Hatena::ブログ(Diary)

hogeなlog

プロフィール

hogelog

hogelog

小室 直(こむろ すなお)。電気通信大学2003年入学。2010年修士卒業。プログラミングとかしてます。

カレンダー
1984 | 01 |
2006 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2010 | 01 | 06 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 05 | 08 | 09 | 10 | 12 |
2012 | 01 | 04 | 06 |

December 30(Sun), 2007

[][][] 適当なRubyのお絵描きツール

Postscriptを出力できます。Postscriptしか出力できません。

線の補正とかしようかと思ったけどめんどかったので相当やる気無い方法になってます。

忘れてた

保存ダイアログはEnterキーで呼び出します。

f:id:hogelog:20071230003936j:image

Ruby/Tkの方の線の表示が汚ないのは仕様です。

ActiveScriptRuby 1.8.6 + ActiveTcl 8.4.16.1 で動作確認。

以下ソース

続きを読む

[] 2007年のこと

何故か最近、2007年の自分のこととか書くのが流行ってるみたいなので書きます。

人工無脳

2006年末から2007年明けあたりで人工無脳とか書いてたみたい。

考えてたモデルの結果が微妙

Ajaxあそび

なんかAjaxなCGIとかで遊んでみたのも2007年4月あたり。一度やったおかげで、過剰に扱われがちな「Ajax」ていうものの意味がわかって良かった。変に持ち上げたりする人もいるから、風聞だと「Ajax」てのがなんなんだか非常にわかりにくいと思う。

Firebugのすばらしさを実感したのもこん時かな。

Javaでお絵描きソフト

その頃ネット環境が大学にしか無かったせいかあんまし日記に書いてないけど、4月から5月くらい?にかけてはだいたい大学の課題のJava製お絵描きプログラム書いてた。

この辺のJava2DのShape => Postscriptのパスへの変換とかもこのプログラムのために書いたもの。

色々な図形を描けたり

f:id:hogelog:20071230155749p:image:w300

f:id:hogelog:20071230155748p:image:w300

f:id:hogelog:20071230155747p:image:w300

出力は独自形式(JavaのSerializeデータをZIPで固めたもの)と、Postscript

f:id:hogelog:20071230155746p:image:w300

とPNG。

f:id:hogelog:20071230155745p:image:w300

入力は独自形式とPNG。Postscriptはとてもやってられません。

図形のコピーと

f:id:hogelog:20071230155931p:image:w300

移動と

f:id:hogelog:20071230155930p:image:w300

回転と

f:id:hogelog:20071230155929p:image:w300

ズーム

f:id:hogelog:20071230155928p:image:w300

ができた。

3000行くらいのプログラムで、過去最大規模。けっこうひどいものだった。

instanceofもpackageも知らないし、ソースファイル名とクラス名を一致させるとか定石も何も知らんで書いたおそろしいプログラムだった。確か全部Vimで書いた。ダブルバッファがどうこうとかも知らなかった。

一応ソースコードとかもアップしてたらしい。ちゃんと動くか不明。

COINSに興味を抱く

どうやらBrainf*ckフロントエンドを書いたことで満足してしまったようです

D言語

わなDをちゃんと読んで、色々D言語で遊び初めたのも今年らしい。

Xlib.hを移植してみたりシェルとか作ってみたりMiniSchemeをD言語に移植したり

自分でSchemeの処理系もD言語で書き始めましたなんだかんだで色々好きに触れるC言語にしましたが

Boostの一端を見る

uBLASを使って数値計算のプログラムを書いた。Boostは化け物らしいと薄々感付く。

情報科学若手の会に行った

http://wakate.aitea.net/

優秀な人々とたくさん出会う。プレゼン童貞を捨てる。id:suu-gid:hayamiz筆頭に、その後度々顔をあわせることになる人々と出会う(何故か不思議と、一度会った人とはアチコチで出会う。おもしろい)。とても良い刺激だった。

イベント

わりとあちこちのイベントに行ってみた年だった

単純にすごくおもしろいし、色々なおもしろい人に会って話ができたり、なんか発想のキッカケ得られたりと良いことだらけ。今まで外に出たりとか全然してなかったことを後悔した。

