れないという、最悪のパターンだった。

========================================

【9/09(金)】

 ほとんど眠れなかった状態で朝を迎えたが、眠気は感じず、行きの電車でも長めに寝ることができた。

 しかし、間もなくして強烈な眠気に襲われ、それが夕方まで続く。

 帰りに、渋谷のビックカメラでマイクロSDカードの一番安いのを購入して、電車で帰る。

 今夜は、食後に眠くなったのをこらえて、早めの時間帯に就寝。

 おかげで、週末恒例のブログ更新は明日回し。

========================================

【9/10(土)】

 今日は土曜出社の日で、昨夜早く寝たのですんなり起きることができた。

 朝食を食べて、最小限のブログの更新をしてから家を出る。

 土曜出社の職場は、だらけた雰囲気だな。

 いいのか?

 眠気とイライラと戦いながら、がんばって定時に区切りのいいところまで仕事を終わらせてさっさと帰る。

 家に帰ってから、週末のブログの更新の残り。

========================================

【9/11(日)】

 家で、ブログの更新など。

========================================

【9/12(月)】

 我が家の電子レンジはドアが壊れて閉じたら開かなくなったのを、中に紐をつけて外から引っ張って開けるようにしていたのだが、朝にその紐が外れていることに気がついた。

 でも、直している暇はないので、そのまま出かけることにする。

 隣駅まで自転車で行く方法に変えた初日なので、余裕を持って家を出て、何事もなく各停で渋谷に向かった。

 ところが、長津田駅のホームで人が駅員たち相手に騒いで線路に降りたりしていたのを目撃。

 10分ぐらい電車が発車できず、そのまま各停に乗ってたら遅刻しそうだったので、準急に乗り換えて、渋谷まで立って行く。

 どうやら、昼食後から夕方にかけて眠気のピークが来るようだが、今日はそれに加えて背中に筋肉痛のような痛みを感じて辛かった。

 夕方にはおさまったけど、なんだったんだ?

 1時間ほど残業して帰宅。

 そして、電子レンジを以前と同じやっつけの方法で直して使えるようにした。

 眠いから24時頃には寝るだろうと思っていたが、24時過ぎた頃から眠くなくなって、そのまま起き続けて、久しぶりに「コマ大数字科」の今夜放送の録画を観る。

 3チームともはずれる中、唯一正解した飛び入りゲストの木村夫妻と同じ答えの6.8を出して、ついに東大生やマス北野を出し抜くことに成功!

 こう書いたところで、何の証拠もないんだけど、こればっかりは信じてもらうしかない。

========================================

【9/13(火)】

 昨夜は遅く寝たので、眠気が少し強い中で通勤。

 今日も13時から17時にかけて、強い眠気に襲われる。

 ほぼ定時に丁度仕事が片付いたので帰り、映画館にでも行こうかな?と思って、ケータイにコピーした自分のサイトの上映情報を参照したが、結局やめて帰った。

 スーパーに寄って20:45頃に家に着き、シャワーと夕食の後22時頃にいつの間にか眠ってしまい、25時頃まで熟睡してしまった。

 このパターンだと今さら眠くもなく、そのまま起き続けることにする。

 ちょうど目覚めた時、つけっぱなしのテレビで気になるドラマが流れていたので、注目。

 調べたら「荒川アンダーザブリッジ」(★★)で、監督は『サマーヌード』などを手がけた飯塚健

 出演者では、「星」は山田孝之だって気づいたけど、小栗旬の「河童」はさすがに原形が無さすぎ。

 で、凝った見た目は気になったけど、それが良い凝りか悪い凝りかまではまだ判断できないので、現状では評価保留。

2011-09-11 8/09(火)〜8/10(水)の日記(『メカニック』)

 2011/08/09(火)〜2011/08/10(水)の日記 (『メカニック』)

| 00:58 |  2011/08/09(火)〜2011/08/10(水)の日記 (『メカニック』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/08/09(火)〜2011/08/10(水)の日記 (『メカニック』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【8/09(火)】

