HOGHUGの日記  

January 21, 2017

今日ザッピング

次期米軍制式拳銃にSIG P320が決定らしい。で、「爆報!THEフライデー」(出演:爆笑問題田原俊彦吉田明世他)、「沸騰ワード10」(出演:バナナマン、郡司恭子綾野剛伊藤一朗メイプル超合金カズレーザー高橋真麻古畑星夏横澤夏子)、「超かわいい映像連発!どうぶつピース!!」(出演:オードリー大政絢もえのあずき他)、「その原因、Xにあり!」(出演:恵俊彰、宮澤智、羽田美智子ホラン千秋他)、「中居正広のキンスマスペシャル」(出演:中居正広大竹しのぶ他)、「究極の○×クイズSHOW!!超問!真実か?ウソか?」(出演:有吉弘行劇団ひとり桝太一名取裕子尾崎里紗他)、「実録!嘘と涙と男と女!波乱の人生 頂上リサーチ」(出演:的場浩司比嘉愛未秋野暢子いとうあさこカンニング竹山林田真尋阿曽山大噴火他)を移動。


飽きると「Mステ 2時間スペシャル」(出演:タモリ弘中綾香、INABA/SALAS、KinKi Kidsグリーンボーイズ西野カナback number舞祭組ブルーノ・マーズ)、「三匹のおっさん3〜正義の味方、みたび!!〜」(出演:北大路欣也泉谷しげる志賀廣太郎大野拓朗三根梓西田尚美甲本雅裕、津村知与支、鈴木麻衣花、藤田弓子中田喜子シャーロット・ケイト・フォックス長谷川初範相楽樹木村了柳下大)、「たけしのニッポンのミカタ!」(出演:ビートたけし国分太一峰竜太、栄和人、田中美奈子)も眺め、「下剋上受験」(出演:阿部サダヲ深田恭子山田美紅羽、若旦那皆川猿時岡田浩暉川村陽介小芝風花要潤津田寛治風間俊介小林薫)、「ドキュメント72時間」(語り:市川実日子)を録画。


更新しながら「A-Studio」(出演:笑福亭鶴瓶森川葵高橋一生)→「全力!脱力タイムズ」(出演:有田哲平ナイツ土屋伸之、miwa、小澤陽子他)→「奪い愛、冬」(出演:倉科カナ三浦翔平大谷亮平秋元才加ダレノガレ明美ミスターちん、西銘駿、キムラ緑子三宅弘城榊原郁恵水野美紀)→「WBS」(出演:大江麻理子相内優香北村まあさ、片渕茜他)→「Love music」(出演:森高千里アンジャッシュ渡部建遠藤憲一おぎやはぎ加藤綾子福士蒼汰松岡茉優宇多田ヒカル)→「アナザースカイ」(出演:今田耕司瀧本美織隈研吾)を垂れ流し、「探偵!ナイトスクープ」(出演:西田敏行松尾依里佳間寛平石田靖竹山隆範たむらけんじ田村裕澤部佑橋本直真栄田賢他)も録画して就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『メイド・インフランス パリ爆破テロ計画』(2015年 仏)

監督:ニコラ・ブークリエフ 出演:マリック・ジディ ディミトリ・ストロージュ フランソワ・シヴィル ナシム・シ・アフメド アハメッド・ドゥラメ他)

f:id:hoghug:20161226163217j:image

パリ郊外フリージャーナリストであるサム(マリック・ジディ)は、取材と称してイスラム教の隠れモスクに潜入していたのだ。実は彼自身も幼い頃からのイスラム教信者であり、またフランス国内に住み、不満を持つ青少年達が何故、イスラム過激派グループに参加するのか?と云う現象をテーマに取材を続けていた。そんなサム達、イスラム原理主義グループの4人の若者達の前に一人の男が現れた。男の名前はハッサン(ディミトリ・ストロージュ)、彼は高度な軍事訓練パキスタン内のキャンプで受けたと告白し、サム以外の尊敬を一身に集める。一方、ハッサンパキスタン黒幕から秘密指令を受けたと4人に伝え、武器類の調達に邁進して行く・・・


本作は2015年に発生した二つのテロ事件、“シャルリー・エブド襲撃事件”と“パリ同時多発テロ事件”によって2度の劇場公開が中止となった問題作であり、演出は衝撃のサスペンスアクション、『ブルー・レクイエム』(2005年)で知られるニコラ・ブークリエ監督が務められ、ニコラ・ブークリエフと映画監督でもあるエリック・ベナールの脚本映画化されている。自分の身を隠して原理主義者達と行動して行く中、パリ市内で起ころうとするテロを計画を掴むフリージャーナリスト、サムにはマリック・ジディが扮し、他にもディミトリ・ストロージュ、フランソワ・シヴィル、ナシム・シ・アフメド、アハメッド・ドゥラメらが出演された、日本劇場未公開の社会派サスペンス


