Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2017-02-18

[][][]韓国映画軍艦島』を利用した歴史の否定がおこなわれつつある

世界遺産にも登録された日本近代化遺構のひとつ、長崎県の軍艦島。

そこで戦時中に労働を強いられた朝鮮人の脱出劇を描いた映画が韓国で制作されており、最近に予告編が公開された。

D

実際に全体を見なければ映画として評価することは難しい。反乱的な情景の規模を見ても、娯楽活劇性を重視している印象を受ける*1

とはいえ予告を見るだけでも、少なくとも映像はさすがに現代の韓国映画らしい力を感じた。春川市に約6000平方mという広大なセットを作った情景のスケール感もなかなかだし*2、薄汚れた炭坑内の圧迫感をきちんと表現した撮影技術もすばらしい。

しかし、この映画の制作を受けて、炭鉱における労働の過酷さや強制性を否定する反応が日本で起きつつある。


まず、BLOGOSにも転載されているkibashiri氏のブログエントリ*3では、映画の内容が史実に反していると主張している。

韓国映画「軍艦島」のでたらめ大嘘を検証しておく〜いつまで日本は韓国による歴史捏造行為を放置し続けるのか? - 木走日記

娯楽作品である他国の映画の内容に文句を言うのも大人げないですが、彼らが本作を「歴史をモチーフに」して作ったとおおむね「史実」であると主張しているのでその点はしっかり反証しておきたいと考えます。

「反証」をする以前に、劇映画を評価する能力がないことをkibashiri氏は自ら明らかにしている。「歴史をモチーフに」とは、歴史を忠実に再現するという意味をもたない。

モチーフ(モチーフ)とは - コトバンク

テーマがこうした主題をどのように扱い,表現するかという作者の態度,方法とかかわり合っているのに対し,モチーフは作品を形成する個々の単位をさすことが多い。

文学・美術などで、創作の動機となった主要な思想や題材。

どの辞書を引いても、「モチーフ」とは主要でこそあれ題材のひとつにすぎない。作品を着想した素材という意味もあるため、実際に制作していくにつれてモチーフとは異なる要素もとりこんでいくことは当然ある*4

たとえば日本でも、宮崎駿監督の『風立ちぬ』は零戦設計者の堀越二郎をモチーフにしつつ、そこに堀辰雄の小説を重ねあわせている。どれほど史実にもとづこうとも、劇映画であれば史実から逸脱することは珍しくない。

映画『風立ちぬ』公式サイト

かつてkibashiri氏が従軍慰安婦問題と対照させようと「その物語が世界が認める「真実」つまり「実話」であることが、広く認められている」*5ともちあげた映画『シンドラーのリスト』も、もちろん劇映画ゆえの誇張や改変はおこなわれている*6

そもそもkibashiri氏自身も、記事を「歴史をモチーフに新たに創造するストーリー」と要約している。史実をそのまま再現した映画だとは記事を読んでも解釈できない。


そしてkibashiri氏が正しい歴史として主張する内容は、歴史学から遠く離れた明らかな虚偽ばかりだ。

映画では「日本植民地時代に、多くの朝鮮人が強制徴用された場所」として描かれていますが、まず戦時においても朝鮮人の「強制労働」や「強制徴用」の事実はまったくありません。

 当時の軍事徴用は国民徴用令に基づいており、当時の国際法上違法ではなかったのです、アメリカイギリスなど連合国側でも軍事徴用は行われていました。

徴用の強制性まで否定する意見はさすがに珍しい。法律にもとづいた国家政策であれば、それこそ「強制」の証拠といえるはずだ。さらに注意すると、強制連行とは国策動員をさす歴史用語であり、徴用だけでなく民間業者や官斡旋による労働者募集もふくまれる*7

当時に違法でなかったことも、それだけで強制であったことの反証にはならない。奴隷制が合法であった時代ならば奴隷は何も強制されていなかったかというと、そのようなはずはない。

終戦時には日本人労働者不足により朝鮮人、中国人の割合が増えていたようですが、いずれにしても「朝鮮人だけが強制労働」を強いられた史実はまったくないのです。

映画内容をつたえる記事を読んでも、強制労働の対象が朝鮮人に限定されていると解釈できる記述は見当たらない。

 戦時中そのような悲劇はこの島では起こっていない、

 戦後も半島出身者は日本人と仲良く同じ島で働き続けた事実から、当たり前ですが普通に考えればわかる単純な事実です。

労働環境が良くなった戦後の、あくまで同じ炭鉱夫として同じ目線だったという日本人の証言は、おそらく主観的には事実だろう。しかし戦時中に朝鮮人炭鉱夫が過酷な環境におかれたことの反証にはなりえない。

戦後日本は進駐した米軍を好意的に受けいれ、ダグラス・マッカーサーを歓迎すらしたことを知らないのだろうか。東京大空襲において民間人の犠牲を作戦におりこんだカーチス・ルメイに対して日本政府が表彰までおこなったことを知らないのだろうか。たかだか戦後に復讐されなかっただけで南京事件を否認する河村たかしメソッド*8と、kibashiri氏の主張に大差はない。

以前にも紹介したが*9、現実には「軍艦島を世界遺産にする会」の公式サイトにおいてすら、日本で発行された資料集やノンフィクションをひきながら炭鉱夫の過酷な状況を説明している。

端島での強制労働について

社史の記述では、昭和16年12月における端島の在籍労働者数1826名中、坑内夫は1420名とあり、坑内夫の殆どが朝鮮人に置き換えられたと考えれば少なくとも1000名は朝鮮人強制労働者であったと考えられます。