 今日から平日は朝から夕方まで都内に通うことになった。

 早めに家を出て、長津田始発の準急に乗り換えて行く。

 なんとか初日をこなして、終業時刻を1時間程過ぎた頃に帰る。

========================================

【8/10(水)】

 今夜は19:00から、なかのZEROホール『メカニック』(★★)の試写会で、ギリギリ間に合う終業時刻の18:30なってすぐに職場をあとにし、急いで向かう。

 中野駅に着いたのが、走ってもギリギリ間に合わない頃だったが、それでもあきらめずに走って行くと、スタッフに入れてもらえた。

 でも、予告編を10分間ぐらい上映してたから、ゆっくり行って10分遅れで着いても入れてもらえたかも。

 終映は20:45頃で、すぐに家に向かう。

2011-08-29 08/08(月)の日記(『エッセンシャル・キリング』『シャンハイ』)

 2011/08/08(月)の日記 (『エッセンシャル・キリング』『シャンハイ』)

| 07:26 |  2011/08/08(月)の日記 (『エッセンシャル・キリング』『シャンハイ』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/08/08(月)の日記 (『エッセンシャル・キリング』『シャンハイ』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【晴、暑】

 シャバの空気を吸える最後の日といえる今日、『シャンハイ』(★☆)の試写会と、その前に『エッセンシャル・キリング』(★★☆)を観に行くことにした。

 電車で渋谷まで行って、前売り券を買ってから、暑い中日差しを避けて地下道を通ったりしてシアター・イメージフォーラムに向かい、開映時刻15:00の直前にスクリーン2に入場。

 お客さんは40人ぐらい。

 予告編に続いて『エッセンシャル・キリング』本編の上映。

 終映は16:40頃。

........................................

 次の『シャンハイ』は神保町の一ツ橋ホールで18:30からで、1時間半ぐらい歩いて向かうことにする。

 こんな呑気なことが出来るのも、今日が最後かも。

 日が傾いて、上手い具合に涼しくなっていた。

 表参道、青山一丁目、永田町、半蔵門と、半蔵門線の上を歩いてから、お堀端を竹芝まで歩いて、18:20頃に一ツ橋ホールに到着。

 お客さんは75%ぐらい。

 15分位予告編を観てから本編の上映。

 終映は20:30頃で、すぐに帰宅。

2011-08-07 8/05(金)の日記

 2011/08/05(金)の日記

| 14:00 |  2011/08/05(金)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/08/05(金)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【8/05(金)、晴】

 午前から面接で、朝食を食べずに、交通費を安くするために、早めの時刻09:20頃に家を出て、東京メトロパスを購入。

 代々木上原と霞ヶ関で乗り換えて、日比谷線で恵比寿に到着し、約束の時刻11:00の5分前ぐらいに現地に到着。

 思ったよりも念入りな面接で、結果は来週に知らせるとのことで、12:20頃に終了。

........................................

 次の面接の予定が御成門で13:00からで、時間がないのですぐに日比谷線に乗って銀座方面に向かう。

 車内で地図を見て、新橋からよりも神谷町から歩いたほうが近いことが判って、降りて暑い中を10分ぐらい歩いて、12:50頃に目的地に到着。

 この面接も時間がかかって、終わったのは14:20頃。

.......................................

 次の予定は、フィルムセンターで15:00からの『囁きのジョー』(1967年、★★)で、炎天下を10分ぐらい歩いて、新橋駅に到着。

 そして、2駅乗って京橋駅で降り、東京メトロパスで改札を出ようとすると、おそらく切符が汗で濡れたせいで読み取りが失敗して止められた。

 そして、14:50頃にフィルムセンターに入場、お客さんは約半分の150人ぐらいの入り。

 『嘆きのジョー』は「特集・逝ける映画人を偲んで2009-2010」の1本で、故・斎藤耕一監督のデビュー作。

 彼らしい、ヨーロッパのおしゃれな映画っぽい作品。

 終映は16:30過ぎ。

.......................................

 京橋駅から銀座線で、表参道駅と代々木上原駅で乗り換えて自宅に帰ると、留守電にメッセージが残ってた。

 そして、折り返し電話をかけると、なんとあまりにも急転直下の展開に、言われるまま返事して事態があっさりと決まってしまった。

 いままで長時間かかって決まらなかったことが、決まるとなると一瞬なのか?と、キョトンとして、嬉しいとか困ったとか思えなかった。

2011-08-04 8/04(木)の日記

 2011/08/04(木)の日記

| 01:11 |  2011/08/04(木)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/08/04(木)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【曇、にわか雨】

