Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2017-03-15 上げたのは2日後

[][][]教育勅語の現代語訳で「朕」をどう訳すかという問題

念のため、原文からして長い文章ではないし、真面目に知りたいだけならば事典を引けば内容の理解としては充分だろう。

教育勅語(きょういくちょくご)とは - コトバンク

同時代の受容についても、id:tadanorih氏が紹介している副読本などが簡単に参照できる。子供向けなので現代でも読みやすい。


一方、現代語訳については国民道徳協会の口語訳が出まわっており、神社サイトや産経記事に使用されることがある。

明治神宮-明治神宮とは-

戦後に教育勅語が排除された結果、我が国倫理道徳観は著しく低下し、極端な個人主義が横溢し、教育現場はもとより、地域社会、家庭においても深刻な問題が多発しています。

【阿比留瑠比の視線】教育勅語のどこが悪いというのか 毎日新聞よ、無知と偏見の他者攻撃はみっともない(1/3ページ) - 産経ニュース

教育勅語の口語文訳は次のようである。

 「私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲むつまじく解け合い…」

しかし戦後に教育勅語を正当化するため、原文に書かれていない主張もあれば原文の要点をとりこぼしていたりと問題が多々ある。

教育勅語「国民道徳協会訳」の怪: 日夜困惑日記@望夢楼

良く見ると「以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」にあたる部分がどこにも見当たらない。しいていえば、「国の平和と、安全に奉仕しなければなりません」がそれにあたる部分だが、「天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」(「天壌無窮」=天地とともにきわまりないこと、すなわち永遠。つまり、「永遠に続いていく天皇の運をたすけなさい」という程度の意)とは全く意味が違う。教育勅語は、天皇をたすけよ、と言ってはいるが、国をたすけよ、と言っているわけではないのだ。


そして、天皇などしか使えない一人称「朕」を、単純に「私」と訳しては誰が誰に指示した言葉なのかわからなくなるという問題も指摘されている。

国民道徳協会の現代語訳はそれにとどまらず、天皇の祖先と臣民の祖先を同じように「私たちの祖先」と記述しているという問題まで生まれた。

そこで高橋源一郎氏は、自分の立場をふくめて説明するような呼びかけとして現代語訳した。

高橋源一郎氏の「教育勅語」現代語訳 - Togetterまとめ

しかし、これはこれで過剰にくだけた雰囲気が生まれ、国家のために人々を動員するという意味が損なわれている感もある。

一方、事典風に冗談を記述するアンサイクロペディアでは、くだけつつも「俺」から「お前ら」に命じる高圧的な現代語訳で固定されている。

教育勅語 - アンサイクロペディア

俺いつも考えてみるんだけどさ、俺の祖先の神武天皇が、日本の国を作ったって事はすげえよな。それ以来俺の家系がしっかりとこの国を支配する仕組みを作ったのは偉い。この俺様の先祖たちの考えに従って、お前ら臣民は、俺様に忠誠を誓い、良くやってくれた。

ここで私案を出すと、教育勅語が活用された戦時中の天皇観にしたがって「神(の子孫)である私」くらいの意訳が「朕」に近いと思っているが、どうだろうか。

桂馬桂馬 2017/03/18 08:25 仮に「朕」を「私」に置き換えても、「勅語」の「私」が天皇自身を指すのは自明な訳で。
他でも言われてますが、道徳教材はごまんとある中で、わざわざ憲法理念にも反する教育勅語を持ち出す理由がどこにあるのでしょうね。

     555     555 2017/03/18 08:54 教育勅語は「朕が頭で国民は手足」と唱えているので、
日本国憲法の「すべて国民は個人として尊重される」に違反しますよね。

     555     555 2017/03/18 12:37 あと「朕」とは「世」を意味するので、
 古典英語では「?]ではなく「WE]になることもあり、
  やはり主権在民の憲法とは相容れませんよね。

菜々氏菜々氏 2017/03/18 16:32 どうしても「はだしのゲン」の、玉音放送を聞いたゲンの兄・昭と友人の会話
「おい朕とはなんじゃ」「天皇陛下のことじゃ」
「へえ〜おもしろいのう。わしゃ(以下自粛)」を思い出します。

greenTgreenT 2017/03/18 16:37 「朕」ほど廃れていなくて尊大さを出す一人称として「余」が現役でのこっていますね。
時代劇語っぽくて現代語訳にはならないですが、雰囲気を出すのにはいいかも

雪青雪青 2017/03/18 17:21 たしかに文部省英訳だと “I” も “my” も出てこなくて、それぞれ “Our いろいろ” になっていますね 。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/899326

9999 2017/03/18 21:16 こんなの見ると
何年か前にアホどもがやった
君が代訳を思い出す

君が代の「君」は君たちの事なんだ
決して「天皇」の事なんかじゃないんだ
だから安心して日本の国歌「君が代」を歌ってほしい
もう一度言うけど「君が代」の「君」は君達の事だからね(滝汗