それで銃器ネタ・・・中盤直前、パキスタン帰りのハッサンリーダーに仰いだイスラム原理主義者達が銃器を手に入れるシーンがあるのだけど、作品を観て行くと意外にバラエティーに富んでいてビックリでしたな(笑)。とは云え、宣材にあるようなAKアサルトライフルは1挺も登場しておらず、やはりこの辺りはイメージとして使って欲しかったような(ハハハハハ)。にしても今もフランス映画のマズルフラッシュって火薬臭漂う空包がメインであるらしく、一見してあまり小細工しているように見えないのが良いよね。今回も大袈裟にブワっとやってくれて嬉しい限りだわ、まぁ、手に入れた他の銃の活躍が目立つんだが(マイクロ・ウージーは何処に行った?)、それは不問にしたいかね(笑)

f:id:hoghug:20161227193323j:image

画像:小さな卓上には2挺のマイクロ・ウージーとワルサーPPK(左端)が銃器密売者によって並べられている。

f:id:hoghug:20161227193408j:image

画像:売り手と買い手の意見が異なった為、買い手の用心棒が抜き出したSTIエッジ的なハイキャパ・オート。

f:id:hoghug:20161227193552j:image

画像:PPKとウージーだけでは足りなかったのか、更にM4カービン手榴弾を入手するイスラム原理主義グループ。

f:id:hoghug:20161227193748j:image

画像:右は発砲するM4、そして左側はマズルフラッシュで判り辛いけれどベレッタARX-160アサルトライフル

f:id:hoghug:20161227193945j:image

画像:このシーンにしか登場しないFN SCAR-Lアサルトライフル。SCARと云えばTANだけれど、黒のボディも良い。

f:id:hoghug:20161227194125j:image

画像イスラム原理主義者若者が握るフルサイズグロックピストルの他、ベレッタ92Fも登場しておりました。

f:id:hoghug:20161227194255j:image

画像銃器密売人から「ジェームズ・ボンドの銃・・・」と紹介されたPPKはハッサンキャリーガンとして使われる。

f:id:hoghug:20161227194332j:image

画像フランス国家警察の一人が使用していたSIGプロのSP2022(目立った発砲無し)。 下画像:同じくそ突入部隊が使用していたのはSIG SG552コマンドゥにも見えるんだけど、SG553SBのようにも見えるし、552に556のアッパーを乗せたようにも見える。

f:id:hoghug:20161227194441j:image

本作は今も忘れられぬ“シャルリー・エブド襲撃事件”か“パリ同時多発テロ事件”のどちらかをモチーフに作られ、公開されたのだと勝手に思っておりました。が、一見してそうでない事に安堵しつつ、2度のテロ事件の為、2度も公開を見合わせたと云う事実に冷や汗を掻かずには入られない。そんな中、やはり上記した惨劇を明らかに類推させる物語は非常に見処も多く、俺の周りでは今一つ評価が低いのだけれど、昨今起きたテロ事件を考える手掛かりとしては丁度良い入口にはなるのでは?と考えたりも。にしてもアメリカ以上に多種多様人種が暮らすフランス、その移民国家ぶりが本作でも際立ち、本作を御覧になった当地の方々なら色々な想いが過っては消えた筈だ。また国内に点在する隠れモスクの存在に加え、そこを拠点に極めて小さな過激組織が発生して行く様にはフランス官憲もさぞ頭を抱えている事だろうし、事件が発生しなければその全貌も判らないと云う状況は恐ろしさを通り越していて、観光国家に与えた打撃は相当なモノだったろう。とは云え、映画自体はそう堅苦しくもなく、適当なドンパチに無駄のないドラマが功を奏し、思想よりも行動だけに的を絞った事が成功している。ただ色々な部分が流されているように感じない事もなく、撮ってはみたけれど周りの状況の変化に一番驚いてしまったのも本作製作陣かもしれない。そんなこんなと本日も終了です。

January 19, 2017

今日ザッピング

外出。なので「クイズ!ボンバーワン」(出演:石坂浩二ロンドンブーツ1号2号田村淳松村雄基川上麻衣子伊藤かずえ他)、「1周回って知らない話」(出演:東野幸治川田裕美長友佑都平愛梨三瓶水卜麻美岡田結実)、「あいつ今何してる?」(出演:ネプチューン、林美沙希、新田恵利羽田圭介小林星蘭)、「THEカラオケ★バトル」(出演:堺正章柳原可奈子繁田美貴他)、「おじゃMAP!!」(出演:香取慎吾山崎弘也、草ナギ剛、安田顕菊池風磨他)、「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」(出演:所ジョージ佐藤栞里天海祐希オアシズ光浦靖子陣内智則佐藤聖羅大石絵理他)、「くりぃむクイズ ミラクル9」(出演:くりぃむしちゅー高橋英樹、久冨慶子他)、「世界の何だコレ!?ミステリー」(出演:雨上がり決死隊きゃりーぱみゅぱみゅ大川藍友近北斗晶)は見られず。 


