Hatena::ブログ(Diary)

過ぎ去ろうとしない過去 このページをアンテナに追加 RSSフィード

・twitter(最近は此方が中心です)
https://twitter.com/#!/hokusyu82
・インスタントストア
http://astore.amazon.co.jp/hokusyu-22
※本文を読まない匿名コメントが多すぎるので、コメント欄をはてなユーザーのみに制限しました。

2009-04-12

NHKスペシャル『アジアの“一等国”』が伝えようとしたもの

 お返事がたまっている。ううう。

■シリーズ JAPANデビュー 第1回 アジアの“一等国”

http://www.nhk.or.jp/special/onair/090405.html

 さて、台湾問題を扱ったこの番組が「反日」であるという理由で問題になっているらしい。確かに、「そのとき歴史が動いた」ならば「良き植民地主義者」として描かれるであろう後藤新平の差別主義者、弾圧者としての側面を強調するなど、非常に興味深い番組であった。

 しかし、台湾の人々の植民地時代にたいする批判的な証言を多く紹介し、日本支配の抑圧的な側面を取り上げたからといって、それが「親日的な」台湾、あるいは「親日的な」台湾の人びとについて事実を歪めたとする考えは、あまりにも皮相的に過ぎるといえよう。現代台湾の植民地時代にたいするアンビヴァレント性は、以下の記事に詳しい。

■「台湾=親日」

http://blog.livedoor.jp/koshek/archives/51582120.html

 だが他方で、この番組が植民地支配にたいする多様な見方のひとつの「意見」だけをとりあげて紹介したものではないことも事実である。この番組が放映される数日前、深夜に番宣をやっていた。そのときはこの番組がこれほど問題になるとは思っていなかったのでうろ覚えになるのだが、取材を担当したディレクターの発言を紹介していた。台湾の人びとは自分たちに対して非常に友好的に接してくれていたし、植民地時代を懐かしく思う声もあったが、ある瞬間にはその表情が一変し、日本に対して非常に厳しい声をあげるときがある。その印象が自分には強烈に残り、その豹変は一体、何に由来するのかということに興味を覚えた、と。

 単に、植民地時代を良く言う声もあるが悪く言う声もある、ということではない。植民地支配にたいする評価が、証言の中で豹変する瞬間、その地点に台湾植民地問題の本質がある。この番組は一貫してその点を追求していたように思えた。日本にたいする各々の証言は単にそれ自体での日本にたいする告発ではなく、むしろその証言を話す主体が、いかに日本の植民地支配によって構成されてきたか、という問題を提示していた。流暢な日本語を話し、「生き生きと」軍歌を歌う台湾の老人たちが語る「自分達は天皇陛下のために戦ったのだ」という証言は、その証言の内容を超えて、われわれ日本人にたいしてあるメッセージを投げかけてくる。

 そもそもシリーズタイトルが示すように、この番組は「台湾問題」についての番組ではなく、「日本問題」についての番組であった。植民地時代は台湾にとってどうであったか、ということではない。日本がいかなる視線で植民地台湾を眺めていたか、ということが問題なのだ。たとえば、この番組ではロンドンの博覧会に日本が台湾「原住民」を「展示」した*1ことを取り上げていたが、それは日本が植民地に向けていたコロニアルな視線を浮き彫りにし、またそのようなコロニアルな視線の獲得こそ日本が「文明国」の仲間入りをする条件であったという事実から、「近代」とは何だったのかという本質的な課題を提示するものであった。単に、学校をつくったことは良い支配、でも現地の人を差別したことは悪い支配、といった表面的な見方ではなく、学校の建設も現地人の差別も、植民地に対する日本の視線、あるいは植民地というものが日本において果たした機能において同じ構造にあったのだ、ということを、この番組では読み取れるように構成されていたと思われる。

 台湾は「親日」か「反日」かという議論は、「台湾問題」を「日本問題」として捉えていないものであり、したがってこの番組の意図を正しく読み取れていないのである。「親日」的な証言と「反日」的な証言それ自体ではなく、その両者の結節点(あるいは分裂)が重要なのだ。良い植民地主義と悪い植民地主義があるのではなく、ただ植民地主義がある。この番組はその問題に真正面から取り組んだ意欲的な番組であり、「反日」的であるというようなくだらない批判に萎縮することなく、次回作に取り組んでほしいと思う。

*1:番組では触れられていないが、このとき、台湾だけでなくアイヌなどの少数民族もまた「展示」させられていたのである。

gingin1234gingin1234 2009/04/12 16:53 だからって、証言してくれた人の真意を歪めるような報道をしていいと言う事にはならないと思うのですが。
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-716.html