 彼らの入坑は二交代制、1日12時間以上、採炭現場への往復時間を入れると十数時間も拘束られる極限的な重労働であったということです。三交代制になったのは戦後になってからのことです。

端島の岸壁の桟橋に残る石造りの門は一生出られない「地獄門」であり、崎戸島も「鬼ヶ島」といわれ、高島は「白骨島」、3つの島は「1に高島、2に端島、3で崎戸の鬼ヶ島」と言われ、その存在は人々からおそれられた。

そう、kibashiri氏が反発している映画『軍艦島』の描写は、おおむね日本の歴史学で認められている範囲に基盤をおいているのだ。


前後するが、kibashiri氏のブログエントリには、産経新聞による映画『軍艦島』批判記事も紹介され、鄭大均氏の主張をとりあげている。それは未成年の炭鉱夫はいなかったという驚愕の内容だ。

【歴史戦】「軍艦島は地獄島…」韓国映画・絵本が強制徴用の少年炭鉱員を捏造 憤る元島民たち「嘘を暴く」(1/5ページ) - 産経ニュース

首都大学東京名誉教授、鄭大均はシンクタンク「日本戦略研究フォーラム」の時事論考で「戦時期の日本の炭鉱にあどけない『朝鮮人少年坑夫』など存在しなかったことは関係者なら誰でも知っている」と批判した。

たしかに勤労動員の対象には年齢制限があったが、それは未成年もふくまれるものだった。戦時中に動員範囲を広げたことは、学徒動員という言葉で聞きおぼえがある人も少なくないだろう。

法政大学大原社研_決戦態勢下の労働統制〔日本労働年鑑 特集版 太平洋戦争下の労働者状態015〕

一九四四年二月からは、これまで技能者登録と青壮年国民登録に分かれていた国民登録を一元化し、その拡充整備をはかった。国民職業能力申告令のこの画期的な改正によって、年齢範囲は、男子は一二歳以上六〇歳未満、女子は一二歳以上四〇歳未満(配偶者なきもの)に大拡張され、適用除外者は、特殊申告令の適用を受けるもののほか国民学校在学者および配偶者ある女子などに限られた。この結果、従来適用除外を認められていた技能者・国民労務手帳受有者・徴用中の者・中等学校以上の学校在学者も申告を要することになった。

もちろん日本の歴史学において、未成年の朝鮮人炭鉱夫がいたことは当然視されている。

たとえばNHK戦争証言アーカイブスでも、動員時に未成年だった元朝鮮人炭鉱夫の存在が記録されている。

NHK 戦争証言アーカイブス

NHK 戦争証言アーカイブス

ここでイ・ウンシク氏などは逃亡して捕まった経験も証言している。

偶然、港に出たのですが右も左も分かりません。仕方なく、船に乗せてくれと言うと、韓国へ行く船はないと言われました。そこで さらに逃げるうちに捕まりました。憲兵からは逃れられません。彼らに捕まって私は引き戻されました。それから 言うまでもなくさんざん殴られて、ひどい目に遭いました。あのときは、もう死ぬのを覚悟で抵抗すべきでしたが、殴られて力も出ませんでした。何日も死ぬほど殴られて起き上がれませんでしたが、治ったらまた働かされました。

もうひとりの証言者チェ・オナム氏の兄は逃亡に成功したという。

そして軍艦島においても、規模は別として映画に描かれるような脱出劇が試みられていた。失敗して流れついたと思われる死体を供養する碑も対岸に建立されている。

南越名海難者無縁仏之碑

昭和20年頃、海岸に漂着した死体5、6体を川辺近くに埋葬した。朝鮮人であるか否かについては不明であるが端島 炭鉱の労務者ではないかと思う」という旧高浜村助役の証言がある。

 1986年(昭和61年)6月28日、長崎在日朝鮮人の人権を守る会 代表 岡正治(故人)氏の立会でその発掘が行われた。その結果、 4体の遺体が確認された。収容された遺体は火葬され、南越名海難者無縁仏之碑の下に改葬された。

(長崎在日朝鮮人の人権を守る会資料集「原爆と朝鮮人」参照)

f:id:hokke-ookami:20060818143328j:image


思うに、こうした史実にもとづく映画は、韓国よりも前に日本で作られるべきだった。何よりも日本が向きあうべき歴史だからだ。

もちろん過去にまったくないわけではない。たとえばアニメ映画『ライヤンツーリーのうた』などは長期間逃亡していた強制連行被害者を題材としていた。

ライヤンツーリーのうた – 虫プロダクション株式会社|アニメーション製作と作品版権管理

しかし現在、日本が過去に向きあえなくなりつつあるからこそ、あらためて作るべき意義はあるだろう。難しい題材だからこそ、良作であれば注目をあびやすいはずだ。

*1:なお、炭鉱夫の抵抗運動そのものは大小さまざま存在しており、軍艦島でも1944年8月にガス事故をきっかけとして約100人の中国人が入坑拒否をしたという。no title 主として日本人が働いていた1897年には700人規模の入坑拒否運動もあったという。さまざまな軍艦島 - 軍艦島を世界遺産にする会 公式 WEB

*2:こちらの記事を機械翻訳した。http://www.kado.net/news/articleView.html?idxno=798343

*3韓国映画「軍艦島」のでたらめ大嘘を検証しておく?いつまで日本は韓国による歴史捏造行為を放置し続けるのか? (1/2)