帰宅して「マサカの世界衝撃事件6」、「相棒 season 15」(出演:水谷豊反町隆史鈴木杏樹川原和久山中崇史山西惇浅利陽介田中隆三、片桐竜次小野了笹野高史入山法子)、「ホンマでっか!?TV」(出演:明石家さんま加藤綾子綾野剛上地雄輔ブラックマヨネーズ磯野貴理子他)、「ザ!世界仰天ニュース」(出演:笑福亭鶴瓶三田寛子東幹久緒方かな子、ビビる大木ゆりやんレトリィバァ他)、「モシモノふたり」(出演:小泉孝太郎バナナマン浅野忠信、ピース又吉直樹、森口博子千秋パンサー向井慧りゅうちぇる)、「東京タラレバ娘」(出演:吉高由里子榮倉奈々大島優子 坂口健太郎、鈴木亮平 石川恋菊池均也、金田明夫加藤諒あ〜ちゃん他)を移動。


更新しながら「WBS」(出演:大江麻理子相内優香北村まあさ、片渕茜他)→「TOKIOカケル」(出演:TOKIO松坂桃李菅田将暉他)→「NEWS ZERO」(出演:小正裕佳子久野静香井上清華他)→「マツコ&有吉の怒り新党」(出演:マツコ・デラックス有吉弘行青山愛)→「ユアタイム〜あなた時間〜」(出演:市川紗椰他)→「ナカイの窓」(出演:中居正広他)を眺め、「レンタルの恋」(出演:剛力彩芽太賀岸井ゆきの健太郎、原幹恵、信江勇、金田彩奈、温水洋一他)、「リトルトーキョーライフ」(出演:Hey! Say! JUMP麒麟川島明狩野英孝)、「NUDEな音楽」(出演:山本彩ももちひろこ他)を垂れ流して就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『ゾンビワールドへようこそ』(2015年 米)

監督:クリストファー・ランドン 出演:タイ・シェリダン ローガン・ミラー ジョーイ・モーガン セーラ・デュモント デヴィッド・ケックナー他)

f:id:hoghug:20161230110023j:image

ボーイスカウト所属する高校生のベン(タイ・シェリダン)は、友人のカーター(ローガン・ミラー)と同じ悩みがあった。それは年頃となり、カータースカウトを引退しようと考えたのだが、同じボーイスカウトで幼い頃からの友人でもあるオギー(ジョーイ・モーガン)が根っからスカウト信奉者だった為、中々云い出せないでいたのだ。ある日、記念のキャンプに参加したベン達だったが、責任者ロジャース隊長(デヴィッド・ケックナー)が何時になっても現れず、またベンとカーターはオギーに黙ってキャンプを抜け出してしまう。何故か街は荒れに荒れ、謎の暴漢に襲われそうになった時、ウエートレスのデニース(セーラ・デュモント)に二人は助けられるが・・・


本作は『ディスタービア』(2007年)や『パラノーマル・アクティビティ2〜4』(2010年2012年)の脚本家として活躍し、『パラノーマル・アクティビティ呪いの印』(2014年)で劇場長編作のデビューとなったクリストファー・ランド監督が演出を務め、原案はキャリーエヴァンズとエミ・モチズキにローナ・ウィリアムズ、そしてキャリーエヴァンズとエミ・モチズキにクリストファー・ランドンらの脚本映画化されている。街中に溢れたゾンビスカウト仕込みのサバイバル術で立ち向かう3人にはタイ・シェリダン、ローガン・ミラージョーイ・モーガン、また彼等と行動を共にするウエートレスのデニースにセーラ・デュモントが扮した日本劇場未公開のホラーコメディ。 


拾えた画像も交えて銃器ネタ・・・それで中盤手前くらいにストリップクラブのウエートレス、デニース役のセーラ・デュモントがポンプアクションショットガンをドカンと発砲させる。取り敢えず、眺めていると噂のモスバーグ500クルーザーと云うよりはレミントンM870ように見えるんだけど、シーンが変わって要所要所がアップになる度、ちょっとディティールが実銃に較べ、微妙だったりするんだよなぁ・・・シェルの排莢もあるにはあるんだが、やっぱこれは最近、少しずつハリウッド侵食しつつある電着仕様のノンガンなのだろう。多分、実銃から流用しているのはピストル・グリップだけかと思われるんだけど(若しかして玩具から流用しているかもしれない)、ウエートレス役の女優さんの迫力で実銃に見せてしまうのだから素晴らしい。

