HOGHUGの日記  

December 05, 2016

今日ザッピング

運転免許更新。で、「ザ!鉄腕!DASH!!」(出演:TOKIO)、「クイズスター名鑑」(出演:ロンドンブーツ1号2号枡田絵理奈宍戸錠デヴィ夫人志茂田景樹天龍源一郎坂東英二ドクター中松林家パー子トランプマン他)、「フルタチさん」(出演:古舘伊知郎山崎夕貴松岡修造岡副麻希瀧本美織他)、「ピラミッドダービー」(出演:バナナマンウエンツ瑛士ヒロミ寺島進山瀬まみりゅうちぇる小島瑠璃子江藤愛他)、「M-1グランプリ2016」(出演:今田耕司上戸彩オール巨人上沼恵美子中川家礼二博多大吉松本人志他)、「世界の果てまでイッテQ!」(出演:内村光良手越祐也宮川大輔森三中イモトアヤコいとうあさこ出川哲朗他)、「ゴミ屋敷を救え!便利屋密着24時」を見つつ、「モヤモヤさまぁ〜ず2」(出演:さまぁ〜ず福田典子)を録画。


同じく「IQ246〜華麗なる事件簿〜」(出演:織田裕二土屋太鳳ディーン・フジオカ宮尾俊太郎真飛聖新川優愛、矢野聖人、寺島進篠井英介中谷美紀稲垣吾郎河相我聞)も録画し、「ロンドンハーツ M-2グランプリ 超レア!体を張った企画に司会者芸人達が挑戦!」(出演:有吉弘行山崎弘也FUJIWARA藤本敏史カンニング竹山チュートリアル徳井義実バカリズムおぎやはぎ劇団ひとり狩野英孝トレンディエンジェル斎藤司、NON STYLE井上裕介他)、「キャリア〜掟破りの警察署長〜」(出演:玉木宏高嶋政宏瀧本美織、白洲迅、半海一晃知花くらら平山祐介、勝矢、駒井蓮松本岳、田中美奈子柳沢慎吾近藤正臣他)、「行列のできる法律相談所」(出演:東野幸治徳島えりか中尾彬キングコング西野亮廣ナオト・インティライミ新妻聖子林部智史、ぺこ他)を移動。


更に「イチゲンさん」(出演:相葉雅紀他)、「おしゃれイズム」(出演:藤木直人上田晋也森泉山本耕史)、「Mr.サンデー」(出演:宮根誠司椿原慶子他)、「林先生が驚く初耳学」(出演:林修、大政絢ハライチ澤部佑朝比奈彩梅沢富美男千原ジュニア中島健人和田アキ子他)を眺め、更新しつつ「レンタル救世主」(出演:沢村一樹藤井流星志田未来福原遥稲葉友梶原善勝地涼中村アン稲森いずみ大杉漣他)→「情熱大陸」(出演:冨田一樹)→「関ジャム 完全燃SHOW」(出演:関ジャニ∞古田新太槇原敬之ホラン千秋他)→「ブギウギ専務」(出演:上杉周大、ダイノジ大地洋輔小笠原舞子)→「SUPER GT+」(出演:中尾明慶岩崎名美山本左近他)→「旅ずきんちゃん」(出演:オアシズ大久保佳代子友近宮崎宣子宮瀬茉祐子、古瀬絵里)を垂れ流して就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『64 ロクヨン 前編』(2016年 日本

原作横山秀夫 監督瀬々敬久 出演:佐藤浩市 夏川結衣 綾野剛 榮倉奈々 鶴田真由 吉岡秀隆 瑛太 永瀬正敏他)

f:id:hoghug:20161202233513j:image

僅か1週間しかなかった昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件通称ロクヨン”。嘗ては某県警刑事部刑事として“ロクヨン”を担当していた三上義信(佐藤浩市)は、今では警務部の広報官として勤務していた。ある日、時効間近の“ロクヨン”について警察長官が視察に訪れる事となり、被害者遺族を訪問する為、その下準備に三上達、広報室があたる事となる。しかしその最中、県下で発生した交通事故広報室は記者クラブから猛抗議を受け、また長官訪問を巡って刑事部と警務部から突き上げを喰らってしまう。そんな三上広報室が方々を丸く収める為、神経を擦り減らしていた時、“ロクヨン”を真似たかのような新たな誘拐事件が発生する・・・


本作は2012年の「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、また2013年の「このミステリーがすごい!」でも第1位に輝いた横山秀夫による同名警察小説原作とし、ピンク大賞新人監督賞を受賞した『課外授業 暴行』(1989年)、そしてベルリン国際映画祭で国際批評家連盟賞に輝く『ヘヴンストーリー』(2010年)で知られる瀬々敬久監督が演出を務められ、多数のTVドラマでも活躍される久松真一脚本担当して映画化されている。昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件通称ロクヨン”に挑む三上義信に佐藤浩市が扮し、他にも夏川結衣綾野剛榮倉奈々鶴田真由吉岡秀隆瑛太永瀬正敏三浦友和等が出演されたサスペンス大作。