*4:予告映像の最後にあるロウソクを灯した場面は、現代の韓国におけるロウソクデモを重ねあわせているような印象を受ける。

*5韓国が『シンドラーのリスト』のような慰安婦映画を作れない本当の理由 - 木走日記

*6:kibashiri氏のように加害者側の見解を採用するならば、収容所の所長による娯楽的な殺人を当時の愛人は否認した。『ホロコーストを生きのびて〜シンドラーとユダヤ人 真実の物語〜』 - 法華狼の日記 さらにIMDBには、意図しない複数のミスまで列挙されている。Schindler’s List (1993) - IMDb

*7:外村大氏の研究室サイトがくわしい。朝鮮人強制連行  外村大研究室

*8河村たかしメソッドとは - Apes! Not Monkeys! はてな別館

*9炭鉱に朝鮮人差別がなかったという産経記事が、方城炭鉱の事務員の証言を使っていて、見えている景色のちがいに頭をかかえた - 法華狼の日記

オギノオギノ 2017/02/19 21:59 朝鮮人強制連行を描いた日本映画というと「三たびの海峡」があります。

hokke-ookamihokke-ookami 2017/02/19 23:11 情報ありがとうございます。
私はまったく存在を知りませんでしたが、神山征二郎監督作品なのですね。2013年に初DVD化ですか、なるほど。
https://www.youtube.com/watch?v=KxTlmqLKHIA
ネットで感想を見てまわると、良くも悪くも神山監督らしい生真面目で地味な史劇のようですね。

ある在日ある在日 2017/02/20 00:04 >三たびの海峡

面白いですね。何が面白いかっていうと、原作のamazonのレビューが。
強制連行を題材にした本なのに、反応が意外でビックリしました。
日本ではなかなか(ネットならなおさら)見られない光景ですね。

ガラクタ童子ガラクタ童子 2017/02/20 07:17 たぶんネトウヨがまだ知らないからだと思います。
なんせ「ネトウヨは100人見たらひとりと思え」な連中ですから(笑)。

反韓社会反韓社会 2017/02/20 13:51 韓国は朝鮮戦争での赤狩りと反政府運動での合計50万人以上に及ぶ民間人大虐殺や、朝鮮戦争での慰安婦強制連行とか伝えなければいけない歴史があるのに、何故か虐殺や強制連行を指示した李承晩の教え「反日」を守りデタラメな歴史を教えるのはおかしい。
終戦の年になって日本軍に徴兵をされた台湾が言及するのは国民感情で理解できるかもしれないが…

上毛野すもの上毛野すもの 2017/02/20 17:43 反韓社会さん

wikipediaで恐縮ですが、光州事件だけでも随分と映画・ドラマが作られていますよ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6

hokke-ookamiさんもエントリを書かれています
http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20151031

朝鮮戦争時の赤狩りでは『ブラザーフッド』という映画がありますね
映画『ブラザーフッド』のネタバレあらすじ結末
http://eiga-watch.com/brotherhood/

上記はいずれも検索したら1分もかからず見つけられました

他にも、挺対協がベトナム戦争の性暴力被害者に支援をしていたり
「慰安婦像」の製作者がベトナム戦争での虐殺を謝罪する像を制作していたりもします
それから、米軍の基地村慰安婦に対する補償などもすでに社会問題となっています

Gl17Gl17 2017/02/20 17:55 ↑嫌韓は向こう側に歴史の自省が存在しない…みたいなホラを毎度吹くけど、実際のとこを知らないで言ってる奴ばかりだって実証が口開くたびに出てくるのはお約束か。

強制労働はない〜、とか自国、日本の歴史学で事実認識がどうなってるかすら逆さまに認識してる連中だし、他国のことなんざ語れる訳が無い。

s3731127306s3731127306 2017/02/20 19:41 おひさしぶりです。

朝鮮人強制連行についての反論
・植民地下朝鮮で官憲のバックに「募集」ならば、断れるわけがない。だから逃亡者が続出した。
・作業所では、賃金・死傷率・食料配分・労務係の扱いなどの面ではっきりとした差別があった。特に死亡率にはっきりと差別が現れている。「変死」扱いも多い。
・被害者の逃亡率は高い(約30パーセント)。
・敗戦直後、朝鮮人や中国人を過酷に扱った労務係はリンチにあわないように逃げ出した事例がいくつもある。
・そもそも炭鉱・鉱山の労働は非常に過酷だった(特に戦前期)。

これで反論は十分でしょう。


「強制連行はウソだ!」などとデマをとばすバカタレが日本にいるなら、被害者たちのインタビュー動画をじゃんじゃん公開するのも一つの策でしょう。今、そこそこの画質・音質ならば5万円もあれば10時間分もできるでしょう。


私は、この端島への朝鮮人強制連行を調査している団体の運営している記念館、「岡まさはる記念長崎平和資料館」にいってことがあります。長崎駅を降りて、500メートルもあるけば26聖人記念館がありますから、そこへ行く坂をさらに上がっていけば見えてくる3階建ての施設がその「資料館」です。
たぶん、この「少年炭鉱夫」のモデルは、徐正雨氏(端島のあと三菱の作業所に行き、そこで被爆した)のことでしょう。この方は非常に激しい発言もされている方です(調べてみればわかります。)

hokke-ookamihokke-ookami 2017/02/20 20:19 ある在日さん、ガラクタ童子さんへ
差別主義者に見つかっていない作品であれば、まれにそういうレビュー欄はありますね。映画版のレビューも、いまのところ差別的なコメントは多くない。


