Hatena::ブログ(Diary)

hokaze153の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |

2013-02-24

増川宏一「将棋の歴史」を読む

増川宏一将棋の歴史」を読む。
タイトル通り将棋の歴史がわかる本。ただ一般的な将棋史というよりは専門的。史料、資料をもとに記述され、学問的な価値は高いがそのぶん難しい。ページ数が少ないため、解説が少々駆け足になっている感じもした。江戸期は大橋家文書をもとにした将棋家の解説がメインで、ここが本書の読みどころという感じ。ただもっと一般向けに全体的な江戸将棋文化を解説しても良かったんじゃないかと思った。全体像みたいなものが把握できないようにも思った。

一読しただけでは時系列が難しかったので、将棋の伝来から発展までを本からメモ。

  • チャトランガは4人制の前に2人制があった。チャトランガの考案は5世紀頃。
  • 中国象棋日本将棋は別系統。碁とは伝来ルートが違う。南方からの船のルートではないか。
  • 10世紀前半までの資料に「将棋」の言葉は存在しない。日本最古の駒が興福寺で発見される。11世紀中頃のものと見られるため、伝来時期はこの間。950〜1050年。
  • 13世紀初めの「二中歴」(1210〜21年ごろ編纂。)の将棋の記述には再使用ルールは無かった模様。飛車と角もない。升目の数も不明。将棋とは別に大将棋の記述あり。大将棋は12世紀前半には考案されていた。
  • 「普通唱導集」(1297〜1302年の間に執筆)にある追悼文に「桂馬を飛ばして銀に替え」という文言。駒の再使用のことかは不明。
  • 14世紀中頃までには中将棋が考案されていた。その後15世紀後半から16世紀前半にかけてが中将棋の最盛期と見られる。小将棋に飛車と角の駒の追加、持ち駒の再使用ルールの導入が行われた時期は不明。16世紀初めにはあったとみられる。

増川説だと伝来時期は平安時代。約1000年前。それから500年ぐらいかけて現在の形になり、そして現在コンピュータと人間が将棋を指す段階まできている。1000年という数字を聞くだけでなんとなく歴史の壮大さを感じてしまう。よくわからないけどすごいですね。

また他に面白かったところは、

  • 石田流は石田検校の前に初代宗桂が既に指していた。
  • 明治維新後の大橋家は特別困窮してはいなかった(家賃収入があった)。

などなど。石田流の話は初めて聞いた。大橋家が副業で儲けていたというのは以前NHK名古屋のローカル番組でやっていた「金とく!」で知っていたけど、あの番組の内容はもう忘れてしまった。たしか大橋家をCGで再現していたはず・・・あれもう一回見たいなあ。
また御城将棋が後年形骸化していった話なども面白かった。

個人的には江戸時代の話がもっと読みたかったかな。当時の名人の棋力はどれくらいだったのか・・・定跡研究はされていたのか、当時のファンは名人の棋譜を見ていたのかな、など色々疑問が湧いてしまった。

将棋の歴史 (平凡社新書)

将棋の歴史 (平凡社新書)

「棋士・米長邦雄 生涯の一局」を見る

米長邦雄追悼特番 囲碁将棋チャンネル
米長邦雄さん追悼番組を放送(2月23日(土)19:00?)番組変更のお知らせ | トピックス(将棋) | 囲碁・将棋チャンネル

棋士米長邦雄 生涯の一局 〜羽生善治が語る第52期名人戦
解説:羽生善治三冠 聞き手:森下 卓九段

この番組は特に期待していなかったんだけど素晴らしかった。
米長-羽生名人戦第4局を森下九段羽生三冠の二人が盤を挟んで駒を動かしながら解説するんだけど、この会話がすごく良い。指し手の解説はもちろん、当時と今の横歩取りの考え方、感覚の違いや、昔の対局の話、米長-南戦の話など、色々と脱線しながら自由に話が進みこれが実に楽しかった。同じ力と知識を持ったプロ同士だからこそ出来る将棋トークなんだろうなあ。まあ森下九段羽生三冠の組み合わせだからこんなに面白かったのかもしれないけど、この盤を挟んで二人で行う形式の解説は意外といいかもしれないと思った。対談と解説を同時に楽しめる・・・
是非この形式でもう何本か米長永世棋聖の追悼特番をやって欲しい。加藤一二三とか中原誠を呼んで当時を振り返りながら解説など実に面白そうです。

2013-02-20

GPS将棋に勝ったら100万円!