それで本作観賞前に全5回で放送されていたNHKドラマピエール瀧主演のドラマ版を先に観賞していた。なので公開当初は「まぁ、観なくてもイっかぁ・・・」とスルーしていたらTSUTAYAの棚で劇場版前編を課長発見し、結果的に「やっぱ、観る!!」と云う事で押し切られてしまったんだが、一見して驚いたのは主役の三上義信を演じる佐藤浩市を始めとし、いい歳をした大人が突然泣き出すシーンが何度もある事だ。これにはちょっと同じ大人?としてビックリだわ(笑)、また昔の学生達の討論会のような記者クラブ広報室の質疑応答の後、みんなで涙ぐむ件には呆気に取られてしまいましたな。確かに人として大切な事が描かれていると俺にも判るのだけど(笑)道徳時間を思い出させるような着地とでも云いましょうか、観れば豪華キャスティングが白熱するシーンは夫々が主役級ともあって凄いには凄いんだが、当初から前後編と云う約束もあってここを前編のピークに持って来てしまったのだろうねぇ・・・ふむ。俺は此処は流すだけでも一向に構わなかったと考えるのだけど、本作の公開前にはNHK版ドラマがあり、兎に角、同じ事件を扱った推理ドラマと云う方向ではなく、奇しくも同じ犯罪によって集ってしまった人間ドラマとして舵を切ってしまったのだろう。


そんな風に前編では昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件通称ロクヨン”の周辺で豪華キャスティングがウロウロしているにも関わらず、最後まで観せてしまうんだから取り敢えず、作戦は成功だわな(笑)。ただ刑事記者ガチャガチャやっているだけなのに、これだけでも間が持つ事に驚きが禁じ得ないと云うか(笑)、あー、ここは誰が主役であっても可笑しくない豪華キャストが効き、存在感と云う見世物に酔わせてしまう。うーん、俳優達が懸命に嘗ての悲劇真摯に向き合っていると俺も感じはするんだけど、それ故に心理描写に引き摺られて重厚だとか骨太だとかと云った事も一応際立って行く訳なんだが、何時もなら犯罪を描く為に黒子のように用意された彼等に日が当たり、その相克が浮かび上がるのだけは見物でしたなぁ・・・まぁ、これだけの布陣を使い切った監督瀬々敬久、ここは天晴と云っても良いだろう。にしても大人の男が堂々嗚咽する様を恥ずかし気もなく撮った作品に良くも悪くも目を瞠られ(最近はそうでもないか)、「明治生まれの男が泣く事は滅多にない・・・」と生前語られていた笠智衆と云う俳優スタイルに物凄くシンパシーが沸く旧世代の俺(ハハハハハ)、これがもし一滴の涙を流さなかった、となれば前後編がどう変わっていただろうか・・・と考えつつ、12月9日からレンタルされる後編に期待して本日も終了です。

December 03, 2016

今日ザッピング

疲労困憊。で、「爆報!THEフライデー」(出演:爆笑問題田原俊彦吉田明世他)、「究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?」(出演:有吉弘行劇団ひとり竹内涼真岡田結実遠藤憲一寺田心、ナイツかたせ梨乃尾崎里紗他)、「その原因、Xにあり!」(出演:恵俊彰、宮澤智、床嶋佳子キャイ〜ン天野ひろゆき藤田富キムラ緑子ホラン千秋高橋英樹浅香唯)、「ダウンタウンなう」(出演:ダウンタウン坂上忍他)、「Mステ」(出演:タモリ弘中綾香関ジャニ∞欅坂46JUJU×沢村一樹高橋優三浦大知)を眺め、云われて「鬼平犯科帳 THE FINAL 前編 五年目の客」(出演:中村吉右衛門多岐川裕美梶芽衣子勝野洋中村又五郎若村麻由美谷原章介尾上菊之助橋爪功)を録画。


同じく「やりすぎ都市伝説外伝 2時間SP」(出演:千原ジュニア関暁夫的場浩司平愛梨小島瑠璃子他)、「砂の塔〜知りすぎた隣人」(出演:菅野美穂、岩田剛典、横山めぐみ堀内敬子ホラン千秋上杉柊平、音月桂木村祐一佐野勇斗、川津明日香稲垣来泉、光石研烏丸せつこ津田寛治田中直樹松嶋菜々子)、「ドキュメント72時間」(出演:吹石一恵)、「探偵!ナイトスクープ」(出演:西田敏行松尾依里佳間寛平石田靖竹山隆範たむらけんじ田村裕澤部佑橋本直真栄田賢)も録画し、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ 発達障害について考える」(出演:中居正広IMALU他)、「金曜★ロンドンハーツ」(出演:ロンドンブーツ1号2号NON STYLE井上裕介狩野英孝中島史恵出川哲朗平岡祐太辺見えみり堀田茜)を見たり見なかったり。


更新しながら「A-Studio」(出演:笑福亭鶴瓶森川葵観月ありさ)→「WBS」(出演:大江麻理子相内優香北村まあさ、片渕茜他)→「全力!脱力タイムズ」(出演:有田哲平博多華丸本郷奏多小澤陽子他)→「家政夫のミタゾノ」(出演:松岡昌宏清水富美加柴本幸堀田茜平田敦子余貴美子他)→「Love music」(出演:森高千里アンジャッシュ渡部建SuperflyMr.Children絢香上原ひろみゆずSEKAI NO OWARI槇原敬之稲垣潤一LOVE PSYCHEDELICO、橋本環奈鬼束ちひろ)→「アナザースカイ」(出演:今田耕司瀧本美織中丸雄一)を移動し、「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(出演:山田孝之木南晴夏岡本あずさ佐藤二朗宅麻伸他)、「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」(出演:大島美幸安藤なつ浅香航大ちすん又吉直樹田口トモロヲ黒川芽以栗原類他)を録画して就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『H&K HK416エンハンスド・カービン “ヴィッカーズスペシャル” 追試編』(VFC)