反韓社会さんへ
>朝鮮戦争での赤狩りと反政府運動での合計50万人以上に及ぶ民間人大虐殺

すでに上毛野すものさんが指摘されていらっしゃいますが、私が見た範囲で朝鮮戦争を描いた近年の韓国映画は、北朝鮮を悪魔化せず、韓国軍事独裁政権の問題を見つめようとする作品ばかりです(それはそれで民主化した現在を肯定するための娯楽という解釈もありますが)。韓国で大ヒットした『シルミド』なども、韓国政府に使い捨てにされた人々へ共感する物語でしたしね。
だいたい韓国映画界って、反体制的な監督がけっこう多いため、映画祭へ圧力がくわえられたり、ブラックリストが発覚していたりするのですよ。あくまで想像ですが、注記で書いたようにロウソク描写が現在の韓国のデモを象徴しているのだとすると、映画内の日本に現在の韓国政府を重ねている可能性すら充分に考えられます。


上毛野すものさんへ
>http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20151031

そういえばコメント欄で教示いただきましたが、それも史実を題材にしつつ、映画化においていくつかの改変をおこなっている作品でしたね。


Gl17さんへ
>強制労働はない〜、とか自国、日本の歴史学で事実認識がどうなってるかすら逆さまに認識してる連中だし、他国のことなんざ語れる訳が無い。

ええ、kibashiri氏や鄭大均氏は日韓の対立という構図でとらえようとしていますけど、本当は歴史と偽史の対立という構図なんですよね。


s3731127306さんへ
>・そもそも炭鉱・鉱山の労働は非常に過酷だった(特に戦前期)。

ええ、日本人の炭鉱夫だって過酷な状況に置かれていたのは常識だったはずなんですよね。なのに強制連行された外国からの訴えがあっただけで、反発して過去を正当化しようとする意見が席巻して、まるで戦前戦中から炭坑の生活が幸福であったかのような主張がメディアでもネットでも垂れ流されている。
ちょっとニュースを見れば、現代だって炭鉱夫の仕事がどれほど過酷か知ることはできるはずですし、そこから過去を類推することも難しくないはずなのに……

>たぶん、この「少年炭鉱夫」のモデルは、徐正雨氏(端島のあと三菱の作業所に行き、そこで被爆した)のことでしょう。

ええ、原作小説は被爆まで描いているそうなので、映画がそこまで描くかはさておきモデルの可能性は高いと思います、

とれとれとれとれ 2017/02/20 21:12 日本の炭鉱労働者の例といえば、沖縄県にあった西表炭鉱では日本本土と台湾から労働者を「募集」したんですが、虚偽による募集・前借金制度・拘束的待遇(加えてマラリア)・逃亡者への死亡も有り得る制裁…と、従軍慰安婦制度と同様の「ビジネスモデル」が展開されていて暗澹たる思いを抱いた記憶があります…。

ある在日ある在日 2017/02/20 21:26 >>ガラクタさん
>たぶんネトウヨがまだ知らないからだと思います。
なんせ「ネトウヨは100人見たらひとりと思え」な連中ですから(笑)。

>>法華さん
>差別主義者に見つかっていない作品であれば、まれにそういうレビュー欄はありますね。映画版のレビューも、いまのところ差別的なコメントは多くない。

ふざけるな!!何度も何度も口やまかしく言うが、何故貴方がたは、そういった連中をまるで"一部の例外かのように"切って捨てるのか!?
貴方がたは今まで生きてきて、「朝鮮人強制連行は悪いことだ。」という認識を持った存在と、そうでない存在、どちらに多く出会ったのか。
他の民族ではいざ知らず、この国は違うだろう!強制連行の是非どころか、その有無さえ認めない物の方が大多数ではないか!
その僅かな"非を認める物"でさえも、その中から踏み込んで"謝罪・賠償・贖罪"をした物・しようとする物はいったいどれだけいたのか!
私が意外に感じたのは、"ネトウヨや差別主義者に見つかっていないから"ではない!"日本のネットなのに"そこそこまともなレビューだったからだ!

貴方がたは「ネトウヨに見つかってない」「差別主義者に見つかってない」などと、まるで談笑ごとのように書かれているが、
"そもそも他のどんな国でも、ここまで極端な現象は起こっていない"という厳然たる現実が、貴方がたには見えていないのか!目が腐っているのか!

ある在日ある在日 2017/02/20 21:37 ガラクタさん、何が(笑)か!何が笑えるのか!何が面白いのか!我々にも、"その笑いの輪"に入って肩でも組んで一緒に笑って欲しいのか!?
黒人が自嘲気味に自らのことをニガーと呼ぶように、我々在日や日本物の被害者が日本の現状を皮肉るときに(笑)を付けるならともかく、貴方がたは笑っている場合ではないだろう!
ここの面々でも私のことを差別主義者呼ばわりして茶化している馬鹿どもがいるが、こっちは貴方がたみたいに"茶話会"やって人生を終えれるわけじゃないんだよ!
怒ってるんだよ!腸が煮えくりかえっているんだよ!私には世話になっている日本人やハーフの方々もいる!
それでもそれを指して"日本物"や"キメラ"呼ばわりする気持ち、せざるを得ない気持ちを、茶化したり差別主義と切って捨てる前に、何故、理解しようとすらしないのか!理解しようとすらしない馬鹿に、差別の何たるかを理解できるわけがない!永遠に!
被害者の存在を"茶話会のネタ"にしか出来ないなら、貴方がたは間違いなく、"異常な民族"だ!日本物と、呼ばざるを得ない!

