Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2018-05-01

[][]ブログ「余命三年時事日記」が読者を食い物にしている光景が見ていてつらい

最初は、余命3年を宣告されたという人物愛国的なブログだった。2012年から執筆をはじめ、2013年12月に死去したことになっている。当時の読者の追悼エントリに説明があった。

『余命3年時事日記』―かずくんさん、12月9日永眠。ブログはプロジェクトメンバーで継続。 | Mew's☆

ご遺族から遺稿提供、情報提供の申し出があり、プロジェクトメンバーで検討を重ね

従来と同様という訳には行かぬまでも『継続』となったようだ。

追悼エントリが書かれるくらい人気が高かったためか、「プロジェクトメンバー」が遺稿をひきつぐと同月に報告され、ブログは更新されつづけた。


そんなブログの存在を私が知ったのは2015年ごろ、在日コリアンが7月9日に強制送還されるというデマの源流としてだ。当時にid:babkim氏がまとめている。

ネトウヨが大好きな「余命3年時事日記」は、自覚的にデマを流すデマブログ - パプキム天国

解説して下さっている方がいますので、「デマじゃない!」と主張したい方は、先にこちらをご覧下さい。

7月9日に在日韓国人が不法滞在扱いになるという意味不明なデマ : 脱「愛国カルト」のススメ

こちらも参考に。

在日コリアン強制退去デマとデマの根拠、ならびに根拠不明なリストを元にした通報により自らが刑法犯となる可能性について - Togetter

厳密には、以前から似たようなデマが流れては破綻していたが*1、2015年に強く扇動して目立っていたのが「余命三年時事日記」だった。

デマが破綻しては何度も復活したように、「余命三年時事日記」も3年目に破綻をむかえながら、babkim氏の予測どおりに復活した。


注目とともに批判をあびたためか、さすがにSo-netのブログサービスからは削除されたものの、移転後もブログは更新されつづけた。

それどころか、破綻が明らかとなった2015年12月から、青林堂で「余命プロジェクトチーム」名義の著作をいくつも出版している。

余命三年時事日記

余命三年時事日記

「この妄想ブログは、100%現実化してきた! 」という著作の煽り文句は、上述のように完全に破綻しているのだが、読者は気にしないらしい。


青林堂の編集者へのパワハラ問題においては、余命プロジェクトチームは会社側についた。桜井誠氏や、はすみとしこ氏と同じように。

青林堂のパワハラ問題において、公式ツイッターや関係者ツイッターが組合を敵視している件 - 法華狼の日記

具体的には、パワハラ被害者側についた弁護士の佐々木亮氏への懲戒請求を扇動。思想は違いながらも懲戒請求を批判した別の弁護士に対しても懲戒請求を呼びかけた。

余命ベギラゴン ?懲戒請求を煽る人、煽られる人? - Togetter

さらに個人情報が請求先につたわらないというデマを流して、懲戒請求をとりさげたり和解に応じないよう読者へ指示している。

意図しているかは不明だが、余命プロジェクトチームは読者を捨て駒のようにあつかっている。それでも人気は失われず、読者はコメントがブログに載せられるのを喜んでいる。


そうした転載コメントのいくつかに、気になるものがあった。「集団ストーカー」の被害をうったえるものが複数あるのだ。

1553 レターパック6 – 余命三年時事日記

 私は現在も在日・反日勢力による組織的嫌がらせ(集団ストーカー・テクノロジー犯罪)を受けております。

 集合住宅に住んでおりますが、反日工作員のアジトに囲まれて暮らしています。毎日指向性スピーカーなどによる騒音や、テクノロジー犯罪と思われる攻撃を受けています。外出すれば付きまとい・ストリートパフォーマンスやノイズキャンペーン・仄めかしなどの被害に遭っています。地域的に在日・反日勢力がとても多いです。

