Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2016-10-08

[]「冤罪で人が死んでも良い」という弁護士の意見を見て、この社会に死刑制度が存在している理由をひとつ思いあたった

日本弁護士連合会が死刑廃止宣言を可決したことを受けて、「東京の弁護士」というshouwayoroyoro氏がツイートしていた。

しかしshouwayoroyoro氏は、前後のツイートを見ても、まったく冤罪者への補償について言及していない。

死刑反対派が冤罪をもちだす理由は、「冤罪の危険」そのものではなく、補償の不可能性が大きい。死刑廃止宣言においても「二度と取り返しがつかない」ことが言及されている。

日弁連「死刑廃止宣言案」採択、組織として推進へ…会場では異論も噴出 - 弁護士ドットコム

宣言は、死刑判決を受け拘束されていた袴田巌さんが、2014年に約48年ぶりに釈放されたことをあげ、「死刑判決を下すか否かを人が判断する以上、えん罪による処刑を避けることができない」「えん罪により死刑となり、執行されてしまえば、二度と取り返しがつかない」と死刑廃止を訴えた。

なお、shouwayoroyoro氏は被害者支援、特に性犯罪被害者のため心を砕いているそうで、意見はたがえども疑う気持ちはない*1


しかし他の反応も見ながらいろいろと考えて、そもそも話が逆なのではないかと思いあたった。

たいていの死刑反対派は、犯罪被害者への補償を軽視しているつもりはない。むしろ、必ずしも被害者は加害者への重罰を求めないのに補償として成立するのか、といったことを考える。社会的な補償が不充分ではないか、被害者の応報感情を満足させるという単純な方法で逃げていないか、といった主張すらされる。

ここで、この社会が被害者への補償を軽視している*2からこそ死刑制度があると考えれば、逆説的に平仄があう。

死刑執行された冤罪者には補償することができないし、直接的に補償を求められることはない。だからこそ、重大事件の判決が間違っても反省する必要がない刑罰となってしまう。

補償を重視するゆえでなく、補償を軽視するがゆえに死刑がある。


なお、殺人は死刑によって被害者への補償となるという理念を死刑賛成派が持っているなら、例外的に死刑執行された冤罪者をも補償できる可能性はある。

それは死刑囚の冤罪が判明した時、判決をくだした裁判官らはもちろん、死刑賛成派が死刑になることだ*3。そこまで断言できて、初めて死刑制度に賛成する覚悟があるといえる。

もちろん、このような補償制度が実際に施行されれば、今より再審が困難になることは想像にかたくない。ゆえに間違っても補償する必要のない刑罰として、しばらく死刑は存在しつづけることだろう。

バッタバッタ 2016/10/09 22:18 昔、道徳の教科書に窃盗犯は死刑にする話がありましたな。結果どうなったかといえば窃盗犯罪の件数は減ったが話の最後に貧困に喘ぐ姉と弟が出て来て姉のほうが死刑覚悟で窃盗、そんで当然の如く捕まる。結末として統治者に「自分が死刑になるのは構わない、弟を助けてほしい。」と頼み込んで終わりというものでしたね(その後どうなったかは道徳の教科書の話のお約束として不明)。まあ死刑そのものは人を殺す以上の意味のあるものではないでしょう。

nikuniku 2016/10/11 20:11 無期懲役で獄死した後に冤罪が発覚した人へは補償ができるんでしょうか?
死刑じゃないから取り返しがつくとは思えません
冤罪と死刑の賛否は分けて考えるべきでしょう

通行人通行人 2016/10/11 23:37 死刑は一般社会から追放された囚人達の社会である刑務所からの追放刑と考えればわかりやすい。
社会の秩序を守るための方法の内、比較的影響が少ない方法で刑自体に被害者遺族・加害者の思惑は関係ない。
単純な隔離刑だと管理者への影響が死刑より(時間的な面も含めて)総合的に大きい。

hokke-ookamihokke-ookami 2016/10/12 07:18 「保障の不可能性」を「補償の不可能性」へ訂正しました。


バッタさんへ
そんな寓話が使われたことがあったんですね。そういえば日本でも江戸時代などは大金を盗めば死罪でしたが、それは民百姓への支配と抑圧の延長のようなものでした。


nikuさんへ
>無期懲役で獄死した後に冤罪が発覚した人へは補償ができるんでしょうか?

