Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2017-09-06

[][][]虚構において敵と設定された宇宙人より、現実の人間が攻撃すべき敵ということが自明だと考えるの?

SFで、異星から侵略されたら地球人団結したりするけど」というタイトルの匿名記事を読んで、発想は悪くないと思いつつ、前提に疑問をもたざるをえなかった。

SFで、異星から侵略されたら地球人団結したりするけど

北朝鮮関連の報道ウヨサヨいって吹き上がってるコメント見ると、あれは絵空事だなって思う

はてなブックマークの反論を読んでも、必ずしも単純に団結するばかりではないという指摘が多い。前提について指摘しているのはid:htbman氏のコメントくらいか。

はてなブックマーク - SFで、異星から侵略されたら地球人団結したりするけど

というか北朝鮮殺せ滅ぼせと言う人たちがまさに、北朝鮮国民をSFにおける異星人のような殺しても問題ない対象として捉えてるような印象がある

たとえば、北朝鮮を独裁国家という観点から批判するならば、その国内で犠牲となっている人民に被害が出る攻撃をためらうことはおかしくないはずだ。

歴史をふりかえっても、対立していた多くの国家を団結させた大日本帝国は、国民もまた政策の犠牲者というかたちで許されたのだ。


そもそもSFにおいてすら、当初から人類を攻撃した明らかな異生物に対してさえ、安易に敵対や攻撃すべきでないと結論づける作品は少なくない。

自明的な敵をSFの比較としてもちだしたいなら、はてなブックマークで複数のコメントが指摘されているように、東日本大震災のような天災がふさわしいだろう。

そうした現実の天災を思い返せば、マイノリティを異物として敵視する愛国者がいた。団結を絵空事と考えることが団結をさまたげるという、思想の自己成就だった。

尖閣諸島衝突事件の映像を漏洩した元海上保安官が、「善良な市民」になっていた - 法華狼の日記

その場所にいただけで「犯罪」と呼ぶ思考こそが恐ろしい。もし外国人であったとして、ただたたずんでいた老夫婦に何の罪があるといえるだろうか。

今回の政治情勢においても、国内のマイノリティへの敵視を強めて、むしろ対立関係を強固にしようとする動きがある。

北朝鮮核実験:朝鮮学校に抗議、教諭ら戸惑いも - 毎日新聞

都内の朝鮮学校には核実験に対する抗議の電話が数件あったという。50代の男性教諭は「抗議を受けて戸惑っている。生徒への嫌がらせがないか心配。これ以上、対決姿勢が強まってほしくない」と不安そうに話した。


さらに、たとえ自明的な敵という意識が共有されたとしても、足並みをそろえるまでは対立が生まれることはあると考えるべきだ。

現実の日本政府の対応を見ても、むしろ首相が何度も自宅に戻っていることが危機感不足だと野党に指摘されたりもしている。

民進「首相、公邸に泊まるべき」 核実験当日に自宅戻る:朝日新聞デジタル

民進党が、核実験当日に安倍晋三首相が自宅と首相官邸などを行ったり来たりしたことを問題視。危機管理の観点から常に首相公邸に泊まるよう求めた。

最終的に団結して戦うことで爽快感をもたらすような物語においても、敵が登場したとたんに対立が解消されることはない。たいていの作品が、統一された「意志の勝利*1にたどりつく過程で楽しませるものだろう。なかには団結する過程で起きる戦争をテーマにした作品すらある。

マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX

マクロス ゼロ Blu-ray Disc BOX


そもそも共通する敵がいれば団結できるという考えは、敵を求める思想が根本では変わっていないということ。そこでの団結が絵空事になるのは、非現実的なためではなく、内在する論理によってだ。

共通する敵のため団結する物語を絵空事でなくそうとすれば、最終的には敵とも団結しようという願いにたどりつくのではなかろうか。その模索を描こうとした作品もある。

*1:もちろん映画が元ネタ。

    555    555 2017/09/08 22:55 ここで取り上げたのはマクロスの系譜だけど、
 過去のアニメではUFO戦士ダイアポロンが
  ダザーン星の民人は救うべきと唱えていましたよね。

    555    555 2017/09/08 23:07 同じ雁屋哲の原作ですが、メガロマンでは
 主人公と悪役側の幹部が双子の兄弟で民族紛争の犠牲者でしたね。

     555     555 2017/09/09 15:35 共通の敵で世界中が一致団結してほしいというのは、 
 手塚治虫の「ビッグX」で既に描かれていたけど、
  現実的には2001年の9・11が歴史的事実だ思う。

じしじし 2017/09/17 05:08 はじめまして。いつも良記事を載せていただきありがとうございます。
今回の記事につきまして法華狼さんが以前『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』で敵側諸国が団結しない描写をご都合主義だと発言していた事と矛盾しているように思いコメントさせていただきました。法華狼さんの記事はよく拝見させていただいております。私の疑問について返答していただけたら幸いです。

http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20150817/1439873147

hokke-ookamihokke-ookami 2017/09/17 09:31     555さんへ
何度か書いてきましたが、もっと落ち着いて、できるだけ短文コメントはひとつにまとめるよう願います。