ある在日ある在日 2017/02/20 21:55 少し前の記事で、私はある馬鹿に「貴方がたに足りないのは、"危機感"だ」と述べたが、あえてもう少し書かせてもらおう。それは"罪悪感"だ。

ある在日ある在日 2017/02/20 22:19 ここまでは言いたくなかったが、上毛野さん、とれとれさん、ブラウさん、いやそれ以外にも比較的まともな良識を持った物も見ているだろう。
貴方がたは何故、被害者が怒っていることに対し、延々と逆ギレしたり茶化したりしている面々を咎めないのか。
ブラウさん、貴方は私の書き込みに触れ、認識が少し変わったと書いていたのに、では何故、以前の自分と同じような物をキチンと批判しないのか。

何故か?私の口から述べよう。それは"茶話会"をやってるからだ。"批判するべきをしないのは、茶話会をやってるから"だ。
幼稚園児の如く、"皆で仲良く御遊戯会"を開いているからだ。"波風を立てぬよう、皆と仲良くしていくことが主な目的だから"だ。
被害者を前に、"終わりのない茶話会"を開いているだけなら、これもあえて強く、強く、言わせていただこう。"やはり日本物は人間ではない"と。

私の主張は、日本物である貴方がたが勝手に産み出し、勝手に補強していっているものだ。私は何一つ触っちゃあいない。何一つ作っちゃあいない。
私がしていることは単に一つ。"現実を現実として述べているだけ"だ。"差別"なんてこれっぽっちもしてはいない。

FondriestFondriest 2017/02/20 22:23 >私がしていることは単に一つ。"現実を現実として述べているだけ"だ。"差別"なんてこれっぽっちもしてはいない。

典型的な差別者の台詞ですね

桂馬桂馬 2017/02/20 22:28 >ある在日 さん
その「怒り」の原因何なのか、おそらくあなた以外の人には理解不能です。
在日差別や、歴史認識において負の側面に目を向けたがらない人たちは確かに存在します。
しかしそれがあなたの極端すぎる暴論に説得力を与えることはありませんよ?
誰かを説得したいとお考えならそれ相応のロジックと言葉遣いは必須です。
ひとつ疑問なのですが、あなたはどうしてそんなに憎む日本に住み続けるのでしょか?
あなた自身も日本という国を形作るひとりではないのですか?
社会を変えたいのか、ただ憂さ晴らしに書き込んでいるだけなのか、どちらなのでしょうか?

ある在日ある在日 2017/02/20 22:35 ↑こういう馬鹿どもを見て何も思わないなら、貴方がたは本当に単なる差別主義者だよ。
差別主義が遺伝子に深く深く刻みこまれた、ナチュラルボーンレイシストだ。

hokke-ookamihokke-ookami 2017/02/20 22:48 とれとれさんへ
>沖縄県にあった西表炭鉱

検索してみると、なかなかにひどい話でいっぱいですね……
http://eritokyo.jp/independent/aoyama-yaeyama012.htm


ある在日さんへ
機械的な不具合で多重投稿になることはしかたないとしても、連続してコメントを書きこむならば、できるだけひとつにまとめるように何度も願ったはずです。

>何故貴方がたは、そういった連中をまるで"一部の例外かのように"切って捨てるのか!?

少なくとも今回、ガラクタ童子さんも私も差別主義者を一部の例外としてあつかう文章は書いていません。
なぜあなたは自身で引用した「まれにそういうレビュー欄はあります」という文章をよく読もうとしないのですか?

>ガラクタさん、何が(笑)か!何が笑えるのか!何が面白いのか!

コメント欄で「面白い」と先に書き込みしたのはあなたです。あなたに皮肉の意図があったとして、その皮肉に同調する反応が返ってくることまでは甘受するべきでしょう。ガラクタ童子さんが何らかの被害者でないという根拠もありませんし。
そもそも、他人のハンドルネームを勝手に省略するべきではありません。

>ここの面々でも私のことを差別主義者呼ばわりして茶化している馬鹿どもがいるが、こっちは貴方がたみたいに"茶話会"やって人生を終えれるわけじゃないんだよ!

あなたが差別主義者であるという指摘は、少なくとも私の場合は茶化しではありません。
はっきりあなたが間違っているという考えのもと、それを批判しなければいけないという思いからですよ。


Fondriestさんへ
「私には世話になっている日本人やハーフの方々もいる!」という主張ともども、典型的すぎて驚かされますよね……


桂馬さんへ
>あなたはどうしてそんなに憎む日本に住み続けるのでしょか?
あなた自身も日本という国を形作るひとりではないのですか?

念のため、本来そのようなコメントは特別永住者に向けるべきではないとは考えます。
ただ、ある在日さんに限っては、下記エントリの(2017/02/18 22:01)でコメントしたような文脈から、疑問を向けられてもしかたない状況にあるとは思います。
http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20170214/1487130756

バッタバッタ 2017/02/20 22:59 hokke-ookamiさん

他国への移住ってそう簡単にできる物なのですか?少なくとも移住した後の金銭面などで壁がありそうですが。

hokke-ookamihokke-ookami 2017/02/20 23:08 そのことについては、同じコメント欄の(2017/02/16 22:16)も確認してください。
ある在日さんの場合は、かかる費用や環境の変化といった壁を語らず、虐殺発生による移住のしやすさを期待していたのです。

バッタバッタ 2017/02/20 23:42 hokke-ookamiさん

ありがとうございます。

≫かかる費用や環境の変化といった壁を語らず、虐殺発生による移住のしやすさを期待していたのです。

難民がまともな扱いを受けない現状があるのだが思想といい自分の首を絞める道を選びすぎやしませんかね。


≫日本から諸外国へ移住するのは、ある在日さんの語るプロフィールが事実なら、さほど難しい話ではないはずですが……

彼何かプロフィール語ってましたっけ?学生時代に本を1000冊読んだとかはみましたが。

ある在日ある在日 2017/02/21 00:34 現実世界でありとあらゆる差別を受けている被害者にネットでちょこちょこ書かれたぐらいで差別差別と喚く加害者の一味が、
現実世界でありとあらゆる差別を受けている被害者に対し、「貴方はどんな差別を受けたの?」と臆面もなく口にするアホらしさ。
その自己矛盾に気付かないのだろうか?歴史を学ぶ気などこれっぽっちもなく、単に御遊戯会で"出し物の見せ合い"をしてるだけだからこうなる。