殺人は死刑によって被害者への補償となるという理念を死刑賛成派が持っているなら、それも判決を出した裁判官を死刑にすれば補償になるかもしれませんね。
それはさておき、nikuさんは、他人を拘束する罪を殺人罪と同等にあつかうべきだと考えますか? 死刑制度に対して冤罪の存在を言及すると、少なくない人が“殺人”と“監禁”の罪を同等視しはじめることが興味深くてなりません。

>死刑じゃないから取り返しがつくとは思えません

私は死刑の補償の不可能性は主張しましたが、「死刑じゃないから取り返しがつく」とは主張していません。逆・裏・対偶を考えてみてください。


通行人さんへ
>死刑は一般社会から追放された囚人達の社会である刑務所からの追放刑と考えればわかりやすい。

わかりやすくありません。なぜ刑務所内で独房に隔離するという珍しくもない制度を採用しないのですか?

>刑自体に被害者遺族・加害者の思惑は関係ない。

そこだけは死刑制度の維持を主張するにおいて妥当だとは思います。

>単純な隔離刑だと管理者への影響が死刑より(時間的な面も含めて)総合的に大きい。

おっしゃりたい意味がさっぱりわかりません。

よこよこ 2016/10/12 09:02 nikuさん

>無期懲役で獄死した後に冤罪が発覚した人へは補償ができるんでしょうか?

無期懲役と獄死との間の因果関係はどう考えますか?獄中で天寿を全うすることもあると思いますけど。というか、むしろ、規則正しい生活を強いられるため、娑婆にいるより長生きするんじゃないですかね。この場合、奪われているのは命ではなく、自由です。あらかじめ補償の機会を捨ててしまう死刑の場合と同一視はできない。

>死刑じゃないから取り返しがつくとは思えません
>冤罪と死刑の賛否は分けて考えるべきでしょう

飛躍してる。死刑を廃止した上で、えん罪が明かになれば、その件については取り返しが付く訳ですから、なんで切り離す必要があるのか不明。仮に、無期懲役中の獄死について同様の問題があるというなら、それは別途考えればよろしい。まあ、人間の生命は有限なので、完璧を求めることには無理がありますが。完璧にできないから一切あきらめるというのは、アホだと思います。満腹できないなら、食事も止めときますか?いつもは6時間寝るけど、今日は4時間しか睡眠を取れそうにない、だから徹夜することにした。すごく不合理だと思いますけど。


通行人さん

>死刑は一般社会から追放された囚人達の社会である刑務所からの追放刑と考えればわかりやすい。

全然わかりやすくない。死刑囚が、刑務所から追放されるべき理由は何ですか?一般社会と囚人社会から二重に追放される理由はなんですか?刑務所が追放先なのにさらに追放が必要な理由を教えてください。

>社会の秩序を守るための方法の内、比較的影響が少ない方法で刑自体に被害者遺族・加害者の思惑は関係ない。

被害者遺族・加害者の思惑に関係無く、死刑には合理性がある、と言いたいのですか?人を殺しておいて、「影響が少ない」はない。

>単純な隔離刑だと管理者への影響が死刑より(時間的な面も含めて)総合的に大きい。

ずいぶんもって回った言い方をされますが、要するにコストですか?もしかして「コスト」と言う言葉に抵抗でもあるんでしょうか?

おれおれ 2016/10/12 13:06 >死刑囚の冤罪が判明した時、判決をくだした裁判官らはもちろん、死刑賛成派が死刑になることだ

この場合は殺人ではなく過失致死になりそうなんで死刑は無いんじゃないですかね?

rawan60rawan60 2016/10/12 14:31 >この場合は殺人ではなく過失致死になりそうなんで

故意に殺しちゃっているのに「過失」はないだろう(笑

対象を間違えて殺人事件を犯しても殺人だわな。

ロンクハラライスロンクハラライス 2016/10/12 15:46 http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20070618

ジャッジャッ啼き喚くのを
格好良いと感じて撒き散らした皆様
撒き散らすことに賛成した皆様は
それによって破滅させられた者が存在したときは
補償するという覚悟があったんですよね

死ね死ねジャッジャッ啼き喚かれて首吊った

ジャパンの名前ぶった切られて
無数に罵られたがために
心身の破滅を招かさせられた
麻痺で生き地獄が21世紀中続く
その間啼き喚く所業が
都合良く収まらなくなったな
ただの省略?自虐?皮肉?
結果、一生後遺症が残るわけだが

さんざ啼き喚いておいて
取り返し付かなくさせた
場合のことは考えていたんで?
生き地獄で二度と死なないためには
毎日毎秒円くらいあれば
6400秒は引いてどうぞ
啼き喚いた皆様は各々
80000×啼いた回数ぶんの募金よろ

宛先
郵便局振替口座
00120-1-450991
加入者名
ロンクハラライス

おれおれ 2016/10/12 18:50 >故意に殺しちゃっているのに「過失」はないだろう(笑

は?故意ならもちろん殺人ですよ。だれが故意に死刑判決を出した事になっているん

ですか?そんな悪質な事件が過去にあったならさすがに覚えていると思いますが、私

の記憶にはありません。

rwbrwb 2016/10/12 22:28 >だれが故意に死刑判決を出した事になっているん

ですか?

