Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2016-03-19 上げたのは1日後

[][]官邸の「日本の美」総合プロジェクトにおいて、津川雅彦座長が「天孫降臨」のアニメ化を主張していた件

id:tadanorih氏がツイッターで紹介していた。

公開されている議事要旨を読んだところ、たしかに3頁目と6頁目にそのような記述があった。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/nihon_bi_sogoproject/dai1/gijiyousi.pdf

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/nihon_bi_sogoproject/dai2/gijiyousi.pdf

しかし複数の委員から疑義をていされているように、良い案とは思えない。

そもそも、たかだか一王家の支配正当性をうったえるだけのエピソードが、娯楽として海外で消費されるだろうかという疑問もある。もともと他国の文化に興味がある観客が楽しむだけだろう。


また、すでに天孫降臨をモチーフにしたアニメは存在する。NHKで放映されたTVアニメ火の鳥』の第1話から第4話にあたる「黎明編」だ。

NHK アニメワールド

ちょうどGYAO!で3月22日から2話ずつ無料配信が予定されている。

映画、海外ドラマ、アニメほか|GYAO![ギャオ]

同じ「黎明編」のみで市川崑監督が実写映画化もしている。ただし評価はかんばしくなく、配信サイトなどで公式に視聴できるもののDVD化などはされていない。

火の鳥 プロモーション映像-動画[無料あり]|GYAO!|映画

そして肝心の「黎明編」のストーリーだが、史実記紀にそってはおらず、卑弥呼の記述と古事記描写を混ぜたもの。群像劇として描かれた戦争が、すべてを征服する騎馬民族の登場で無意味になっていくという顛末だった。


そう、創作的な問題として、天孫降臨それそのものは記紀のなかでもストーリーの娯楽性に欠ける。映像の見せ場となる戦闘すらなく、ほとんど順当に支配地に降り立つだけ。

天孫降臨以前の国譲りエピソードでは、武神の建御雷が現地の神々と戦う場面もある。しかしそれは因幡の白兎で知られる大国主命が統治していた地域を、自身の正統性を主張しながら天津神が乗りこんでくるというものだ。正直にいって爽快感はないし、かといって悲劇的な娯楽性にも欠けている。

だからか『火の鳥』の「黎明編」では、戦いの虚しさを強調する位置づけで天孫降臨を物語におりこんだ。そのままでは娯楽作品にならないという判断だろう*1。それでも、あまり評価が高い作品にはならなかった。


津川雅彦氏が天孫降臨をアニメ化して面白くなると考えているなら、俳優としての能力を疑わざるをえない。本当は天孫降臨のストーリーを知らずに推挙しているなら、それはそれでどうかと思う。

すでに巨匠の手で漫画化され、それが映像作品化されていることを押さえていないことも問題だ。議事要旨を読んでも、他に「日本の美」につながるような先行作品を調べているようには思えない。

このような会議でアニメが企画されても、世界にアピールできる作品ができるとは思えない。

*1:ちなみに、同じ記紀でも娯楽活劇として成立している倭建命は、かなり忠実な展開で「ヤマト編」として『火の鳥』の一エピソードとなり、OVA化もされている。

    555    555 2016/03/21 00:02 あえて皮肉を言うのなら、既に安倍首相が公民教科書に写真付きで多用される事で「日本の美」に貢献しています。
記憶違いでなければ、かつて小学校低学年向けの国語の教科書には「天孫降臨」に関する話が記載されていたはず。
その教科書は上級生になったら、落書きで神様の「毒死」だの「病死」だの「ショック死」が記述された改訂版になっていました。

菜々氏菜々氏 2016/03/21 00:13 こうの史代氏の「ぼおるぺん古事記」をアニメ化するのなら是非見たいです。
津川氏のお気に召すかどうかはわかりませんが。

    555    555 2016/03/21 00:40 いっそ事、「ウルトラマン 怪獣聖書」をそのまま映像化した方が人間そのものへの批評で「美しい」のではないかという気がします。

