Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2017-11-11 上げたのは1日後

[][]「戦前の言論統制も、エロ・グロ・ナンセンス叩きから始まりました」と、「戦前の言論統制も、エロやグロやナンセンスの叩きから始まりました」ではニュアンスが違うということ

若林宣氏の主張に対して、文脈をとらえそこねた反論ばかり集めているTogetterを見かけて、歴史の忘却ぶりに頭をかかえた。

若林宣氏の「戦前の言論統制はエログロナンセンスから始まったというのは偽史」という主張とそれに対する反論 - Togetter

まず発端は森奈津子氏のツイート。自身がエロとナンセンスを多用する表現者らしいポジショントークとして理解はできる。

それに対して若林宣氏は、エログロナンセンスの時期より前から、風俗もふくめてさまざまな言論統制があったと指摘した。

エログロナンセンス以前から性風俗が制約されたと指摘するツイートに対して、大正以前の性関連のとりしまりをもちだしても、そもそも反論として成立しない。


簡単に時系列を確認しておくと、新聞が政府権力の圧力に屈した白虹事件は1918年のこと。

白虹事件(はっこうじけん)とは - コトバンク

1918年『大阪朝日新聞』が政府権力と対立して存亡の危機に追込まれた日本の新聞史上最大の筆禍事件。当時,『大阪朝日』は,シベリア出兵,米騒動などに関連して寺内内閣を弾劾する言論の一大拠点であった。

戦前の弾圧象徴する治安維持法*1が公布されたのは1925年で、1928年に目的遂行罪が加わった。

治安維持法(ちあんいじほう)とは - コトバンク

1925年4月公布。「国体(国家の体制)」の変革と私有財産制度の否認を目的とする結社を組織したり、参加したりすることを取り締まることを定めた。28年にはある行為が結社の目的遂行のためになっていると当局が見なせば、本人の意図に関わらず検挙できる「目的遂行罪」が加わった。

これにより日本共産党が全国的に弾圧された三一五事件は1928年のこと。

三・一五事件(さん・いちごじけん)とは - コトバンク

1928年3月 15日に行われた 1500人に及ぶ日本共産党員の全国的大検挙。2月 20日の日本最初の衆議院普通選挙後のことである。

そして「エログロナンセンス」と呼ばれるムーブメントが起こったのは大正末期から昭和初期にかけて。

エロ・グロ・ナンセンス(えろぐろなんせんす)とは - コトバンク

エロはエロティック、グロはグロテスクの略で、1930〜31年(昭和5〜6)を頂点とする退廃的風俗をいう。

出口のない暗い絶望と虚無感が背景にあり、当局の取締りは、国民の左翼化よりはましということで手加減された。31年の満州事変以後の軍国主義台頭でこの逃避的流行は消された。

つまり「エログロナンセンス」とは、思想が弾圧され表現が制約されつづけた時代における、ロウソクが消える直前の輝きのようなものだった。


若林宣氏の指摘に対して反論したいならば、森奈津子氏の「エロ・グロ・ナンセンス」という表記が、歴史用語とは異なると解釈するしかない。

このニュアンスに差異があることを指摘できているのは、はてなブックマークではid:maturi氏くらいか。

はてなブックマーク - 若林宣氏の「戦前の言論統制はエログロナンセンスから始まったというのは偽史」という主張とそれに対する反論 - Togetterまとめ

”エログロナンセンス”を固有名詞としてとらえている人とそうでない人の

ただそう解釈するとしても、「エロ・グロ・ナンセンス」と呼ばれたムーブメントが1930年をピークとしていたという指摘が意味を失うわけでもない。

いずれにせよ、ニュアンスの時点ですれ違いが起きているのだとすると、まともな論争は成立しない。

*1:ちなみに小説家小林多喜二が治安維持法下で虐殺されたのは1933年だが、それ以前に不敬罪1930年に捕まっている。小林多喜二(こばやしたきじ)とは - コトバンク

ポロロッカポロロッカ 2017/11/13 12:03 反表現規制の方々って、時々思うのですが、自分たちの価値観以外のものをまったく受け入れようとしないですよね
よくそれで反表現規制を口にできるなと感心します。彼らのやっていることは言論統制と変わらないでしょうに

IlovenoelIlovenoel 2017/11/13 15:15 >森奈津子氏の「エロ・グロ・ナンセンス」という表記が、歴史用語とは異なると解釈するしかない。