こ…これはスゲー。読めば読むほどに笑える一文だ…。

バッタバッタ 2016/10/12 22:39 おれさん

だとすると過失でも故意でもない人が冤罪で死刑になった場合、どう補償しますか?

hokke-ookami

細かい描写だと統治者は善行だと思って実施、結果困り果てるというのが印象的でした。載っていたというだけで実際の授業ではやりませんでした。まあやったとしても地獄絵図が広がるのは想像に難くないですけど(それが狙いなのかもしれませんが)。

    555    555 2016/10/12 23:00 しんぶん赤旗の記事(2016.10.09 日)ですが、日弁連の死刑廃止宣言だけでなく、
犯罪被害者や遺族などで設立された「犯罪被害補償を求める会」の
国会議員への要請行動の様子が記事として掲載されていました。
死刑廃止だけでなくこういった事実も多く記事にしてほしいところです。

    555    555 2016/10/12 23:08 あと旧聞に属しますが、冤罪で裁かれるのが致し方がないのなら
世界中の子どもを児童ポルノ被害から救い出すためには冤罪を恐れてはいけないというのと同じなのではないでしょうか? 
少なくとも冤罪で裁かれるのは罪なき人の法益だけでなく、
被害者の保護法益をないがしろにする事案なので法律家的には業腹な事態だと思います。

rawan60rawan60 2016/10/12 23:18 >だれが故意に死刑判決を出した事になっているん

ですか?

死刑判決ってのは、誰かに催眠術でもかけられて、被告を殺すことを望む人も意図もないのに出されて執行されているらしい……(笑

やっぱり死刑制度ってのは人類究極の無責任制度だな。

rawan60rawan60 2016/10/12 23:49 そもそもここでは、特定した個人を犯罪の行為者と断定して殺すんだから、それが冤罪だった時には、罪のない人を殺したことに対して同様に殺されるのが公平だよな?死ぬ覚悟くらい持つべきだよなって言っているんだよ。
無いのなら、「ありません、できません」って無責任な卑怯者であることを認めればいいだけじゃん。

無責任な卑怯者なんてゴロゴロいて別に真新しくもないわな。

おれおれ 2016/10/13 00:04 バッタさん

誤って冤罪判決を下してしまった裁判官は自らは裁判にかけられる事もなく処刑され

てしまうんですか?という話をしています。


rwbさん

あなたはもしかしてrawan60さんですか?

エヴァエヴァ 2016/10/13 00:38 >ゆえに間違っても補償する必要のない刑罰として、しばらく死刑は存在しつづけることだろう。

現行制度では、殺人を犯しても必ずしも処刑されるわけではな。柏の連続通り魔事件や小5女児殺害は死刑ではなく無期が確定している。
現行制度では、殺人被害者への補償のために死刑を行うという理念を持ち合わせていないといえる。

エヴァエヴァ 2016/10/13 01:08 >小5女児殺害は死刑ではなく無期が確定している

小5女児殺害はまだ確定していませんでした。

rawan60rawan60 2016/10/13 13:43 >あなたはもしかしてrawan60さんですか?

違うよ。
IDがあるのに捨てハンでコメントなんてしません。
何故そう思ったのか根拠くらい書けないのかよ(笑

外野から野次外野から野次 2016/10/13 22:25 とりあえず
「冤罪の可能性があっても死刑存続」派の弁護士には
「被告人の利益より被害者の感情/社会秩序」という考え方である以上
刑事事件には関わってもらいたくはないですね
そして
そういう人が「刑事事件には関わっていない」と主張するなら
それはただ単に「法律に詳しいだけのシロウト」に過ぎないわけで
少なくともその自覚を持って発言していただきたいものですね

外野から野次外野から野次 2016/10/13 22:25 とりあえず
「冤罪の可能性があっても死刑存続」派の弁護士には
「被告人の利益より被害者の感情/社会秩序」という考え方である以上
刑事事件には関わってもらいたくはないですね
そして
そういう人が「刑事事件には関わっていない」と主張するなら
それはただ単に「法律に詳しいだけのシロウト」に過ぎないわけで
少なくともその自覚を持って発言していただきたいものですね

おれおれ 2016/10/15 00:58 >違うよ。
IDがあるのに捨てハンでコメントなんてしません。
何故そう思ったのか根拠くらい書けないのかよ(笑

いや、あなたには聞いていません。rwdさんに聞いています。

あなたが返事をしてしまうと認めてしまっているようにも見えてしまいますよ?

