Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2018-06-09

[][]RADWIMPSの新曲「HINOMARU」の歌詞は、以前の「にっぽんぽん」と比べても古びて感じられる

サッカー番組の主題曲に決まっている「カタルシスト」のB面として発表されたとはいえ、その愛国的な内容が古すぎる。

RADWIMPSの新曲「HINOMARU」が波紋 「日出づる国の御名のもとに」

「風にたなびくあの旗に 古よりはためく旗に意味もなく懐かしくなり こみ上げるこの気持ちはなに」と問いかけからはじまり、「受け継がれた歴史」や「気高きこの御国御霊」が登場する。

「日出づる国の御名のもとに」という言葉もあり、タイトルからも日本への愛国心をテーマに歌ったことがうかがえる。

他によく指摘されている部分として、「僕らの燃ゆる御霊」という尊敬語のつかいかたのおかしさや、「胸に優しき母の声 背中に強き父の教え」という性別役割観の古さがある。

http://j-lyric.net/artist/a04ac97/l0469f5.html

たとえば「御霊」には災厄を起こす怨霊という意味もあるが、そうした語義の広さを歌詞で活用する工夫も見られない。

すでに意味の固定されたありふれた表現ばかりならべて、ひたすら陳陳陳腐な印象を作りだしている。


もっとも、RADWIMPSが自国を題材にするのが今回が初めてではなく、前述の記事内でも言及されている。

作詞を担当した野田洋次郎さんの歌詞には、日本の歴史をテーマにした「にっぽんぽん」(味噌汁's名義で発表)などもあり、あえて保守色の強い言葉を使った「愛国的なものを皮肉る曲ではないか」という解釈もでていたが......。

たしかに「にっぽんぽん」は「HINOMARU」と比較して、「約200年も鎖国してたんだ」にはじまる明らかな皮肉もちりばめられていて、それが解釈の可能な幅を広げている。

http://j-lyric.net/artist/a04ac97/l02e9f4.html

へりくだった日本人が世界に語りかける構造は、矢島美容室の「ニホンノミカタ-ネバダカラキマシタ-」の、へりくだった外国人が日本をたたえる構造との対応だろうか。味噌汁という共通項もある。

http://j-lyric.net/artist/a04ebbe/l0137e2.html

これくらい工夫すれば、受け手にとって「鏡」になる歌という解釈もできるのだが、今回の「HINOMARU」はそうは感じづらい。

s3731127306s3731127306 2018/06/09 19:30 該当の曲はまだ聞いておりませんし、音楽業界にはアニメよりうといので、一言だけコメント。

「今、忌野清志郎氏が生きていたら、なんといっていただろうか?」

ずばり、とした表現を受け手が勝手に拒否している事例が多いように思えます。私の偏見ならいいのですが。

「今を生きるということ--忌野清志郎・あの戦争・和辻哲郎」
https://ci.nii.ac.jp/naid/120001701157

リアリア 2018/06/10 17:18 こんなベタベタな歌詞作っておきながら自分を無思想だと判断できる精神構造が不思議です。作者には「自分はあえてやっている」みたいな自意識でもあるのではないでしょうか。「自分はあえてやっていて表現されている内容と適切に距離がとれているが批判者はそうでなく批判は的外れだ」というような。もしそうだとしても(あるいはそうであるからこそ)この歌に対する「想像以上に想像通りな」反応が正しいとしか思えませんね。
私は「あえて・・・」みたいな態度は、自分は対象との距離を適切にとれているというていでいながらその実全く距離をとれていないばかりかそのことに自分自身気づかない状態に陥りやすいものだと考えています。

<麻薬やること> <あえて麻薬やること> <あえて、あえて麻薬やること>

ここに違いなどありはしない。あえてだから大丈夫などということはありえない。
「あえて」は何のエクスキューズにもなりません。

雪青雪青 2018/06/10 18:05 『國の防人』編集部さんよりあっさりネタばらしが……
‏https://twitter.com/kuninosakimori/status/1005369302688542720

