Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2018-08-01

[][]『日本のいちばん長い日

ようやく日本の首脳部はポツダム宣言の受諾を決めた。原爆投下とソ連参戦によって敗北を痛感し、同時に天皇制を維持できる目算がたったからだ。

それから停戦を全国につたえる玉音放送の準備をなんとか終えた首脳部だったが、戦争を継続しようとする近衛師団がクーデターを起こす……


岡本喜八監督による、1967年のモノクロシネマスコープ大作*1。日本が敗北を認めるまでの24時間を主軸とした、同名のノンフィクションの映画化。

日本のいちばん長い日

日本のいちばん長い日

ポツダム宣言の受諾を受けいれる瞬間までが長いアバンタイトル。そこから玉音放送の細部に拘泥する馬鹿馬鹿しい会議を前半で終え、それでも戦争を続けたがる各勢力の暴走を後半で描く。

動きのない会議や場当たりなクーデターばかり続くが、岡本喜八監督のカット割りは無駄なく小気味よく、2時間半以上の映画ながら飽きさせない。陰惨なはずの殺戮も情けない演出なため、乾いた失笑をおぼえざるをえない。

東宝作品だが特撮や大規模な撮影技術の見せ場は少なく、戦火の大半は資料映像の引用ですませている。これは監督の特撮嫌いによるものだろうが、結果的に大日本帝国の貧しさを画面から感じさせた。


ドラマとしては、受諾に途中まで反対した阿南陸相を中心にすえつつ、敗戦を認められない勢力の動きを独立並行して映していく。現在の歴史研究と比べると、いささか海軍善玉説によりすぎている感はあるし、天皇の御聖断神話も組みこんでいる。

しかし映画としては現在に観ても成立しているはずだ。阿南陸相が主人公的な位置にあるため、登場人物としての魅力が生まれ、陸海のバランスがとれている。天皇制堅持こそが戦争を続けた原因と明かしているので、天皇崇拝をつきはなして見ることができる。

何より全体の構図が当時の日本の意識を皮肉っている。ブラジル移民社会では、敗戦後も日本が勝利したと主張する「勝ち組」が負けを認めた人々を攻撃していた。しかし敗戦直前までは本国も大差はなかったのだ。


一本の映画として、同盟国ドイツの崩壊を描いた『ヒトラー 〜最期の12日間〜』に近い印象もある。上映時間からして同じくらいで、組織的に書類を隠滅する描写も、敗北を認められない上層部もかぶる。

『ヒトラー 〜最期の12日間〜』 - 法華狼の日記

興味深かったのは、敗戦後のために書類を破棄する場面や、存在しない部隊へヒトラーが指示を出す場面や、誇りのため敗戦を引きのばすような場面。末期の日本軍と大差がない。建物の窓から吹雪のように投じられる書類や、現実を認識できないヒトラーといさめられない側近の喜劇といった、映像そのものの面白味もある。ソ連軍が目前にせまっているのに裏切者の処刑を優先したり、ある意味では日本軍より往生際が悪い。

ひとつ違うのは、往生際の悪さがアドルフ・ヒトラー個人に集中していた『ヒトラー 〜最期の12日間〜』と違って、『日本のいちばん長い日』は昭和天皇がほとんど画面に出てこないこと。

天皇の不在は責任回避と崇拝維持のためだろうが、結果として往生際の悪さが国家全体、それも登場人物の過半へ拡大している。いわば誰も彼もが「ちくしょーめ!」と怒鳴っているようなものだ。

み〜んなアドルフ!み〜んなカチグミ!……そんな大日本帝国が最期まで醜態をさらしたのは当然といえようか。

*12015年原田眞人監督によって再映画化されたが未見。

2018-07-31

[][]ソビブル収容所からの脱出劇がロシアで映画化されたとのこと

ポーランドのソビブルにあるナチス強制収容所のひとつで、600人規模の蜂起による脱出劇があった。

ユダヤ系のロシア軍将校ペチェルスキーとユダヤ系ポーランド人フェルトヘンドラーの指揮のもと、半数の約300人が脱出に成功し、100人ほどが戦後まで生存。収容所は閉鎖された。


それを今年5月に亡くなられたクロード・ランズマン監督*1ドキュメンタリーで知った時から、娯楽化された作品も見てみたいと思っていた。

『ソビブル、1943年10月14日午後4時』 - 法華狼の日記

沈鬱でありつつ、娯楽活劇にしたてられそうな題材でもある。ペチェルスキーを主軸にしたイギリスのTV映画もあるくらいだ。未見だが、短縮編集版が2013年にDVD化されていた。

ペチェルスキーは亡くなっていると映画で言及されていたが、元素材が撮影された後の1990年までは存命だった。脱走後もパルチザンに参加したり、捕虜となったことを戦後にソ連で問題視されて収容所へ送られたり、数奇な運命をたどったらしい。