もうちょっとrwdさんの返事を待ってみた方がいいんじゃないですかね?

おれおれ 2016/10/15 00:58 >違うよ。
IDがあるのに捨てハンでコメントなんてしません。
何故そう思ったのか根拠くらい書けないのかよ(笑

いや、あなたには聞いていません。rwdさんに聞いています。

あなたが返事をしてしまうと認めてしまっているようにも見えてしまいますよ?

もうちょっとrwdさんの返事を待ってみた方がいいんじゃないですかね?

rawan60rawan60 2016/10/15 04:33 ↑くだらんアホな書き込みを慌てて連投するなよ(笑

おれおれ 2016/10/16 01:07 >何故そう思ったのか根拠くらい書けないのかよ(笑

知りたい?

おれおれ 2016/10/16 01:07 >何故そう思ったのか根拠くらい書けないのかよ(笑

知りたい?

R2R2 2016/10/17 23:16 いまだ終身刑の導入さえ認めていないのに、死刑廃止は危ないことこのうえない。

この国の弁護士にはとことん異様な方々だと思うよ。
私は日本の軍国化よりこっちの方が恐ろしい。

何故なら終身刑の導入さえなされていないのに死刑廃止から入るとは恐れ入る

rawan60rawan60 2016/10/19 00:35 >いまだ終身刑の導入さえ認めていないのに、死刑廃止は危ないことこのうえない。

冤罪の可能性に着目して、死刑を廃止して終身刑を導入しようというのなら理屈は分かるけどなんで逆なのかな?
そもそも死刑廃止論は「死刑はいけない」が根底にあるのであって、「廃止したら危ない」って意味不明。それじゃ受刑者はすべて終身刑にしなくちゃ「危ない」ことになっちゃうでしょ。

R2R2 2016/10/22 09:19 冤罪よりも証拠不十分で処罰できない痛ましい事例だってある。この厄介な推定無罪の原則だって理不尽なものであろう。

>それじゃ受刑者はすべて終身刑にしなくちゃ「危ない」ことになっちゃうでしょ。
理解不能。終身刑も視野に入れて厳罰化しろと勧めたのに。
今の過剰なまで残虐な殺人事件が起こっているのに、死刑か懲役刑かの選択肢のみなのが問題だ。
韓国では性犯罪者に薬物去勢まで導入しているのですぞ。
そういった柔軟な厳罰化は考えないのですか

rwdrwd 2016/10/24 19:08 >あなたはもしかしてrawan60さんですか?

いんや、違うけど。。。思考の方向性が残念な方ですね。

rawan60rawan60 2016/10/25 18:53 >理解不能。終身刑も視野に入れて厳罰化しろと勧めたのに。

あなたが理解不能だよ。
「終身刑も視野に入れて厳罰化しろと勧めたのに。」では、単に終身刑を入れろ、厳罰化しろと言っているに等しい。
あなたの意見なら、「終身刑を導入しないなら冤罪で人が死んでもいい」になる。
「冤罪の可能性に着目して、死刑を廃止して終身刑を導入しようというのなら理屈は分かるけどなんで逆なのかな?」って書いているでしょ?
コメントするならちゃんと答えよう。

>今の過剰なまで残虐な殺人事件が起こっているのに、

残虐な殺人事件が起こらなかった時代っていつかな?
それに、その「残虐な殺人事件」ってのは死刑存置のこの国の話だよね。

>薬物去勢まで導入しているのですぞ。
そういった柔軟な厳罰化

「薬物虚勢」のどこが「柔軟な厳罰化」なのか意味不明だよ。

おれおれ 2016/10/25 19:35 >いんや、違うけど。。。

ああ、そうですか。

人の笑いのツボなんてそれぞれですが、一生笑って暮らせたらいいですね。

ところで、あなたのハンドルネームは「rwb」ですか?それとも「rwd」ですか?

名前が違っていますよ。

なんか、疑惑しか残りませんね・・・

おれおれ 2016/10/25 23:40 rawan60さんはどう思いますか?

