Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2011-12-31 上げたのは4日後

[][]話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選

昨年以上に参加サイトが多いが、今年も末席に加えさせてもらいたい。

「話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10選」参加サイト一覧: 新米小僧の見習日記

提唱者のkarimikarimi氏によるルールは下記のとおり。

話数単位で選ぶ、2011年TVアニメ10 karimikarimi選 - karimikarimi

・2011年1月1日〜12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。

・1作品につきなるべく上限1話。

・思いつき順。順位は付けない。

ちなみに私の昨年10選は下記エントリのとおり。

話数単位で選ぶ、2010年TVアニメ10 - 法華狼の日記

ドラえもん』雲に乗って学校へ/夜行列車はぼくの家(相内美生/大野木寛脚本、八鍬新之介コンテ演出、をがわいちろを/田中薫作画監督

八鍬新之介コンテ回に注目するようになった回。単純に演出がいいだけでなく、ひさしぶりに情緒性のある『ドラえもん』アニメを見られた嬉しさもあった。特に後半はただ一夜の旅をするだけなのに、見ていて飽きなかった。

それぞれ異なる短編をアニメ化しつつ、同じ演出家が手がけることで世界観の連続性を持たせたところも面白い趣向だった。

『ドラえもん』雲に乗って学校へ/夜行列車はぼくの家 - 法華狼の日記

バトルスピリッツ ブレイヴ』第48話 ダンvs魔ゐ ダブルブレイヴvsダブルノヴァ(山田由香脚本、渡辺正樹コンテ演出、石田智子作画監督)

少年を戦いの場へ引き込みながら、髪をいじるばかりで自身の居場所に悩んでいた少女。敵側にまわりつつ、その本心を吐露することで一気に過去の鬱屈をふきはらう。その吐露された心情を正面から受け止めつつ叩きつぶしたことで、少年の覚悟の重さも際立った。

一歩間違えれば単なる古臭い男女観を見せかねないところ、少女の心情を厚く熱く見せて独立した人格で動いていると感じさせるだけの内実をともなわせた。

『バトルスピリッツ ブレイヴ』第48話 ダンvs魔ゐ ダブルブレイヴvsダブルノヴァ - 法華狼の日記

濃密な作画や初回を模倣した演出も映像の力で支えていた。

TIGER & BUNNY』#16 Truth lies at the bottom of a well.(真実は井戸の中にある)

今年の中盤で話題を独占した作品において、最も衝撃を受けた回だった。

バディ物の年長側も憧れる偉大なヒーローが、実は虚像にすぎなかったという真相開示が、ヒーローの活躍がTVショーのためという作品の根幹設定と深く結びついて、主人公の存在理由をゆるがす。返す刀で暗躍していたダークヒーローの由来も明らかとなり、ヒーローとは何かという問いかけを掘り下げる……かに思われた。

残念ながらヒーローのアイデンティティを深く掘り下げたのはこの回が最後。苦悩する主人公は相棒への告白を引きのばし、停滞した物語は浅くあわただしくまとめられた。それでも、この回で描かれたことが作中でなかったことにされたわけではないし、掘り下げた深さは改めて評価しておきたい。

『TIGER & BUNNY』#16 Truth lies at the bottom of a well.(真実は井戸の中にある) - 法華狼の日記

『STAR DRIVER 輝きのタクト』最終話 僕たちのアプリボワゼ(榎戸洋司脚本、村木靖コンテ、五十嵐卓哉コンテ演出、伊藤嘉之キャラ作画監督、阿部慎吾/大塚健メカ作画監督)

あえていおう。『魔法少女まどか☆マギカ』の最終回は、放映の一週間以上前に超克されていたのだ、と。

執着、未練、犠牲、制約、それら全ての閉塞感を打ち砕く主人公、そのひたむきでまっすぐな姿が美しかった。その一撃は神的暴力と呼ぶにふさわしい。

『STAR DRIVER 輝きのタクト』最終話 僕たちのアプリボワゼ - 法華狼の日記

UN-GO』第5話 「幻の像」 坂口安吾明治開化 安吾捕物帖 “幻の塔”」より(會川昇脚本、木村隆一コンテ演出、武本大介/菅野宏紀作画監督)

