Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2010-11-02

[]『探偵オペラ ミルキィホームズ』の脚本構成がすごすぎる

1回の放送ごとに複数の物語を入れてネタをつめこんでいくTVアニメに多い手法ではない。最初に提示した要素からキャラクターを転がしていきながら、制限をかけることなく行動を飛躍させていき、それでいてきちんと物語は閉じる。それも1話完結ではなく、ちゃんと前後の話と一定の繋がりを見せる。

しかも、ただのギャグに見せかけて、きちんとメインキャラクターの紹介を1話ごとに1人すませながら、新登場させたキャラクターの説明もこなしていく。ギャグを優先してキャラクターの心情を矛盾させるような描写も実はない。


パロディが主として話題になっている第4話「バリツの秘密」も、地味に構成がよくできていた。

たとえばヨコハマ大樹海について説明する台詞の時点で、後に描かれる一見して脈絡のない出来事の全てが登場している。ただ豆知識を長々と語っているだけに見せて、事件の前提や真実を堂々とまぎれこませる京極夏彦作品を思わせる技法。危機を回避する伏線にいたっては、危機が起きている最中にパロディじみた映像として再提示までしている。単にギャグだから御都合主義でも許される、といった描写ではないのだ。

ミルキィホームズで今回登場しないメンバーを物語から退場させておく展開でも伏線が見られる。警察捜査へ勝手についていって縄で縛られることと、その縛られた縄を食べること。後に監獄へ囚われる前ふりであり、縄を食べるほど飢えているのだから食べ物を利用した罠へ簡単に引っかかり外へ出る気力も失ってしまうことに説得力が出る。この縄を食べる描写はバリツのパロディにまで繋がるのだから、このような伏線を思いついたスタッフには驚嘆せざるをえない。いや普通なら思いついても恐くて使えない。

パロディの選定にしても、ただ宮崎駿関係という趣向かと思わせつつ、ミルキィホームズ登場人物のモデルとなったシャーロック・ホームズかアルセーヌ・ルパンがらみという共通点を持っている。『ルパン三世 カリオストロの城』はもちろんのこと、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』すら宮崎駿が演出家として関わった『名探偵ホームズ』の併映作品という無駄な繋がりがある。

何の意味もない出来事を並べるだけではナンセンスさは機能しない。何らかの基礎の上で飛躍し、固定観念からずらしてこそ笑えるのだ。

CloseToTheWallCloseToTheWall 2010/11/03 22:39 どうも、(たぶん)はじめまして。
これ、ギャラクシーエンジェルやカブトボーグを引き合いに出されていたので見てみたのですけど、かなりすごいですね。カオスとかシュールとか言われることもありますけど、カブトボーグほど投げっぱなしな風ではなく、なんというか非常に巧いですよね。

パロディネタもとりあえず内輪受けねらいで出してみた、というのではなくて、最も有名なアニメともいえるジブリ系を主にネタにする、という選択もそうですけど、仰るとおり脚本のなかでパロディを話の流れのなかにうまーく組み込んでいるのが目立ちます。パロネタを使いこなしているといってもいい。

それと、脚本ばかりではなく、映像の演出でも印象的なものが多かったです。特に意表を突かれたのは、六分過ぎくらいからのシャロがネズミみたいな動物と出会うシーンですね。最初、遠近法を使って、眼前のネズミを大きく映してみて、次にシャロの側から切り返してみると、実際にネズミが巨大だったというシークエンスは面白い。そこから、シャロの輪っかに結わえた髪の間からネズミが三度振り返るのを見透かす意外性たっぷりのアングルへとつなぐあたりはかなり面白い。

唐突に園児服のキャラが滑り台を滑る映像を映して、幼稚なギャグが滑った、という突っ込みを入れるという斜め上の演出もすごいセンスだなあ、ととても感心しました。

四話に至るまでどんどんと話のテンポがよくなってきていて、見てて退屈させませんね。とりあえず四話は四回くらい通して見ましたけど、何度見ても面白い。トゥエンティが弾けまくっているシーンは酷すぎて何度見ても吹き出します。

hokke-ookamihokke-ookami 2010/11/04 00:29 CloseToTheWallさん、はじめまして。
>カブトボーグほど投げっぱなしな風ではなく、なんというか非常に巧いですよね。

そう、次回には必ずリセットする(それはそれで変な)『カブトボーグ』と正反対の方針でで、今のところ滅茶苦茶な前回をきちんと受けながら話を展開しているんですよね。この種のギャグアニメとしてはかなり珍しい。
同じ脚本家が担当している間だけかもしれませんが、破天荒な第3話からそのまま第4話へ物語が繋がっている序盤には見ていて自分の目が信じられませんでした(苦笑)。

>特に意表を突かれたのは、六分過ぎくらいからのシャロがネズミみたいな動物と出会うシーンですね。

その前後、地味に面白いカット構成でしたね。他にも、ネズミ達が集団自殺していく光景を、暗い森にいる主人公の視点で、ちゃんと美しい光の中に飛び込んでいるように見せたりした演出が印象的でした。

>唐突に園児服のキャラが滑り台を滑る映像を映して、幼稚なギャグが滑った、という突っ込みを入れるという斜め上の演出

間のとりかたも非常によろしかったです。その「空気読め」の踏み台にしたダジャレも使い捨てず、簡単ながら終盤でひろっているところがまたいい。

>トゥエンティ

ナルシストな敵キャラクターとしては定型的な感もありますが、自己愛だけで閉じずに他のキャラクターへ積極的に関わり、物語を停滞させないところがいいですね。第3話で主人公達と交わっている姿の、なんと生き生きしていることか。
くわえて、他の敵キャラクターが主人公陣営に比べて真面目なので、より異質さが浮き上がるところもうまいです。

CloseToTheWallCloseToTheWall 2010/11/04 21:36 三話から四話への繋ぎは意外でしたね。その意外さを吹き飛ばす、冒頭からぼこられているのをほほえましく見つめる異空間の作り方はやっぱりカオスアニメというか。鼻血が花血になっているとんちの効いた演出なんかは、デジキャラットやクロ高の桜井弘明あたりがやっていたような、そうでもないような…

あ、脚本家は三話、四話で違いますよ。

>その「空気読め」の踏み台にしたダジャレも使い捨てず、簡単ながら終盤でひろっているところがまたいい。

これ、ニコ動のコメントで、ドアラーが小衣だけじゃなく、シャロも少しは気に入っていたということ、というのがあって、良い解釈だなと思いましたね。

>トゥエンティ
おお、さすが人物の関係をよく見てますね。私は色物的な面白さだけで見ていました。

hokke-ookamihokke-ookami 2010/11/05 00:52 >鼻血が花血になっているとんちの効いた演出

以前の回でもありましたから、もうこの作品の顔となった描写ですね(苦笑)。短い期間で話をまたいでいるから監督発案なのかなあ……

>あ、脚本家は三話、四話で違いますよ。

指摘すみません。第4話で再びシリーズ構成が担当していたので、最近また増えている全話脚本かと記憶違いしていました。
本題とは関係ありませんが、第3話の脚本家といえば『初恋限定。』の全話を担当していましたっけ。これも見た目に反した良い作品でした。

>ドアラーが小衣だけじゃなく、シャロも少しは気に入っていたということ

そう聞くと、いかにもこの作品らしい描写ですね。何が起きても“いい話”っぽくまとめてしまうという。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証