D

から8年前、探究中だった元デルタ・フォースの隊員であったラリー・ヴィッカーズ動画を偶然ネット発見(上の動画は画質は今一つだけど、日本語版なので敢えて貼って置きました)。仔細に観察すれば、小さいながらもその動画では当時最新だったH&K社製アサルトライフルのHK416が握られ、見入ってしまう。結局は金がないのに無理を云って作って頂いたのだけれど、小さい動画からは正確な仕様も判らず、またあの頃、利用出来るパーツも安価には流通されてなく、今となっては粗が目立つのは致し方がない。その後、元の動画ディスカバリー・チャンネルで放映され、作り直そうか・・・と考えて部品を集め始めていたのだが、集めるだけ集めて作るのは忘れてしまった。それが急に変わったのは実家に預けていたM4用のパーツを幾つか見付けてしまった事に尽きるのだけど、その手始めとして8年前の追試を敢行してみますた

f:id:hoghug:20161201144046j:image

画像:彼自身製作に関わったと云うHK416を撃つ元デルタ・フォースオペレイター、ラリー・ヴィッカーズ

f:id:hoghug:20161201144122j:image

画像:実は左利きなのか、M4等の射撃では左で撃っている事が多い。またこの反対側にはシュアファイヤーフラッシュライトレイルハンドガードに据え付けられ、当時の自分はそこまで財力で賄えなかった為、死んだふりをしておりました(笑)

f:id:hoghug:20161201140325j:image

画像自分はヴィッカーズとは違って右利きなのでシュアファイヤーレイルハンドガードの左側に移動。

f:id:hoghug:20161201140649j:image

画像:うーん、バレルはもう少し短かいと良かったよね・・・これでも結構短くしたのだけど、指二本分くらい長い。

f:id:hoghug:20161201140914j:image

画像:8年前はレディマグもそのままだったんだけど、少し前に知り合いのバイク屋さんに暇な時、改造してもらった。

f:id:hoghug:20161201140445j:image

画像:外側のマガジンを外す。でもレディマグのカスタムってノーマルと較べると細かく改造してあるんだよね。

f:id:hoghug:20161201140703j:image

画像:なので後に本物のレディマグのカスタムを手に入れ、その操作微妙に違っている事に驚いてしまったよ。

f:id:hoghug:20161201140956j:image

画像:バレル先端には今となっては流行遅れシュアファイヤーのCA556タイプのフラッシュハイダーを装着。

f:id:hoghug:20161201140936j:image

画像シュアファイヤー動画を見る限り軽量を目指したのか、G2ナイトロンをVLTORのスカウトマウントで固定しているようだ。なので昔買ったG2ナイトロンを部屋中を引っ掻き回して探し出し、大昔に買ってあったVLTORタイプのマウントで固定。が、このマウント曲者、やはりマウントだけは本物を買うに尽きる。

f:id:hoghug:20161201140542j:image

画像:そしてレイルハンドガードの先端上にはPEQ-15A DBALを奢る。8年前とは見違えるように実物に近くなった。

f:id:hoghug:20161201140800j:image

画像アッパーに乗るホロサイトのEOtech553。これレプリカだけど、実物に似せる為にシールを作ってもらったっけ。

f:id:hoghug:20161201140823j:image

画像:こうしてみると何処かのパトロールライフルみたいだ。にしてもやっぱ初期のHK416はシブくて格好良い。

f:id:hoghug:20161201141028j:image

上下画像:8年前のニッケル水素バッテリーもLiPo(リチウムポリマーバッテリーに置き換わり、すっかり軽くなったVLTORタイプのIMODストック。これ、最近刻印も入ってディティールの良いのが流通しているので、忘れなかったら交換してやりたいのだけれど、果たしてどうなる事やら。それでは直リン禁止でお願い致します。

f:id:hoghug:20161201140856j:image

December 01, 2016

今日ザッピング

実家へ。なので「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」(出演:松嶋尚美チュートリアル徳井義実おのののか加藤諒他)、「ソレダメ!」(出演:オードリー高橋真麻、丘みつ子、小籔千豊中村静香中山エミリ増田貴久)、「おじゃMAP!!」(出演:香取慎吾山崎弘也森山良子)、「あいつ今何してる?」(出演:ネプチューン、林美沙希、木下ほうかIMALU小林星蘭)、「世界の何だコレ!?ミステリー」(出演:雨上がり決死隊きゃりーぱみゅぱみゅ菊地亜美、TKO他)、「くりぃむクイズ ミラクル9」(出演:くりぃむしちゅー、久冨慶子、伊藤聡子、大倉士門、川村優希他)は見られず。んで、「笑ってコラえて! 初霜SP」(出演:所ジョージ佐藤栞里福士蒼汰瀬古利彦ピース大川藍稲村亜美)、「実録!THEスパイ!★衝撃事実!オードリー・ヘップバーンスパイだった」を録画。


