Hatena::ブログ(Diary)

法華狼の日記

2018-09-19 上げたのは1日後

[][]小川榮太郎氏が「LGBT」と「痴漢」を同列視したのもひどいが、「痴漢」を「SM」や「お尻フェチ」とひとまとめにしたのもひどくね?

掲載した杉田水脈氏への批判を受けて、雑誌『新潮45』が弁護的な特集を組んでいた。

明らかにひどい執筆者ばかり選ばれているが、なかでも小川氏の文章のひどさが抜粋だけでも見当がついてしまう。

新潮45が掲載したLGBTめぐる主張「充分ふざけた概念」 - ライブドアニュース

論の後半では、「LGBTの生き難さは後ろめたさ以上のものだというなら、SMAGの人達もまた生きづらかろう」と、自身の造語であるSMAG(サドとマゾとお尻フェチと痴漢)を例に出し、

「ふざけるなという奴がいたら許さない。LGBTも私のような伝統保守主義者から言わせれば充分ふざけた概念だからである(中略)彼ら(編集部注:痴漢症候群)の触る権利を社会は保障すべきではないのか。触られる女のショックを思えというか。それならLGBT様が論壇の大通りを歩いている風景は私には死ぬほどショックだ、精神的苦痛の巨額の賠償金を払ってから口を利いてくれと言っておく」

とも書き綴っている。

逆説のつもりで「触る権利を社会は保障すべき」と主張しているらしいことがうかがえるが、ショックの主観的な大きさだけで同等視している理屈には首をかしげるしかない。

対等に相手と満たしあえるよう合意の方法を整えてきた「SM」が、痴漢と同じくらい「ふざけるな」と思われるだろうという予想もいただけない*1。むしろ、きちんとしたSM業界の人々にとって「ふざけるな」と思われるのではなかろうか。


引用された小川氏の文章は、性的欲望を満たすことを「権利」の有無で考えて、対等な関係における合意という枠組みが念頭にないことが問題のひとつだ。

仮に、痴漢的な欲望であっても、相手の人格を無視して一方的に触る権利を行使するのではなく、あらかじめ相手との合意を成立させていれば、性的加害にはなるまい。

逆に、現代社会ではマジョリティ異性愛であっても、その欲望を満たすことを一方的な「権利」として行使すれば、罪になるだろうし、罪にならなければなるまい。

いやむしろ、異性愛の延長とみなされる性的加害ゆえに、痴漢的な欲望が悪質さに比して社会で認容されているという印象すらある。


思えば、以前に「LGBT」へ「PZN」を加えようとしていた人々も、異性愛者との線引きは固持するように相対化の対象から外していた。

「LGBT」に「PZN」を付属させようとする人々が、欲求と実行を混乱させようとしたり、先行する言葉を隠している謎について - 法華狼の日記

こう考えていくと、セクシャルマイノリティへの攻撃というだけでなく、やはり性的加害の許容という方向からも小川氏をただしていくべきだろう。当人は逆説の意図があろうとも、その言葉の選択や線引きの対象から、何が加害になるのか根本のところで理解できていない疑いがある。

そもそも小川榮太郎氏は、あの「山口敬之さんを励ます会」のメンバーのひとりとして、有本香氏が紹介していたこともあるのだ。

山口氏は「LGBT」とは表明していないし、「SMAG」とも表明していない。おそらくマジョリティの異性愛者ではあろう。しかしその行為こそ「ふざけるな」といわざるをえないものだった。

*1:痴漢ほど明らかに性的加害へむすびつくわけでもない「お尻フェチ」にいたっては、カジュアル欲望としてむしろ珍しくない部類ではなかろうか。

2018-06-30

[][]“相手が風俗産業に従事していれば、性行為は日常だから、一方的でもレイプにならない”といいたげな暴論を見かけるけど

あえてセックスワーク*1等への差別を無視するとしても、この社会で通用するべきでない主張だ。

たとえば“相手がプロのイラストレイターなら、苦も無く絵を描けるはずだから、広告絵の作成で買い叩いていい”と置きかえてみよう。典型的な搾取がここにある。

*1:念のため、風俗産業とイコールではない。

2018-06-19

[][]自民党の災害対策は悪い意味ですごいな、と思った流れ

震災対応のため問題の追求をいったん停止することを野党側が提案したのに、あえて政権与党は追及が比較的に報道されなくなる時期の委員会を開いた。

そして、災害対応よりも問題追及を野党が選んだかのように産経新聞が報じて、政権与党の議員が同調して野党批判をするという……


さまざまな問題に真摯に対応しようとすることよりも、何もかも政敵批判につなげて分断をあおることが「勝利」につながるかのような光景だ。

2018-06-16 上げたのは2日後

[][]あの「保守速報」を守ろうと主張している市議って、そもそも自身が保守系SNS「FreeJapan」を立ちあげた人物なんだよね

少し前に「もともと『残酷』で有名だった」と自認するツイートが悪い意味で注目を集め*1、最近は懲戒請求扇動ブログ*2への連携表明で注目を集めた*3、行橋市の現職市議である小坪しんや氏。