大概の人は「歴史的用語」としてではなく一般的な言葉として捉えてますけどね。

>ポロロッカ氏
それはむしろ規制派でしょうよ。

s3731127306s3731127306 2017/11/13 18:25  そもそも、「性表現」と「反権力」を無前提に一致させるというのは、歴史的事実に反する私には思えます。
 一例をあげます。1930年前後といえば、廃娼運動がまだあったころのはずですが、エログロナンセンスの担い手たち(私が知るかぎりでは、江戸川乱歩と夢野久作が一応該当すると思いますが)が、廃娼運動に対してなにか明確にと貢献したと言えることがあるのかといえば、おそらくないでしょう。もしそれがあるのなら、文献上に明確にあらわれるはずですから。
 このことと、2000年前後の「反・性表現規制運動」の担い手たちの、歴史修正主義への大甘ぶりは通じるものがあるように私には思われます。
 どういうことかというと、「反・性表現規制派」のそうとう多数が、「表現の自由《一般》」を守ろうとしないし(これはよく指摘されている)、「性行為における両者の平等」も守ろうとしていないのではないか(おそらく例外もあるのでしょうが)。かなりきつい言い方になりますが、あなた方(反・性表現規制派)は「性行為における自由」だけ追求して、「加害性(=不平等)」がみえなくなっているんじゃないですか? それは相手(との力関係の差)に甘えているだけですよ、と言いたくなります。
 まあ、「帝国の慰安婦」をめぐる例の”事件”で、ハイカルチャー(まだ一応そうである、らしい)の文学業界の有名なかたがたが、「性行為における加害性」について、おそろしく無残な認識を持っているのが暴露された以上、サブカルチャー側だけ批判するのは不公平になりますが。

kyouhu_23kyouhu_23 2017/11/13 19:13 個人的にひどいなあと思ったのは、若林氏に噛み付いているこういう人の流れですかね。
この人なんかは性表現の規制以外はテロリストだから関係ないと切断するつもりみたいです。

https://twitter.com/USK_Sato/status/929952898871566336
https://twitter.com/nord_283/status/929979157634617344
https://twitter.com/USK_Sato/status/929984117055283200

性表現から規制が始まったと言いたがる人がどういう考え方を前提にしているか、非常に分かりやすいサンプルではないでしょうか。

hokke-ookamihokke-ookami 2017/11/14 22:34 ポロロッカさんへ
批判と規制を区別せず、自分が好まない表現規制は肯定するような人が反表現規制を自認しているのを見かけることがあります。
一方で、若林氏も反表現規制(それもゾーニングまで批判する強硬派より)ではあるらしいんですが。


Ilovenoelさんへ
>大概の人は「歴史的用語」としてではなく一般的な言葉として捉えてますけどね。

いや、若林氏は戦前の言論規制についてのツイートで自身の文脈を明らかにしているので、再反論したいなら少なくとも若林氏が歴史的用語を論じていることは前提にしなければいけません。
その前提を理解した上ではじめて、若林氏のその前提の選択が正しいのか否かや、森氏のツイートにおけるエログロナンセンスを歴史用語としてとらえるべきか否かを論じることができます。


s3731127306さんへ
>1930年前後といえば、廃娼運動がまだあったころのはずですが、エログロナンセンスの担い手たち(私が知るかぎりでは、江戸川乱歩と夢野久作が一応該当すると思いますが)が、廃娼運動に対してなにか明確にと貢献したと言えることがあるのかといえば、おそらくないでしょう。

うーん、性表現が必ずしも反権力ではないとは私も考えますが、表現者が別の反権力運動に参加していないことは根拠にならないと思います。
そもそも廃娼運動って反権力運動の代表でしょうか? 当時も議会の決議などに反映されていた以上、はっきり反権力といえるでしょうか?
ちなみに江戸川乱歩といえば短編『芋虫』の厭戦的な描写が左翼に高評価され、当時は発禁となりました。乱歩本人は必ずしも左翼受けを意識したわけではないらしいですが、まあ、とがった表現をして体制と衝突することが反権力といえばいえるし、作者の意図がどうであれ先鋭的な表現であれば(時に内容が保守的であれ)高評価してしまうのが左翼という思想だったりもして……