 今日も本職っぽい情報収集がメイン。

 そして、急きょ明日の予定が入ったので、それに関する下調べや、スケジュールなどを決める準備。

 夕方から、近所に外出して、髪を切ったり、食品を買ったり。

2011-08-03 8/03(水)の日記

 2011/08/03(水)の日記

| 19:25 |  2011/08/03(水)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/08/03(水)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【曇、にわか雨】

 午前から、本職っぽい情報収集。

 昼過ぎに、人力検索関係でちょっとした作文を、結果的に何時間もかけて。

 今日は夕方にも買い物に行かなかった。

2011-08-02 8/02(火)の日記

 2011/08/02(火)の日記

| 02:58 |  2011/08/02(火)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/08/02(火)の日記 - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【曇】

 何故か朝早く起きてしまった。

 洗濯ものを干す。

 今日は、午前中から本職っぽいことをする。

 夕方に、近所の小さな店に火曜日特売の卵を買いに行く。

 売れ残りが多いんじゃないか?と思えるような客の入りの店で、豆腐と納豆が安売りしていたので、在庫処分に協力する。

 一旦帰ってから、スーパーに米などを買いに行く。

 ここでも、我が家で愛用のカレールー「印度の味」がおつとめ品として安売りしていたので、2ビン買い占める。

2011-08-01 8/01(月)の日記(『ローラーガールズ・ダイアリー』)

 2011/08/01(月)の日記 (『ローラーガールズ・ダイアリー』)

| 01:51 |  2011/08/01(月)の日記 (『ローラーガールズ・ダイアリー』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/08/01(月)の日記 (『ローラーガールズ・ダイアリー』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【曇】

 今日は朝から頑張らないでゆったり過ごしたい気分。

 午後に『ローラーガールズ・ダイアリー』(★★)の録画を観る。

 ドリュー・バリモアの監督デビュー作。

 美人コンテストで勝つことを押し付ける親に反発を感じて、ひょいと飛び込んだローラーゲームのチームで思ってもみなかった実力を発揮するが、親や未成年であることがバレて、それを乗り越えようとする、という、定番のストーリー。

 まあまあいいけど、イメージに走り過ぎて軽くなったきらいはあるかな?

 原題は"Whip It"で、ローラーゲームで味方を振って加速させることから来ているのだが、それにしても変な邦題。

 「ズ」が、複数形なのか所有なのか判らない。

 日記も全然出てこないし。

........................................

 夕方に、近所に買い物。

2011-07-31 7/28(木)〜7/31(日)の日記(「女優登竜門デビュー」『ポリアンナ』)

 2011/07/28(木)〜2011/07/31(日)の日記 (「女優登竜門デビュー」『ポリアンナ』)

| 01:12 |  2011/07/28(木)〜2011/07/31(日)の日記 (「女優登竜門デビュー」『ポリアンナ』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/07/28(木)〜2011/07/31(日)の日記 (「女優登竜門デビュー」『ポリアンナ』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【7/28(木)】

 夜からの試写会の招待状があったのだが、面白そうでなかったのと、ついでに観たい他の映画を散々探して結局見つけられなかったので、行くのをやめる。

 夕方に、近所へ買い物。

.........................................

 深夜に今夜のTBSテレビ26:25-27:00「女優登竜門デビュー」の録画を観る。

 ナビゲーターは、相変わらず赤い洋服の中江有里さま。

 今夜は15分ドラマの2本立てて、1本目は「東京少女#004『東京危機一髪』」(2003年、★★☆)。

 出演は多部未華子、森下能幸、監督は光ゲンジと同姓同名の別人の山本淳一

 多部ちゃん(1989年生まれ)のデビュー作と言ってよさそうだが、最初から完成されているなぁ。

 2本目は「東京少女#006『臭いものには蓋の日』」(2003年、★★☆)。

 出演は小出早織、ふせえり、緋田康人、監督は三木聡で、「帰ってきた時効警察」を先取りした組み合わせ。

 三木聡らしい、出鱈目さが面白い作品。

=========================================

【7/29(金)】

 午後に『ポリアンナ』(1960年、★★)の録画を観る。

 ヘイリー・ミルズ(1946年生まれ)の2作目にして、アカデミー賞の"Juvenile Award"(子役賞? シャーリー・テンプルも過去に受賞。)受賞作。

 二世の子役俳優としては(他に思いつかないのでとりあえず)草分けかな?

 でも、立て板に水の台詞回しなど、大人の俳優みたいな芝居をする欠点の無さが面白味がないかな?

