ある社会人のいいたいこと このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |

2017-09-09

うしろシティ よく頑張りました!お疲れさまでした!

ちょっと自分の気持ちを整理したくて書いている部分があります。

私は、その場にいなかったので想像なんですけどね。

キングオブコント準決勝が先日行われたわけですが、うしろシティの時にトラブル?アクシデント?があったらしい。

ネタの冒頭に叫び声?が入ったとか。しかもけっこう大きな声だったらしい。

このことに対する反応は、明らかにネタに影響を与えた、空気をおかしくしてしまった、いや後半は盛り返したから大丈夫など、様々でした。

おそらく叫び声自体は、審査には影響しなかったと思います。

ただ、それに伴うネタの空気感や客席の反応ってどうしても変わっちゃいますよね。

それがネタの出来に影響を与えなかったとは言い切れない。

つまり、間接的に審査に影響が出てしまった形になります。

生の舞台なので、トラブルはつきものです。

でもトラブルの要因が観客では、本人たちはどうすることもできない。

これが1日目の出来事であり、その日の夜に公式から注意のツイートが出ました。

異常事態というか、非常事態というか。

いつも応援してくださる皆様へ。

いろんな応援の仕方があると思いますが

大事な場面では静かに見守ってくださると嬉しいです。

うしろシティスタッフオフィシャルツイートより

その甲斐あって?、2日目は、トラブルもなく終わったようです。

決勝進出はできなかったわけですが、その原因を、今回のトラブルだけにすることは、もちろんできません。

というか、もう運の領域ですよね。今年から予選のルールが変わって、準決勝にいく人数が減って、今まで常連のように準決勝に出てた人達が落選していくなかで、それでも準決勝まで残ったうしろシティ

そのなかから、さらに勝ち上がるのは、オモシロいだけではダメで、その場の空気をつかめる力や、自分達の空気にできる力とかが必要な気がする。

で、それは本番当日舞台に立ってみないと分からない部分がある。

ただ、今回は運がなかった、しょうがないよね、と言い切れない部分があるのが残念です。

残念な気持ちもありますが、反面キングオブコントが全てではない、というのは今年になって本当に感じています。

慰めとかじゃなくね。

夏の単独ライブが素晴らしかった。それに尽きます。

もはや、キングオブコントにこだわる必要もないんじゃないか、もううしろシティの道を行っていいんじゃないか、そこまで思わせてくれた単独ライブだったんです。

うしろシティのお二人、楽しい夏をありがとうございました。

あと、タイトルにある「頑張りました」という言葉なんですが、失礼にあたるかもしれませんが、励みになる言葉だとも思ってて、あえてこの言葉を使わせて頂きました。

2017-08-12

ひさしぶりにチーモン白井さんを見たよ*

母から教えてもらったのですが、家についていってイイですか?に偶然チーモンチョーチュウの白井さんが出ていました。

家で怪しいものをいっぱい作ってました(笑)。それから、お父様のこととか、営業の話など、聞いたことのない話が聞けて、とても興味深い内容でした。


ひさしぶりにチーモンチョーチュウのことを考えました。



今考えると、私にとってチーモンチョーチュウは、自分の人生の大事な時、いつも側にいてくれた芸人さんでした。

大学卒業後の進路、就活時、修論…。

めげそうな時、力尽きそうな時、彼らの舞台を見に行っては元気や勇気をもらってました。



なぜチーモンチョーチュウファンになったのかは、上手く説明できません。

巡り合わせとしか言えないのではないのかな?と、今は思います。

振り返ると、私がしてたことは他の人から見ればただの追っかけであり、滑稽に見えるかもしれない。ライブを見に行き、感想をブログに書き、時にはヒドイことも書いたりして…。

それでも、私にとっては大事な時間だったし、生きてくための希望だったのだと思います。


今は、初心を思い出させてくれる存在でもあります。

正直、めげそうなんです、今。

だけど、少しだけ元気をもらいました。

まだ、ちょっとだけ頑張れそうです。


これからも応援していますよ☆。

2016-09-18

気分をリセットできた金子さん

か…金子さん あ…阿諏訪さん

か「キングオブコントが無事閉幕しましたね。」

あ「まだ終わってないけどね!俺らは終わったけど(笑)。」

か「赤坂BLITZで準決勝やってて、結果発表が終わって、そのままTBSに来て、コメントを録って…悔しかったよね〜。」

か「準決勝終わって、結果発表まで時間が空くんですよ。他の人のネタを見る気にもならないし、(他の人が)ウケてても嫌だし、滑ってても嫌だし、腐ってるから、心が!」

か「それで、(ラブレターズの)溜口とTBSラジオのスタッフとお茶してたのよ。で、終わったらサウナ行こうぜ!って話してて。そしたら、溜口決勝行きやがって!サウナ行こうって約束してたのに…。」