帰宅して「相棒 season 15」(出演:水谷豊反町隆史 鈴木杏樹川原和久山中崇史山西惇浅利陽介片桐竜次小野了榎木孝明鶴田真由)、「わたしはワケあり成功者ドンからの逆転学〜」(出演:サンドウィッチマン川嶋あい殿村美樹岡江久美子ホラン千秋他)、「ホンマでっか!?TV」(出演:明石家さんま加藤綾子ブラックマヨネーズ磯野貴理子紅蘭渡辺裕太他)、「ザ!世界仰天ニュース」(出演:笑福亭鶴瓶ムロツヨシ千原ジュニア大島優子、サバンナ高橋茂雄、岡田結実他)、「水曜日のダウンタウン」(出演:ダウンタウンおぎやはぎ矢作兼鈴木亜美滑川康男他)、「モシモノふたり」(出演:小泉孝太郎バナナマン熊切あさ美中村昌也SHELLY藤田ニコル)、「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」(出演:石原さとみ菅田将暉本田翼和田正人江口のりこ田口浩正青木崇高岸谷五朗他)を移動。


更新しながら「NEWS ZERO」(出演:小正裕佳子久野静香井上清華他)→「WBS」(出演:大江麻理子相内優香北村まあさ、片渕茜他)→「TOKIOカケル」(出演:TOKIO蒼井優高畑充希他)→「マツコ&有吉の怒り新党」(出演:マツコ・デラックス有吉弘行青山愛)→「ユアタイム〜あなた時間〜」(出演:市川紗椰他)→「ナカイの窓」(出演:中居正広バカリズムパンクブーブーやまもとまさみライス笑い飯他)を眺め、ダラダラと明日の用意をしながら「コック警部晩餐会」(出演:柄本佑小島瑠璃子、西銘駿、久松郁実えなりかずき藤真利子ふせえり飯沼千恵子、馬場良馬、瀬戸早妃)、「リトルトーキョーライフ」(出演:ジャニーズWEST麒麟川島明)、「NUDEな音楽」(出演:Softly、ももちひろこ他)を垂れ流し、就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『戦争映画ベストテン

今年もwashburn1975さんによる【戦争映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ! <戦争映画ベストテン受付中>】が始まった。恥ずかしながら戦争映画銃器を肴に結構な数を観て来た筈なのだけど、今年はこれからも語られ継がれるであろう『この世界の片隅に』(2016年)も公開され、早々に選ばれる方が多いようだ。自分邦画、然も久々の秀逸な戦争映画として選びたい想いは山々なのだが、やはり強く影響を与えてくれたベトナム&対テロ&近代局地戦物を中心に幾つか選んでみたよ。またこちらに集ってられる方々は上のリンクを辿り、観た事がない戦争映画があれば是非チェックして頂きたいと思わずにはいられない。選ばれている皆さんが相当な映画通の方ばかりだったりするので、どれもこれも素晴らしいベスト10なのは云うまでもありませぬ。

1位:『ディア・ハンター』(1978年監督マイケル・チミノ 出演:ロバート・デ・ニーロ クリストファー・ウォーケン メリル・ストリープ

2位:『地獄の7人』(1983年) 監督テッド・コッチェフ 出演:ジーン・ハックマン ロバート・スタック

3位:『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012年) 監督キャスリン・ビグロー 出演:ジェシカ・チャステイン ジェイソン・クラーク ジョエル・エドガートン

4位:『ファイナルオプション』(1982年) 監督:イアン・シャープ 出演:ルイスコリンズ ジュディ・デイヴィス他

5位:『ローリングサンダー』(1977年) 監督:ジョン・フリン 出演:ウィリアム・ディヴェイン トミー・リー・ジョーンズ

6位:『ブラックホーク・ダウン』(2001年) 監督リドリー・スコット 出演:ジョシュ・ハートネット ユアン・マクレガー トム・サイズモア

7位:『ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』(1986年監督&主演:クリント・イーストウッド 出演:マーシャ・メイソン エヴァレット・マクギル モーゼス・ガン他

8位:『ファイヤーフォックス』(1982年監督&主演:クリント・イーストウッド 出演:フレディ・ジョーンズ ナイジェル・ホーソーン

ファイヤーフォックス [Blu-ray]

ファイヤーフォックス [Blu-ray]

9位:『13時間 ベンガジの秘密の兵士』(2016年年) 監督マイケル・ベイ 出演:ジョン・クラシンスキー ジェームズ・バッジ・デール デビッド・デンマン他

10位:『ブラヴォー・ツー・ゼロ』(1998年) 原作&脚本アンディ・マクナブ 監督:トム・クレッグ 出演:ショーン・ビーン ジェイミー・バートレット ケヴィンコリンズ

相変わらず、中学生ボンクラ男子のお花畑のようなベスト10が恥ずかしい。自分は昔っから大掛かりな戦争大作や社会派と云われる作品より、少数精鋭のプロフェッショナルが敵地に潜入し、作戦を遂行するような作品が好みなんだが、とは云え、やはり大作には大作らしい風格、そして社会派には世に強く訴えるモノが深く内包され、観ない訳にはいられない。そんな中、1位の『ディア・ハンター』だけはそう云った事を今も超越し続けると云うか、壊れ行く人の世とその地獄は今観ても胃が痛いわ、結婚式喧騒と共に死ぬまで忘れないだろうなぁ・・・2位は兎に角ラストキスの美しさ、また見て来たような秘密作戦を実しやかに描いた3位等々、特に印象に残る3本ではあります。戦争と云う概念が既に形骸化し、最早殺し合いでしかない事を知りつつ、多岐に亘ってしまった戦争映画達、これからまた何を観せてくれるのか、非常に気になるジャンルの一つかと。そんなこんなで本日も終了DEATH

