Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2011-12-13

[]『武林クロスロード2』深見真

「一読して、開いた口がふさがらなかった。上も下も」

「いきなりシモネタかよ!」

「今回はさすがに描写が過激という断り書きがあるくらいだからさ。武侠小説というより、その影響下にある山田風太郎作品っぽい」

「基本的に女同士で両性具有ありというのが何というか……」

「あくまで設定と主人公一行周辺の紹介に終わった一巻目と違い、ちゃんと敵味方に強者がふりわけられていた」

「そこは良かったな。この世界では弱いということは名前がないことと同義だ。一巻目に登場する強敵は回想と、せいぜい二人だけだったもんな」

「あくまで設定を説明する導入部だからとはいえ、薄すぎたね」

「映画の三部作で、一作目より二作目の方が面白いというジンクスのようなものだな。今回は主人公側もきちんとピンチになる。」

「個性あるキャラクターの肉と肉のぶつかりあいが楽しめるようになっている。もちろん性的にもだ!」

「だからシモネタやめろよ!!」

「でもまあ展開は適当だよね。特に敵の能力にあらがえるためのアイテム入手が、イベント消化でしかなかった」

「まだ一巻目の方がどんでん返しにはなっていたな。ただ、今回は敵の黒幕を通して主人公の復讐心を問う作りになっていて、ちゃんと心の葛藤を生んでいたな」

「口では嫌がっていても、ここはこんなに素直だぜ、ゲヘゲヘ」

「うっさいわ!」