1910 2017/9/22アラカルト? – 余命三年時事日記

個人的には集団ストーカー被害者を上手く使えばいいと考えます。長年彼等と戦い続けているだけに恐怖心が皆無ですし、反撃に際して躊躇する可能性が低い。ストーカー被害者がやり返さないのは損害賠償で身銭を切りたくないだけであって、在日創価信者を恐れての事ではないですから。

1106 寄付金メッセージ48 – 余命三年時事日記

7/19に集団ストーカーと記名し振込させていただきました。

コメントされただけならばブログ管理者の責任ではないかもしれないが、わざわざエントリに採用して、時には寄付金まで受けとるとなると話は違ってくる。

コメントだけでなく、「集団ストーカー」の被害をうったえて活動している個人ブログにも、「余命三年時事日記」の愛読者がいる。

余命三年時事日記に集団ストーカーの記事(コメント)が掲載 | あめんぼの集団ストーカー周知活動ブログ

以前から度々、集団ストーカー(組織的嫌がらせ)の話は、余命さんのブログに取り上げられていました。

おそらく、余命三年時事日記の読者や、保守党・愛国者を自負する方々は、被害内容の違いや被害レベルの違いはあれど、被害者が多いような気がします。

だからこそ、よりすんなり余命さんの記事を呑み込めているような気がします。(私もそうですが・・・w)

本のご紹介 : 集団ストーカー認知・撲滅の会のblog

「余命三年時事日記」本は販売の12月17日以前からベストセラーです。

「集団ストーカー認知・撲滅」本と一緒に読まれると更に納得がいくと思います。


念のため、集団ストーカーの被害をうったえている人物を、政治から遠ざけるべきだとは思わない。ひとりの人格をもつ存在として認められるべきだろうし、誤っている時には批判されるのが理想だとは思っている。

しかし、デマゴギストの捨て駒として食い物にされることが自己責任だとも考えられない。「余命三年時事日記」と青林堂のふるまいは、とうてい私には許しがたい。

*1:私も2012年ごろに原型的なデマをまとめたことがある。全員が強制送還されるというものではなく、徴兵逃れのために犯罪を起こして刑務所に入るという内容だった。「在日韓国人の犯罪が増えているのは、徴兵逃れのため」というデマ - 法華狼の日記

ある在日ある在日 2018/05/02 18:08 ブログ「余命三年時事日記」が読者を食い物にしている光景が見ていてつらい

生き物「一億三千万日本物」が寛大な慈悲を与えてくれた侵略被害者を食い物にして嘲笑している光景だけを生まれたときから見させられていてつらい

餅は餅屋餅は餅屋 2018/05/04 08:56 今は理解できる人だけついていけるようになってます。余命さんは。
そのほうが動きやすいからでしょう。
今までの書籍化から同人誌に移行したことから見て、正念場でしょうね。

逆ネトウヨ逆ネトウヨ 2018/05/04 17:44 余命が許せないという点に関しては完全に同意いたしますが、「だまされた」連中にはまったく同情できませんね。
嬉々としてマイノリティを傷つけて楽しんでいる連中なのですから。
この程度の罰で改心するようなこともまずありえないですし。

// 2018/05/05 10:51 日本人であれば別に気にする必要はないでしょうねw
堂々と構えればいいのですw

逆ネトウヨ逆ネトウヨ 2018/05/05 21:49 いろいろ調べてみましたが、だまされた連中はまったく反省の色がないですよ。
「これは悪手だった」と言ってはいますが、そもそも『手段』以前に『目的』自体が最悪であることを理解していない。
「思想が気に食わない」弁護士の職を奪って潰そうと企んでいたわけですよ。
悪意に満ち溢れている。
もちろんマイノリティへの攻撃に関しても反省なし。これまでもこれからも。
どこに同情の余地があるんでしょうか?