アセンブラ書いた

これもプロトタイプはD言語で書いた。yacc/lexの基本的な使い方を知った。

全体を通して

プログラム書いたり書かなかったり、がメインな一年でした。

なんか日常的などうでもいい小物プログラムが欲しくなったとき、自分でちゃっちゃと作れるようになったのが今年だった。良かった。

December 28(Fri), 2007

[] ほっかいどう

まあどうでもいいことなんですけど、実家に戻ってきました。正月こっち。

ついったーはじめてました。http://twitter.com/hogelog

風邪ひきました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hogelog/20071228

December 23(Sun), 2007

[][] Windows時計がわり

俺は時計が常に表示されてるってのがあんまり好きじゃないので、Windows右下とかに表示されがちな時計消してるんですよ。でもまあもちろん時々時間も知りたくなります。

以前そんなときのためのプログラム書いたんですけど、PC乗り換えしたので今のPCに入ってない。こっちでもコンパイルすればいい話なんだけど、めどい。なので新しく書く。

そもそもそん程度スクリプトでいいじゃんって気がしたので、Windows Script Hostとか適当に調べる。

var day = new Date();
WScript.Echo(day.toLocaleString());

あまりにもあっさりできた。俺の要求仕様を完全に満たしている。

これをtime.jsとか名前付ければOK。Vistaさんは(たぶん)何も入れなくても動いた。WindowsのバージョンによってはError 404 - Not Found入れる必要あんのかも。

h_sakuraih_sakurai 2007/12/23 11:26 ほー。英語の時間の表現を出すjavascript作ってたのだけど、それにも使えるかもなぁ。

hogeloghogelog 2007/12/24 15:39 Windows Script Hostは普通にすごく便利だと思います。なんか妙に普及してない気もしますが。

h_sakuraih_sakurai 2007/12/24 17:14 便利だけど、あっちゃこっちゃしてしまってるのが問題ですね。
結局batファイルから抜け出せないでいるあたり、ムムムです。うんたら.vbs、.jsがwshだったり、
web上のjavascriptだったりして分かりずらいってあたりが問題なのかも。

hogeloghogelog 2007/12/24 18:31 ええ、batファイルは現役ですね。おもむろにコマンドを並べるだけで一連のバッチ処理を書けるお手軽さはやっぱり大事です。
WSHもXML形式だったり、おもむろにJScript書き始める形式だったり。いや、そういえばXML形式で書くのが普通だったかもしれませんね。

なんだかWSHでSchemeとかできるといいんじゃないかという気がしてきました。ふむ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hogelog/20071223

December 21(Fri), 2007

[][] 試作高橋メソッドプレゼンツール

@hayamizu主催のT大生twitter忘年会なる謎の会合に参加。プロジェクタとか用意されてるらしいけど、自己紹介プレゼンとか何も用意してなかった。で、もう忘年会当日の深夜の1時くらいに急に「プレゼンツール作ろう!」という気分になったので作った。言語はScala。

http://konbu.s13.xrea.com/lib/Presc.jar

Prescって名前はなんだろうね。たぶんプレゼンするためのScalaプログラム、とかの略だと思う。引数でプレゼンファイルを渡して、以下のように実行します。

>java -jar Presc.jar t-univ-off20071220.txt

これで全画面表示でプレゼンを開始します。可能な操作はマウスの左右クリックによるページ切り替えのみ。

どうでもよくはあるんだけど、今日プレゼンで使ったプレゼンファイルは以下に。

http://konbu.s13.xrea.com/lib/t-univ-off20071220.txt

これだけ読んでもさっぱりわからんですね。喋りの補助ツール的な使い方をしました。

このプログラムの実装で完徹した、おかげですっごいねむい


以下にソースコードはっつけます。上のPresc.jarにもソースは含まれてるんですけどね。

続きを読む

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hogelog/20071221

December 16(Sun), 2007

[] 学生向け Google Tech Talk(2007/12/16) イベント感想

ぶっちゃけてしまえば、ComSys2007での招待講演と内容がかなりかぶってました。(ということは、講演の内容は別に秘密にしなくてもいいのかもしれない。シンポジウムは公の場だろうし)