>>法華さん
>少なくとも今回、ガラクタ童子さんも私も差別主義者を一部の例外としてあつかう文章は書いていません。

いえ、そうとしか書いていませんよ。貴方はこういう話ではずっとそう書いてます。貴方だけではありませんがね。
日本では、"まともな倫理観を持ってるものが例外中の例外"なのです。それを認めずしてまともな文章を書けると思うこと自体が間違いです。


>そもそも、他人のハンドルネームを勝手に省略するべきではありません。

以前、apeという差別主義者の馬鹿タレも同じようなことを言ってたのですが、私にはそれがとても不思議ですね。
何が不思議かと言うと、生まれたときから"本名""通名"と言うものについて考えざるをえなかったり背負わされたりしている者に対し、
その立場を自分たちが背負わせた加害者側がネット上のハンドルネームごときででんでんかんぬんなどとのたまえる心情が、です。
それは被害者に、「あぁ実はこの物たちは、差別について本当に何も考えてないんだな」と思わせるにじゅうぶんな態度ではないですか。


>あなたが差別主義者であるという指摘は、少なくとも私の場合は茶化しではありません。

差別主義者に「私は差別主義者ではありません」と言われたからといって、それを真に受けるものがいるでしょうか。
まぁ少なくとも貴方からはあまり"茶化し"は感じられないのは事実ですが、明らかに茶化している面々がいる。それも事実でしょう。

ある在日ある在日 2017/02/21 00:53 まぁ要するに、貴方がたは幼稚園の発表会をしてるのだ。その出し物を身内で評価しあい、あろうことか被害者にもそれを評価することを強要しているのだ。
そこで起こっている談笑に被害者も参加させ、同じように笑い話に興じさせ、何だったら出し物をして欲しいのだ。笑顔で褒め称えて欲しいのだ。
被害者にとっては、その幼稚園を一歩出ればそこは魑魅魍魎の渦巻く"被害の場"だとしても、それは見たくないのだ。だから見ないのだ。
被害者が生まれてから死ぬまで(!)、その幼稚園を出たあとに毎日毎日どんな目に会っているのか、それは見たくないし聞きたくないのだ。

"幼稚園"と称したのは、他の国ではこんな低次元のことで延々と足踏みをしていないからだ。まさに"幼稚園としか言いようがない"からだ。

さて、貴方がたはいつ、幼稚園を卒園するのですか?そもそも卒園する気があるのですか?幼稚園児と餓鬼しかいない国を、いつ変えるのですか?

とれとれとれとれ 2017/02/21 01:12 ある在日さんは、その経緯がどうあれ言動は「単なる差別主義者」でしかありませんから。他人を理不尽に攻撃する人が、その言動故の不愉快な目にあっても、それは自業自得な面が大きいでしょう。
いわゆるネトウヨ系の人にとって「望ましい姿」をとっているあたり、滑稽でしかありません。
茶化すもなにも、自分の言動で他の在日コリアンが理不尽な目に遭う可能性を考えることをした方が良いのでは? あなたの発言では日本人は「物」でしかないのに(他他者を対等な人間と見做さないのは、差別主義者の特徴の一つです)、その「物」たちの人間性に期待しているあたりで既にその論理は破綻してますし。

オギノオギノ 2017/02/21 08:04 朝鮮人強制連行を日本映画、アニメーション映画「キムの十字架」未ソフト化で未見ですが

ある在日ある在日 2017/02/21 08:55 一つ間違えたので訂正します。とれとれ氏は、"貸し主に金を全く返さないと言われたときに、「一円は返しただろ!」と恫喝し返す異常者"でした。どなたかと勘違いしてました。申し訳ない。

ういろうういろう 2017/02/21 19:29 「でんでんかんぬん」w
どっかの国の総理大臣とおんなじ間違いをする人だなw

ブラウブラウ 2017/02/21 19:36 ある在日さん

>ブラウさん、貴方は私の書き込みに触れ、認識が少し変わったと書いていたのに、では何故、以前の自分と同じような物をキチンと批判しないのか。

厳密には、あなたの書き込んでいる「内容」そのものへの認識が変わったのではなく、それが発せられる「文脈」をどう読むか、という点で自省すべき部分が多であったということです。

今もあなたの言説の傾向は以前とまったく変わっていませんが、それをいちいち批判しあげつらうことにとらわれすぎると、「差別とは何か」という問いに対する自分の目を曇らせるのではないかと、かなり深刻に自問自答した結果です。「2月29日」さんやrawan60さんのような視点を、なぜ自分は持てなかったのかと。

結果として、私はあなたのコメントにあえて沈黙することを選びました(最近は自分のコメント自体めっきり減ってしまいましたが)。まあ少し前の、「いっそ在日虐殺を本当に起こしてほしい」とのご発言には、さすがに黙っていられませんでしたが。あれについてだけは、ぜひともあなたに猛省願いたいと考えています。



ういろうさん

それは明確な「茶化し」ですよ。おやめになった方がよろしいかと存じます。

ういろうういろう 2017/02/21 20:02 ブラウさんのご指摘の通りだと思いますので、《2017/02/21 19:29》の私の書き込みは撤回致します。不快に思われた方にはお詫び申し上げます。