バッタバッタ 2016/10/25 23:51 おれさん

まずrawan60さんからなぜ同一人物だと思ったのか聞かれてるんだからそれ答えようよ。

ついでに

≫誤って冤罪判決を下してしまった裁判官は自らは裁判にかけられる事もなく処刑されてしまうんですか?という話をしています。

裁判は受けれるし、死刑にもならんだろうよ。だが結局、冤罪で死刑になった人間に対してどう補償する?

おれおれ 2016/10/28 02:14 >だとすると過失でも故意でもない人が冤罪で死刑になった場合、どう補償しますか?

>だが結局、冤罪で死刑になった人間に対してどう補償する?

冤罪判決を下した裁判官が死刑になれば補償になるとお考えですか?

補償という言葉を持ち出すのならば、被害者を生き返らせる事でも出来なければ不可

能ではないでしょうか?

死刑に限らず刑罰というのは、罪を償う手段、方法であって、被害者に対する補償と

は別に考えるべきじゃないでしょうか?

量刑に対して、納得する事はあっても、補償されたと思う被害者遺族はいないような

気がします。

rwbrwb 2016/10/29 22:31 >ところで、あなたのハンドルネームは「rwb」ですか?それとも「rwd」ですか?

rwbです。前回はただのミスです。
他人のなりすましを根拠もなく疑って「なんか、疑惑しか残りませんね・・・」とは、なんて期待を裏切らない対応だろう、と安心しました。で結局、死刑判決ってのは故意に出した人はいないって自説は維持したままですか?

バッタバッタ 2016/10/30 06:56 おれさん

≫冤罪判決を下した裁判官が死刑になれば補償になるとお考えですか?

はっきり言うとならないからどう補償するかという話ですよ。もっともそんなものないから死刑は補償も責任もない制度なんですけどね。今回のエントリーの締めの場合だとそこまでやって初めて死刑を認めることの責任になるって話ですが。

≫補償という言葉を持ち出すのならば、被害者を生き返らせる事でも出来なければ不可能ではないでしょうか?

それができないからその原因となる死刑の存在に対して懐疑的になるという話ですが。

≫死刑に限らず刑罰というのは、罪を償う手段、方法であって、被害者に対する補償とは別に考えるべきじゃないでしょうか?

それでは死刑冤罪の場合どう補償するか?
それと多分おれさんはどういった立ち位置なのですか。それとも故意でないなら死刑にはならないとだけ言いたかっただけですか?

おれおれ 2016/10/30 19:40 >死刑判決ってのは故意に出した人はいないって自説は維持したままですか?

ああ、そう読んだんですか・・・

冤罪になった死刑判決のみを指したつもりでした。

おれおれ 2016/10/31 00:12 >今回のエントリーの締めの場合だとそこまでやって初めて死刑を認めることの責任になるって話ですが。

そう読ませたくて書かれた記事だという事は私にも分かっています。

でも、実際にはこう書かれています。

>なお、殺人は死刑によって被害者への補償となるという理念を死刑賛成派が持っているなら、例外的に死刑執行された冤罪者をも補償できる可能性はある。

それは死刑囚の冤罪が判明した時、判決をくだした裁判官らはもちろん、死刑賛成派が死刑になることだ*3。


方法論として書かれていませんか?

そして、こう続く。

>そこまで断言できて、初めて死刑制度に賛成する覚悟があるといえる。


そう言われたら、口ごもってしまう死刑賛成派が多くいるであろう事は想像に難くな

い。でも、世の中そんな人ばかりではない。

極悪人は死刑にしないと気が済まない。それくらいの覚悟は出来ている。お前、良

い事考えるじゃねえか。という人が現れたときに、発案者として死刑反対から死刑賛

成(しかも無裁判処刑!)に転じ、奇跡のコラボを実現させる覚悟があって、こんな事

言ってるんだろうか?と思って書いたのが私の最初のコメントです。

R2R2 2016/11/01 22:33 いいですか。
死刑を廃止したいなら、まず終身刑を導入したうえで様子を見ないことには話にならんでしょう。
冤罪などこの最高度に発達した検察技術から見ると極々少数の事例にしか成り得ない。
(だがそんなことを心配するより殺人者、動乱罪者が誤って無罪放免になる可能性だってある。)

今求められているのはそれこそ織田信長が施行した一銭斬りに匹敵する厳罰遂行を徹底することにありましょうや

バッタバッタ 2016/11/02 07:17 おれさん

そもそも最後にこうも続いてるのですが。

≫もちろん、このような補償制度が実際に施行されれば、今より再審が困難になることは想像にかたくない。ゆえに間違っても補償する必要のない刑罰として、しばらく死刑は存在しつづけることだろう。

そもそも補償ができないし、その方法がない制度なんですよ、死刑は。


≫方法論として書かれていませんか?