でも色々楽しかった。質問がきれない。ここもComSysのときと同じな。みんなグーグルに関心あるよね。なんとなく思ったのは、グーグルってのはグーグル社内でオープンソース社会が形成されてるんだろうなー、ということ。

しかしビックリしました。まさかぐーぐるがほにゃらら業界に手を出そうとしてるんだなんて! みたいな嘘を書こうかと思いましたが、怒られたくないのでやめときます。

[] Vista の VMWare player に Debian 入れた

VMware playerのバージョンは2.0.2。http://www.visoracle.com/download/debian/ の「Minimal Gnome Desktop」の方を。

で、なんだかインターネットにうまく繋がらん。アレコレやってて、VMWareの(仮想)ネットワークカードを認識してないらしいことに気付いた。ifconfigで

$ /sbin/ifconfig
lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:8 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:8 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:560 (560.0 b)  TX bytes:560 (560.0 b)

これしか吐かんかったので。

vmxファイルにEthernet0.virtualDev = "vmxnet"の一行を追加。NATにて接続を確認。

$ /sbin/ifconfig
eth0      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:0C:29:A7:5A:B2
          inet addr:192.168.117.128  Bcast:192.168.117.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::20c:29ff:fea7:5ab2/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:638 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:350 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:763163 (745.2 KiB)  TX bytes:25466 (24.8 KiB)
          Interrupt:185 Base address:0x1080

lo        Link encap:Local Loopback
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:8 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:8 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:560 (560.0 b)  TX bytes:560 (560.0 b)

それ以外の設定はたぶんイメージファイルのまま。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hogelog/20071216

December 09(Sun), 2007

[] サイボウズの新卒向け会社説明会いってきた。

id:amachangが新卒向けになんか喋るよ!ということで行ってきた。そういえば留年したおかげで丁度3年生だし、と。

amachangがIT戦士精神を語ってた。やっぱ技術を愛する心ですよねー。給与とか、残業とか、もごもごとかふがふがとか、そんなのより大事なもんがあるんですよ。どうしてもそう感じてしまう。同級生とかと就活について語ってみるとたまに聞く「楽な仕事したい云々」とか聞いたりすると、なんかよくわからない。「はあ、まあじゃあ楽な仕事探せばいいんじゃないですかね」みたいな。

amachangが「技術を愛してる人同士はすぐ意気投合できる!」みたいなこと語ってたんですけど、僕もそう思います。amachangとだったら、たぶん普通にいきなり色々語れると思うんですよ。例えば、JSがアセンブリ言語扱いになる未来うめえwwwみたいなこと。そんなん今日もちょと語ったりしたですが。技術好きー、な人とだったら、すげえ人でも安心して技術のことを語れる。技術を愛してはいなそうなエンジニアの人とかだとすこし気を使う。

あと「晒せ」ということ。これはやっぱり、すべき。

そういえばアンケートはふつーに書いてしまいましたが、一つ不満あったの忘れてました。なんかこう、自由にトークできる時間なんかあったら楽しかったなーと思いました。

俺以外の学生はみんなスーツでした。チャランポランな俺からすると、みんな無茶苦茶緊張して超おかたい質問してる人多かったように感じた。

一応サイボウズの雰囲気的に私服かなー思って行ったわけだけど。まあわりとそんな感じだったのであまり反省してない。あまりというか、たぶんしてない。


思ったこと

WEB2.0時代、ヒーローは遍在する。度々言ってますけど、俺にとってのヒーローはK.INABAさんになるんですよね。でid:shinichiro_hさんとかid:hayamizさん、あろはさんやwoさんささださん、もちろんamachangさん、ああそうもちろんといえばid:mochilonさん、えとせえとせ。たくさんの人の発言やら行動に感銘を受けたことがあるわけですよ。

WEBが無かったら、何もせんでも顔合わせるだけではそこまでたくさん感銘の機会は無かったです。そして先に挙げたような人達もまた、WEBで見た他人の言葉などに「!」と思ったことは多くあると思います。