    555    555 2016/03/21 00:49 もう一つ、川内康範先生の「コンドールマン」で美しい日本を守る話というのはいかがでしょうか?
アメリカから日本を苦しめるキングモンスター率いるモンスター軍団の日本ハンガー作戦や日本炎上作戦。
ゼニクレイジーは黒井食料大臣ではなく黒井内閣総理大臣に設定変更の上で、OPとEDの主題歌はこの上なく健在。

wwww 2016/03/21 01:40 >俳優としての能力を疑わざるをえない。
映画監督もやってるんで「俳優として」に絞る必要はないかなと。

桂馬桂馬 2016/03/21 09:02 政治が主導してやる「美」とやらがどんな末路をたどるのか。
すでに空気と化しているクール・ジャパンの二の舞いになるのは目に見えているわけですが。
議事要旨を読んでみても「日本すごい」と「メインカルチャー礼賛」の嵐で失敗の臭いしかしないという。過去の失敗の総括をやるのが先ではないかと。

Ougon_mekkiOugon_mekki 2016/03/21 20:25 天津神、国津神といえば孔雀王の最後の方を思いだしました

hokke-ookamihokke-ookami 2016/03/22 08:41     555さんへ
>その教科書は上級生になったら、落書きで神様の「毒死」だの「病死」だの「ショック死」が記述された改訂版になっていました。

まあ記紀通りの記述ではありますね。いや、はるかにひどい死因も多いか。
倭建命も、立場としては悲劇の英雄ですが、他国の王を殺した方法は騙し討ちばっかりだもんなー


菜々氏さんへ
ちょこちょこ読んでいます。あれは作者の技法あっての作品で、映像化するにはデジタルでとりこんで動かすくらいの方法をとらないと難しそうですが。


wwさんへ
実は下書きでは「映画関係者」にしていたんですが、俳優作品しか見たことがないので最終的にこういう表現になりました……


桂馬さんへ
>議事要旨を読んでみても「日本すごい」と「メインカルチャー礼賛」の嵐で失敗の臭いしかしないという。過去の失敗の総括をやるのが先ではないかと。

ええ、議事要旨をよく読んでも、個別に慎重な発言をしている委員でも、結局は日本賞揚を結論として、広報力不足の話ばかりになってしまっていますね。
たとえば第二回の内永委員などはいったん「外国からミラクルに思われていると日本国内の方はよく言うが、どの国の人も自分の国はそうだと思っている。だから、しいて言えば、先ほど串田委員がおっしゃったように、国内的に、もっと日本の美しさであり、歴史であり、文化を我々自身も認識する必要があるのではないか」(10頁目)と慎重な発言をしながら、すぐテクノロジーや縄文文化の礼賛に走っています。


Ougon_mekkiさんへ
いかにも伝奇漫画らしい、文化を相対的に描こうとする作品だったと思います。ヒトラー関連のような危なっかしい描写も多々ありつつ、きちんと物語を閉じていて、好きな作品でした。

たぶんたぶん 2016/03/22 09:51 外国からミラクルだと思われてる物があるとすれば、主にHENTAI方面じゃないですかね。

Gl17Gl17 2016/03/22 12:44 何を話しても結局「日本側正しい」の結論に収束、自陣方針を検討せずそのまま発信すればいい、てのは捕鯨やら歴史問題の議論と似過ぎていますね。
今の政権がそういう手前味噌決め打ちしかしない志向だというのはどうしようもない。

あと国粋主義以外に、昨今経済界での前向き言説主義みたいのも併せ技かな。
ピンチをチャンスに、みたいな言い様が典型ですけど、マズイことになってるという話題でも何らかポジティブに繋げようとする。
そこが行き過ぎた余り、とりあえず自社が正しい、強いという話に落とし込むのが正解になっていく感じ。
自省或いは方針転換するような文脈は「前向きでない」として排除される。(旧軍っぽい)

右派政界と財界コンサル言論の悪魔合体というのか。

匿名匿名 2016/03/22 12:51 天孫降臨だとか邪馬台国の伝説とかを独自に解釈した、といえば手塚治虫の漫画「火の鳥」。漫画に免疫のなかった幼いころの私は、あれが古事記・日本書紀の記録そのままの漫画化だと思い込んでいた・・・というのは脱線。ああいう脚色は、手塚治虫だからウヨ界隈の皆様方は黙っているのか、それとも手塚治虫といえども仮に21世紀の今ああいう漫画化を試みたとしたら炎上ということになったのか、・・・日本の言論表現の自由の観点から気になるところ。