例外的で論理やルールを逸脱した方法としてな。死刑に賛成し責任を取るという意味での方法でな。そもそもこう無茶な方法でも責任を取ってるといえないんですよ。

≫そう言われたら、口ごもってしまう死刑賛成派が多くいるであろう事は想像に難くない。
でも、世の中そんな人ばかりではない。極悪人は死刑にしないと気が済まない。それくらいの覚悟は出来ている。お前、良い事考えるじゃねえか。という人が現れたときに、発案者として死刑反対から死刑賛成(しかも無裁判処刑!)に転じ、奇跡のコラボを実現させる覚悟があって、こんな事言ってるんだろうか?と思って書いたのが私の最初のコメントです。

だから方法としても実現しないんですよ。論理的にも手続き的にも無理な方法だから。これからも死刑冤罪に対して補償する方法なんて出てこないのですよ。もし実現したとしたらもうこの国が国として機能してない時ですね。だから死刑に責任を伴わせる場合、論理や手続きを犠牲にしてようやく実現できるのですよ。故にこれからも死刑制度は無責任な制度としてあり続けるのですよ。

あと最初に書いたコメントって

≫この場合は殺人ではなく過失致死になりそうなんで死刑は無いんじゃないですかね?

今回の2016/10/31 00:12のコメントと繋がりなくないですかね?むしろどう繋がってるんですか?そもそもこのコメント自体が死刑冤罪を軽く見てるも同然の酷いコメントだが。死刑冤罪ってようは言いがかりで無意味に人の命を奪う行為ですよ。

バッタバッタ 2016/11/02 07:45 おれさん

あとなんでrwbさん= rawan60さんだと思ったのか説明まだですか

R2さん

≫冤罪などこの最高度に発達した検察技術から見ると極々少数の事例にしか成り得ない。

その技術を扱うのは人間なのだが。あと冤罪事例見た方がいいのでは?今の技術が昔にあっても冤罪って起こりますよ、取り調べるのは人間なので。そんでその少数の冤罪で懲役なら執行後も生きているなら辛うじて補償できますが死刑の場合執行後どう補償しますか?

≫(だがそんなことを心配するより殺人者、動乱罪者が誤って無罪放免になる可能性だってある。)

これ起こる場合、証拠不十分か警察側に内通者がいる時なんで死刑も懲役刑も終身刑も糞も関係ないですね。

    555    555 2016/11/02 23:07 別のエントリであった事ですが、
R2さんは私の国民救援会や反核運動の事実を踏まえた見解をネトウヨの歴史呼ばわりされた事があります。
あの頃は被爆問題を「北斗の拳」を喩えにする事実に対し不実な事を述べておられましたよ。

R2R2 2016/11/06 22:10 555さん
だいたい反核運動に成果があるなら各禁止条約にとっくの昔に賛意を示しているでしょうよ

      555      555 2016/11/07 21:20 その前にこのエントリ本来の趣旨に沿えばR2さんの冤罪見解の方はどうなんでしょうか?
極々少数事例というけど、国民救援会の取り組み件数だけも数十件あります。
一体どこの見解を基にされたのでしょうか?
そもそも多くの弁護士が経験則や個別経験から冤罪事件等のの被害者に触れることで
日弁連の死刑廃止宣言が成り立っているのに、R2さんはそれを無能呼ばわりの上で織田信長まで引き合いにしていた。
R2さんの刑事政策はR2さんが社会に属しながらその意識が社会から乖離している見解そのもので、
どの様に考えても法的根拠の事例集にもなりえないのですよ。