November 30, 2016

今日ザッピング

概ね、完成。で、「日テレ音楽の祭典 ベストアーティスト2016」(出演:櫻井翔羽鳥慎一岩本乃蒼桝太一尾崎里紗、嵐、aikoE-girls他)、「林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル」(出演:林修、宇佐美佑果、上川隆也高橋真麻平井理央スピードワゴン井戸田潤中山秀征井森美幸安田美沙子他)、「ウソのような本当の瞬間!30秒後に絶対見られるTV」(出演:伊集院光、サバンナ高橋茂雄、ハライチ瑛茉ジャスミン、都丸紗也華、はんにゃゆんぼだんぷ石井てる美ランス39号トランプマンステッキガール他)、「志村けんのだいじょうぶだぁみんなで見てねスペシャル」(出演:志村けん野呂佳代華子高嶋香帆加藤茶柄本明ダチョウ倶楽部上島竜兵他)を見つつ、「サラメシ」(出演:中井貴一)を録画。


同じく「逃げるは恥だが役に立つ」(出演:新垣結衣星野源大谷亮平藤井隆真野恵里菜成田凌、山賀琴子、古畑星夏高橋洋葉山奨之、古舘寛治、オクイシュージ、新井郁、富田靖子宇梶剛士古田新太石田ゆり子)も録画させられ、ダラダラと「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(出演:吉田羊相武紗季吉岡里帆白鳥久美子滝沢沙織庄野崎謙、小林且弥池岡亮介五十嵐健人、笛木優子戸次重幸高橋克典伊藤蘭)、「マツコの知らない世界」(出演: マツコ・デラックス他)、「有吉弘行のダレトク!?」(出演:有吉弘行高橋真麻山崎弘也オードリー春日俊彰渡辺大ナジャ・グランディーバダレノガレ明美ダーリンハニー吉川正洋)を見たり見なかったり。


更新しながら「NEWS ZERO」(出演:桐谷美玲小正裕佳子久野静香、良原安美他)→「WBS」(出演:大江麻理子相内優香北村まあさ、片渕茜他)→「#nakedEve」(出演:おぎやはぎ矢作兼高島彩中村アン柳原可奈子広瀬アリス)→「中居正広のミになる図書館」(出演:中居正広劇団ひとり藤ヶ谷太輔美保純團遥香平沼ファナゆりやんレトリィバァ千鳥ノブ他)→「ユアタイム〜あなた時間〜」(出演:市川紗椰他)→「今夜くらべてみました」(出演:チュートリアル徳井義実フットボールアワー後藤輝基指原莉乃SHELLY横澤夏子岡本玲伊藤ゆみ)→「チマタの噺」(出演:笑福亭鶴瓶土屋アンナ)→「Good Time Music」(出演:及川光博Dream Ami、笹川友里、GACKT欅坂46陣内智則)を垂れ流し、就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『COP CAR コップ・カー』(2015年 米)

監督:ジョン・ワッツ 出演:ケヴィン・ベーコン ジェームズフリードソン=ジャクソン ヘイズ・ウェルフォード シェー・ウィガム他)

f:id:hoghug:20161128154732j:image

互いに汚い言葉を囁きながらも80キロは何もない大地を歩いて来た家出少年トラヴィスジェームズフリードソン=ジャクソン)とハリソン(ヘイズ・ウェルフォード)は、空き地で無人のパトカー発見し、それに恐る恐る近付く。家出少年は周りに持ち主の警察官が居ない事を確認すると直ちに車に乗り込み、バイザーの裏に隠されていたパトカーのキーに驚喜する。またTVゲームで車の運転をほぼ覚えたトラヴィスはキーを捻ってからハンドルを握り、ハリソンとその場から立ち去ると共に当てもなく大地を走らせるのだった。一方、そのパトカーの持ち主である保安官、ミッチ・クレッツァー(ケヴィン・ベーコン)は、乗って来た筈の車がない事に目を丸くする・・・


本作はハリウッド期待の新鋭、新スパイダーマン監督に抜擢されたジョン・ワッツ監督が演出を務め、監督劇場デビューであるホラー映画の『クラウン』(2014年)、そして『素敵な相棒 〜フランクじいさんとロボットヘルパー〜』(2012年)のクリストファー・フォードと共に脚本担当し、映画化されている。駐車していた警察車両を盗み、その持ち主に追われる事になった家出少年トラヴィスハリソンにはジェームズフリードソン=ジャクソンとヘイズ・ウェルフォード、そんな彼等を追う保安官、ミッチ・クレッツァーに製作総指揮にも名を連ねるケヴィン・ベーコンが扮し、他にもカムリン・マンハイム、シェー・ウィガムらが出演されたサスペンススリラー