人類vs最強将棋ソフト 第2回将棋電王戦開催記念イベント | niconico

【電王戦記念】人類vs最強将棋ソフト 勝てたら100万円!
■開催日 :2/24(日)、3/2(土)、3/3(日)、3/9(土)、3/10(日)
■開催時間:11時〜18時
■開催場所:ニコニコ本社原宿2F 特設ブース

これは面白そう。ただひたすら人間が蹂躙され続けるだけの悲しい放送になってしまいそうだけど・・・

チーム組んでGPS将棋が弱そうな戦型をちょっとづつ試してデータをとって、その分析を元に最終日あたりで勝負をかける、なんてことを考えた、そんな夢を見た。

ニコ生でもA級順位戦が完全中継

今年のA級順位戦最終局、先にスカパー!囲碁将棋チャンネルで完全中継するというニュースがありましたが、ニコ生でもA級順位戦最終局を完全中継するとのことです。
将棋 第71期A級順位戦最終日 全局完全生中継 - ニコニコ生放送

スカパー!囲碁将棋チャンネルでも完全中継が行われます。
史上初!全5対局完全生中継?将棋界の一番長い日? | 将棋 | 囲碁・将棋チャンネル

どちらを見るか・・・というか朝から全部見れる人はかなり限定されるような・・・今後完全中継が恒例化するなら、本気で土日に日にちをずらしたほうがいいと思います。

NHKでは3月24日日曜日に特番の形で放送。NHKBSでの中継は完全に無くなってしまったようですね。
特集番組・タイトル戦|NHK囲碁と将棋

将棋界の一番長い日
〜第71期A級順位戦最終局〜
3月24日(日) Eテレ
午前10:05〜11:45

だいぶ時間が開きますが、これはこれで良い放送になるような気がします。内容はドキュメンタリータッチだと個人的にはうれしいですが、大盤での棋譜解説がメインでしょうか。

そういえばプレーオフになったら中継はどうなるのかな。ニコ生のほうはどうとでもなるだろうけど、囲碁将棋チャンネルのほうは対応できるのかな。うーんそもそも中継とかはしないのかも・・・

2013-02-17

連盟チャンネルに棋譜解説動画がアップ

JapanShogiAssociation - YouTube

この間の連盟チャンネルでの企画がもう実現。全部は見てませんが初心者ではなく級位者向けの内容のようです。
アマチュアの棋譜を解説する動画なんですが、プロの読みの凄さというか手の見え方がもう素人とは完全にレベルが違いますね。ここで何を指せばいいのか、どういう考え方で指すのかという指摘が当たり前とはいえ的確すぎます。プロならひと目の筋でも自分なんかの棋力では全然見えないんですよね。普通に見えた手が危険だったり、いちいち感心しながら見てました。すごく勉強になる動画だと思います。

「ほこ×たて」でオセロプログラム同士の対戦

本日の「ほこ×たて」でオセロプログラムの対戦があるよう。

not found お探しのページはありません - フジテレビ

次回は2月17日(日)夜7時〜夜8時54分放送
最強5番勝負スペシャル!!

