Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2018-03-20

[][]『のび太南海大冒険』+『天空の城ラピュタ』+『風立ちぬ』=『のび太の宝島

余裕がないなかの一瞬の隙を利用して『映画ドラえもん のび太の宝島』を観てきたが、『のび太の南海大冒険』の要素は意外なほど薄かった。

大ヒット航海中!『映画ドラえもん のび太の宝島』公式サイト

くわしい感想は後日に上げるつもりだが、過去の『ドラえもん』のさまざまな描写を引用しつつ、全体としてクセがない。作品を通した印象は、不思議と映画ポケモンシリーズにも似ていた。

作画アニメとしてそこそこ楽しく、社会派テーマも適度に歯ごたえがあり、冒険活劇としては良かった。1990年代くらいの、やや古びた印象のあるメッセージ性を持ちつつ、現代的な視点が随所にある。


ただ、海賊というモチーフからアジール要素を引きだす展開が良かったのに、ミクロな家族のドラマに収束したのが惜しい。

それに関連して、クライマックスの展開が重たくて、絵として爽快感が弱かったのも少し残念だった。

    555    555 2018/03/21 22:59 時代ごとに新たな解釈が引き起こされているのだろうけど、
 のび太が飛び上がって木の枝をつかむ出だしには、
  「のび太はこんなに身体能力があったっけ?」と
   少しばかり唖然としました。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20180320/1521544961