f:id:hoghug:20161230171003j:image

画像:電着で発砲するショットガンタイプのノンガンを使用するセーラ・デュモント(そこそこエロいのが◎)。

f:id:hoghug:20161230171611j:image

上下画像:荒れ狂うゾンビから住民を守る米軍兵士使用していたM4カービン(発砲するのはショットガンだけだ)。

f:id:hoghug:20161230171323j:image

それで期待しないで観賞した本作、ゾンビ物と青春物が巧く融合されていて結構な拾い物でしたな。ゾンビ物としては『ゾンビランド』(2009年)、また青春物としては『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007年)的なノリがあって楽しいし、ボーイスカウトの部分は何故か『リトル・ランボーズ』(2007年)を髣髴させられたりもしました(笑)。にしてもまぁ、本作が放映されたWOWOWの無粋な事と云ったら今に始まった事ではないんだけど、ゾンビのビーチクやチ〇コにモザイク掛けちゃったりして興醒めだわ(あのチ〇コは絶対に作り物だろ!!)、せめて薄消しくらいで収めて欲しいもんだわな。何て云うか、これくらい砕けてクダらない物語が逆に光るゾンビ映画本質を見事に捉えた脚本、そしてホラー畑で活躍して来た監督のクリストファー・ランドン(クリストファー・B・ランドン)の手堅さが光り、気楽に楽しめそうな一本に仕上がっていたよね。うーん、出来る事ならもう少しエロをメインに暴走して欲しかったんだがハハハハハ)、このくらいの感じの方が気軽に観ていられるのは云うまでもなく、人の目をそれほど気にしないで面白がれる事は有り難いっちゃー有り難い。んで、一見すればゾンビ系ではどれも同じように感じる最近の邦題ではなく、出来るだけ原題の意味合いを活かした邦題にして欲しかったのだけど、やっぱこれくらいが適当なのか、と痛感してしまますお薦め

January 17, 2017

今日ザッピング

外出。なので「結婚したら人生劇変!○○の妻たちSP」(出演:みのもんた森三中大島美幸SHELLY梅沢富美男羽野晶紀本田朋子他)、「有吉ゼミ豪華新年SP」(出演:有吉弘行水卜麻美有岡大貴田中美佐子的場浩司あばれる君、おかずクラブ、ギャル曽根藤田ニコルラブリサンドウィッチマン賀来賢人他)、「中居正広VS芸能人50人! 世代クイズバトル ジェネレーションチャンプ」(出演:中居正広山本雪乃高橋ひとみ出川哲朗小籔千豊スピードワゴン棚橋弘至井上和香釈由美子朝比奈彩佐野ひなこ滝沢カレン他)、「痛快TV スカッジャパン嫌なオンナ撃退2時間SP」(出演:内村光良濱田マリMEGUMI中村静香亀田興毅山下真司須田亜香里尾高杏奈他)を眺め、「YOUは何しに日本へ?」(出演:バナナマン他)を録画。


同じく「主治医が見つかる診療所」(出演:草野仁東野幸治森本智子大神いずみつるの剛士湯山玲子中川家礼二他)、「人生が変わる1分間の深イイ話」(出演:今田耕司チュートリアル島崎和歌子高田万由子早見あかり平井理央ゆりやんレトリィバァフットボールアワー後藤輝基住谷杏奈中田有紀橋本マナミ他)、「好きか嫌いか言う時間SP」(出演:坂上忍ブラックマヨネーズ吉田敬デヴィ夫人哀川翔田原総一朗堀江貴文、ピース綾部祐二、厚切りジェイソン田嶋陽子吉岡里帆りゅうちぇる川田裕美皆川玲奈)、「しゃべくり007」(出演:ネプチューンくりぃむしちゅー吉高由里子榮倉奈々大島優子他)も見られず。


寒い部屋に帰宅して更新しながら「NEWS ZERO」(出演:櫻井翔小正裕佳子久野静香、良原安美他)→「WBS」(出演:大江麻理子相内優香北村まあさ、片渕茜他)→「橋下×羽鳥番組」(出演:橋下徹羽鳥慎一木村草太岸博幸、周来友、デーブ・スペクター葉加瀬マイウーマン、ラッシュアワー村本大輔他)→「ユアタイム〜あなた時間〜」(出演:市川紗椰他)→「月曜から夜ふかし」(出演:村上信五マツコ・デラックス他)→「Momm!!」(出演:前川清川畑要渡辺麻友宮田俊哉二階堂高嗣江藤愛他)を垂れ流し、「タモリ倶楽部」(出演:タモリ八嶋智人博多華丸・大吉オアシズ大久保佳代子安齋肇)、「家、ついて行ってイイですか?深夜こっそりSP」(出演:ビビる大木おぎやはぎ矢作兼、鷲見玲奈春日部裕次郎)、「ゴッドタン」(出演: おぎやはぎ劇団ひとり松丸友紀他)も録画して就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『死霊館 エンフィールド事件』(2016年 米)

監督ジェームズ・ワン 出演:ヴェラ・ファーミガ パトリック・ウィルソン マディソン・ウルフ フランセス・オコナー他)

f:id:hoghug:20161223171929j:image

1974年アメリカで発生した奇怪な“アミティビル事件”を夫婦で調査したロレインウォーレンヴェラ・ファーミガ)とエド(パトリック・ウィルソン)は、そのショッキングな内容から国内を騒がせるに至り、一方で激しいパッシングを生む。またロレインは調査の過程で恐ろしき予知夢を見たが為、一度調査から離れる決意をしたのだ。そして1977年、静かに暮らす夫婦の許に英国ロンドン近郊の街、エンフィールドから新たな依頼が舞い込む。それはエンフィールドの古い家に住むシングルマザー、ペギー・ホジソンフランシスオコナー)と4人の子供達が怪現象に悩まされていると云うものだった。ロレイン達は状況を確かめる為、教会の依頼で英国に飛ぶが・・・