あ「無理だよ。決勝いくと忙しいんだから。タキシード着て、頑張るぞ!みたいな宣材写真?を撮ったりしなきゃいけない…。」

か「終わった後も、ラジオプロデューサーうしろシティでコメント撮るために、TBSに向かって歩いてたじゃん。でもさ、決勝進出者もさ、本番に向けて色々な打ち合わせをTBSでしてるのよ。そこにさ、決勝に進出してない俺たちがTBSに向かってるのが嫌だったの。」

か「その赤坂BLITZ出たらさ、準決勝を見に来てるお客さんもいらっしゃってて、お目当ての芸人さんが(決勝に)いけなかったら、残念でしたねとか、逆に(決勝に)いけたら、おめでとうございます、みたいな声を、かけたいと思うんだよね。」

か「そんななか、決勝にいってない俺たちがTBSに向かってるのを(お客さんに)見られたらさ、何強がってるの?私たち結果知ってますけど!って思われてるのかな、とかさ。もう心が腐ってるから、そういうふうにしか見えないの!だから67組から10組決勝に選ばれて、もうここまできたら後は、運試しだ、後は、運だよって言えるところまでは、努力したな!っていう、そのくじ引けるところまではやったなっていう…のを1週間経ったら言えるんですよ(笑)。でも、結果発表直後は全く思ってないんですよ(爆)。」

か「それで、どうやったら気分がリセットできるかな?って。」

あ「酒飲めないしな。」

か「なんかむしゃくしゃしながら帰ってたの。どこにぶつけていいか分からなくて。マンションの前を通りかかったんだけど、そこが人感センサーがあるところで、俺が歩いたことでマンションのエントランスの灯りが点いたの。そしたらそこにランニング姿のおっちゃんがおむすびを食べてたの(笑)。うわーって。でもそれで、俺、なんかもういいやって(笑)!それでリセットした。」

あ「そのおっちゃんで(笑)。」

[デブッタンテ 2016年9月17日]

まあ、改めて書きますが、私も悔しかったです。決勝進出者の記者会見見ながら、なんでここに、いないの?って、哀しかったなあ。

だけど、それは決勝いけてない芸人、そしてそのファンもみんな同じ気持ちですもんね。悔しいし、悲しいし…。だから、そこから努力し続ける、希望を持ち続けるのって大変なことです。1ファンでも落ち込むんだから、本人のショックは計り知れないと思います。

大きなことはできないけど、私はとにかく見守りたいと思います。そしてブログを書いていきたいと思います。

2016-09-11

準決勝前、準決勝直後のうしろシティ

か 金子さん

あ 阿諏訪さん

か「9月10日の放送なんで、この日にはキングオブコントの決勝のメンバーが発表されているという。」

あ「聞いている人からすれば昨日(9月9日)。」

か「我々ラジオ収録してるのは、火曜日(9月6日)。まだ分からない。まあ、でも今日準決勝前の最後のライブが松竹の劇場であって。」

あ「だいだい賞レース前の芸人は色々な人がところで試して、尺(時間)とかね。」

か「尺はやっとかないとね。キングオブコントは4分なんですよ。その4分という尺でみんな困ってるんですけど、まあ僕らはね3分43秒で尺は完璧よね!完璧に収まってる。なんなら間を少しとってもいいくらい。尺は完全にクリアしたんでね。」

あ「出来は、アレですけどね。」

か「クリアできなかったですけども(汗)。キングオブコント準決勝最後のライブでクリアできなかったんですけども。(*_*)」

か「ま、みんなもう結果を知った状態で聞いてるんですけども、だからこいつら落ちたんだなと。」

あ「我々結果知らないんで(汗)。」

か「だから今は、尺はクリアできたんだけども…というところです。」

あ「今、聞いてる方はバカだなと思って聞いてくださればいいと思います。」



<9月9日のうしろシティ>

あ「はい、こちら9月9日の決勝進出者発表が終わったばかりのうしろシティです。えー今年は残念ながら、(金子さんに)全然しゃべらねぇじゃん(*_*)。」

か「金子は帰ったって言って(涙)。」

あ「みなさん報告を待ってるからさ。言わないと!」

か「いないって…。」

あ「残念ながらファイナリストには選ばれずということで…。しょうがないですよ。みなさんおもしろかったからですからね!10組に選ばれた芸人にはみんな頑張ってもらって…。」