R2R2 2016/11/08 00:31 冤罪を防ぎたきゃ弁護士の個々の能力で対処するばいいでしょうが。

それより光市母子殺害事件のあの弁護団の言動。ああいった言動こそ社会から乖離した見解なんじゃないかな?
彼らも死刑廃止論者だったがあの弁護団みたいなのがいると、廃止論者には信用が無い。
さらに遠隔操作事件の弁護団も相当に…

rawan60rawan60 2016/11/08 01:26 >冤罪を防ぎたきゃ弁護士の個々の能力で対処するばいいでしょうが。

そもそも「冤罪」がなぜ起きるかを無視した、ぶっ壊れた発言だな。

なんともはや……

    555    555 2016/11/08 02:48 それなら2013年の国連からの指摘はどうなのでしょうか?
主な報道では日本の人権大使が国連から『日本の人権は中世のヨーロッパ』の指摘に「黙れ!」と恫喝で返答。
あの現場では桜井昌司さんが布川事件で受けた仕打ちについて報告しており、国民救援会の機関紙(救援新聞)でも報じられていました。
私も事件に関することで桜井さんの報告を聞く機会があったのですが、
共産党系の集会では経験的に「検察とか警察は平気でウソをつきます」と発言していますよ。

R2R2 2016/11/10 02:02 第一快楽殺人、むしゃくしゃしての殺人なんて中世だって無かったんだから当時以上の厳罰を持って裁断に挑まんと危なっかしいでしょうよ。

そこで555さんは終身刑や薬物去勢は反対なんですか?
いまの死刑か懲役刑かの極端な刑事罰はまずいのでそれらの多様化を実施したうえで様子を見てから段階的に死刑廃止を訴えていかなければコンセンサスは絶対得られませんよ

10111011 2016/11/10 07:14 > 快楽殺人、むしゃくしゃしての殺人なんて中世だって無かったんだから

R2さんのこの認識は大きく間違っています。

以下引用。
http://gss-sv00.gss.sals.kyoto-u.ac.jp/wp-content/uploads/2015/09/tc03.pdf
学際トークCAFE(京都大学グローバル生存学大学院連携プログラム)
「人類は暴力を克服できるか?」

歴史学者によれば、中世の日本人は恐ろしくキレやすかったらしい。15世紀の京都の路上では、子どもに笑われたとか、下女に悪口を言われたとか、そんなことが凄惨な殺人の原因になった。いったん事が起これば、復讐に次ぐ復讐が一族・同輩を巻きこみ、大規模な殺戮へと発展することもあった(注1)。
どうやら私たちは、先人たちには想像もつかないくらい「安全な」社会に生きているようだ。そしてそれは、日本に限ったことではないらしい。スティーブン・ピンカー教授の著書 The Better Angels of Our Nature (Viking, 2011) によれば、私たちは人類の歴史上もっとも暴力的ではない時代に生きている。

(注1)清水克行『喧嘩両成敗の誕生』講談社選書メチエ、2006年
引用終わり

文中のピンカーの著書は邦訳「暴力の人類史」(青土社)上下巻が出ています。

rawan60rawan60 2016/11/10 22:52 >快楽殺人、むしゃくしゃしての殺人

それ、死刑制度の有無によって違いがあるのかい?(二回目)(笑

rawan60rawan60 2016/11/10 23:04 まあ、そもそも純粋に「快楽殺人」とか「むしゃくしゃして殺人」なんてのは重度の精神疾患(状態)でしょうな。
特異事例は特異事例として社会にあることを認めたうえで、それぞれに対処法を考えるのが知性ある人間のすること。

R2R2 2016/11/15 20:00 >1011さん
そもそも中世は応仁の乱以降は殺しが金になる時代なんで。さらにあの時代は自分の身は自分で守る、村の団結で守る時世でした。
その中で信長のように一銭斬り、秀吉のような刀狩のような荒療治によって更生された経緯があるわけで。
今の殺人者は共同体に離れ、生活困窮と無縁の理由で犯すのでなおたちが悪いから

>rawan60さん
エドゲインみたいなのが精神疾患とかの感性だけとは思えないが
もし異常殺人者が構成すると考えるなら、それは不可能なケースが圧倒的に多い。

10111011 2016/11/15 23:14 > 今の殺人者は共同体に離れ、生活困窮と無縁の理由で犯すのでなおたちが悪いから

私が引用した15世紀京都での殺人の原因も、共同体や生活困窮とは関係がありませんが。
「殺しが金になる時代」とか「自分の身は自分で守る、村の団結で守る時世」とか、一体何を言っているのやら。
やっぱりR2さんの議論はご自分の頭の中だけで完結してるという印象を強くしました。

R2R2 2016/11/18 22:09 >1011
それでも中世より酷い。
この当時は警察機構が正しく運用されていない地域もあり、そもそも村同士で武力抗争さえ有り得た(戦国時代)そもそも警察機構が当てにならない時代だから。
だから秀吉や家康などの天下人の施政、兵農分離や刀狩でようやく抗争を抑え込んだ。
よって中世は治安維持への希求があった。

それが現代は動機も定かではない殺人鬼が跋扈し、戦乱の世でもないというのに引き起こすサイコパスがうごめいている。
ほんと戦国以下のモラル

    555    555 2016/11/22 23:15 法務省の少年事件のファイリングでは凶悪さではなく幼さについて取り上げていましたよ。
それとも法務省の事例に戦国時代を取り上げる必要があるのでしょうか?!