「最強のオセロプログラム」VS「最強のオセロプログラム

将棋とは全く関係ないけど面白そう。コンピュータ将棋も何かネタにならないかな。ただオセロよりも白黒つくのが一般視聴者にはわかりにくいかも。

追記

番組を見ました。
2つのスマホオセロゲームが戦うという思ったより普通の(というかお手軽な・・・)プログラム対決でした。勝負は面白かったです。ここからこのプログラムに挑む新しいプログラムが出てきてシリーズ化していくと面白いですね。
コンピュータ将棋も大会があることを伏せて、とりあえず何か2つのプログラムで最強を決める企画をやったらいいんじゃ・・・だめか。この番組に取り上げられたらすごい宣伝になるんだろうな・・・
そういえばオセロにはコンピュータ将棋選手権のような大会は無いのかな。番組で決まった最強プログラムより強いオセロプログラムはあるんでしょうかね。

2013年2月20日 追記

解説していた村上九段ブログ記事。情報は2ちゃんから。撮影時に苦労したところが書かれていて面白いです。
ほこ×たて:村上健のオセロ日記:So-netブログ

スタッフにオセロ好きがいたことからこの企画が生まれたとのこと。将棋好きのスタッフはいないのか・・・そういえば決戦は陣屋で対局していたので将棋のことを知らないわけではなさそうですね。いずれ将棋の企画もやってほしいと思います。

2013-02-15

ニコ生に糸谷哲郎六段が登場

【日程確定】糸谷哲郎 現代将棋の思想を語る | 将棋編集部

糸谷哲郎 現代将棋の思想を語る - ニコニコ生放送

2013/02/22(金) 開場:18:57 開演:19:00
糸谷哲郎六段がニコニコ生放送に登場!
その著書「現代将棋の思想 〜一手損角換わり編〜」で読者の方に伝えたかったメッセージを、自ら盤駒を並べながら語っていただきます。

来週22日金曜日夜7時から。これはマニアックな放送になりそう。

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~ (マイナビ将棋BOOKS)

この本は一手損角換わりの歴史がわかってすごく面白い本でした。若干説明が足りないところもあったような気もしますが、プロの将棋のガイドブックとして良い本だと思います。自分には昨年の渡辺-丸山の竜王戦の戦いの意味が難しくてよくわからなかったのですが、この本を読むと一手損角換わりの最先端の濃厚な戦いだったんだなというのがわかりました。まあ正確にはわかったような気になっただけですが・・・
放送ではどういう内容になるのか楽しみです。かなりマニア向けの放送だと思うんですが、どれくらいの人が見に来るんでしょうか。
また一手損角換わりは自分の中ではプロしか指さないイメージなんですが、実際アマチュアで指す人がどれくらいいるのか、こういうアンケートもしてもらいたいですね。

2013年2月23日 追記

番組見ました。内容は糸谷六段自身による盤を使った本の紹介、インタビュー、質問など。あくまで本の宣伝が主。もうちょっとみっちりとした講座番組かと思っていたのでその点は予想と違いました。2時間ノンストップでひたすら解説・・・まあそれやっちゃうと誰もついてこれないような気もしますがそれはそれで見てみたいですね。

番組では糸谷六段が本の内容を盤駒を使って解説するのですが、その時の駒を動かす手の動きが速い速い。猛烈なスピードで淀みなく局面が再現されていくのには驚きました。これは局面や手順が頭の中に完璧に入っているからこその芸当ですね。糸谷六段にとってはこれぐらいの思考スピードが普通で、早指しはあくまでこちらにとってそう見えるだけなんだろうなあ。

また質問の中にあった哲学将棋についての糸谷六段の答えが面白かったです。哲学を学ぶことによって今ある常識を疑えるようになる、と。一手損という新しい思想によって将棋の可能性が広がったわけで、常識にとらわれず自由な発想をすることが大事という答えにはなるほどと思いました。これはハイデガーとか読まないとな・・・

タイムシフトで見てその時の来場者数が3200人ぐらい。多いのか少ないのかよくわかりませんが、こういう本の著者が中身を紹介、宣伝する番組はいいですね。毎月恒例になればもっと見に来る人も増えていくかと思います。今後色んな棋士や著者が出てくることを期待します。河口俊彦氏とか呼んでくれるといいなあ。