そういう意図なら、そもそも台湾の人に「証言」なんてしてもらわず、歴史学者でも登場させれば良いのです。視聴者には「裏に隠された意図」など見抜く義理などありません。ただ、そこにある放送を見るだけです。
誤解されたくなかったら、持って回った言い回しではなく、外国のドキュメンタリーのように、「正確」「簡潔」でありながらも深淵な番組を作れば良いだけです。このような良質なドキュメンタリーを作れないから、日本のマスメディアは旧ソ連を作っていた国や、民主化してまだ20年ほどの台湾以下の実力しかないと評価されるのです。

hokusyuhokusyu 2009/04/12 17:12 「真意」と「ありのままの姿」は別です。岡真理『彼女の「正しい」名前とは何か』を読んでください。
少なくとも、放送では当該の台湾人が「反日」であるとか、日本に対して常に批判的であるとか、そのような扱い方をしていたわけではありません。植民地支配にたいするアンビヴァレントな意識がテーマであるとき、そのような部分を放映しただけです。
あと、意図は隠されていたというのはあなたの読解力の問題であって、あの番組を見て台湾は「反日」であるという単純な見方しかもてなかったのは視聴者のリテラシーの問題であって番組の責任ではないでしょう。
NHKスペシャルの良質性は、海外でも何度も賞を受賞しているくらいには証明されていますが、あの番組はその中でもかなり良質だったと思いますよ。

usokiusoki 2009/04/12 18:19 『靖国』の時と同じ展開すぎて、デジャビュのめまいがしました。
ジョン・H・アーノルド『1冊でわかる 歴史』(岩波書店,2003)の第7章、「真実の語り」が参考になりそうなケースですね。

Gl17Gl17 2009/04/12 23:42 むしろ真意がどうとか一方的に押し付けているほうが、余程「歪めて」いるようにしか見えない。

tenten 2009/04/13 03:10 こんばんわ。

今回の問題で、反日的であるとか親日的な部分をゆがめているとかという部分は、
おっしゃられる通り、皮相的な部分はあるかもしれません。

ですが、今回問題を提起されている方々がおっしゃられているのは、
特定の勢力に組するような、歴史的な事実に基づかない情報
もしくは十分に検証されていない情報が
(NHKの編集権はもちろん認められるとは思いますが)
意図的にちりばめられていたことであります。
個人的には番組にとても荒削りな印象を受けました。

すでにあなたがおっしゃられているような
反日、親日ということが問題なのではなくて、
歴史的な事実の検証が進められているフェイズに進んでいるんだと思います。

そういう意味で当エントリーこそ、皮相的な部分しか
汲み取れてないじゃんと思った次第です。

hokusyuhokusyu 2009/04/13 11:52 >tenさん
「特定の勢力に組するような、歴史的な事実に基づかない情報」とは具体的にどの部分でしょうか。台湾史にそれほど詳しいわけではありませんが、あの番組において事実に関して論争的な部分はなかったように思えます。
たぶん、あの番組を見て「特定の勢力に組するような、歴史的な事実に基づかない情報」があると思ってしまったとすれば、それはあなた自身が相当偏向している証拠だと思います。ネットの情報だけでなく、まともな歴史家が書いた台湾史の著作など読まれてはいかがでしょう。

YKYK 2009/04/13 12:22 今、ケータイで『去』という字をググったら、このブログが3位に!

tenten 2009/04/13 21:07 hokusyuさま

こんばんわ。

「特定の勢力に組するような、歴史的な事実に基づかない情報」について、ここにコメントとして記述するには少し長くなると思いますので、どこかでエントリーできればと思います。ネット上の情報でもきちんと見定めることができればどんな問題があったか知ることはできると思います。

ネットの情報だけを取り入れるではなく、歴史家の台湾史に関する著作について読むことはすごく賛成です。台湾関係の書籍は、GHQの焚書によって、当時の書物の多くは失われているとは思いますが、その後に発行されているものでも当時の雰囲気を伝えるものはたくさんあると思いますし、そういう意味でこの問題で台湾に興味を持った人が増え深く学ぼうという人が増えることはとてもよいと思います。

私自身は、仕事柄台湾に行くことも多いので、焚書以降のあらかじめ統制された言論空間で満足するのではなく、番組にでていたような先輩方にお話を聞いて理解を深めて行きたいと考えています。

あと、私が偏向しているのでは?ということですが、祖父が戦前から台湾で公の仕事についていたことと、敗戦による引き上げによって、祖父や祖母がたいへんな苦労をしてきたのを見てきたので偏向している部分はあるかもしれません。

hokusyuhokusyu 2009/04/13 22:36 GHQの焚書って。
日本の焚書ならわかります。占領が始まる前に資料を燃やしたというあの。

usokiusoki 2009/04/13 22:50 江藤淳『閉された言語空間』のことかと。

hokusyuhokusyu 2009/04/13 22:55 あー、あの"WGIP"とかいう・・・。
また陰謀論か!