TVムービーはあったが、ついにロシアで新しく映画化され、『ヒトラーと戦った22日間』の邦題で公開されるという。俳優のコンスタンチン・ハベンスキーが主演とともに、初めてメガホンをとり、脚本も担当。

映画『ヒトラーと戦った22日間』公式サイト

D

現在のロシア映画の規模ならば、間違いなく映像は見られるものになるだろう。反乱を指揮したペチェルスキーが戦後のソ連で冷遇された歴史から、たぶんナショナリズムも強すぎない内容になると期待できる。

2018-07-23 上げたのは1日後

[][]『世界まる見え!テレビ特捜部』あんな壁こんな壁 全部乗り越えろSP

ゲストのひとり山下美月は話しかけるほど壁好き。いつものビデオ映像集も、モチーフを壁にしぼっている。


本編は、ペルーの岩壁につくられた防弾ガラス製のカプセルホテル「スカイロッジ・アドベンチャー・スイート」や、中国の断崖絶壁のような高山に生きる運搬業者を紹介。前者は初心者向けのロッククライミングや滑車を使った下山も楽しめる。後者はロープウェーが途中まで開通して楽になったというが、kg単位での安い賃金しかもらえないという。


他に、米国女優メーガンの、英国ヘンリー王子との結婚までの軌跡を紹介。慣例をぬりかえる*1ことで王室そのものの近代化をはかった結婚だった、という良さも悪さもある評判は聞いていたが、メーガンという女性のプロフィールはけっこう興味深い。

白人と黒人のダブルで、外交官になろうとしたが試験に落ちて挫折。そこでハリウッド女優になろうとしたが、白人や黒人の類型におさまらない肌の色が敬遠されたのか、大ヒットドラマに抜擢されるまでは台詞のない端役しかもらえなかったという。


最後に、ベルリンの壁の建造をめぐるドキュメンタリーを紹介。思えば、分断されたベルリン社会や壁崩壊のドキュメンタリーなら少し見たこともあるが、建造時についてはほとんど知らない。

厳密に細部まで決められた作戦書類を決行直前に見せて、工場の民兵まで動員して、午前0時から午前6時までに作り上げた柵。それに使った300tの鉄条網は、農地に使うためといって西ベルリンから購入したものだったという。その能力や知略を東ドイツ人民生活向上に役立てていれば、少しは西側への亡命も減ったろうに。

また、東ベルリンに住む友人のパーティーに行った女性モニカ・フリントは、深夜の帰宅途中に列車が止められて、兵士がものものしく警備する駅をはなれて、歩いて帰ろうとした。境界線につくとすでに鉄条網は完成していたが、若い東ドイツ兵が鉄条網を広げて、見逃してくれたという。現場で発揮された個人の善性と、それを例外化する国家の抑圧。光州事件における地域閉鎖に着目した韓国映画『タクシー運転手』*2を連想した。

*1:250年前にも黒人の血が入った妃がいた、という話もあったが。

*2『タクシー運転手 約束は海を越えて』 - 法華狼の日記

2018-07-14

[][][]『南の島に雪が降る』

第二次世界大戦、ニューギニア島に孤立した日本軍。遠き故郷をしのぶため、芸をもつ兵士たちがつどって慰問劇団を立ちあげる……


戦時体験にもとづく加東大介の小説を、東宝で1961年に映画化。黒澤明作品の名バイプレイヤーな原作者も本人役で出演。

まだ映画界に体力があり、東宝の大作志向にリソースが追いついていた時代。芸能で戦友を癒そうとするシンプルな物語を、約100分というタイトな尺で描いた。

横長の東宝スコープで、どっしりカメラを固定したカラー作品ながら、絵作りが重すぎない。戦場らしい悲哀を挿入しながら、人情喜劇らしい軽快な話運びで、慰問劇団が完成するまでを見せていく。

戦場はあくまで極限状況の構成要素にすぎない。現地人の存在は言及もされず、米軍は軍用機が爆撃するだけで兵士の姿は見えない。女性もひとりも映らない。

素人の男ばかりの劇団に、兵士たちは疑似的な女性を求め、名優を誉めそやす。それは滑稽で皮肉だが、狭い世界において虚構がひとときの救いをもたらすことを実感させる。

ありあわせの人と物をかきあつめて舞台を完成させていく展開に無駄はない。規格外な者たちが集まって、使える素材で工夫していく姿に、『七人の侍』を思わせる面白味があった。


ちなみに、実話にもとづきつつ演劇をテーマにした物語のためか、くりかえし舞台化もされていて、その映像がGYAO!で無料配信中。

舞台「南の島に雪が降る」 | バラエティ・スポーツ | 無料動画GYAO!