お代官お代官 2016/03/22 13:06 やはり、なりなりてなり余れるもので、なりなりてなりたらぬところを差し塞ぐ所の表現を事細かに…

ルートヴィヒ29世ルートヴィヒ29世 2016/03/22 16:36 一部右翼の精神的なよすがであろう漫画やアニメの技術も、遠からず彼らのライバル視する中国や韓国に、少なくとも追いつかれはするでしょうね。

最近友人に勧められてアニメを見始めたくちですが、内情を知る人たちが予定調和を楽しむ、という傾向が強かったように思います。特に萌えが強調されているタイプのアニメがそうだったような。

匿名さん

>手塚治虫の漫画「火の鳥」

黎明編は私もずいぶん幼い頃に読んで、主人公側がぼろ負けする展開に戸惑った記憶がありますね。悪役が神武天皇と知ったのはかなり後のことです。あの物語はいわゆる騎馬王朝征服説を下敷きにしてもいるようですが、歴史学的には疑問の多い説だとか。

上毛野すもの上毛野すもの 2016/03/22 18:49 >アニメーションというのは〜(中略)〜鳥獣戯画になり、北斎漫画になった

これは、日本のマンガにおける鳥獣戯画起源説の変化版だと思いますが、アニメの場合、ディズニーから手塚先生への影響は外せませんよね。
それから、同じく手塚先生による悪い意味で激安の製作費や、マンガ原作→アニメの流れなども現在までの日本アニメを考える上で外せませんし。

私も昔は鳥獣戯画の話を信じていたクチですが、江戸時代の黄表紙、開国後に入ってきた海外のマンガ、手塚以前の日本人漫画家、いわゆる「少年誌」「少女誌」、戦後の薄利多売的なマンガ量産体制等々、
非常に複雑な要因が絡み合って現在の日本におけるマンガ・アニメ文化が存在するわけで、まあ、鳥獣戯画を生み出す・受け入れるような文化的素地もプールの水の一滴程度には関係しているかもしれませんが
現在のマンガ・アニメにおいてはやはり明治以降の海外の影響無しには語れません

あと北斎漫画も、「漫画」の意味するところが現代における「マンガ」とは異なりますし

ガラクタ童子ガラクタ童子 2016/03/22 22:19 >ルートヴィヒ29世様

個人的な評価を言いますと、中国はともかく、韓国にはもう追い抜かれているように思います。
韓国マンガは日本マンガの影響を受けて伸長しましたが、ネトウヨ的には「パクられた」との意識が強いようです。
ですが、先んじているものを模倣するのは文化の特性でもあり、事実日本マンガの源流は鳥獣戯画でも北斎でもなく、戦前のディズニーの模倣から来ていることは大塚英志氏などの説明によって明らかにされています。

ネトウヨはライオン・キングやアトランティスに日本のアニメとの類似点を指摘してディズニーをパクリだと罵りますが、逆に違っている点については無視を決め込んでいます。
と言うか、日本のマンガ・アニメが元々ディズニーを基礎としているのはネトウヨヲタ的には都合の悪いことなのでスルーなんでしょうね。

残念ながら現在では日本のアニメは世界はほとんど眼中になく、アカデミー賞でもマーニーがインサイド・ヘッドに完敗したことは当然です。どちらも見た私もとても勝負になるわけがない、むしろノミネートされただけでもお情けじゃないのか、とさえ思いましたから。

菜々氏菜々氏 2016/03/22 23:50 戦前の大ヒットマンガである「のらくろ」には明らかに鳥獣戯画の影響があり、
「のらくろ」は手塚治虫マンガにも大きな影響を与えていますから、
鳥獣戯画起源説はあながち間違いではないと思います。
ただしそれは田河水泡と手塚治虫という偉大な個人がいたからであり、
「のらくろ」も鳥獣戯画以外にもフライシャーなど海外アニメにも大きな影響を受けていますから、日本固有の文化のように考えるのは間違いでしょうね。

「日本」でくくるのは

ガラクタ童子ガラクタ童子 2016/03/23 00:04 呉智英氏は「鳥獣戯画や北斎をマンガの原点とすることは、コンピュータの原点はそろばんだというくらいの見当違い」と述べています。

のらくろに鳥獣戯画の影響を受けた描写があったとしても、両者は時間軸上では繋がっていません。鳥獣戯画からマンガに至る進化の過程がないのです。
ちょっと表現するのが難しいのですが、ナウシカのオープニングに横顔の並ぶ壁画が出てくる、よってこれは古代エジプトの壁画から連綿と続いているものだ、といったら分かるでしょうか?

