Hatena::ブログ(Diary)

双六二等兵 このページをアンテナに追加


2010-04-18(Sun) GVS このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

|映画|


やっぱりこの人の映画が好きなのだ。

どうしようもなく。


パラノイドパーク [DVD]

パラノイドパーク [DVD]

エレファント デラックス版 [DVD]

エレファント デラックス版 [DVD]


   ------------------------------------------


小説家を見つけたら [DVD]

小説家を見つけたら [DVD]

ジェリー デラックス版 [DVD]

ジェリー デラックス版 [DVD]

は、心の特別なところへ仕舞ってある。


この中では『4区(マレ)』を担当。

”如何にも”GVSなんだけれど、印象的だった。


マイ・プライベート・アイダホ [DVD]

マイ・プライベート・アイダホ [DVD]

是はきっとおとぎ話なのだと想う。

コルキナコルキナ 2010/04/20 02:31  「MILK」の終盤に、ショーン・ペンが、夜明け間近の青い部屋から、かつての恋人に電話をかけるシーンがあります。
 あの部屋の外には、「エレファント」の空が広がり、その下には、「ジェリー」の砂漠が横たわっている。だからこそ、愛する人に語りかけるショーン・ペンの台詞は、あれほど切ないのだと。そんなことをふと思いました。

hobbitonhobbiton 2010/04/20 15:32 どうしてGVSの映画が好きなのか。と考えても、明確に答えられない。
それはそのまま、この人の作る映画にも似て居る気がします。
空がいつも印象的なのは、きっと誰かの心模様を映して
流れてゆくからなのかも知れません。心象風景と重なるんですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hobbiton/20100418