 19世紀末のアメリカで、貧しい牧師の父を亡くしたポリアンナ(ヘイリー)が東部から西部の小さな町の経済を支配して堅物の道徳を人々におしつけている唯一身よりのあるおば(ジェーン・ワイマン)のところに来て、持ち前ののびのびしたキャラでおばや人々の気持ちを解きほぐしていく、という、ディズニーらしい健全なストーリーの映画。

.........................................

 明日、都内に出かけることにしたので、ついでに観る映画がないかを時間をかけて探してみるが、相変わらず見つからなかった。

 深夜に、週末恒例のブログとサイトの更新をするが、朝近くまでかかってしまった。

=========================================

【7/30(土)、曇>雨】

 12時ごろから都内に向かって出かけるために、昨夜遅く寝たので目覚まし時計で目覚める。

 あれこれ準備したので、ご飯抜きのまま12時過ぎに外出。

 代々木上原で乗り換えて日比谷駅で降り、予定よりちょっと遅れて13:20頃に現地に到着するが、特に問題なかった。

 訳がわからないまま、色々な人と話し合って、ある程度認識を新たにしたが、ある時点でこれ以上聞いても意味がないと思い始めて、会場を後にした。

 それでも、17:20頃までの4時間近く会場にいたことになった。

 ちょっとビックカメラに寄ってから電車で来た道を帰る。

 新百合ヶ丘から座席に座ったら急に眠気に襲われ、相模大野で降りそびれてしまった。

 海老名で降りて引き換えして江ノ島線に乗り換え、どしゃぶりの中駅前のスーパーで買い物して、家に着いたのは19:45頃。

=========================================

【7/31(日)、雨>曇】

 ブログのたまった日記を書いたり、夕方にスーパーに買い物に行ったぐらいで、やったことは少なかった割に、時間を持て余した覚えもない1日だった。

2011-07-28 7/26〜7/27の日記(『原爆の子』『サンザシの樹の下で』『モールス』)

 2011/07/26(火)〜2011/07/27(水)の日記 (『原爆の子』『サンザシの樹の下で』『モールス』)

| 15:27 |  2011/07/26(火)〜2011/07/27(水)の日記 (『原爆の子』『サンザシの樹の下で』『モールス』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/07/26(火)〜2011/07/27(水)の日記 (『原爆の子』『サンザシの樹の下で』『モールス』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【7/26(火)】

 午後に近所に買い物。

=====================================

【7/27(水)、曇】

 夜から『モールス』(★★)の試写会に行き、その前に『原爆の子』(★★☆)『サンザシの樹の下で』(★★★)を観に行くことにする。

 『原爆の子』の開映時刻13:40に間に合うギリギリの時刻12:40頃に家を出て、予告編が始まったところで、水曜割引1000円でテアトル新宿に入場。

 お客さんは35人ぐらい。

 『原爆の子』は1952年製作で、まだ瓦礫が残っていながらも、復興しつつある広島ロケ作品。

 商店の中に、「ぴかどん」という店名?の看板の店があった。

 火傷の跡が残る広島の人々も出演。

 終映は15:30頃。

=========================================

 次の『サンザシの樹の下で』新宿ピカデリーで16:00からだったので、それまでに前売り券を買おうと探し回ったのだが、売り切れ或いはそもそも発売してないかで見つけることができず、15:50頃に劇場窓口でチケット購入。

 新宿ピカデリーは、平日昼間1000円のサービス席が廃止になって以来、うまみがなくなって来てなかったので、ポイントなんかとっくに期限切れになっているだろうと思っていたら、今日のも含めて3ポイントだった。

 次がいつか判らないので、2ポイント使ってコーヒーをもらう。

 スクリーン5に入場。

 お客さんは40人ぐらい。

 チャン・イーモウ作品といえば、これまでは原色のギラギラした映像が多かったけど、『サンザシ〜』は一転して全編淡い色調の映画。

 それでも相変わらず上手いね。

 終映は18:00頃。

.........................................