一方、ディズニーに関しては手塚本人がディズニーのパロディ(というよりはっきり言ってパクリ)を描いて、それが現代マンガの基礎になっているので、これは時間軸上では繋がっているということです。

菜々氏菜々氏 2016/03/23 08:47 マンガの発展は生物の進化とは違いますから、古代ギリシアの芸術がルネサンス美術に影響を与えたように、作品さえ現存していれば数百年の断絶を超えて「子孫」を残すことが可能なのがマンガの進化だと思います。
また、松本零士や大友克洋のような個人が表現方法を創作することで新しい伝統が発生するのがマンガの進化ですから「連綿と続く」というのは無理があっても「見当違い」とまでは言えないと私は思いますが。
「ナウシカオープニングと古代エジプト壁画の間に関係はない」という言い方をすれば間違いだと思いますし。

はりはり亭はりはり亭 2016/03/24 00:17 >鳥獣戯画や北斎をマンガの原点とすることは、コンピュータの原点はそろばんだというくらいの見当違い
着に言うとそのくらいのつながりはあるというわけで。わたしはどちらかというと菜々氏さんの意見に納得しますかね。
そうこういううちにこんな話が。
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1603/15/news141.html
うーん丸紅ねえ......

菜々氏菜々氏 2016/03/24 09:45 アニメ版ナウシカのオープニングは
エジプト壁画というよりアステカ美術っぽいから
エジプトとの連続性はないかも

菜々氏菜々氏 2016/03/24 09:45 アニメ版ナウシカのオープニングは
エジプト壁画というよりアステカ美術っぽいから
エジプトとの連続性はないかも

はりはり亭はりはり亭 2016/03/25 00:46 鳥獣戯画続報?
ttps://twitter.com/ykhre/status/713003789607809024
ttps://twitter.com/ykhre/status/713013934748356608

ガラクタ童子ガラクタ童子 2016/03/25 01:33 私は鳥獣戯画はあくまでも空想を描いた絵巻物語と位置づけています。
高山寺に伝わる鳥獣戯画は高い身分の者しか見ることを許されず、当時の庶民レベルでは存在すら知られていなかったと言います。これをマンガのルーツと言い張るのはいささか無理があるでしょう。

鳥獣戯画がマンガのルーツだと言い出したのは大正時代に細木原青起という人物が、新聞に投稿したのが最初です。それまでは誰もそんなことを言ってはいなかったので、この説は長らく語り継がれたものではなく、たったひとりの投稿が拡散したもので、時代的にもまだ100年も経っていない後づけの説に過ぎないのです。

greenTgreenT 2016/03/25 07:31 火の鳥黎明編は騎馬民族征服説の他、卑弥呼をアマテラスに比定してる点もあって今から見ると色々古いな。天孫降臨も最新学説に従ってやってみたら案外おもしろくなるかも。最も考証を全く無視したチュモンだって原作の高句麗本紀を越えて面白かったんだから必ずしも学説などに引っ張られる必要はないのだが

greenTgreenT 2016/03/25 07:31 火の鳥黎明編は騎馬民族征服説の他、卑弥呼をアマテラスに比定してる点もあって今から見ると色々古いな。天孫降臨も最新学説に従ってやってみたら案外おもしろくなるかも。最も考証を全く無視したチュモンだって原作の高句麗本紀を越えて面白かったんだから必ずしも学説などに引っ張られる必要はないのだが

hokke-ookamihokke-ookami 2016/04/03 22:35 たぶんさんへ
>外国からミラクルだと思われてる物があるとすれば、主にHENTAI方面じゃないですかね。