やー、なんかうまく話にならんけど、今の時代は誰にでも、誰かのヒーローになることはあるんじゃないかなと。要は情報の伝達速度云々という話になるかもしれません。

日常、何もせずに顔合わす人だけの世界だと、やっぱり感銘を受けるほどのことは少ないですよ。ヒーロー候補も少ない。でも今は綺羅星がごとく方達が見える。やっぱり、上を見てないと進むの遅いですから。今はいいインフラそろってると思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hogelog/20071209

December 08(Sat), 2007

[][] 電気通信大学情報工学科合宿研修(三年生)

12/06,07の日程で合宿研修行ってきました。この研修のメインは先生がたと酒飲みつつ語る懇親会です。日立某で電子ペーパーやらセキュリティPCの話聞いたり、産総研の見学したりもつまらなかったわけじゃないが、まあアルコールでぶっとばした頭で先生達と語る方がすげー楽しかった。

仲谷先生のMRAM野望が熱かったな。MRAMは不揮発性、大容量、高速、回数制限無しのメモリで、次世代のPCの主記憶装置となるのではないかと期待されている。メモリが不揮発性になれば、色々おもしろいことだらけ。

まず、PCの起動が一瞬になります。通電してなくてもメモリの内容が失なわれませんからね。そもそも待機状態にて通電させておく必要が無いわけだから、現在のアーキテクチャとは電源のオン/オフという概念もちょっと違ってきそう。

阿部先生は若い人好きなんだろなあと思う。学生なんかが集まってるとすぐ首をつっこんでみたり。その姿勢は尊敬に値する。

あとまあ先生と話すのと同じくらい、留年してない3年生(そんな人が存在するとは!!!)にからんだりしてました。

なんかhayamizさんと仲良くなれそな人もおった。たしかホワイトボードにλx.xみたいなλ計算書いてあった。λf.λx.xだったかもしんない。

アレです。自重しない留年生がいて大変でしたねって話。

TODO:λ計算とか手でちゃんとやる。

追記

曰く「三年くらいで、MRAM技術が市場に乗るか乗らないかがハッキリするかも」とかなんとか。ちょっと記憶が曖昧ですけど。主記憶が不揮発性になった世界は夢物語ではなく、わりとすぐ近くまで来てるのかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hogelog/20071208

December 02(Sun), 2007

[] no title

行ってきた。なんか学生とか少ねーなあ思ったら、同日に未踏ユースの成果報告会あったらしい。それでか。違うかもしんないけど。

sandbox(仮)とかおもしろそうだった。廃人仕様MMOと対極にあろうとしてるオンラインゲーム。

Windowsの自動操作ソフトウェア「子猫の手」はふつーにすげえ便利そうだと思った。1000個あるファイルのファイル名の拡張子を変える仕事とかしてる人は、こっそり使うといいんじゃないかな。マニュアル自動生成はすごく便利、かもしんない。

[]

車輪の再開発だけやってちゃだめっすよ。そうおもいました。

まじめなレポ

腐れ学生のいいかげんな感想じゃなくて、まじめなレポ書いてる方々もいます。

http://sztm.blog98.fc2.com/blog-entry-95.html

http://blog.deadbeaf.org/archives/1865

見てて思いだしたんですけど、「宣言的アプローチによるJavaScriptマッシュアップエンジンの開発」ことAfrousの発表がニコニコプレゼンメソッド風だった。デフォルトの名前が名無しさんだったせいか、チャット内容は微妙にとっちらかってた気がする。むずかしいところだなあと思った。発表内容は「それPla(ggerでできるんじゃない)?」、いや「ブラ(ウザ上で動く、JavaScriptだけで実装した)Pla(ggerみたいなこと動的にできるツールかな)」だった。

懇親会とかではいいかげんなことをいいかげんに喋ってきました。聞く方は色々おもしろいこと聞けてよかったです。名古屋じゃPHPの仕事はあんまり無いらしいですだとか。あとはウォーターフォール偽装だとか大手SIどころの微妙話とかおもしろかったですね。なにを聞き出してるんだ俺は。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hogelog/20071202
最近のコメント