自己犠牲した若者を讃える像を、石原慎太郎を思わせる有力者が作らせて、群集へ公開しようとする。その像に皮肉がこめられていると読み取った探偵だが、その像の内部から二人の死者が転がり出た……

必ず一つは真実をいわせることができるというSF設定によって探偵の推理は誤っていることが判明する。しかしどこが誤りなのかはわからない。現在の本格推理がしばしば直面する「後期クイーン問題」が、作品独自のSF設定をきっかけにして探偵に立ちふさがる。

目のくもりをぬぐった先に見えた真相は、謎めいた行動の卑小な動機。単純な真相を隠すように探偵の目をくもらせていた原因は、表現というものへの探偵自身の期待と希望。美しく自己犠牲した死者を代弁する探偵自身もまた、死者の尊厳を自らの思想を裏づける材料にしようとしていたのだ。

その自己批判は會川昇という脚本家、作品自体、そして社会批判を読み取る視聴者をも射程におさめる。全てを暴力的に暴き出した探偵は、結末で銃を撃つしぐさをした。その幻の銃口はカメラへ向けられていたのだ。

ちなみに、この回が探偵の無謬性へ懐疑を投げかける作りになったのは、脚本制作中に起きた東日本大震災のためだという。

ASCII.jp:人は必ずブレるもの 「UN-GO」脚本・會川昇氏が語る【前編】 (2/4)|渡辺由美子の「誰がためにアニメは生まれる」

震災の後に書いた2話と5話、そして劇場で上映した「UN-GO episode:0 因果論」は、新十郎自身の弱さとか内省的なもの、つまり、自分自身も告発者であることは宿命づけられているけど、本当にそれが正しいのかどうかは自信がない。

 「むしろ真実を暴くことが人を悲しませちゃうことになるんじゃないの」、と彼自身が分かっている。そんなふうに変わったんです。

この作品のこの回で泣けるのは、私だけかもしれない。だが、アニメーションドキュメンタリーを表現として好む全ての人に見てほしい。それだけの価値はある。ミステリとしてトリックがシンプルかつ一話完結なので視聴しやすいはずだ。

『ラストエグザイル-銀翼のファム-』#10 Illegal move(神山修一脚本、大原実コンテ、吉田徹演出、戸倉紀元作画監督)

敵が本拠地の奥深くまで侵入してくる回に外れなし。

各スタジオが別会社に分割され、その名義上の別会社からスタッフを呼んでいるくらいなのに、上場停止前より作品に安定感がある。結果として、どの回にも捨てがたい良さがあるのだが、特に作画アニメらしいアクションが楽しめたこの回を推しておく。

『ラストエグザイル-銀翼のファム-』#10 Illegal move - 法華狼の日記

『SHIN-MEN』カンのヒミツ(きむらひでふみ脚本、湯浅政明コンテ、ムトウユージ演出、針金屋英郎作画監督)

クレヨンしんちゃん』のアニメオリジナルスピンオフヒーロー。湯浅政明監督が全面的に映像を形作っていた初期は、5人のヒーローが別々に行動するだけでなく互いの正体も知らず、ヒーロー同士で淡い恋愛劇が描かれたりもした。アニメ映像の素晴らしさだけでなく、集団ヒーロー物として独特の立ち位置にあったことを思い出しつつ、この回を推そう。

『クレヨンしんちゃん』もえPの誕生日だゾ/『SHIN-MEN』カンのヒミツ - 法華狼の日記

ちなみに最近の『SHIN-MEN』はムトウユージ監督がコンテ演出を手がけるようになり、作画こそ良いものの、物語の毒や映像の異様さは薄れてしまっている。

花咲くいろは』最終話 花咲くいつか(岡田麿里脚本、安藤真裕コンテ演出、安斎剛文/許蘖藹弌∪醋鵡渦陝疹島明日香/天崎まなむ作画監督)

オーソドックスに盛り上げた第二十五話の後で見てこそ意味がある。祝祭の後に続く日常、小さな共同体の解体を描きながら、再生の予感をはらんだ結末が胸に落ちた。

『花咲くいろは』雑多な感想 - 法華狼の日記

Dororonえん魔くん メ〜ラめら』最終炎 股合う日まで(米たにヨシトモ脚本コンテ演出、木村貴宏/近藤源一郎/田頭真理恵作画監督)