>2000年前後の「反・性表現規制運動」の担い手たちの、歴史修正主義への大甘ぶりは通じるものがあるように私には思われます。

いや、2000年前後の「反・性表現規制運動」は歴史家でもある若林氏らもふくみますし、陳情を聞いてくれた政治家などから親社民党や親共産党の論者も少なくないですよ。


kyouhu_23さんへ
ツイッターでは誰もが簡単に発言できる分、ひどい意見を発する人が目立ちますが、紹介されたそれらは底抜けにひどいですね……エロ・グロ・ナンセンス叩き以前にテロ視から言論統制が始まったことを事実上で認めているわけで、論争の流れとしておかしい。
ついさっき見かけたものとしては、lyricalium氏のツイートもちょっと信じられないものがあります。あまりに事実認識が転倒しているので、見かけた当初は逆の意味かと思いました。

https://twitter.com/lyricalium/status/930396504010797058
>まぁ元からファクトとかチェックみたいなのから疎遠な皆さんなので今後は論敵の過去ツイート検索スクショ晒しのレパートリーに「エログロナンセンス」が加わって「こいつもエログロナンセンスから言論統制が始まったとかいう偽史を真に受けてる間抜けか」みたいに勝利宣言のパターンが一個増えるだけ
https://twitter.com/lyricalium/status/930418316136419329
>「狭義のエログロナンセンスのブームは共産党大弾圧より後だったことが若林氏の念頭にあるんじゃないか?」ってのも反論側の好意的な解釈であって、Togetter見る限りでは若林氏は特に具体的な批判をするでもなく徳川禁令考などの話に飛んでる様子なので、細かい知識自慢以上の意向を忖度するの難しそう
https://twitter.com/lyricalium/status/930419049271476225
>私が喧嘩とかマウンティングとか噛み付いたみたいな表現をしてるのも、初手から偽史のレッテル貼りなんてのはまともな批判や議論とは思えないからですね

「ファクトとかチェックみたいなのから疎遠」と他人を評しながら自身が確認したのは「Togetter見る限り」! そこで「皆さん」と対象を広げて批判しながら、そのような表現を使った根拠はひとりの「偽史」という表現! その若林氏のツイートも「ほとんど偽史」と表現を少し和らげているのにTogetterでは「ほとんど」を落としているのも無視?! 「風俗取り締まりと言論統制をともに考えることは有意義だと思う」と一定の理解を示すツイートもしているのに!
……いや、いくつかのTogetterで少数まとめられたツイートだけ確認しても、若林氏がエログロナンセンスを昭和初期の歴史用語として用いていることは明示されているわけで。

s3731127306s3731127306 2017/11/15 06:27 〉法華狼さん

ちょっと「反・性表現規制派」についておおざっぱかつきつく書きすぎたと思いますが、以前にapesnotmonkeysさんの本館で関連する記事を読んだことがあったので。「表現の自由」「キリッ」などで検索してもらえればわかります。たしか法華狼さんもどこかで紹介していたと思いますが。
私が指摘するのは「反・性表現規制」を主張するならば、「反・表現規制」かつ「反・性の不平等」であるべきで、そうでないと〈人間の尊厳と公平〉に基づかない手前勝手な立場でしかない。しかし、とりあえず現代日本の場合では後者の「手前勝手」な立場の人が無視できないほどいる、ということです。具体的にどの程度の規模は根拠を示すことが残念ながら今の私にはできないのですが。

〉「芋虫」

これについては以下の記事を紹介しておきます。江戸川乱歩らの作家が、本当に当事者のためになる〈認識の枠組み〉をもっていたかは、もっとつっこんで考えられるべきと考えます。

http://www.dinf.ne.jp/doc/japanese/prdl/jsrd/norma/n302/n302016.html

hokke-ookamihokke-ookami 2017/11/18 21:39 >これについては以下の記事を紹介しておきます。

ありがとうございます、初めて読みましたが、子供のころからの乱歩読者としても妥当な批判ではあろう、とは思いました。
作品に描かれる差別や貧困や戦争は、どこまでも耽溺するための題材でしかなかった、というのもたしかでしょう。「表向きの憐憫(れんびん)や同情を装いつつ暗に蔑(さげす)みの気持ちを含んでいた」という表現一般への評価も当をえたものだと思います。

ただ現在に評価される乱歩作品というと、残酷趣味が前面に出た長編よりも、初期の短編が多いと思います。
乱歩長編はプロットが無駄で矛盾も多いといった批判が、古いミステリ読者からよく出ていた印象があります。

実は長編は子供向けしか読んだことはないのですが、高評価される短編を読むと、人間の記憶力の不確かさから合理的に真相をあばくような、同時代で比べると理知的な作品も少なくないんです。
一方で不合理的な作品はというと、『鏡地獄』や『押絵と旅する男』のように、異様な世界への憧れをもって、その世界へのめりこんでいく哀れさを描いていることが多いんですね。そうした異常なものへの憧れが、現実の人々に対しても安易に向けられ、身勝手な美化や悪魔化になってしまったのではないか、と思います。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20171111/1510466749