法華狼さん
こちらからはコメント削除ができないようです。お手数ですが、可能であれば、管理サイトから、私の上記書き込みについて削除をお願いいたします。

ある在日ある在日 2017/02/21 21:04 >「2月29日」さんやrawan60さんのような視点を、なぜ自分は持てなかったのかと。

今なら解りますよね。私が答えを書いてますが、それは"幼稚園の発表会"に参加していたからですよね。
その発表会は決して終わることがない上に、被害者に対して笑顔と出し物を強要するものだからですよね。


>「差別とは何か」という問いに対する自分の目を曇らせるのではないかと、かなり深刻に自問自答した結果です。

深刻に自問自答されたという貴方の目から見て、他の馬鹿どもがどう映りますか。
被害者に対して「何故、そんなに怒っているの?」とのたまう馬鹿どもがどう映りますか。
被害者に対して「怒りすぎだろう」とのたまう馬鹿どもがどう映りますか。
その馬鹿どもが真剣に差別に向き合っていると、貴方の目には見えるのですか?


恐らく、例え批判したくとも貴方には出来ないでしょう。その理由も上で述べています。
倫理観や良心よりも、"空気"とやらを優先する日本物には絶対にその発表会は終わらせられない。
"終わりのない発表会"はこれからも永遠に続くでしょう。私が死んでからも永遠に。

ノビュンノビュン 2017/02/21 21:35  初めまして。
 たしかに、日本人監督政策の、外国人強制労働映画を見る機会は無いですね。映画界のタブーか何なのかわかりませんが・・・。
 戦場で起きるおぞましい光景を描いた「野火」や、知り合いが徴兵などでバラバラになる「紙屋悦子の青春」など、反戦映画は多いけれど、やはり自虐史観という固定観念が日本映画界あるのかもしれません。
 でもドイツだって「ヒトラー最後の12日間」で自国の歴史を考えよう!という映画を発表しております。そりゃあ戦争っていうのは無いに越したことはないので、反戦映画は大いに結構なのですが、日本が敵地で行った政策を再現した映画や、外国人労働の映画を作るべきだと、僕は思います。

ある在日ある在日 2017/02/21 22:18 >>ブラウさん
>今もあなたの言説の傾向は以前とまったく変わっていませんが

ふと思ったのですが、私がでんでんと言う前に、では、日本物の思考は以前と何か変わったと思いますか?

一年前と比べて、何か変わったと思いますか?二年前と比べて、何か変わったと思いますか?
五年前と比べて、何か変わったと思いますか?十年前と比べて、何か変わったと思いますか?
五十年前と比べて、何か変わったと思いますか?戦前戦中と比べて、何か変わったと思いますか?

私には、戦前の日本物の思考と現在の日本物の思考の差が全く見えません。他の民主主義国のように思考が進歩したとは全く思えません。

ある在日ある在日 2017/02/21 22:39 そういえば、今日も近藤とか言うアナウンサーのラジオが不快だったなぁ〜。もう日常すぎて忘れてたよ(笑
延々と中国への罵詈雑言のオンパレード。中国は自国の国際会議に100ヵ国集めるから汚い国らしい。
どういう理屈やねんと(笑。他にも延々とヘイトスピーチの発表会。
こういうのを"日本物が選んだ政府が金を出してやらせてる"んだよなぁ。このラジオもそうかもしれんが。

確か以前どこかの反差別ブログも、安倍との対談時の習近平の態度を"失礼"だと書いていたが…。
それがしょせん日本物の限界なんだよぁ〜。自分をあからさまに差別してる輩に誰がまともに接するんだ。
馬鹿じゃねーのか

桂馬桂馬 2017/02/22 00:18 ある在日さんの主張は、「自分の思い通りにならないのは社会のせいだ」という極めて個人的な思いをベースに、社会を日本に、そして「自分=在日全体」に置き換えることで、自分は傷付かずに反論や批判はすべて「差別だ」で逃げおおせるものなんですよね。
そしてこの甘えた論理構造というか視野の狭さに、自分は日本的なものを感じるのですが。

てかてか 2017/02/22 00:44 >ある在日さん
ラジオはABCの方が面白いと思うけど。近ちゃんなんて聞くより妹尾和夫とか桑原征平のほうが数倍癒されると思うけどなぁ。それと夕方6時からの堀江政生のほりナビも良いよ。特に火曜日。おばちゃん党の森田真由美さんが世相についてなかなか良いつっこみをされておりますよ。同じABCでもテレビにはない良心がそこにあります。

かぼちゃかぼちゃ 2017/02/22 00:45 〉その馬鹿どもが真剣に差別に向き合っていると、貴方の目には見えるのですか?
何を以て真剣と呼ぶかは、人によって様々だが...

ま、お前が真剣でないとは思うがね。
お前、本当は差別なんて関心ないだろ?
お前が関心持っているのは

自分だけ

その自分が不愉快な状況に置かれている言い訳に差別と、言う言葉を用いているだけだ。

お前は自身の過去として語るエピソードが自己承認欲求に満ちたものでしかないのが
何よりの証明だよ。
ここ一年、自分がこのブログで書いたコメントを家族、親類、(いればだが)友人に見せてみろ。
それを読んでいる相手の表情が、お前という人間の評価そのものだよ。
その時

てかてか 2017/02/22 00:49 名前間違えてしまいました。
×森田真由美さん
○谷口真由美さん

ごめんなさい><

ある在日ある在日 2017/02/23 01:14 >てかさん

それより、上に"被差別者が社会的経済的に恵まれないのは被差別者のせい"だと延々と茶化している輩が数名いるんですが、
こういうどうしようもない差別主義者ですら良識ある部類に分類せざるをえないこの国の現状、そしてその原因についてどう思われますか?

