Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2017-06-28

[][]スポーツ新聞に劣るという一線を越えた産経新聞の一記事

以前から野口裕之記者の評判は低いが、今回の記事は報道としての体裁すら守れていない。

【野口裕之の軍事情勢】韓国の従北サヨク政権が北朝鮮と共謀 南北軍事境界線を対馬北方沖まで下げる (1/7ページ) - 産経ニュース

まず最初に、名言を引く冒頭からして首をかしげる。

シャルル・ド・ゴール(1890〜1970年)も、「名言に例外あり」を思い知らされ、泉下で仰天していることだろう。ド・ゴールは言った。

 「同盟などというものは、双方の利害が対立すれば一夜で消える」

 しかし、米国韓国の場合、「双方の利害が対立」してもいないのに、「同盟」関係が「一夜で消える」恐れがある。

野口記者は論理的な思考ができないようだ。“対立していないのに一夜で消える”は、“対立すれば一夜で消える”ことの例外ではない。

文学的なレトリックとしてもうまくはない。もともとの名言が、同盟が消える原因が他にもある可能性を排除していないのだから。

そもそも米韓同盟は今のところ消えていないのだから、論理的な誤りに目をつぶっても「名言に例外あり」を思い知らされる状況ではあるまい。


それでも、この冒頭だけならばレトリックが稚拙なだけだからまだいい。

より大きな問題は「韓国の従北サヨク政権北朝鮮と共謀 南北軍事境界線対馬北方沖まで下げる」という記事タイトルについて、記事をどこまで読んでも裏づけとなる情報が出てこないこと。

7分割された比較的に長文の記事において、根拠もなく盧武鉉政権や文政権を「従北サヨク」と評した野口記者は、7ページ目で下記のように主張する。

 能力や実力を自覚できぬままとはいえ、主権国家たる矜恃の独善的な発露であれば、それなりに理解はできるが、歴代従北サヨク政権の思惑は別にある。文政権の狙いは、朝鮮戦争の休戦ライン=軍事境界線(38度線)の緩和と対北経済支援だ。

 南北軍事境界線緩和後の南北接近で、高麗王朝(918〜1392年)の版図に重なる勢力圏が完成。新たな「軍事境界線」は長崎県対馬の北方沖へと南下を始める。

 対馬といえば、元寇(1274年と81年)の緒戦で血祭りに上げられた。侵略軍は漢(中国)人を含む蒙古属国・高麗(朝鮮)で一体編制された混合軍であった。文大統領が北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党委員長と誼(よしみ)を通じる方向性は確実で、「誼の濃度」によって、わが国は鎌倉幕府と同様の国家存亡の危機に直面する。

そう、分割された最後のページまで読んで、ようやく記事タイトルが根拠もなく想像した未来にすぎないとわかる。

まともな報道機関であればせめて予測とわかるタイトルにするだろうし、スポーツ新聞であっても最後に小さくクエスチョンマークをつけて責任逃れするところだろう。

社説でもない長文記事において、取材や情報を整理した形跡がまったくないことも目を疑う。たとえ誤報捏造扇動であっても、怪しげな情報源を利用したり、あるいは騙されていたりするものだ。インターネットにしか掲載されていない記事かもしれないし、政治部編集委員である野口記者を批判できる人物が社内にいないのだとしても、限度があるだろう。


ちなみに野口記者は、朝鮮半島が一体になった未来を予測した後、下記のように名言をひきなおして記事の結論としている。

 ド・ゴールはこうも言った。

 「国家間に真の友人はいない」

 特に日韓間は…

起きていないことを確定している未来のように主張して、日韓間をたちきろうと扇動しているのは、野口記者自身ではないだろうか。

ブラウブラウ 2017/06/29 08:20 >南北軍事境界線緩和後の南北接近で、高麗王朝(918〜1392年)の版図に重なる勢力圏が完成。新たな「軍事境界線」は長崎県対馬の北方沖へと南下を始める。

仮に文政権が「従北」だとして、「軍事境界線が緩和」されて高麗朝の版図が再現されるというのであれば、それはすでに南北統一の実現を意味するはずです。もはや「軍事境界線」のごときは消し飛び、朝鮮半島の政治状況は周辺国を巻き込んで別次元のフェイズに移行していることでしょう(ただし、記事の結論に至るまでのあれこれの発言を読んだかぎりでは、どうやら野口氏は「韓国は自ら北に飲み込まれる」と言いたいらしいけれど)。

なので、「南北軍事境界線を対馬北方沖まで下げる」という記事タイトルは支離滅裂、恣意的な用語の濫用としか思えませんね。
ついでにいえば、「高麗王朝の版図」を引っぱりだす意図もよくわかりません。現在の南北朝鮮が統一されれば、李氏朝鮮の版図がほぼそのまま回復されるだけの話です。高麗朝を持ち出すのなら、朝鮮民主主義人民共和国の北半分は中国にでも割譲されているはずなのですが…?

ブラウブラウ 2017/06/29 08:46 自己レスになってしまいますが恐縮です。

>「高麗王朝の版図」を引っぱりだす意図

なんのことはない、元寇当時の東アジア状勢にムリヤリ話を当てはめて、「現代の元寇」がやって来るから「国が滅びますぞーーーっ!」と言いたかったわけですね。しょーもない。

hokke-ookamihokke-ookami 2017/06/30 07:54 >「軍事境界線」のごときは消し飛び、朝鮮半島の政治状況は周辺国を巻き込んで別次元のフェイズに移行していることでしょう

いったん注記として書きかけてやめたのですけど、韓国側から経済支援するような関係で軍事境界線が解消されたら、新たな軍事境界線は対馬沖ではなく中国との間に引かれるという考えが自然ですよね。

>どうやら野口氏は「韓国は自ら北に飲み込まれる」と言いたいらしいけれど

敵の力を見くだすように過小評価しながら、同時に敵に支配されることを過剰に恐れるという、よくある陰謀論のパターンですよね。

あんたあんた 2017/06/30 20:45 トンデモ野郎ですねw

はいえすはいえす 2017/06/30 21:16 自分をストーカーだと全く自覚してないストーカーって怖いね。
いつまで付きまとわれるんだろう。

senbonzakurasenbonzakura 2017/07/02 12:24 hokke-ookami さん
>新たな軍事境界線は対馬沖ではなく中国との間に引かれるという考えが自然ですよね。

鎌倉時代を持ち出すなら当然だと思います。
高麗は20年にわたって元に抵抗しました。日本にも援軍を要請しましたが、鎌倉幕府内の権力闘争のせいで対応できませんでした。
高麗が元の属国となってからも斉州島での抵抗で第2次日本襲来は大幅に遅れました。
共通の敵は元であったのですからね。

hokke-ookamihokke-ookami 2017/07/02 20:58 >鎌倉時代を持ち出すなら当然だと思います。
高麗は20年にわたって元に抵抗しました。日本にも援軍を要請しましたが、鎌倉幕府内の権力闘争のせいで対応できませんでした。

なるほど、そういう意味では日韓間の離間を後押ししようとする野口記者のような人物こそ、元寇をまねきたがっているともいえるでしょうね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20170628/1498661535