で、銃器ネタ・・・最近映画の特徴なのか、実銃をベースにしたプロップや空包銃に玩具銃等々、特に拘りもなくサクッと使ってしまうのが若手監督さんの流儀のような。まぁ、CGを使えば実銃に遜色ないマズル・フラッシュも飛ばせるし、案外、レンタル代や管理や事故に神経を擦り減らすよりはイイのかもね。そんな本作には2挺の空包銃らしきプロップが登場しているんだが、その1挺であるウージー短機関銃モチーフにしたと思えるトルコ製イコールAsiウージーの姿に目が留まる。そう云えば小栗旬主演の『ルパン三世』(2014年)にもトルコ製マシンピストル・タイプの空包銃(ゾラキ925)が登場しており、その動きを観ている限りでは実銃と大差ない。

f:id:hoghug:20161128160315j:image

画像:二人の家出少年に盗まれたパトカーの後部座席にはM4カービンショットガンが横に寝かせられている。

f:id:hoghug:20161128160343j:image

画像パトカー以外の獲物にポーズを決めるトラヴィスハリソンショットガンモスバーグのM500かね?

f:id:hoghug:20161128160605j:image

画像:そんなハリソン君はパトカーの後部座席でSIGサワーP228を取り出す(これは東京マルイエアコキみたい)。

f:id:hoghug:20161128160903j:image

画像:が、そのP228もシーンが進むと上手く塗装されたP226Rに化け、どうもこれはゴム製のデコガンのようだ。

f:id:hoghug:20161128160934j:image

画像:更にシーンが進むとP226RからP226-X5となり、発砲するにはするのだけれど、スライドは動いていなかった。

f:id:hoghug:20161128160442j:image

画像:もう1挺の空包銃らしきのがこれ。とは云え、このシーンのはドイツ製アルミニウスみたいだけれど。

f:id:hoghug:20161128160511j:image

画像トルコ製イコールAsiウージーと空包銃らしいんだが、『ルパン三世』に登場したキンキラキンのは、これか。

f:id:hoghug:20161128161040j:image

画像モナカ構造なのでフレームの其処彼処にネジ穴が見える。にしてもこれでブワっとしたら楽しいだろうな。

f:id:hoghug:20161128161355j:image

上下画像:このカット、チョット見では本物のウージーに見えない事もないなぁ・・・んで、実銃プロップで発砲するのはM4カービンだけだと思うし、その横にあったモスバーグも玩具銃じゃないのかな。あー、それからこの空包銃、日本では所持が禁止されているので、決して個人輸入などなさらないように。

f:id:hoghug:20161128161422j:image

この作品は今年期待の一本だったのだけど、例によって上京中だわ、帰って来てから観に行こうと思っても体調が悪く、結果的に観に行く事は出来なんだ。なので体調がそれなりに良くなった頃、丁度、WOWOWで放映されたのを録画して観たんだが、期待に違わず面白かったのは云うまでもなく、今も昔も大好きな「トム・ソーヤーの冒険」か「ハックルベリー・フィンの冒険」の現代版のようにも思え(笑)、頭には“グレート・アメリカン・ノベル”と云う言葉が浮かんでは消える。にしても二人の家出少年を始めとし、ちょっとハズれた男達が丁々発止を繰り広げるボンクラ度数満載なドラマなのだけど、これが何気に牧歌的で寓話のようでもあり、あまり殺伐とさせないのが巧い。その反面、バリバリに渇いた映像とハッとするようなバイオレンスが監督の出自を感じさせると云うか、新しくなったスパイダーマンが一体どうなるのか、非常に楽しみな処だわな。取り敢えず、シンプルで何処か人を喰ったかのような惚けた物語に加え、気持ちがフッと持って行かれるような暴力描写の効き具合等々、短い尺(88分)にベテランの怪演までを卒なく詰め込み、出来の良い短編小説を堪能した想いが溢れる。何時ものようにケヴィン・ベーコンが血相を変えて誰かを追い掛け回すと云うモノでもなく(ハハハハハ)、ちょっと行き詰った男達の黄昏と狂気を若手の才気で程好く、虚飾なく見せ付けられた、と云う感慨の方が強い。お薦め

November 28, 2016

今日のザッピング

課長に工作を手伝ってもらう。で、「ザ!鉄腕!DASH!!」(出演:TOKIO)、「クイズスター名鑑」(出演:ロンドンブーツ1号2号枡田絵理奈諸星和己大沢樹生山本淳一佐藤寛之他)、「フルタチさん」(出演:古舘伊知郎山崎夕貴伊集院光高嶋政宏笛木優子他)、「ピラミッドダービー」(出演:バナナマンウエンツ瑛士ヒロミ滝沢カレン小籔千豊岡田結実武井壮江藤愛他)、「世界の果てまでイッテQ!」(出演:内村光良手越祐也宮川大輔森三中イモトアヤコ他)、「大食い世界一決定戦!」(出演:照英ユージ他)を眺め、「モヤモヤさまぁ〜ず2」(出演:さまぁ〜ず、福田典子)、「日曜もアメトーーク!」(出演:雨上がり決死隊ドランクドラゴン塚地武雅土田晃之メイプル超合金カズレーザー棚橋弘至バッファロー吾郎竹若元博御茶ノ水男子しいはしジャスタウェイアンガールズ田中卓志蒼井優)を録画。