カオスなアニメの最終回らしい混沌とした内容。

米たにヨシトモ監督のことだから、コメディ作品でも最終回はしんみりしつつアクションに力を入れるかと思えば、シリーズでも最低のクライマックスに突入して涙も出てこなかった。しかしその混沌ぶりは過去の子供向け番組が時に見せていたイメージ演出の模倣でもあり、高度成長期パロディで構成された作品の全てが詰まっていたと思う。

こんなバカバカしい話なのに、シリーズを通して作画が安定していたところも独特。

ましろ色シンフォニー』第12話 はじまり色の季節(大久保智康脚本、さとう陽コンテ演出、北条直明/平野絵美作画監督)

詳細な感想は作品総合感想のエントリですます。とにかく主人公周りの小さなドラマをしっかり描いた後に、それと密接に関連させながら大枠の出来事も閉じた誠実さに感心した。世界ではなく社会と接続しようと子供達があがく物語には、良き児童文学の味わいがある。

『ましろ色シンフォニー』雑多な感想 - 法華狼の日記


なお、思うところがあってこのエントリは続きを書く予定。

アッツィーアッツィー 2012/01/05 23:56 2011年の新語・流行語大賞ノミネート作品(ttp://singo.jiyu.co.jp/nominate/nominate2011.html)の中にはなぜか「僕と契約して魔女になってよ」が入っていませんでしたけど、絶対おかしいですよね?
あれだけ世間の耳目を集め老若男女がこぞって見たメガヒット作品のいちばん印象的なセリフが入っていないなんて、はっきり言って情報操作以外の何物でもありません。

hokke-ookamihokke-ookami 2012/01/06 06:03 細かいことですが、「魔女」じゃなく「魔法少女」ですよ!

アッツィーアッツィー 2012/01/06 18:24 は・・・恥ずかしい!
穴があったら入りたいほどッ・・・

hokke-ookamihokke-ookami 2012/01/07 23:45 『ドラえもん』の「ぼくよりダメなやつがきた」ですかいな(苦笑)。

http://www.geocities.co.jp/Playtown-Dice/6159/d-23.html
>自分のしたことを回想して恥ずかしがるのび太は「穴があったら入りたい」と呟くが、その例えを真に受けたドラえもんは「即席落とし穴」を取り出し、のび太を落っことしてしまうのであった。

玲 2012/01/08 14:46 >僕と契約して魔女になってよ<

 私としては、前に見たアスキーアート「いくわよネジ」「オチゆーな」の身も蓋もなさを思い出しました……って、アッツィーさん追い討ち御免(^_^;

アッツィーアッツィー 2012/01/08 18:59 ああそんな話もありましたね。>『ドラえもん』

じつは「プロレススーパースター列伝」(梶原一騎原作、原田久仁信画)の「なつかしのB・I砲!G馬場とA猪木」に出てきたセリフです。
G馬場氏のアメリカ修行時に、プロモーターに女物の長じゅばんを着させられてパレードさせられるシーンで馬場氏がつぶやいたものです。
画像はこちらのブログ記事「プロレススーパースター列伝かるた」の「は」の項目で見ればわかります。
http://soukon1.blog.ocn.ne.jp/makeinu/2008/01/post.html

それはさておき、僕と契約して魔法少女になってよが流行語大賞にノミネートすらされていないことはやっぱり変ですよね?

hokke-ookamihokke-ookami 2012/01/09 00:45
玲さんへ
>アスキーアート「いくわよネジ」「オチゆーな」の身も蓋もなさ

あー、実際にそのAAが改変されてもおかしくありませんね。


アッツィーさんへ
>じつは「プロレススーパースター列伝」(梶原一騎原作、原田久仁信画)の「なつかしのB・I砲!G馬場とA猪木」に出てきたセリフです。

なるほど。実は、どこかに元ネタがありそうだと思って検索もしたのですが、うまく見つかりませんでした。

>僕と契約して魔法少女になってよが流行語大賞にノミネートすらされていないことはやっぱり変ですよね?