また、1995年のリメイク映画化では、水島聡が監督と脚本をつとめた。どのように権利を調整したのか、チャンネル桜で無料配信している。

D

少しだけ視聴したが、2時間超という尺をもてあましたのか、ひとつひとつのカットが間延びしているし、描こうとする要素が多いためリソースが不足している。

俳優の描写がバストショットばかりで単調という問題もある。けっこうTVドラマではキャリアのある水島監督だが、映画らしい絵作りはできなかったようだ。

全体を見れば印象が変わるかもしれないが、少なくとも導入についてはテーマをしぼって完成させた1961年版の正しさを感じざるをえなかった。

2018-06-26

[][]『タクシー運転手 約束は海を越えて』

1980年のソウルで、父子家庭で個人タクシーをいとなむキム・サボク。たまった家賃をはらうため、光州への長距離客を横取りすることを思いつく。

アフガン帰りのため、客のドイツ人ユルゲン・ヒンツペーターとの会話も問題ない。しかし光州入りの直前で、高速道路を軍が封鎖していた……


『高地戦』のチャン・フン監督による、2017年の韓国映画。光州事件を報道した外国記者とタクシー運転手の実話にもとづき、軍隊による民衆の弾圧を記憶する。

映画『タクシー運転手 約束は海を越えて』公式サイト

D

ちょうど10年前に光州事件を内側から描いた映画『光州5・18』も素晴らしかったが*1、外側からかかわる今作も完成度が高かった。見比べると相補的に事態が理解しやすくなるし*2、同じ情景を違った角度で再現している面白味もある。

約40年前という中途半端な過去の風景再現にも気を配っている。群衆の誰もが当時らしい服装に見えるし、こじんまりとした3ボックスカーばかりが道路を走る。駐車場に当時のタクシーがずらっとならぶ風景が地味にすごい。VFXを併用した空撮も雰囲気を壊さない。その微妙な再現が入念だから、時代の変化が実感できる。

アクションシーンも迫真的で充実しているし、娯楽的な快楽を生まない慎重さがある。市民に対する銃撃は、破壊の派手さで興奮させるのではなく、物体が弾ける描写で痛みを表現。予告映像の1分目から確認できる、煙幕のなかを兵士が進んでくる情景など、アニメ映画『人狼 JIN-ROH』を思わせて、韓国での実写化の期待が高まった。

ただひとつ、最後の最後に主人公を助けるカーチェイスだけは娯楽的カタルシスにあふれていて、必ずしも観客の評価は高くないのだが、フィクションがリアルをねじふせる爽快感もたしかにあった。


物語は、社会運動と距離をとって利己的にふるまう主人公にはじまり、笑いをまじえながら悪化する事態で後戻りできなくさせていき、かろうじて脱出できる局面にいたれば社会運動に共感する気持ちが育まれている……そんな定番の構成を、ていねいに押さえている。

それでいて、あくまでタクシー運転手個人のドラマとして完成している。光州事件のいくつかの局面にかかわるが、どれも巻きこまれた市井の一個人として無理のない範囲にとどまる。事態の全体像を個人で把握できないことが、事件を報道する意義に説得力をもたらす。

また、主人公の利己性を限界まで引き出しているおかげで、メッセージの押しつけがましさがない。暴力的な弾圧を目撃する局面になっても距離をとりつづけ、ぎりぎりまでギャグ演出で茶化しつづける。それがシャレにならない事態と理解させるために、ていねいに描写を重ねて実感させようとする。

同じ状況を違う局面でくりかえすことで、どのように状況が悪化しているかを表現する対比もよくできていた。タクシーがUターンする意味が、ドラマにおいて180度変わる。主人公の逃亡を失敗させた病院も、後半では虐殺の痛みをつきつける。とある人物の痛々しい姿に、いやおうなく小林多喜二を思い出した。

そして主人公はタクシー運転手として成長していく。タクシーとは、個人を自由な場所へ運ぶ仕事であり、いわば市民の靴になること。だから主人公は次の世代が歩みつづけるように、祈るように靴をはかせてやるのだ。


ちなみに、映画公開後に判明した現実のタクシー運転手は、映画の主人公像とは全く異なる。しかし、それが作品の瑕疵になっていない。むしろ願いを現実化させた映画の力に、驚きと救いを感じる。

『タクシー運転手』キム・サボク氏の長男「本当の父の姿を知らせたい」 : 政治?社会 : hankyoreh japan

同時に、現実に近い主人公像で映画化しても良さそうだな、とも感じた。エリートなタクシー運転手で、外信記者が得意客なインテリが、コンビの記者と一大事件に直面してクールな感情をゆりうごかされる……これはこれでおもしろい。

*1『光州5・18』 - 法華狼の日記

*2:今回の映画で台詞だけで語られる出来事が、『光州5・18』ではひとつの象徴的な転換点に位置づけられている。そもそも『光州5・18』で主人公がタクシー運転手だった意味が、今回の映画および関連報道ではじめて理解できた。