同じく「IQ246〜華麗なる事件簿〜」(出演:織田裕二土屋太鳳ディーン・フジオカ宮尾俊太郎真飛聖新川優愛、矢野聖人、寺島進篠井英介中谷美紀山口紗弥加佐野ひなこ)も録画し、帰宅して「日本国民がガチで投票!お菓子総選挙2016」(出演:爆笑問題上川隆也青山愛山本雪乃、川田裕美藤田ニコル三田寛子他)、「キャリア〜掟破りの警察署長〜」(出演:玉木宏高嶋政宏瀧本美織、白洲迅、半海一晃知花くらら、平山祐介、勝矢、駒井蓮、松本岳、田中美奈子柳沢慎吾近藤正臣他)、「行列のできる法律相談所」(出演:東野幸治徳島えりか橋下徹佐々木希勝地涼小柳ゆき他)、「おしゃれイズム」(出演:藤木直人上田晋也森泉大原櫻子)、「Mr.サンデー」(出演:宮根誠司椿原慶子他)を移動。


ダラダラと「林先生が驚く初耳学」(出演:林修、大政絢ハライチ澤部佑千原ジュニア船越英一郎、松本来夢、宮崎美子中島健人阿部寛)を見つつ、更新しながら「レンタル救世主」(出演:沢村一樹藤井流星志田未来福原遥稲葉友梶原善勝地涼中村アン稲森いずみ大杉漣他)→「情熱大陸」(出演:小山宙哉)→「関ジャム 完全燃SHOW」(出演:関ジャニ∞古田新太久保田利伸、TAKATSU-KING、サバンナ高橋茂雄、ニッチェ江上敬子)→「ブギウギ専務」(出演:上杉周大、ダイノジ大地洋輔小笠原舞子)→「SUPER GT+」(出演:中尾明慶岩崎名美山本左近他)→「旅ずきんちゃん」(出演:オアシズ大久保佳代子友近田中みな実国生さゆり、ずん飯尾和樹)を垂れ流して就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『暗殺』(2015年 韓)

監督:チェ・ドンフン 出演:チョン・ジヒョン イ・ジョンジェ ハ・ジョンウ チョ・ジヌン チェ・ドクムン イ・ギョンヨン オ・ダルス他)

f:id:hoghug:20161125151125j:image

1933年日本統治下の満州上海に樹立された韓国臨時政府日本政府要人と親日派を暗殺する為、韓国独立軍第三地帯所属で最高の女狙撃手、アン・オギュン(チョン・ジヒョン)と二人の兵士を獄中から召集する。そんな彼女達を召集した独立軍の警務隊であるヨム・ソクチンイ・ジョンジェ)は、部下からの信望が厚い一方、裏の顔も持ち合わせていた。そして朝鮮駐屯軍司令官の川口守中将(シム・チョルジョン)と親日派であるカン・イングク(イ・ギョンヨン)は、更に権力基盤を強固にする為、互いの子供達を婚約させるに至った。やがて来た結婚式当日、会場に現れたのは皇軍将校に変装した殺し屋ハワイピストル(ハ・ジョンウ)の姿だった・・・


本作は1919年に組織された朝鮮独立運動結社、“義烈団”の実態をモチーフとし、『ビッグ・スウィンドル!』(2004年)、『チョン・ウチ 時空道士』(2009年)、『10人の泥棒たち』(2012年)で知られるチェ・ドンフン監督が演出を務め、また『10人の泥棒たち』のイ・ギチョルと共に脚本も担当して映画化される。暗殺実行の為、上海から京城へと送り込まれた美しき女狙撃手、アン・オギュンにチョン・ジヒョン、そんな彼女達、暗殺部隊を結成したヨム・ソクチンにはイ・ジョンジェ、そして殺し屋ハワイピストルにハ・ジョンウが扮し、他にもチョ・ジヌン、チェ・ドクムン、イ・ギョンヨン、オ・ダルスらが出演された、韓国本国だけでも約1270万人を動員した大ヒット・サスペンス


で、銃器ネタ・・・本作が上映される139分もの間、エピソード毎に色々な銃器が登場し、また中国でも大々的にロケをしたせいか、何時もの韓国映画には見られないような銃器が登場していて楽しかったです。そんな中、主演の女スナイパーを演じるチョン・ジヒョンが女だてらに登場する銃器の殆どを発砲しているのが凄い(笑)。あの細腕でモシン・ナガンのスナイパーライフルドラムマガジンの付いたトンプソン短機関銃を撃ち捲り、メイキング映像なんか見ているとモシン・ナガンのボルト操作には相当苦労したようだし、それを持っての飛んで跳ねたりのアクション含め、頑張られていた。にしても一発2,000ウォンと云われていたプロップ用空包、「出来るだけ節約して撃って欲しい・・・」的な監督のお願いには涙が誘われました。

f:id:hoghug:20161125154042j:image

画像スコープ操作に邪魔にならぬよう、ボルトハンドルを曲げられたモシン・ナガンを持つ女スナイパー。

f:id:hoghug:20161125154211j:image

画像:モシン・ナガンを扱う女スナイパーモノでは以前UPした『ロシアン・スナイパー』(2015年)が有名だ。

f:id:hoghug:20161125154345j:image

画像:3.5倍のPUスコープを覗くチョン・ジヒョンボルトアクション操作の危うさが逆に可愛らしかった。

f:id:hoghug:20161125154504j:image

画像:中盤に女スナイパーや暗殺団の面々までもが使用していたドラムマガジン付きトンプソンM1928短機関銃

f:id:hoghug:20161125154628j:image

画像:カッツ・コンペンセイターから伸びるマズル・フラッシュにも負けず、目をカッと見開き、臆せず発砲する。

f:id:hoghug:20161125155450j:image

画像:当然、状況に応じて敵の旧日本軍から奪った銃器も使用する女スナイパー(画像は三八式歩兵銃か)。

f:id:hoghug:20161125154916j:image

画像:また彼女モーゼル1934も使用。この時、ちょっとしたお色気が見られるのは監督サービスなのか(笑)