2013-02-14

ニコ生で将棋棋士の「人狼」が放送

no title

電王戦出場の佐藤慎一四段も生登場〜将棋棋士の人狼〜- ニコニコ生放送

これは面白そう。人狼というゲームは名前ぐらいしか知らないんだけど、事前にどんなゲームか調べたほうが観戦にはいいのかな。

こういう棋士を使った企画はどんどんやって欲しいですね。個性的なキャラクターばかりだから何をやっても面白くなると思います。

2013年2月23日 追記 番組の感想

すんごい面白かった。特に村中六段にかき回された1ゲーム目が一番面白かったと思うんですが、あそこで早めに退場した中田七段が残ってたらどうなっていのたか・・・などと考えてしまいました。村中対中田の対決は残念ながら早めの退場とかあって無かったんですよね。
中田七段の推理は凄く、見ていて感動を覚えたのですが、人狼ゲームとしてはグダグダの迷走、迷推理が繰り広げられたほうが面白いのかなとも思いました。とはいえ中田七段にはまた人狼ゲームをやってもらいたいですね。2ゲーム目の佐藤慎一四段に対する殺気すら感じる尋問にはこちらも恐怖のあまり笑ってしまいました。

2回めの棋士人狼があるとすればやっぱり羽生世代の誰かが入って欲しいなあ。あそこら辺の棋士はみんなたぶんすごく強いよね。

BSスカパー!でA級順位戦最終局 直前特番を見る。

BSスカパー!でA級順位戦最終局 直前特番を見る。

Blocked

見どころは萩本欽一羽生三冠の対談。天才二人の対面は不思議な緊張感。羽生三冠は妙に朗らかで笑顔を絶やさない。気を使っているわけではなくて欽ちゃんに会えて純粋に嬉しいのかな。
欽ちゃんはもうだいぶ高齢だと思うのだが、トークにはまだ切れ味があった。自らの変わった将棋観を羽生三冠にぶつけ、棋士と一般人のギャップで笑いを取る。なので基本的には深い話にはならずどうでもいい話が多かった(ように思う)。
欽ちゃんは昔の棋士の話は詳しそうだが、最近の将棋界には疎いようで、棋士のインタビューがつまらない、と言っていたので佐藤紳哉六段や橋本崇載八段のNHK杯インタビューなどは知らないようだった。神吉七段のカメラ目線も知らないようだったので将棋が好きだったのはだいぶ昔の話かもしれない。欽ちゃんがカツラネタや将棋バーやニコ生将棋中継などを知ったらどんな感想を抱くだろうか。

対談の中身はともかく会話のテンポが早いというのか、頭の回転の速さが二人とも優れているため、言葉のラリーは10秒将棋のようで面白かった。あまり将棋界に詳しくなさそうだけど、せっかく欽ちゃん将棋好きなんだから、連盟は欽ちゃん将棋界の広告塔・・・いやマスコットみたいな存在としてなんとか活用してほしいな。あ〜一度でいいから良い棋士、悪い棋士、普通の棋士という棋士を使ったコントが見てみたい・・・。


後番組で印象に残ったのはゲストの森内名人に座布団一枚で座らせていたところ。しょうがないかもしれないが、もう少し豪華にできないものだろうか・・・

2013-02-12

「サムライサッカーキング」に野月七段の記事

本日2月12日発売の雑誌「サムライサッカーキング」に野月七段の記事が載っているそうです。

no title

サムライサッカーキング 006 Mar.2013 三浦知良「永遠のキング」(2月12日発売) | サッカーキング

SAMURAI SOCCER KING 006 Mar.2013
特別定価:780円 発売日:2月12日(火)
毎月12日発売

[プロ棋士 野月浩貴が語る]
将棋サッカー その奥深き共通点

どういう内容なんでしょうか。興味深いです。

2013年2月14日追記

記事を立ち読み・・・これは面白かった。野月七段得意の横歩取りや相掛かりがまさかサッカーから影響を受けているとは・・・。 野月七段は相当なサッカーファンのようで、年間のサッカー観戦数は300試合以上(たぶん)とか書いてあってびっくり。サッカーの試合からインスピレーションやヒントを得て、それを将棋にもフィードバックしているなど結構驚いてしまいました。サッカー将棋、無理のあるこじつけかなと思っていたのですが、意外と説得力のある内容で楽しい記事でした。(サッカーに詳しいともっと楽しめるかも。自分は説明に出てくる選手がわからなかった・・・)
横歩取り8五飛を流行させた野月七段。もし彼がサッカーファンでなかったら、横歩取り8五飛は埋もれていた・・・と想像すると面白いですね。個人の趣味嗜好が歴史を変えたのだ・・・