真面目な話、最初に北米受けしたアニメって18禁物でしたからね。もちろんポルノとして受けただけでなく、『妖獣都市』とかアニメーションとしても良作でした。


Gl17さんへ
>何を話しても結局「日本側正しい」の結論に収束、自陣方針を検討せずそのまま発信すればいい、てのは捕鯨やら歴史問題の議論と似過ぎていますね。

要旨なので会議の異論反論はとりこぼされたのかなあと思いつつ、とりこぼしたこれを結論として持ってくること自体がダメダメですからね。

>ピンチをチャンスに、みたいな言い様が典型ですけど、マズイことになってるという話題でも何らかポジティブに繋げようとする。

ええ。まずは現状を知ろうという動きが官民の両方で見られるようになっているのに、それが全く反映されていないような会議内容には呆れるしかないです。


匿名さんへ
2ちゃんねる的な感想が集まる界隈を見ていると“当時はあれくらい左翼っぽいのはしかたない、むしろ中立的”という感想がありました。
過去の人物として切断処理されているのかもしれません。


お代官さんへ
そこをきちんとアニメ化した作品は見たことありませんねえ……漫画化なら、実は赤塚不二夫プロが出していた学習漫画でほとんど完璧に描写しているんですけど。


ルートヴィヒ29世さんへ
>一部右翼の精神的なよすがであろう漫画やアニメの技術も、遠からず彼らのライバル視する中国や韓国に、少なくとも追いつかれはするでしょうね。

市場規模では中国にとっくに追い抜かれていますからね。平均的な質はまだまだですが、産業としての将来性は比べるべくもない。
韓国は女児向けアニメなどで作画の大半をこなすようになってきていますし、すでに3DCGのクオリティは日本を抜き去っていると思います(写実的なCGが強いので、実写VFX方面が脅威)。


上毛野すものさん、菜々氏さんへ
>日本のマンガにおける鳥獣戯画起源説の変化版だと思いますが、アニメの場合、ディズニーから手塚先生への影響は外せませんよね。
>「のらくろ」も鳥獣戯画以外にもフライシャーなど海外アニメにも大きな影響を受けていますから、日本固有の文化のように考えるのは間違いでしょうね。

ええ、たとえば日本の平面的な美術志向が日本のアニメのスタイルに反映されているという説には説得力がありますけど、だからといってアニメーションの起源が日本にあるかのような主張を海外へ発信するのはダメダメだと思います。堂々と海外との接点をアピールすべきでしょうし、それでこそ理解してもらいやすくなるものでしょう。


ガラクタ童子さんへ
>呉智英氏は「鳥獣戯画や北斎をマンガの原点とすることは、コンピュータの原点はそろばんだというくらいの見当違い」と述べています。

ほほう、初耳でした。さすがに本業の漫画ではそういう一歩引いた発言ができるのですね。

>アカデミー賞でもマーニーがインサイド・ヘッドに完敗したことは当然です。

宮崎高畑以外の監督によるジブリ長編としては佳品だったとは思いますけど、その時の日本のアニメ映画を代表する作品かというと疑問ではありますね。


はりはり亭さんへ
>http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1603/15/news141.html

ありましたねえ。内容に面白味はまったくありませんけど、アニメ技術としてはさすが。紹介の批判ツイートについては、たぶん短時間の広告だから安易な類型に落としこんだということでしょう。
で、実は鳥獣戯画をスタジオジブリが動かすこと自体は、すでに2003年にNHK番組『アニメのルーツ 鳥獣人物戯画の不思議ワールド』で少しやっているんです(他の気鋭のアニメ作家によるリメイクが主でしたが)。さまざまな識者のひとりとして高畑監督も登場して、たっぷり語らっていました。CMを告知する記事を見ても、たぶん高畑監督らは関わっていないんじゃいかな。


greenTさんへ
当時の学説を引いたことは事実ですが、物語の面白さを最優先した結果だとも思います。騎馬民族征服説そのものが娯楽的な“学説”でしたし。
下記エントリで紹介したヤマト編など、意図的に記紀の異なるエピソードをひとまとめにしていました。
http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20160329/1459378362

    555    555 2016/04/03 22:51    参照記事――。
【津川雅彦だけじゃない、「保育園落ちた」ブロガーに安倍応援団が次々と卑劣な攻撃!内調のデマリーク、ネトウヨも】

あえて皮肉を言うのなら百田直樹大先生のカエルの楽園をアニメ化すれば美しい日本の実態を告発できるかもしれませんね。

Gnbs2AGnbs2A 2016/04/18 00:33 ネトウヨからも厄介者扱いされてる津川wwww

匿名匿名 2016/04/18 04:40 >ネトウヨからも厄介者扱いされてる

右翼番組の委員会の話?
関東じゃやってないんだよねえ。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証