マジレスしますと、流行語大賞はインターネットにふれたことがないような人ですら聞いたことがある言葉が選ばれるものですから(逆にいえばインターネット上の知名度が低いノミネート作品も多い)、あくまで今期に大ヒットした深夜アニメという程度では無理かと。

JINJIN 2012/01/09 07:45 ちょっと失礼します
ここ一週間ほどのシャフトによるステルスマーケティング騒ぎのまとめなんですが、この騒ぎ法華狼さんとしてはいかがお考えでしょうか?
2chの運営とアフィブログの関係にまで話が進み始めてまして何が何やら
http://www55.atwiki.jp/aniplex_stealth/

hokke-ookamihokke-ookami 2012/01/09 23:20 >ここ一週間ほどのシャフトによるステルスマーケティング騒ぎのまとめなんですが、この騒ぎ法華狼さんとしてはいかがお考えでしょうか?

今回の段階はステルスマーケティングという論点にこだわる必要はないと思っています。
そもそも今回より以前の「ステルスマーケティング」というワードの流行が、自分の嫌いなものが売れていることへの反発心でしかなかったと思っています。具体的に韓流に対する反発と、それに基づいたフジテレビ批判の文脈でよく見かけました。
もちろん2ちゃんねるの匿名コメントで宣伝したりは普通にあるでしょうし、企業が個人ブログの体裁で広報していた事件が実際に過去にも起きていました。しかし、今回のようなアマゾンリンクミスは、サイト制作者が雑な仕事をしただけだという可能性が高いと思いますよ。
まだ可能性の段階で「やらおん!」や「シャフト」といった一部にこだわるより、2ちゃんまとめブログを経由して情報が流通しているインターネットの現状という包括的な文脈で読んだ方が、より確実で発展的な議論ができると思います(その議論の過程でステルスマーケティングが俎上にのぼることもあるでしょう)。

そして個人的な感想をいえば、ステルスマーケティングであるか否かは、視聴者でしかない私には比較的どうでもいいことだと思っています。生活必需品ではありませんしね。
たとえば『美少女戦士セーラームーン』や『新世紀エヴァンゲリオン』のヒットには、当時のアニメ雑誌編集者個人の意向も大きく寄与していました。現在『アニメスタイル』の編集長として知られる小黒祐一郎氏が、個人的なこだわりやコネクションからアニメ雑誌で大きく取り上げていました。宮崎駿という作家をアニメ雑誌編集者時代の鈴木PDが推していたこともありました。どちらも現在ならステルスマーケティングと呼ばれていたかもしれません。でも、作品に相応の内容がともなっていたからヒットした上に現在まで語り継がれる出来になったことも確かだと思っています。
アニプレックスのシャフト制作でも、あまり売れてない作品は色々とありますよね。

NakanishiBNakanishiB 2012/01/10 06:06 >「やらおん!」
2chのピンドラスレでは嫌われていましたねw。去年はまあいろいろあってアニメ関係のことを少し詳しくなったのですが、とりあえず、収益を上げなければ維持できないアニメ製作において、どのように収益を上げるのかは考えさせられます、おもちゃの売れ行き不振で放映期間を短縮されてしまった作品もありますから(^_^;)。

 こちらが本題ですが、「UN-GO」は放映時間が早いので(!)なかなか見られなくて5話は録画しておいたをさがして見たんですが、とりあえず古谷徹の役がわかった時点でこれはすごいと。まあ、作品外のイメージを使ったずるいやり方ですがw(メタフィクション的ともいえます)。元俳優なら今は気象予報士だろ!とも思いましたが。トリックと主人公の思いをきれいに重ねたのは見事な結末でした。海勝の娘の感想のほうが正しい気もします(私が普通にそれに引っかかっただけでもありますが…)。
 他の話でも因果のチートな能力は、この短さにミステリーと安吾と社会性を詰め込むのに役立っていました。スタイリッシュでよくまとまった作品だと思いますが、11話は短すぎるし、そもそも「戦争」というのが何か、誰に敗れたのかよくわからないのはちょっと難点で、現実の「戦後」と安吾を前提とした作品といえ少し物足りなかったですね。でも面白かったです。では、すいません。

hokke-ookamihokke-ookami 2012/01/11 23:26 >2chのピンドラスレでは嫌われていましたねw。

「今日もやられやく」が分割した当時は同情票も多かったのですが、そこからの劣化がひどかったですね。もうよくあるアフィサイトと変わりない。

>とりあえず古谷徹の役がわかった時点でこれはすごいと。

モノローグにしては声質が若すぎると思ったら、父親の著書を読み上げていたという声演出のしかけも面白かったですね。
思えば『巨人の星』から『機動戦士ガンダム』まで、保守的な父親にふりまわされる息子役で出世したような声優でしたっけ……