 次の『モールス』の試写会は、なかのZEROホールで19:00からだったので、50分ぐらいかけて歩いていくことにする。

 新宿ピカデリーの延々と続くエスカレーターで1階まで降りて、18:05出発。

 青梅街道を、新宿駅に向かう人々と逆方向に歩いて行く。

 曇り空で気温も高くないので、汗をかくだけで調子はいい。

 中間地点の中野坂上駅に着いたところで、目標の堀越高校の案内の看板があったので、それに従っていく。

 でも、入り組んだ路地に入って迷子になりそうになっては、立ち止まって地図を見ること何度か。

 そして、予想していたのと違う方角から、18:50頃になかのZEROホールに到着し、大ホールに入場。

 お客さんは50%ぐらいの入り。

 『モールス』は『ぼくのエリ 200歳の少女』(★★)のアメリカによるリメイクで、一番の違いは解り易くなっていることだけど、それでもレイティングは何故かR15+。

 どこかのカットが引っかかったとかかな?

 終映は21:00で、アンケートに答えて会場を後にし、中野駅から新宿経由で帰る。

2011-07-27 7/25(月)の日記(梶芽衣子&原田芳雄、『ツリー・オブ・ライフ』)

 2011/07/25(月)の日記 (『新宿アウトローぶっ飛ばせ』『反逆のメロディー』『ツリー・オブ・ライフ』)

| 12:31 |  2011/07/25(月)の日記 (『新宿アウトローぶっ飛ばせ』『反逆のメロディー』『ツリー・オブ・ライフ』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) を含むブックマーク  2011/07/25(月)の日記 (『新宿アウトローぶっ飛ばせ』『反逆のメロディー』『ツリー・オブ・ライフ』) - 映画のBlog:シネマ・サルベージ別館 (本館:www.ceres.dti.ne.jp/~kwgch/movie.html) のブックマークコメント

【晴】

 夜から『ツリー・オブ・ライフ』(★★)の試写会に行くので、ついでにその前に銀座シネパトスでの梶芽衣子特集の二本立て、というより、原田芳雄追悼二本立てになってしまった『新宿アウトロー ぶっ飛ばせ』(★☆)『反逆のメロディー』(★★)の2本立てを銀座シネパトスへ観に行くことにする。

........................................

 その前に、先週の金曜日に情報を得た件に応募するために、朝に目覚まし時計で起きて、隣の駅前まで自転車で。

 初めてのところだったが、待ち時間もなく相談もスムーズに終わる。

 帰りに買い物をして、一旦家に戻り、応募のメールを送る。

.........................................

 開映時刻の13:45に間に合うべく、12:44発の急行に乗るために12:20頃に家を出る。

 電車の中で眠っていこうと雑誌を読み始め、二子玉川駅を過ぎた頃にやっとウトウト。

 目を覚ますと、隣のホームにオレンジ色の電車が止まっていたので、銀座に行くために銀座線に乗り換えなければと思って、慌てて乗り換える。

 その後、どうも駅の様子が表参道駅とは違うし、ホームにも「渋谷」と書かれていたにもかかわらず「渋谷方面のことか?」などと考えているうちに、電車が反対方向に動き出した。

 銀座線だと思っていたオレンジ色の電車は、東武伊勢崎線から乗り入れているもので、駅も表参道ではなく渋谷だった。

 しょうがないので、次の池尻大橋駅で降りて反対ホームから改めて渋谷に向かう。

 そして、銀座に着いて5分遅れの13:50頃に銀座シネパトス1に『新宿アウトロー ぶっ飛ばせ』のタイトルの途中で入場。

 お客さんは50人ぐらいと盛況。

 終映は15:15頃。

.........................................

 売店でコーヒーを買って、引き続き15:25から予告編に続いて『反逆のメロディー』。

ピントが、画面の周辺に合っていて、中心部がボケていた。

 アナモ上映はピントがずれやすいと言うけど、せめて中心部のピントが合ってたら良かったのに。

 終映は16:50頃。

.........................................

 次の『ツリー・オブ・ライフ』の試写会の開場時刻まで18:00まで何をして時間をつぶそうか?と思っていたが、銀座をうろついている間に1時間が経ってしまい、18:00ちょっと過ぎ頃によみうりホールに入場。

 お客さんは、ほぼ満席。

 18:30に開映。

 終映は20:50頃。

 『ツリー・オブ・ライフ』は、ストーリーと無関係そうなシーンが半分ぐらいあるので、戸惑っているような反応。

 よみうりホールから地下2階まで下りて、有楽町駅から帰る。

.........................................

 22:30頃に家に着いて、昼に送ったメールが、宛先が間違って届いてなかったことが判って、「下手こいたー」と小島よしおのシャウトが頭をよぎる。

 すぐに再送。

 深夜、今夜の「たけしのコマ大数学科」の問題を解いたりしてから、寝る。