熊坂五段の考えた連盟棋士ベストイレブン

サッカーということで思い出した熊坂学五段の2011年の面白ツイート。まとめようとしていて忘れていました。
熊坂五段の考えた連盟棋士ベストイレブン



今読んでも面白い。各棋士の弱点には笑ってしまいました。

2013-02-06

連盟チャンネルで初心者講座の企画

初心者の棋譜を解説してプロがアドバイスする動画ですか。すごいですね。
こちらに送るそうです。
shogi.association@gmail.com

棋譜を送る時はやっぱりkif形式ですかね。

YouTubeの連盟チャンネルはこちら
JapanShogiAssociation - YouTube

初心者、初級者講座は充実させてほしいなあ。「プロが教えるハム将棋に勝つ方法!」なんて面白そう。
無料でどこまでやるのか、さすがに限界はありそうだけど、将棋人口を増やすための投資と考えて充実させてほしいです。

2013年2月7日追記

棋譜を送る時はやっぱりkif形式ですかね。
すいませんちゃんと続きのツイートがありました。

アプリ相手の棋譜もOKとのこと。

連盟チャンネルについて野月七段のGoogle+
no title

他にも色々と試行錯誤しながらやっていこうと思います。
講座ものや、インタビュー、ルール(駒の動かし方)等も
将来的にはUPしていこうと思っています。

いいですね。軽い内容でいいので、毎週の棋戦情報を伝える番組などもお願いしたいですね。

2013-02-05

BSスカパー!でA級順位戦最終局の直前特番が放送

BSスカパー!でA級順位戦最終局の直前特番が放送。

番組ページ。
Blocked

本番のA級最終局の番組特設サイト。
Blocked

直前特番!3月1日・将棋界の一番長い日へ
<初回放送> 2/11(月・祝)後1:00-2:40

順位戦の概要説明やこれまでの対局成績を振り返りながら、A級クラスに所属するプロ棋士10人を紹介。また、2月1日に行なわれる第8回戦の対局から、「渡辺明竜王vs羽生善治三冠」の勝負を解説し将棋観戦の楽しみ方もレクチャー。挑戦者を待つ森内俊之名人による展望予想から、降級の危機にある棋士の最終戦にかける想いなどのインタビューも。

【出演者】森内俊之名人/先崎学八段/鈴木環那女流二段/内田晶/戸塚貴久子

この番組は何回か放送され、初回2月11日は無料で見れるとかなんとか。正直見れる条件が良くわからない・・・
番組では羽生三冠萩本欽一氏の対談も見ることが出来るようです。すごく力が入ってますね。やっぱりNHKBSでの放送は今年は無さそう?

囲碁将棋チャンネルで米長永世棋聖の追悼番組が放送

囲碁将棋チャンネルで米長邦雄永世棋聖追悼番組が放送。2月23日とまだ先の話ですが・・・

米長邦雄さん追悼番組を放送(2月23日(土)19:00?)番組変更のお知らせ | トピックス(将棋) | 囲碁・将棋チャンネル

囲碁将棋チャンネルでは、2月23日(土)19:00〜から追悼番組棋士米長邦雄 生涯の一局」を放送いたします。
追悼番組棋士米長邦雄 生涯の一局」〜
(内容)羽生善治三冠が語る「第52期 名人戦
米長永世棋聖が、生前「生涯の一局だった」と語った第52期名人戦第4局を羽生善治三冠が語ります。
司会進行(聞き手):森下 卓九段