桂馬桂馬 2018/05/05 23:42 >逆ネトウヨ さん
社会にはそういった被害を訴える人が一定層いて、イデオロギーは後から付いて来るんですよね。(心療内科の方面なのですが、左派でも同様の被害妄想を訴えている人がいるのを見たことがあります)
「被害の訴え」が仮に病だとしても、本人が被害を受けていると感じているのは事実なので、そこには寄り添う必要はあるのだと思います。(なかなか難しいですが)

    555    555 2018/05/06 21:29 桂馬さんの指摘には同意できるものがります。
 麻薬中毒患者を参照にしているのので少し誇張気味かもしれませんが、
  事実や認知の錯誤による被害妄想を指摘しても
   苦しんでいる現実が当の本人にとって本当の事となっているので、
    被害妄想の否定が必ずしも正しい事として
     通用するわけではないのだと思います。
      事実の錯誤と言ったけど、
       これが法律の錯誤と追及されるような事態になれば
        逆ネトウヨさんの言うとうりになって、
         寄り添う必要は
          後付けにならざるを得なくなるのだと思われます。

tenreerentenreeren 2018/07/08 14:44 「自殺陰謀論」「唾棄貧困家庭」
「たびかさなるデマの流布や情報の剽窃で批判されているバイラルサイト」
などを批判もせずに引用したハム速保守速産経をしっかり問題視しながら
「ジャパンの蔑称啼き喚き」を批判もせずに引用した
自身は悪くないと残念な主張をのたまいなさる破綻

被害の訴えと加害の押し付けに
同等の問題があるかのように主張するデタラメぶり
精神的拷問に等しいデマを流して自白させたことを
問題視もせずに被害の訴えの価値の毀損に利用してなさる破綻

唾日ハラスメントによる被害の訴えを受けてなお
加害を押し付ける側に居続けた。桜井誠やはすみとしこと同じように

ジャパンの蔑称啼き喚きを批判もせずに引用しただけのおのれを責任から遠ざけるべきではない
確固たる存在として認められるべきで誤っている時には批判されるのが理想だとは認識しないらしい

自殺に追いやるハラスメントとそれをのさばらせるふるまいは
到底許しがたいと認識することもないらしい

隣の障子の破れ目に高説千枚お張りあそばせなさる
おのれの光景は見えませ〜ん

hokke-ookamihokke-ookami 2018/07/08 18:47 ある在日さんへ
貴方のその訴えを疑う必要はないとは思っていますが、そもそもコメントとエントリとの関連性にもっと留意してください。
今回のコメントはエントリタイトルへ脊髄反射したように読めます。貴方の立場なら、「余命」と日本社会の問題を批判する、より良い文章が書けるのではありませんか? 今回のコメントはエントリ本文で指摘した「余命」につながる在日コリアン差別の、矮小化になってしまうように読めます。


餅は餅屋さんへ
>今までの書籍化から同人誌に移行したことから見て、正念場でしょうね。

興味深い見解ですが、それは要するにカルト化しているということでは……


逆ネトウヨさんへ
念のため、今エントリは、あくまで一部にこのような被害者的加害者もいるのに「余命」が躊躇していないという話であって、「余命」読者のすべてがそうだという話ではありません。


/さんへ
>日本人であれば別に気にする必要はないでしょうねw

何を気にする必要がないと主張されているのかよくわかりません。


桂馬さんへ
>(心療内科の方面なのですが、左派でも同様の被害妄想を訴えている人がいるのを見たことがあります)

女性被害問題で同種のケースを見たことはあります。
被害の訴えを聞かなかったとして女性支援団体が活動停止に追いこまれたのに、その“被害者”を活動家が利用していたという反フェミニストの根拠にされたという地獄絵図までありました。
http://parabellum.hatenablog.jp/entry/2017/07/01/000000


   555さんへ
おっしゃりたいことがまったくわからないというわけではありませんが、一文が長すぎて読解しづらいところがあります。


tenreerenさんへ
http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20180412/1523625630での指摘で充分ですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証