10111011 2016/11/22 23:49 R2さん

> それでも中世より酷い。

では典拠を示してください。

rawan60rawan60 2016/11/23 00:31 >エドゲインみたいなのが精神疾患とかの感性だけとは思えないが

あなたがどう思おうが、あるいはエド・ゲインが自身をどう捉えていようが、彼は重度の精神病という客観判断が下されていますよ。

>もし異常殺人者が構成すると考えるなら、それは不可能なケースが圧倒的に多い。

ちょっと意味が分からない。

とにかく、特異で大げさな表現をして「だから死刑はやめられない」なんて言うのはやめましょう。
そんなのは単に「死刑になるのは犯罪者が悪い」と自分や社会の思考停止を正当化しようと躍起になっているだけです。
特異な事例なんていつだって、どこだって起きるのですから。

また、通例の犯罪の傾向に社会的要因があるのなら、その社会的要因をなくす努力をしなければ何ら根本的解決にはなりません。

R2R2 2016/11/24 01:27 555さん
今見たく厳罰化に柔軟性(終身刑)を持てないなら、戦国のように治安保全の努力を試みた秀吉や後の家康公が素晴らしく思うがね

1011さん
戦国時代は共同体の自助努力で治安維持を担っていた。
だが今見たく共同体が崩れそこから離反した人間の異常犯罪が起こるのだからなお救いが無いんですよ。

rawan60さん
そうでしょうか。ああいうタイプが更生するというのはまるで想像できない。
むしろ今横行する異常殺人が特異でもなくなっている。むしろ一線超えた者の殺生が当たり前に起きている。決して異例でもない。
もし防止を目指すなら薬物去勢、終身刑を導入してもいい。
死刑廃止議論は罰の多様化を進めてからでしょう。

rawan60rawan60 2016/11/26 23:53 >そうでしょうか。ああいうタイプが更生するというのはまるで想像できない。

ああ、「構成」じゃなくて「更生」だったのね。
で、誰か「エド・ゲインは更生する」と主張しましたか?更生しなかったら何なんですか?
あなたは自分でエド・ゲインという稀代のシリアル・キラーを出したんだから、彼がどういう末路に至ったかくらいは知っているでしょう?

>むしろ今横行する異常殺人が特異でもなくなっている。むしろ一線超えた者の殺生が当たり前に起きている。決して異例でもない。

いや、あなたは「快楽殺人、むしゃくしゃしての殺人」なんて書いてきたんだよ。
だから私は、そんな奴がいたとして、それが死刑制度の有無と関係するのか、と書いたのだし、また、そんな奴はそもそも重度の精神疾患状態だろうと書いたのよ。
するとあなたは今度はエド・ゲインを出してきたんだよ。
だからね「むしろ今横行する異常殺人が特異でもなくなっている。むしろ一線超えた者の殺生が当たり前に起きている。決して異例でもない。」なんて言うのなら、エド・ゲイン並みの異常殺人事件が横行してなきゃ辻褄があわないんだよ。
あなたの周りに「エド・ゲイン」は何人見当たるのかね?
私はそもそも殺人に至ること自体が異常事態だと思うし、さらなる特異な事例だっていつの世も起きていると書いているよね。
あなたにとって「異常でない殺人」とか「一線を越えていない殺人」って例えばどんなものなんだい?

>死刑廃止議論は罰の多様化を進めてからでしょう。

死刑を廃止しないで「罰を多様化」したって、死刑にされる者と「多様化された罰」を受ける者が出てくるだけじゃない、それじゃ単に「現状にプラスして処罰の方法を増やせって言ってるだけじゃないか」って言ってるの。

    555    555 2016/11/27 21:43     ≫>R2→ノータリン!?

被害者の経済的な打撃からの回復が
死刑の判決や執行によってどのようになされるのかが全く持って不明。
一体どこを見聞してきたというのか。
だいたい織田信長や徳川家康の制度が現代犯罪被害者をどのように救済するのか?!
貴方の見解は「ドラえもん」発言をした光市事件の元少年と同じで、
ご妄想の方もたいがいになさってください。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20161008/1475969676