Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2018-03-14 上げたのは5日後

[]『相棒 season16』第20話 容疑者六人〜アンユージュアル・サスペクツ

写真週刊誌の風間楓子記者がホテルのホールの巨大エレベーターを転落。いあわせた警察関係者6人の誰かがつきおとした疑いがあがる。

捜査に本腰をいれない警察に対して、風間記者のつとめる写真週刊誌が批判を展開。そこで特命係が転落事故を調べることになった。


これまでも重要回を手がけてきた輿水泰弘が脚本。番組サブレギュラーが一堂にかいする最終回2時間SPにして、事件はシンプル。死人が出ないどころか、風間記者の顔の傷も痕にならないくらい。

風間記者の実家がヤクザということで、容疑者が次々に復讐されていく展開もあるが、つきおとして同じくらいの傷を負わせるレベルにとどめている。あくまでキャラクタードラマを転がすための素材といったところ。

容疑者の人間関係や動機から転落事故の犯人を見つけようとしているようでいて、事件の起きた状況や容疑者の位置関係から推理していく。まるで南條範夫『黒い九月の手』*1のような、良くも悪くも純粋にパズル的な謎解きが刑事ドラマらしからぬ面白さ。薄いなりに推理のキレ味があるところは輿水泰弘脚本の良さだ。


とはいえ、完全に推理だけで犯人をひとりに特定するにはいたらないし、それほど難解な事件でないという印象のまま終わったことも事実。

キャラクターの立場を変える最終回だからといって無理に2時間にひきのばさず、通常と同じ1時間枠くらいに凝縮したほうが楽しめたろう。

    555    555 2018/03/19 23:01 警察関係者、しかも上層部の方々が
 容疑者「容疑者」として追及されるのも小気味よく
  ある意味で爆笑展開でした。
   もっとも本当に厳しいお話は、
    後日に放映される劇場版の方ですからね。

お代官お代官 2018/03/20 13:36 このシーズン中に「さようなら、大杉漣さん」をやっておきたかった、のかな?

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20180314/1521464713