本作は実在する心霊研究家ウォーレン夫妻が追った事件を描き、全米で大ヒットを記録したホラー死霊館シリーズの続編であり、後にシリーズ化もされる事になった『ソウ』(2004年)、また同じホラー映画であるインシディアス』(2010年)で知られるジェームズ・ワン監督が演出を務め、『蝋人形の館』(2005年)のチャドケイリー・W・ヘイズとジェームズ・ワンにデヴィッド・レスリー・ジョンソンらの脚本映画化されている。ポルターガイスト現象を解明する為、英国に飛んだロレインウォーレンとエドにヴェラ・ファーミガパトリック・ウィルソンが扮し、他にもマディソン・ウルフ、フランセス・オコナーサイモン・マクバーニーらが出演されたサスペンスホラー


それで前作の『死霊館』(2013年)も凄く面白かったので、本作も期待しておりました。一見して前作以上に手堅く作られてはいるんだが、どうも“アミティビル事件”を更に追及する気配を見せつつ(笑)英国に行ってしまうのだけは残念だったかなぁ・・・それ以外は非常に良く出来ていて感心させられるわ、前作以上に面白い続編も錚々ないだろうねぇ。まぁ、それでもスピンオフだった『アナベル 死霊館人形』(2014年)は無かった事にしたいくらいだし(笑)兎に角ヴェラ・ファーミガパトリック・ウィルソンが再び実在する心霊夫婦探偵に扮していた事に取り敢えず安堵させられ、ジェームズ・ワンも前作以上に力を入れたのだ、と判る作りが単純に嬉しかったよね。またこの作品フランスでは上映禁止になってしまったらしいんだが、インドでは東宝東和が大喜びしそうな事件が発生して大変だったらしく、そんな優れた過去ホラー映画逸話を引き継いでくれたのも嬉しい。なので飛び道具だけではない古式床しいホラー映画を楽しみたいなら今年は本作しかないし、一応、ホラーではあるのだけれど、確りした作りは多くの映画好きの観賞にも耐え得る筈だ、と疑っておりません。


にしても一時はモキュメンタリーだ、またJホラーにも影響されたハリウッドホラーが席巻していたようなんだが、本作では70年代の傑作ホラー面白さとムードが見事に内包しており、意外とクラッシックに感じてしまうのは自分だけではないだろうねぇ・・・ただ少し長いと云うか、出来る事なら2時間以内にして欲しかったと云うのが正直な処か(笑)。そんなクラシックな中にも最新の映像テクノロジーを注ぎ込み、サスペンススリラーの俊英らしき大胆な演出は更なる闇を描くに相応しく、本作で怖いのは実は特殊映像で具現化された、まさに“それ”だったりするんだよなぁ。そう云う見た目の判り易さが誘う史上最長期間続いたポルターガイスト現象の件はキャストの熱演も手伝って圧巻だわ、観終わってみれば些かサスペンス色の強いファミリー映画にも思えて来るのが不思議だ。そうした処が憎くもあり、決して狭いだけの世界を描くだけでは終わらないのは云うまでもなく、俺は白塗りで尼僧姿のマリリン・マンソンには笑いを堪えるのが大変だったのだけど(ハハハハハ)、カメラワークを含めて特にホラー映画以外を良く研究されていて、若き映像作家真剣仕事に心打たれる133分でしたな。もし完結編としてPart3があるなら是が非でも観たいし、心霊夫婦探偵と封じ込められた因縁邪神との頂上決戦を観たくて仕方がありませぬ。お薦め

January 15, 2017

今日のザッピング

で、「天才!志村どうぶつ園」(出演:志村けん山瀬まみ相葉雅紀タカアンドトシハリセンボンDAIGO、ぺこ&りゅうちぇる福原愛他)、「池上彰のニュースそうだったのか!! 2時間スペシャル」(出演:池上彰宇賀なつみ石原良純三田寛子サバンナ坂下千里子足立梨花他)、「家、ついて行ってイイですか?」(出演:ビビる大木おぎやはぎ矢作兼、片渕茜、早乙女太一生駒里奈他)、「超ハマる!爆笑キャラパレードSP」(出演:南原清隆陣内智則、ピース綾部祐二、増田貴久永島優美木村祐一、紗蘭、鈴木杏樹関根勤平山浩行他)、「炎の体育会TV」(出演:雨上がり決死隊オードリー春日俊彰宮川大輔上田竜也華原朋美菅井友香長濱ねる、齋藤冬優花、土生瑞穂菜々緒他)、「世界一受けたい授業」(出演:くりぃむしちゅー押切もえケンドーコバヤシ、田牧そら、藤田ニコル宮崎美子他)を移動。