>手塚治虫の「ビッグX」で既に描かれていた

よくこの話題で指摘される星新一作品の1年後ですね。ひょっとしたら影響関係があるのか、それとも同時代的な発想なのか。
ちなみに下記リンク先は星新一作品のタイトルをふくむネタバレです。
http://shimaumashita.blog.fc2.com/blog-entry-616.html


じしさんへ、はじめまして。
>『GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』で敵側諸国が団結しない描写をご都合主義だと発言していた

一般的に、主人公側にとって困難が生じないことや、物語の進行のため偶然を説得力なく多用することを御都合主義といいます。
敵が少しも団結しないため主人公の困難が増さないこと、主人公側が困難もなく団結すること、どちらも御都合主義といえます。
示されたエントリを読んでのとおり、敵が団結しないことは、自衛隊に都合がいい複合的な理由のひとつであって、それ一事で作品全体の評価をくだしているわけではありません。

私個人の作品評価についていえば、共通の敵らしき存在があらわれたとして、団結することもあれば団結しないこともあり、有能なキャラクターならば両方を想定して動くべきという考えが前提にあります。
911のように責任なき個人をまきこむ敵があらわれても、もともと関係が深い諸国を団結させつつ、その団結の輪から距離をとるような動きも生まれるものです。ゆえに私は敵側諸国がまったく団結しないことも、あっさり全て団結することもアンリアルだと感じて、もっと温度差を描いてほしいと考えることが多いですね。
自衛隊との戦闘の矢面に立たされた勢力については、ただ団結しないだけでなく、自衛隊への敵意を生まない反応も同時に示していますよね。異世界内での対立が温存されたまま自衛隊への敵意も生まれたなら、それはそれで良かったと評したかもしれません。
それでも自衛隊が入念な情報収集をおこなって困難を避けるように動いていたなら、説得力を出せたかもしれません。しかし実際はよく知らずに現場が自由に動いてもたいして困難がふりかからなかったため、「能天気」だと思ったわけです。

※ところで、示されたエントリで「団結していくことははないらしい」と誤記していたので、「団結していくことはないらしい」と修正しました。

じしじし 2017/09/17 21:40 返答ありがとうございます。

>自衛隊との戦闘の矢面に立たされた勢力については、ただ団結しないだけでなく、自衛隊への敵意を生まない反応も同時に示していますよね。

確認しましたが敵意を産まない反応を示している描写があるのはエルベ藩王国のデュランだけでそれ以外の敵側諸国が自衛隊に敵意を産まない反応を示している描写は確認できませんでした。私はデュラン一人だけの描写をもってしてご都合主義とまでは言えないと思うのですが法華狼さんはどのように思われますか?

hokke-ookamihokke-ookami 2017/09/17 23:21 そういえばGYAOで無料再配信していますね>『GATE』

さて念のため、「自衛隊への敵意を生まない反応も同時に示していますよね」というのは、私がエントリにおいて示したという意味です。つまり、そのエントリを書いた段階で放映されたTVアニメの範囲についての話ということです。それ以降の物語で描かれたことは、また別個の話になります。
その上で、ひとりだけの描写をもって作品全体が御都合主義と評していないことは前回コメントで述べたとおりです。

そして、じしさんが示した私のエントリには、私の別エントリからトラックバックが飛んでいます。コメント欄もふくめて、御都合主義を感じさせにくい物語についての私の考えが、よりわかりやすくなるかと思います。
http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20160125/1453782513
たとえば私の下記コメントなど、はっきりと「必ず協力するというものでもありませんが」と同時に書いています。

>国共合作のごとく諸国連合軍が帝国との対立をやめる展開にならなかったのは、ただの御都合主義にしか見えませんね。
いや同じ敵がいれば必ず協力するというものでもありませんが、『GATE』は一事が万事、自衛隊に都合よく話が進みますから……

じしじし 2017/09/18 00:56 なるほど一つの事柄で判断せず複合的な視点でご都合主義かどうかを判断するのですね。ありがとうございました。

hokke-ookamihokke-ookami 2017/09/19 21:56 >一つの事柄で判断せず複合的な視点でご都合主義かどうかを判断する

そう主張したわけですが、そうまとめられるとそれはそれで語弊があるかもしれませんね。
とりあえず、ひとつひとつの描写が御都合主義的かそうでないかを論じることはできるが、その程度や自覚性によって許容できる範囲は異なってくるし、その範囲は個人差もあるだろうということはいえるというのがひとつ。
そして、私は全てが即座に団結するのも、全く団結しないのもアンリアルという立場なので、複合的な理由で考えなくても、私自身は『GATE』のエントリと今回のエントリに齟齬があるとは認識していません。団結する動きもあれば裏切る動きもあるのがリアリティだ、という立場です。

peridot peridot 2018/03/30 18:43 >>敵とも団結する
ガンダム00が正にそうですね

あと意外なダークホースとして、二次創作群も含めたFF7がその価値観に近いのでは、と感じます

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20170906/1504738745