悪貨駄化悪貨駄化 2018/06/10 23:16 しかし國の防人の編集部といい匿名といい野崎(旧仮名遣いの南京否定の人)といいなぜ旧仮名遣いは鉄道写真家並にアレな事をする人が目立つのだろう。

桂馬桂馬 2018/06/11 21:19 当時の旧仮名遣いは右左の思想に関係なく成立していたはずなんですが、懐古主義者には国粋主義的な響きに聞こえるようで。不思議です。
しかも中途半端に真似るだけだから、当時の人から見れば赤点ものでしょうね。

くま(仮)くま(仮) 2018/06/12 16:46  わたし旧かなづかいにかなり愛着あるんですよね(だんだん声が小さくなる)……
 そらそうと思ったのは「レコード会社はアーチストに作詞作曲代金を渡した上で『B面は「燃えてヒーロー」のカバーでいきますのでよろしく』と言えばよかったのでは」です

ある在日ある在日 2018/06/13 21:57 園良太という方がこの曲のライブに「抗議デモしよう」と呼びかけてるんですが、そのことへの良識派の反応に落胆しています。
いわく、「そこまでやる必要はない」とか「表現の自由の範囲だ」、「園良太は極左」だとか。この国ではこんな程度で極左になるのか?

まぁ私は園良太という方を知らないし、デモや極左でんでんもそれはどうでもいいんですが、「表現の自由」と宣ってる良識派は、
では例えばヒロシマやヒメユリがネタにされたら同じことを言うのか?と。いや、私の経験上"絶対に言わない"だろう、とね。
自分たち(の民族)はネタにされないという、"被害者側の善意に全力で甘えきっている"という前提と、"そもそも侵略の被害者を同じ人間と思っていないからできるダブスタ"で、非常に腹立たしい。

nobunobu 2018/06/14 22:17 次回作は軍歌のカバーアルバムかな?

oilanlionoilanlion 2018/06/16 01:57 今回の様な歌を作って歌うだけなら、今回の様な騒ぎにはならなかったでしょうね。
勿論歌を聴いて拒否反応を示す人も、一緒に高ぶる人もいたでしょうが、あくまで個々としての反応が出てくるだけだったでしょう。
私が問題に、というかRADWIMPSカッコ悪いなと思ってしまったのは、『特定の思想は全くない』『想像』

oilanlionoilanlion 2018/06/16 02:29 失礼しました。途中送信してしまいました。

私が問題に、というかRADWIMPSカッコ悪いなと思ってしまったのは、『特定の思想は全くない』『想像以上に想像通りな反応』なんてことを言った上で、謝罪。と思いきや『日本を好きで何が悪い』発言。
だったら最初っから「日本が好きで日の丸が好きで思いを歌にしました!」で良かったと思うんですよね。
何スカして予防線張って自分でつまずいてるんだよって感じです。

ある在日さん

園良太さん、極左かどうかはさておき、やっている事に私は賛同出来ませんでした。
>hinomaruのような差別と憎悪の歴史を正当化しそれを煽る表現には、ヘイトスピーチ同様に自由は認められません。
とまで園さんは仰っています。いやいや完全に自由でしょう。
『差別と憎悪の歴史を正当化』なんてしてないと思います。ただ日の丸を讃えるだけでそれ以外の中身は特に感じられません。
>例えばヒロシマやヒメユリがネタにされたら同じことを言うのか?
そもそも“ネタ”的な歌ではないと思います。
『良識派』が誰を指しているか判りませんが、「そこまでやる必要はない」「表現の自由の範囲だ」と言ってるならそこそこ良識のある人なんじゃないですか。

凡人69号凡人69号 2018/06/16 16:30 最初からネトウヨ狙いだったのか?はたまた「あこがれの北朝鮮」の路線を狙っていたつもりだったのか?それとも単なる炎上商法か?ゆずの曲もそうですが、「狙ってやったった」感をあけすけにしているところが、かえってダサダサな感じが・・・(NHKブラジルW杯中継のテーマだった椎名林檎の曲はどうだったんだろう?)。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokke-ookami/20180609/1528516685