最新式拳銃を手に入れようと右往左往するアメリカ人が可笑しいと思いつつ「ブラタモリ」(出演:タモリ、近江友里恵、草ナギ剛)を録画し、「出没!アド街ック天国」(出演:井ノ原快彦須黒清華山田五郎八代英輝藤本美貴土田晃之他)、「スーパーサラリーマン左江内氏」(出演:堤真一小泉今日子ムロツヨシ島崎遥香賀来賢人早見あかり中村倫也横山歩、福島マリコ、富山えり子金澤美穂、犬飼貴丈、塚本高史佐藤二朗笹野高史高橋克実他)、「世界ふしぎ発見!」(出演:草野仁出水麻衣ますだおかだ岡田圭右渡部陽一篠原ともえ中田あすみ他)、「嵐にしやがれ」(出演:嵐、綾野剛梅沢富美男)、「新・情報7daysニュースキャスター」(出演:ビートたけし安住紳一郎他)、「バナナゼロミュージック」(出演:バナナマン、雨宮萌果、スピードワゴン小沢一敬山本彩矢倉楓子須藤凛々花他)をチラ見。


更新しながら「さんまのお笑い向上委員会」(出演:明石家さんま久代萌美アンガールズイワイガワ岩井ジョニ男狩野英孝トレンディエンジェルスーパーマラドーナ田中一彦中川家ロッチ中岡創一ネプチューン堀内健あばれる君安田大サーカスクロちゃん他)→「マツコ会議」(出演:マツコ・デラックス他)→「SmaSTATION!!」(出演:香取慎吾市川海老蔵大下容子)→「人生最高レストラン」(出演:チュートリアル徳井義実笹川友里、松たか子ピエール瀧、YOU)→「時をかける想い」(出演:筒井道隆成海璃子、敦士、おのののか木下ほうか浅野温子)→「熱烈!ホットサンド!」(出演:サンドウィッチマン)→「じわじわチャップリン」(出演:内村光良ハライチ澤部佑相内優香眞鍋かをり 他)を垂れ流し、「着信御礼!ケータイ大喜利」(出演:今田耕司板尾創路千原ジュニア風間俊介松井玲奈、柳美稀他)を録画して就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『機動戦士ガンダム サンダーボルト DECEMBER SKY』(2016年 日本

原作矢立肇&富野由悠季 漫画原作太田垣康男 監督&脚本松尾衡 声の出演中村悠一 木村良平 行成とあ 大原さやか他)

f:id:hoghug:20170113151735j:image

宇宙世紀0079、地球連邦ジオン公国が戦った一年戦争も互いに消耗を極め、やがて終わりを迎えようとしていた。そんな中、サイド4のスペースコロニー群、ムーアジオン軍の攻撃によって破壊され、多くの住人が命を落としてしまう。一方、そこは破壊されたコロニー戦艦の残骸が無数に漂い、帯電したデブリによって稲妻を発生させる事から“サンダーボルト宙域”と呼ばれ、両軍はそこを舞台に終わりなき戦いを続けていたのだ。生き残ったムーア市民で構成されたムーア同胞団イオ・フレミング中村悠一)は、恐るべき使命を帯びたジオン軍ダリル・ローレンツ木村良平)と夫々がモビルスーツを駆り、サンダーボルト宙域で合間見えるのだが・・・


本作は矢立肇富野由悠季が創造したロボットアニメ金字塔、“機動戦士ガンダム” と同じ宇宙世紀0079年を時代背景にし、太田垣康男が描く漫画機動戦士ガンダム サンダーボルト」を原作にしている。そんな本作の監督にはマッドハウス出身の松尾衡が演出と脚本を務められ、声の出演には狂気すら漂う“サンダーボルト宙域”を舞台ジオン軍を殲滅しようとフル・アーマー・ガンダムで駆け巡る地球連邦ムーア同胞団イオ・フレミング中村悠一、戦いの果て、恐るべき変貌に身を窶して行くジオン軍リビング・デッド師団ダリル・ローレンツには木村良平が扮し、2015年12月から配信された全4話に新作カットを加えたデレクターカット劇場版


我が家では課長が「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」にハマり、自分は連続物が苦手なのでチラ見するだけなのだけど、それでも映画として『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 2 哀しみのアルテイシア』(2015年)や『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 3 暁の蜂起』(2016年)は観賞し、やっとシャア目線によるシリーズの面白さに気付いた次第。そんな中、本作では“大人のガンダム”とか“ロボットアニメジャズの融合的”な惹句に観る前は辟易していたのだが、昨年、俺ベスト邦画部門1位として『この世界の片隅に』(2016年)を選んだのだけど、こちらを先に観ていたら思案の挙句、1位にしていたかもしれない。にしてもまぁ、宇宙世紀0079年を舞台にして戦後、初めて明らかにされそうな黒歴史をミシっと描き、書き込みの凄さによる演出は嘗ての板野サーカス恍惚を思い出させ、これを大スクリーンで観なかった自分を「大馬鹿者!!」と罵りたい気分だわな。またドラマの設定も絶対にTV版では忌避してしまうような復讐者と傷痍軍人が血で血を洗い、特にジオン軍内に傷痍軍人を中心に創設されたリビング・デッド師団目的には寒気を憶えずにはいられなかった。戦場を活躍する兵士と云えば大抵が健常者な筈だが、現実に話を戻せば遠隔操縦する無人攻撃機が実現化され、既に活用されているのは周知の事実であり、何時しか本作のように健常者も障害者もない戦場が現れて、魂すら殺し合うようになるのでは?と震えてしまう。