か「いや、俺たちのほうがおもしろかった。」

あ「尖んなって(笑)。」

か「いや、これはみんな分かってない…。時代がアレだ…。」

あ「時代が悪い(笑)。」

か「俺らは悪くない(笑)…。いや、情けないですよ!火曜日の時点では、マジでイケると思ってたなあ。この時空の歪みで…本当にこんな一瞬で…。」

あ「正直ね、(客席の)反応がよかったんで(決勝が)、あるかなあって思ってたんですけどね。」

か「呼ばれたらそのまま記者会見とかもあるから、キレイめの服も着てきたしさ。」

あ「そのへんがダサいよね(笑)。」

か「イケるって思ってたんだよなあ(悔)。」

あ「応援してくださった皆さま、本当に申し訳ありませんでした。来年もぜひ出たいと思いますので、その時は宜しくお願いします!ほら、一言、ほら!」

か「本当にすみませんでした(-_-)。また、一からやり直しますので、みなさんこれから宜しくお願いします!うしろシティでした!」

[デブッタンテ 2016年9月10日放送分]

2016-09-09

キングオブコント準決勝2日目

決勝進出

しずる(4年ぶり4回目)

ななまがり(初出場)

ジャングルポケット(2回目 2年連続)

だーりんず(初出場)

ジグザグジギー(3年ぶり2回目)

ラブレターズ(2年ぶり 3回目)

タイムマシーン3号(初出場)

かもめんたる(3年ぶり 3回目

ライス(初出場)

かまいたち(初出場)

.





準決勝2日間見に行きましたが、ほぼ順当な結果だと思います。

ライス、しずるの並びに嬉しい人も多いのではないでしょうか。

単純にウケた人が進出しました。そういう印象です。

今回は、初出場組と返り咲き組が目立ちます。

記者会見まで見させて頂きましたが、その顔ぶれを見て改めて、諦めずに挑戦し続けることって大事なんだなぁと感じました。




そして、うしろシティは落選となりました。ネタは単独でやった「自転車」でした。

自転車に乗った阿諏訪さんが出てきた時、嬉しくて。私このネタ大好きなんです。

だから、このネタで勝負しようとしてくださったことが嬉しかった。

ウケも悪くなかったです。

でも、「悪くない」ではダメですね。「確実に」「ウケる」ことが決勝に進むうえで必須になる。

2年ぶりに見たキングオブコント準決勝。

素晴らしいものを見せてもらいました。

出場した芸人さんお疲れ様でした。ありがとうございました。




1年出られないぐらいで落ち込んでる場合じゃないわ!来年、来年!

キングオブコント準決勝1日目

しずるななまがりがおもしろかったです。

しずる当確だと思います。今日の出演者のなかで、圧倒的にウケてたし、貫禄のようなものを感じました。最初から最後まで笑えるコントをやってくれました。

ななまがりは、最初出てくる、いわゆるつかみの部分に完全にもってかれました(笑)。まさか、茄子であんなに笑うなんて…。出番が最後のブロックでちょっと疲れていたのですが、まあ疲れが吹き飛びましたね(笑)。決勝で見たい!

他は、ダブルブッキングタイムマシーン3号、ニッポンの社長がよかったですね。

ダブルブッキングは、タクシードライバーでしたが、効果音がおもしろかったです。

タイムマシーン3号は、カツアゲで、硬貨が大量に出てくるネタで、後始末が大変なネタ。どこにあんなに隠してるんだろう?マジックみたいでした。

ニッポンの社長は、なぜか段ボールに飛び込んでしまうという…ネタ。何度も自ら段ボールに飛び込むのがなぜかツボにほまりました(笑)。

印象に残ったのはそれくらいでしょうか?

評判のいいライスなんですが、私にはささるものがなかったかなあ?もう一展開欲しかったですね。あとは田所さんの滑舌が気になりました(笑)。あくまでも個人的な印象です。客観的に見れば。ウケていたので決勝の可能性もあります。

それから、まあ下ネタが多かったですね。エロ本、AVのパロディ?、自慰行為的なもの?、なんか半分の出演者は、ネタのなかに下ネタが入ってたような気がします。私が下ネタ嫌いだから、敏感になってる部分もあると思いますが…。

去年のキングオブコント、職場の人に言われました。

うしろシティのネタ、下品だった!」

最後が下ネタになるだけで、こう言われてしまう。

ゴールデンタイムで、色々な人が見る番組、そのなかでやるネタというのを考えることが大事なのかもしれません。以前、アルコ&ピースのネタで苦情がきていることがありましたがそれが現実です。

お笑いは、全ての人におもしろいと感じてもらうのは難しいことです。だけど、なるべく多くの人におもしろいと思ってもらうことも大事なことだと思います。

そういう意味では、下ネタって難しいですよね。

個人的には、こういう賞レースで下ネタをやるのって男性や審査員に媚びてる気がして、嫌な印象でしかないです。


さあ、日付変わって、本日2日目、今日も楽しみです!