>そもそも「戦争」というのが何か、誰に敗れたのかよくわからないのはちょっと難点で、現実の「戦後」と安吾を前提とした作品といえ少し物足りなかったですね。

そこは少し残念でしたね。
しかし結果的にせよ敵がいないことが東日本大震災後の現実と重なる雰囲気を出していたとも思います。ひょっとして、震災の影響で脚本の方向性を変える前は「敵」を描こうとしていたのかもしれません。

NakanishiBNakanishiB 2012/01/16 18:14 どうも、ご返事し損ねていましたが。
>敵がいないことが東日本大震災後の現実と重なる雰囲気を出していたとも思います。
>ひょっとして、震災の影響で脚本の方向性を変える前は「敵」を描こうとしていたのかもしれません
 これはちょっと誤解を招いたようですが、私はアメリカのことを念頭においていました。現実の「戦後」は(安吾の作品においても)、アメリカの占領下にあったということについてそれを忘れようとすることにおいて問題がありましたし、それは誰に負けたのか(ここでは逆にアメリカ以外を忘れる)をあいまいにすることでもありました。現在もこれは続いていますから、アニメでの「戦争に負けた相手」の空白はどうしても問題に思えるわけです。

>>とりあえず古谷徹の役がわかった時点でこれはすごいと。
>モノローグにしては声質が若すぎると思ったら、父親の著書を読み上げていたという声演出のしかけも面白かったですね
 ここでやっぱり引き込まれましたね。でも、この息子が犯人にすらなれないのはちょっと情けないけどまたぴったりでw。では、失礼します。

hokke-ookamihokke-ookami 2012/01/18 01:19 >アニメでの「戦争に負けた相手」の空白はどうしても問題に思えるわけです。

戦争が災害としてしか描かれない問題、ですね。
たまに敵に占領されている主人公(それも日本を思わせる国家に住んでいる)が登場する作品で、敵がアメリカを思い起こさせる設定なことはありますが(『コードギアス』等)……主人公の住む国が調子に乗って他国を侵略して、そのしっぺ返しでより強大な国家に占領されたというアニメは、あまり思い当たりません。
しっぺ返し系だけなら思い当たりますが、せいぜい怪獣のような単発の敵が相手だったり、ファーストコンタクトの失敗といった小規模なスケールにとどまることが多い……軽いネタバレになりますが、會川昇脚本の1990年代作品で一つ思い当たるものがある程度ですね。

NakanishiBNakanishiB 2012/01/20 20:47  そうですね、仮にも「敗戦探偵」なのですから災害と同じではまずいでしょうと。とりわけ、この作品では、やはりイラク戦争(やベトナム戦争)後のアメリカなどとは根本的に違う、決定的に負けたけれども戦争を遂行した体制は生き残っているという(現実の戦後に似た)複雑な状況が描かれているだけに。映画のほうは主人公の体験として戦争の発端にも触れているようですが、どうもこの辺はなさそうで。
 まあ、私はアニメや特撮作品はやはりよく知らないのでそもそもこちらが侵略側というのがウルトラマンシリーズのごく一部エピソードくらいしか思いつかないんですね…。では。

hokke-ookamihokke-ookami 2012/01/21 01:11 >映画のほうは主人公の体験として戦争の発端にも触れているよう

そうらしいと聞きますが、私も未見です。

>まあ、私はアニメや特撮作品はやはりよく知らないのでそもそもこちらが侵略側というのがウルトラマンシリーズのごく一部エピソードくらいしか思いつかないんですね…。では。

同じ會川脚本で、第二次世界大戦前夜、ドイツで生きている主人公の友人知人(TV版では仲間だった者と瓜二つ)がナチスに協力する葛藤を描いた映画『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』などどうでしょう。
大戦争前夜に社会が閉塞している様子を描いた映画は、実写をふくめても珍しいのではないかと思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証