死屍累々の“サンダーボルト宙域”でリビング・デッド師団使用する事になった、云わば決戦兵器の数々にジオン若者達の懊悩が刻まれ、それ故、逃げ場の無さに濃厚な敗戦までもが漂う。かのニュータイプ専用試作モビルアーマーであるエルメス等のサイコ兵器の影、あの華やかにも思えた最新兵器の活躍の向こうでは、こうしたジオン歴史からも抹殺されそうなモビルスーツ達が卒塔婆を築いていたのだ、とする物語が痛ましかった。とは云え、そうしたモビルスーツ達は昔懐かしいMSV(モビルスーツバリエーション)から彩られ、その泥臭さが現代風にブラッシュアップされて動き捲るのだから堪らないわ、本作を観賞後、プラモ売り場に雪崩れ込んだのは俺だけではない筈だ(笑)。話を元に戻して復讐の為にジャズビートに乗り(こう云うのが鼻に付くんだよな・・・)、フル・アーマー・ガンダムジオン軍徹頭徹尾破壊し尽くし、戦争ジャンキーの様を隠そうともしない地球連邦ムーア同胞団若者、その絶頂が“機動戦士ガンダム”と云う枠で語られて行くので意外にも判り易く、そして罪深く思えるのも本作か。また最近戦争映画に多い戦争ジャンキーを髣髴させる主人公自我が狂い咲く70分間、単純な善悪や理性を越えた狂気に逆に魅せられてしまうのは自分だけではないだろうし、作品全体を支配する生と死が織り成す高揚感は恐ろしく快楽的でもあり、それ故、至る愉悦もまた堪え難い。何でも春先には続編が発表されるとの事なんだが、本作のようにモビルスーツあくまで黒子に徹し、今まで通り、忌憚なく戦場とその狂気を描いて欲しいモノだ。心からお薦め

January 13, 2017

今日ザッピング

諦める事に慣れない。で、「プレバト!!」(出演:浜田雅功、豊崎由里絵、田中健広瀬アリスU字工事遼河はるひ他)、「その時チャンスは舞い降りた!」(出演:オリエンタルラジオ岩本乃蒼伊集院光岡田結実松田丈志アンジャッシュ渡部建他)、「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」(出演:くりぃむしちゅー瀬川瑛子オアシズ大久保佳代子SHELLY山本雪乃他)、「VS嵐」(出演:嵐、岡本圭人小島瑠璃子鈴木梨央他)、「ニンゲン観察!モニタリング」(出演:ブラックマヨネーズ小泉孝太郎笹野高史NAOTOハリセンボン木村拓哉阿部サダヲ深田恭子他)、「世界!ニッポン行きたい人応援団」(出演:織田信成眞鍋かをり、サバンナ高橋茂雄、徳光和夫泉谷しげる他)、「奇跡体験!アンビリバボー」(出演:ビートたけし剛力彩芽バナナマン入矢麻衣坂下千里子関根勤)を移動。


ダラダラと「就活家族きっと、うまくいく〜」(出演:三浦友和黒木瞳前田敦子工藤阿須加新井浩文山本未來中川知香渡辺大木村多江)、「ダウンタウンDXDX」(出演:ダウンタウン井上和香勝俣州和金藤理絵佐野ひなこテリー伊藤ロッチ中岡創一藤田ニコル前田健太吉田悟郎、ロバート秋山竜次、東幹久市川右團次安藤美姫銀シャリゴー☆ジャス、栄和人、中川翔子中村橋之助新垣里沙野呂佳代フォーリンラブバービー他)、「とんねるずのみなさんのおかげでした」(出演:とんねるず三上真奈久代萌美パンツェッタ・ジローラモモト冬樹他)、「櫻井・有吉THE夜会」(出演:櫻井翔有吉弘行柄本時生風間俊介他)、「嫌われる勇気」(出演:香里奈加藤シゲアキ相楽樹戸次重幸丸山智己桜田通飯豊まりえ岡崎紗絵、寿大聡、正名僕蔵升毅椎名桔平)をチラ見。


更新しながら「SONGS」(出演:スティング杉浦友紀)→「NEWS ZERO」(出演:小正裕佳子久野静香井上清華他)→「WBS」(出演:大江麻理子相内優香北村まあさ、片渕茜他)→「アウト×デラックス」(出演:矢部浩之マツコ・デラックス南海キャンディーズ山里亮太スガシカオ  他)→「アメトーーク!」(出演:雨上がり決死隊歌広場淳川田裕美広瀬アリス出川哲朗狩野英孝栗山千明江頭2:50他)→「ユアタイム〜あなた時間〜」(出演:市川紗椰他)→「増山超能力師事務所」(出演:田中直樹浅香航大中村ゆり柄本時生平田敦子好井まさお六平直政雛形あきこ梶原善他)→「クレイジージャーニー」(出演:松本人志設楽統小池栄子)→「じっくり聞いタロウ 〜スター近況(秘)報告〜」(出演:ネプチューン名倉潤牧野結美三ツ矢雄二、泰葉、ムーディ勝山、鬼越トマホーク坂井良多他)を垂れ流し、就寝。