かぼちゃかぼちゃ 2017/02/23 02:30 数名の中に俺も入っているか?
で、言うなら少なくとも俺の理屈は
〉"被差別者が社会的経済的に恵まれないのは被差別者のせい"
ではないな。
お前は被差別者ではあるのは事実だ。
但し今のお前「ある在日」の社会的経済的状況はお前の行動の結果が大なり
と、言う事だ。
特にこのブログに於けるお前の受け止められ方は、
お前の差別を自己正当化の道具にしか考えていない、お前のふざけた姿勢の代償他ならない。

茶化しちゃいないよ。
お前と言う人間を俺なりに評価した結果だ。
それについても「てか」さんに訪ねてみたらどうだ?

お前のここ数ヵ月のコメント、特に“キメラ”の下りも添えてな。

ブラウブラウ 2017/02/23 08:14 ある在日さん

「自己批判する日本物」を前に勝利宣言を下されるのは、私のコメントの内容上当然の反応とは思います。

ですが。
これで3回目の言及になりますが、「いっそ在日虐殺を現実に」発言について取り消しなり訂正なりの意思を表してはいただけないでしょうか。

「その後の文脈からのトリミング」というお怒りが最初の反応でしたが、外国勢力の介入を図るいわばショック・ドクトリンのために在日の、しかも今の日本社会でもっとも風当たりの強い「朝鮮学校生徒・児童とその保護者・関係者」の命を引き換えにするに等しい論理は、私には納得も承服できかねます(私はあの一文を読んだとき、まっ先に関東大震災での本庄事件の有名な証言をイメージしました。何度思い返しても耐え難い内容です)。
よろしければどうぞ→http://himadesu.seesaa.net/article/53464623.html

何も「私相手」の謝罪の類と考える必要はないのです。
ただご自身の同胞である上記の人々のために、発言の撤回をお願いします。よろしく。

ブラウブラウ 2017/02/23 09:05 少し考えるところがありましたので、補記を。

>「朝鮮学校生徒・児童とその保護者・関係者」

こういう「目立つ」在日(一応「総聯系」としておきましょう)を何かあるとすぐに引っぱりだすのも、実際「日本物」の良くないクセではあります。

実際には、その数に百倍する「日本学校に鬱々として通う在日児童・生徒」が存在し、ほとんどスポットが当てられる機会もありません。その姿は、おそらく過去における「ある在日」さん自身のそれそのものでしょう。文字通りの在日内の「サイレントマジョリティ」です。
そういう体験から、朝鮮学校に対する「複雑な感情」や、ある種の党派性への嫌悪が生じうることは十分に理解できます。

「虐殺」は、たとえば少し前に川崎で母子家庭の少年が不良グループの年長者に殺害された事件のような形で、「彼・彼女ら」が朝鮮人であることを知る少人数(同世代を含む)による個別の殺害事件として、散発的に引き起こされる可能性も決して低くはないでしょう。こういうケースは「差別感情からくるヘイトクライム」として日本ではなかなか認知されにくいのが実情だと思います。

「ある在日」さん。
そういう意味で、「総聯系」ではないまでもまずはそういう過去のご自分と同じ境遇にある(「勝手な決めつけだ」とおっしゃるなら訂正いたします)少年少女たちのために、ご発言を撤回なさってください。どうかお願いします。
連投失礼いたしました。

匿名匿名 2017/02/23 11:56 というか、件の人物の書き込みって、大阪から沖縄へやってきてうちなーんちゅを「ド人」「シナ人」と罵った警官とどう違うのよ。現場から20キロ以上離れた場所で「危険のため近寄れない」「中国人はいるわ韓国人はいるわ」云々宣うジャーナリストと何が違うのよ。

そして、それらを操る安倍政権構成員の言説と、何がどう違うのか。
説明をききたい。

ある在日ある在日 2017/02/23 12:37 >>ブラウさん
>「自己批判する日本物」を前に勝利宣言を下されるのは、私のコメントの内容上当然の反応とは思います。

「自己批判しない 〜 」の間違いですかね?
それなら、私は勝利宣言などしていませんよ。私は日本物みたいに、"負けているのに勝ったと言い張る"ようなことはしません。
勝者は常に貴方がたの民族だ。
奪い尽くし尽くして犯して殺し尽くして、反省も謝罪も賠償も贖罪も一切せず、それでも何のお咎めも受けないのだから。未来永劫ね。
私は"現実をありのままに述べているだけ"だと、何度も言ってますよね。そして"日本物に欠けているのは現実をありのままに見る能力と意思"だとも。
現実的には、これまでもこれからも勝者は貴方がたです。 我々は、これまでもこれからも永遠に負け続けるのです。

ブラウブラウ 2017/02/23 13:24



ある在日さん

「4回目」はありませんので、そのおつもりで。

ブラウブラウ 2017/02/23 13:24



ある在日さん

「4回目」はありませんので、そのおつもりで。

ブラウブラウ 2017/02/23 13:27 二重投稿、失礼いたしました。

てかてか 2017/02/26 01:08 >ある在日さん

遅レスすみません。
差別主義者とはなんぞや・・・。難しい。
てかセンサー発動!
・・・
・・・・・・。
むむ!答え出ました!
ある在日さんは悪い人やおまへん!
よって何言っても許す!
かぼちゃ氏もブラウさんも!

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証