ウヨウヨは何時も何時も誤魔化して隠す
なめんなっつーの

ういろうういろう 2017/03/18 23:08 >教育勅語原文を読んでもわからんという方は、「現代語訳」にチャレンジするよりも、敗戦前までに出版された子ども向け解説本をご覧になったほうがいろいろおトク

確かに「教育勅語が実際にどのような物として『教育』の場で使われたか」を正確につかむのは、当時の文脈で理解する必要がありそうです。

名無しさん名無しさん 2017/03/19 02:58 明治政府公式英訳で読み解く教育勅語
http://datsuaikokukarutonosusume.blog.jp/archives/1064876704.html

朕󠄁惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇󠄁ムルコト宏遠󠄁ニ紱ヲ樹ツルコト深厚ナリ
Know ye, Our subjects:
Our Imperial Ancestors have founded Our Empire on a basis broad and everlasting and have deeply and firmly implanted virtue;
yeとは「お前」「汝」「そなた」という意味の二人称で、「subject」とは「臣民」です。「臣」とは「家臣」「臣下」など使われていることからわかる通り、「家来」という意味です。そして「臣民」とは「君主国において、君主の支配の対象となる人々」(デジタル大辞泉)です

hokke-ookamihokke-ookami 2017/03/19 07:45 桂馬さんへ
>「勅語」の「私」が天皇自身を指すのは自明な訳で。

ええ、だからこそ、そこをどうごまかすかが教育勅語を復活させようとする人々のポイントにもなるわけですね。


    555さんへ
>日本国憲法の「すべて国民は個人として尊重される」に違反しますよね。

そうですね。民主主義であれば頭を体がすげかえできるようでなくてはなりません。


菜々氏さんへ
>「おい朕とはなんじゃ」

台詞だけぬきだすと落語っぽさもありますね(笑)。


greenTさんへ
なるほど、まだ現代語訳せずとも現代人に一人称というニュアンスが伝わりやすいですね。


雪青さんへ
なるほど、そのようなものもデジタルコレクションにあるとは知りませんでした。


99さんへ
>君が代の「君」は君たちの事なんだ

ありましたねえ、「君」の解釈をできるだけ天皇からずらそうとする策謀。
どれだけ元ネタを引いたり逐語的に解釈しようとしても、国歌としてどのようなニュアンスで用いられていたか調べればわかることなのに。


ういろうさんへ
教育勅語自体の文章が短くて、徳目の項目はありきたりのことしか主張していませんしね。
戦時中の観念でいう“夫婦仲良く”が現代のそれと同じニュアンスだったかというと、たぶんそうではない。


名無しさんさんへ
考えてみると、過去の日本政府が国際的に堂々と公表していたことと比べて、ごまかそうとするだけマシなのかもしれませんね。だとしてもメクソハナクソですが。

TeruTeru 2017/03/21 20:05 当時も「読んでもわからん」対策はあって、
その一つがニュース映画。

例えば、「国民学校」を広めるにあたり、
以下の様なナレーションをつけています。

日本ニュース 第43号
公開日 1941年(昭和16年)4月1日
http://www2.nhk.or.jp/shogenarchives/jpnews/movie.cgi?das_id=D0001300428_00000&seg_number=006

>4月1日から全国の小学校が一斉に国民学校となり、
>国民教育の制度と内容が改善刷新されました。
>この国民学校の目的は教育勅語の御趣旨を奉体(ほうたい)して、報国の道を修めさせ、
>忠良な日本国民を育てることです。
>改善の画期的な点は義務教育年限を8年制とし、
>国民、理数、体錬、芸能、実業の5課を設けて国体に対する信念を確立し、
>合理創造の精神を養い、剛健な心身を鍛錬し、情操と技能を醇化(じゅんか)し、
>産業報国の実践力養成を期した点であります。

そもそも、教育勅語で育った世代は今、90歳代など相当高齢となって来ています。
この点、戦後であれ、一昔前であれば「ちん」という読みであれ(男性器等と混同して)軽く扱わない事や
「天皇の写真」の扱いの特別ぶりが、
それこそ年長男性などの「生まれに基づく、家族の上下関係」を通じて、
伝えられていたものでした。

各家庭や親族の間にも、(亭主関白という例えがある様に)問答無用な「関白」は珍しくなく、
それら(関白とは、天皇の補佐職)のさらに頂点が、
「お言葉」ひとつで特措法がつくられるような、
「大和民族の、父の中の父」ということになる訳です。

ある在日ある在日 2017/03/21 21:33 https://twitter.com/Wc5Aew/status/843722250368901121
>@SUNAFUKIN_GEAR 失礼します。
>森村学園は神奈川県にある学校法人で左翼朝鮮勢力に利用されるようなことは無い 森友学園とは全く関係のない学校法人です。
>よろしくお願いいたします。

何かもう色々とね…。これで"全く関係のない"とか言われてもね…。
「根っ子の部分で繋がってるじゃねーか」としか反応のしようがありません。
全くの他人がやってるなら別ですが。まぁ何と言うか…疲れる民族です(苦笑

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20170315/1489756756