f:id:hoghug:20161125155108j:image

画像リーダー以外、暗殺団の面々は画像のルガーP08、そしてS&Wのミリタリー&ポリス(DAリボルバー)を使用。

f:id:hoghug:20161125155254j:image

画像:最後にはワルサーPPKを発砲。女優一人でこれだけの発砲と操作を強いられる作品は錚々ないだろうなぁ。

f:id:hoghug:20161125153500j:image

画像:暗殺団を組織した警務隊であるヨム・ソクチン役のイ・ジョンジェが使用していたモーゼルミリタリー

f:id:hoghug:20161125153538j:image

画像:このモーゼルメイキングを見ると弾倉着脱式のM714のようでもあり、案外、スペイン製コピーなのかもだ。

f:id:hoghug:20161125162240j:image

画像:暗殺団の二人の男が携えていた革製のスーツケース。中にはトンプソンやP08にミリポリが収容されている。

f:id:hoghug:20161125155704j:image

画像:粋でネーミングも良かった殺し屋ハワイピストル役のハ・ジョンウ使用のサイレンサー付きワルサーPPK

f:id:hoghug:20161125160654j:image

画像:そんなハワイピストルは劇中、旧日本軍将校から奪ったブローニングM1910も使用(M1910は度々出て来る)。

f:id:hoghug:20161125155820j:image

画像:元々はハワイピストルの付添である爺や役のオ・ダルスが使用していた設定のベルグマンMP18短機関銃

f:id:hoghug:20161125160019j:image

画像:が、そのベルグマンMP18も後半、英国によってコピーされたランチェスターMk.1短機関銃に化けてしまう。

f:id:hoghug:20161125160452j:image

画像:発砲シーンはなかったけれど、映画でも中々見られないウェブリー・ピストルも登場(M1905かM1908って処か)。

f:id:hoghug:20161125160200j:image

画像韓国独立軍所属の男が使用していたS&W社製ミリタリー&ポリスのDAリボルバー(少し新し目なのが残念)。

f:id:hoghug:20161125161104j:image

画像旧日本軍の兵士が使用していた十四年式拳銃初期型)。うーん、調子悪そうに動いてくれるのがらしい。

f:id:hoghug:20161125160912j:image

画像:同十四年式拳銃後期型。一本の映画初期型も後期型が登場するのは大変珍しく、ちょっと驚いてしまった。

f:id:hoghug:20161125161357j:image

画像上海在留邦人が使用したコルトM1903。これも結構な数が登場し、モーゼルやブローニングと競い合っていた。

f:id:hoghug:20161125162010j:image

画像旧日本軍が使用していたボルトアクション式軍用ライフル、三八式歩兵銃。気を付けて見ていた訳ではないけど、九九式短小銃の方はあまり見られなかったような。 下画像:一瞬登場する九二式重機関銃。これは保弾板も確認出来るのだけど、面倒臭くて画像は起こさなかったんだが、隣で動いていた重機関銃マキシムかヴィッカースみたいな奴)の方が調子良く動いておりました。

f:id:hoghug:20161125161700j:image

それで映画は“義烈団”の実態をモチーフにしたそうなんだが(笑)、先ず何よりも先に感じたのは中国映画に嘗て多かった抗日映画のようだわ、また当時の仲良しぶりを示す媚中映画と云っても差支えないかもしれない。なので憎き皇軍と日本人を殺戮し捲るドラマに、御覧になった韓国の方々はさぞ快哉を叫んだ事だろうねぇ・・・まぁ、日本人の自分としては大昔の西部劇に登場するインディアン戦争映画ドイツ兵のように扱われる日本人に些か眉を顰めつつ(映画自体は是非を問うモノではなく、いわゆるファンタジーに近い)、とは云え、そこを差っ引けば娯楽アクションとしては取り敢えず、良く出来ている。前作の『10人の泥棒たち』はあまり面白く観られなかったのだけど、こちらはキレの良いドンパチが兎に角テンポ良く、139分の長尺でも退屈する事はなかったです。にしても『猟奇的な彼女』(2001年)の頃よりは明らかに大人の女性となったチョン・ジヒョン、最近は結婚もされてとんと御無沙汰だったんだが(涙)、本作で“韓国アカデミー賞”と称される大鐘賞女優主演賞を受賞するに至り、これからはもう少しその姿が見られるかもだ。うーん、個人的にはエミリー・ブラントみたいな方向に行って欲しくもあり(笑)、ドンパチにも臆さないのだから『ボーダーライン』(2015年)みたいなサスペンススリラーなんかに主演して頂きたいモノなのだけれど、一体どうなる事やら。話を映画に戻せば明らかに気分が悪くなる方もいらっしゃるだろうし、そう云う方にはお薦めしないんだが、豪華なキャスティングとスリリングなドラマエンタメ感満載だわ、敢えてお薦めにして本日も終了です。