今日のお題・・・・・・・・・・『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(2015年 米)

原作ブルース・クック 監督ジェイ・ローチ 出演:ブライアン・クランストン ダイアン・レイン ヘレン・ミレン ルイ・C・K他)

f:id:hoghug:20161219232002j:image

世界を巻き込んで莫大な死傷者を出してしまった第二次世界大戦が終結し、米ソ冷戦体制と云う二極化が始まろうとしていた。そんな中、アメリカでは赤狩りが席巻して共産主義的思想は徹底的に排除され、その矛先は映画の都、ハリウッドにまで向けられて行く。当時、ハリウッド売れっ子脚本家だったダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)は、下院における非米活動委員会主催する公聴会での証言を拒んだ為、最愛家族と離れ放れにされた末に投獄されてしまう。そして一年後、出所したトランボは裁判借金家族の為に再び脚本を書こうとするのだが、ハリウッドブラックリストに載ってしまった彼に仕事の依頼が来る筈はなかった・・・


こちらの作品は米シカゴ生まれのジャーナリストブルース・クックによるノンフィクション原作とし、『オースティン・パワーズ』(1997年)、『ミート・ザ・ペアレンツ』(2000年)、『俺たちスーパーポリティシャン めざせ下院議員!』(2012年)で知られるジェイ・ローチ監督が演出を務め、TV畑で活躍される事が多いジョン・マクナマラ脚本映画化されている。赤狩りで米ハリウッドでの全ての仕事を奪われつつも家族と仲間の為、偽名で仕事をこなして来た反骨の脚本家ダルトン・トランボにはブライアン・クランストンが扮し、他にもダイアン・レインヘレン・ミレン、ルイ・C・K、エル・ファニングジョン・グッドマンマイケルスタールバーグらが出演された伝記ドラマ


それで今年の“俺ベスト”の作成の為、落穂拾いしている今日この頃。訳あって新作はあまり観れてはいませんが(笑)、その代わりと云っては日本劇場未公開やら最近、更に増え出した完全版にデジタルリマスター含め、総観賞本数だけは結局、変わっていないような。で、本作の主人公である脚本家ダルトン・トランボ、彼って実はオードリー・ヘプバーングレゴリー・ペックが共演した『ローマの休日』(1953年)にて、友人に名前(イアン・マクレラン・ハンター)を借りて脚本担当していた事が描かれ、他にもロバートリッチ名義で書かれた『黒い牝牛』(1956年)が米アカデミーにおける原案賞に輝いた等々、映画好きの方なら興味深いエピソードが一杯。そんなダルトン・トランボをブライアン・クランストンが扮しており、『ローグ・ワン スター・ウォーズストーリー』(2016年)が絶賛公開中であるギャレス・エドワーズ監督作の『GODZILLA ゴジラ』(2014年)では、主人公の父親で核物理学者を演じていて印象深いわ、俺はダルトン・トランボなら『セッション』(2014年)でアカデミー助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズの方が似ていると思うのだけど(笑)、彼の寄せ具合は見事でしたな。また俺的にはコメディ映画監督として刻み込まれているジェイ・ローチの卒の無さに感心しつつ、時に重そうになるエピソードを軽妙洒脱に語る事の巧みさに感心してしまいました。


にしても投獄後、喰う為にB級映画を書かなければならなかったのだが、個人的にはそっちの方も何時か観てみたい。かのダルトンって赤狩りのお蔭で1947年に約1年くらい収監されている筈なんだけど、wiki見るとどうも4本くらい担当しているのが推測出来るよねぇ・・・また出来る事なら“猿の縫い包み(着包み?)”がどの映画に使われたのか、それも知りたい処だわな(ハハハハハ)。そして当時、ダルトン仕事を与えてくれたB級映画会社社長ジョン・グッドマンが扮していて(笑)、「金と女の為に映画を撮っているんだ!!」と野球バットを振り回す様が素晴らしくカッコイイわ、その豪傑ぶりに惚れ惚れしてしまう。話変わって、あの“デューク”ことジョン・ウェインも加わって“アメリカの理想を守る連盟”と云う圧力政治団体を作り、いわゆる冷戦の陰で映画人を思想弾圧しようとする姿は何とも云えず、判り易い敵としてダルトンを含む“ハリウッド・テン”と云う生贄が必要だったのだろうなぁ・・・確かにあの時代、原子爆弾ノウハウソ連に渡ってアメリカ中が大騒ぎとなり、その結果、何時か来るかもしれない核戦争への危惧が生まれたのも当然、判らないではないんだが、こうして実際に映像で見るハリウッドの光りと影は、レッテル貼りに明け暮れる現代のようでもあります。そんなハリウッドの忌まわしきエピソード職人脚本家葛藤と共に肩に乗せ、激動のアメリカと並べて語ってみせた歴史秘話。お薦め