今度は「保守速報」のような保守系まとめブログからスポンサーが撤退することを危機とうったえて、さらなる悪い注目を集めている。

はてなブックマーク - 【非常事態宣言】保守速報など、まとめサイト閉鎖の危機【支える人はシェア】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

ちなみに小坪氏自身は2015年以前から、テレビ朝日のスポンサーをリストアップする作業をブログ読者とつづけている。

【協力求む】テレビ朝日・スポンサー一覧 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

せめてもの良かったさがしをするならば、自民党の有力国会議員が「ハムスター速報」を応援したり、首相が「保守速報」を引用したことに比べると、影響力が低そうなことが救いか。

生半可なアイロニーで超えられない右翼のリアルで打線組んだ - 法華狼の日記


ただ、はてなブックマークでは気づかれていないらしいことがひとつある。

以前にも言及したように、以前に小坪氏自身も保守系SNSを立ちあげ、「保守速報」に発言が掲載されることを喜んだりしていた。

映画の俳優は演技しているのだと、感動している女性にわざわざ指摘していた理系男子 - 法華狼の日記

小坪しんや市議を知っているだろうか。かつて「FreeJapan」というSNSをたちあげ、今でも「保守速報」にまとめられることを喜ぶような政治家だ。

現在は影響力が落ちているものの、かつてはインターネットで局部的な著名人を集めて、それなりに愛国者内の存在感はあったらしい。

SNS-FreeJapanとは (エスエヌエスフリージャパンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

SNS-FreeJapanとは、月間PV150万を誇る保守系に特化した大規模政治SNSである。というのは過去の話。現在はアクセスランキング上位でも3桁いかず、下位はほぼ1桁アクセスで定着。過疎化している状態である。

中山成彬先生(現在は匿名ユーザー)を始め、木原稔秘書官、武田良太秘書官(結束の会 呼びかけ人)などが会員として活動している。

ニコ動の職人(あゆPやレインボーマン作者、PAC3氏)なども参画。政治系の砦として活動中。

国民が知らない反日の実態wiki 管理人、チラシまとめサイト管理人、報道監視wiki管理人、2ちゃんコテ(麻生花火で有名な方)も参加、mixiからも有名論客が多数参加している。

「FreeJapan」をたちあげたのが2009年で、市議当選が2012年ということから考えると、保守系インターネット活動家が政治家になったという順序が正しいのだ。

2018-06-12

[][][]あくまで「小説家になろう」で自作を発表しているアマチュアのひとりを、サイトの代表のようにあつかうのはやめよう

『二度目の人生を異世界で』の問題*1を受けて、南京事件否定論を主張するhimuwata氏のツイートが、Togetterにまとめられていた。

『二度目の人生を異世界で』騒動を受けなろう小説家、自著の中韓への出版を拒否。また、チャイナ服キャラは台湾人設定へ - Togetter

しかしTogetterでは「なろう小説家」と表記されているが、そもそも作家デビューはしていないと自己認識している。

商業化もされていない現時点では“なろうユーザー”や“なろう投稿者”と表記するべきだろう。

実態以上に表現者としての発言力を大きく見せかけることは、その加害を強めかねない。


もちろん、南京事件否定論者であること自体は批判されて当然ではあるだろう。先日も南京事件否定論を問題視するドキュメンタリ番組が話題になったばかりだ。

『NNNドキュメント'18』南京事件II 歴史修正を検証せよ - 法華狼の日記

また、そのような意識を反映させていくという作者のツイートが本心ならば、作品も評価しづらいものになると予想される。

実際にツイートを読んでいくと、「可愛い」という評価は対象を下に見ているのではないか?という問題意識すらもっていない素朴さを確認できる*2

チャイナドレスという文化に興味が薄いだろうこともうかがえる。台湾にしても都合のいい中国の代替とみなしているだけで、蒋介石が南京事件を主張していたこと*3は無視されている。


ちなみに、中国文化を愛好しつつ現在の中国政府に批判的な小説家がいるが、その作品『創竜伝』は政治批判をふくむ巻も中国で出版されているそうである。

「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む : 創竜伝、政治収容所に殴りこむ巻もちゃんと中国で売ってるみたいです

創竜伝の何が問題かといいますと、作中で頻繁に出てくる政治関連の風刺や皮肉の対象に中国共産党が含まれていまして、天安門事件について言及していたりもします。

更には舞台が中国本土になる巻では主役の竜堂四兄弟が解放軍と戦ったり、共産党の政治収容所に殴り込みをかけたりします。

天安門事件を蔑視の根拠ではなく人権の問題としてとらえて、きちんと作品化して発表できるならば、それはそれで素晴らしいことだ。

*1:私自身も言及はしたが、作品は関連部分に目をとおしたくらいで、あまり全体の状況は追えていない。商業化およびTVアニメ化までされるWEB小説『二度目の人生を異世界で』の作者が、ありふれた保守的思想をたれながしていた件について - 法華狼の日記

*2:もっとも、片言表現は私自身も悩みながら最終的に使用したことがある。この件はブーメランで切腹する気分で書いている。

*3「蒋介石秘録」に見る南京大虐殺 - 誰かの妄想・はてなブログ版