1時間番組のようです。この取り上げられる対局はニコ生追悼番組で指し手が再現された将棋ですかね。羽生三冠の解説?なのかな。囲碁将棋チャンネルでもっとこういう思わず見たくなる番組が増えるといいですが。

遠山雄亮五段がラジオ出演

遠山雄亮五段がラジオ出演。電王戦トークを20時から。
ラジオ出演と観戦記: 遠山雄亮のファニースペース

関東圏でなくてもニコ生で聞けるようです。ありがたい。
【コンピュータ将棋特集・遠山雄亮五段登場!】明坂聡美・阪口大助「電人★GA部ぅ?」 - 2013/02/09 19:00開始 - ニコニコ生放送

三浦八段名人戦挑戦者になったら電王戦どうするの・・・とか番組で聞いて欲しいですね。まあ三浦八段は適当にやりそうだけど・・・

TBS「ひみつの嵐ちゃん!」に石橋幸緒女流が出演

TBSテレビひみつの嵐ちゃん!」に石橋幸緒女流が出演とのこと。

Lpsa Media Media Info に何も見つかりません
TBS | 404 NotFound

シェアハウス特別編   知られざる女性プロの世界 各界を代表する女性プロ7人が登場!衝撃の年収&業界事情に櫻井&二宮も仰天
▽ボートは2分で1億円!?▽プロレス両足骨折
将棋駒が1千万円!?
▽能90分座りっぱなし▽ゴルフが嫌いなプロゴルファー!?

2月7日木曜日夜10時からです。知られざる女性プロの世界・・・女流棋士が連盟とLPSAに分かれているなんてことは殆どの人が知らないことだろうなあ。そして仲が悪いということも・・・

D

この動画ようやく見た(流してですが)のですが、なんだか連盟に対する恨み節がすごすぎて、過去に一体何があったんだと思ってしまいました。どちらの側も良い悪いの言い分はあると思いますが、これではどうにも話が前に進まない感じ。もう少し冷静になってお互い譲り合って事を収めて欲しいです。詳しくないのでなんですが、LPSAの活動も十分将棋普及に貢献していると思いますし、小規模団体ならではの役割とか価値はあると思うので、この事件で無くなってしまうとかにはならないで欲しいと思います。

2013-02-04

将棋世界3月号を読む

将棋世界3月号を買ってきて今眺めたところ。今月は米長邦雄永世棋聖の追悼特集。

多くの追悼文が載せられている中、中川大輔八段の文章には「師匠とは絶縁状態だった」との不穏な文字が。週刊誌報道で色々書かれていたけど、トラブルがあったことは事実のようでこれは残念な話だね。何があったかとかまでは書いてなかったけど、追悼文で正直に書く中川八段は偉いと思った。

内藤國雄九段の追悼文にも後年の米長会長時代を批判する文章が見える。微妙な関係が伺えて面白い。

河口俊彦の文章はさすがに面白い。ユーモアあふれる人柄を示すエピソードがたくさんあるんだろうなあ。
ただ将棋は後年、勝つためにきれいな序盤になって名人にもなったが、そのぶん終盤の魅力が薄れたとのこと。米長永世棋聖は現代将棋における序盤の重要性をきちんと理解していた、ということだけど、棋士の個性がなくなるのはファンとしてはつまらないよね。まあでも棋士本人にしてみれば結果が全てだろうからなあ。

また話は違うけど未だ電王戦の△6二玉はモヤモヤが残る・・・序盤の作戦負けを許すほど今のコンピュータ将棋は甘くないとは言うものの、やっぱり米長永世棋聖の力が発揮できる戦型で見たかったなあ。そういえばあの時も「われ敗れたり」で△6二玉を後世に残る一手とか言ってたような。名を残す事に相当なこだわりがあったんだなと思う。

米長氏に対するの当たり障りの無い追悼特集かと思ったら、意外な批判も読めて良かった。あとTwitterで指摘されていたのだが、先崎学八段の追悼文が無いのは何故なんだぜ。まあまだ辛くて書けないのかもね。