tenten 2009/04/13 23:35 >usokiさま

不勉強ですみません。
江藤淳さん『閉された言語空間』という本、初めて知りました。
結構有名な本みたいですね。。

>>hokusyuさん

陰謀論って言葉、そういう風に使うのですね。勉強になります。

nanashinanashi 2009/04/14 09:39 台湾人である金美齢氏が「あきらかな偏向報道である」とコメントしていることに関してどう思いますか?
台湾人ですら怒るような番組を、日本人に見せる意図はなんでしょうか?

uedaryouedaryo 2009/04/14 11:42 nanashiさん

横レス失礼いたします。
金美齢氏の「親日」的発言は多分に政治戦略的なものです。額面通り受け取らないほうがいいですよ。
詳しくは拙ブログの拙エントリーをどうぞ。
http://d.hatena.ne.jp/uedaryo/20090221/1235197113

hokusyuhokusyu 2009/04/14 11:59 >nanashiさん
むずかしい問題ですが、当事者の自己認識が間違っている場合があります。
それに、金美齢氏らのグループは台湾人の一部にすぎません。
本文中にもあるように、重要なのは証言そのものよりも証言を構成する状況なんです。

おもれ観たこれおもれ観たこれ 2009/04/15 19:10 これはもう完全に一方的な偏向番組だと思う、事実誤認だとか言う以前に、本当に物事調べた
のかが気になります。個人的にウィルソンの民族自決について、ちょっとググればすぐに
これの裏表がわかるはずなのにそれが世界の潮流でそれに反した日本は失敗と、、、。

私はこれ見て解約を決意して今解約届けを書き終わったところです。

日本の当時の台湾統治に文句があるならまず自分ならどう統治したのかを
教えて欲しい。

kinorikinori 2009/04/15 19:59 >hokusyuさん
はじめまして。初めてコメさせていただきます。

>gingin1234さんの
>だからって、証言してくれた人の真意を歪めるような報道をしていいと言う事にはならないと思うのですが。

に対して

>hokusyuさん
>「真意」と「ありのままの姿」は別です

と答えてられますが、ここでいわれてるのは
被取材者 柯徳三氏
>http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-716.html
の「真意」と「ありのままの姿」ってことですよね?

hokusyuさんが考える この場合の
「真意」と「ありのままの姿」って
具体的にいうとどういう内容なんでしょう?

越前谷越前谷 2009/04/15 22:55 もし台湾を語るとするなら、内省人と外省人の存在、そして外省人による内省人への弾圧、圧政を抜きにして、台独派〜なんぞと語るのは笑止に堪えないと思う。ところがNHKはそのことを無視し、植民地政策による〜ばかりを強調したためおかしなことになってしまった。また内省人は戦前の植民地下の台湾と、大陸を中共に追い出された国民党による占領下での外省人による支配とを比べて、どちらが良かったかを理知的に理解している。ところがNHKはその部分を間違った伝え方をしてしまったのだと思う。たしかに当時のこと、台湾の方に不快な思いを抱かせる結果となることもあったかもしれない。しかしそれは当時の日本を含む全世界が異文化、異民族に対して偏見、及び嫌悪感をもっていたと考えられるのではないでしょうか。まだまだ開かれた世界とはとてもいえない時代なのですから。そのような時代背景において日本が台湾において行った役割が非難されるようなものであったとは思えない。そのことは当時を知る台湾の方が冷静に見つめておられ、今回の放送はどのような理由をつけようと製作者の浅はかな意図によって制作されたものであり、どのようにそしりを受けようと仕方がない。

hokusyuhokusyu 2009/04/16 00:03 >おもれ観たこれさん
>それが世界の潮流でそれに反した日本は失敗と
そんな描き方はしていなかったでしょう。
裏があったにも関わらず、ウィルソンの民族自決が独立運動において影響があったのは確かであり、事実、インドなどでは不十分ながら自治権獲得にいたった。しかし日本はそれにこたえなかったばかりか逆行までした、ということです。
 
>kinoriさん
んー、簡単にいえば、語られたことそのままが事実であるわけではない。語られたことと、その語られた背景を総合していくことで、事実というものが浮かび上がっていく、ということでしょうか。本人が「真意」はこうだと言ったことによって即、彼が語ったことの重要度のランクが決まるわけではないのです。

>越前谷さん
そのような、国民党の支配と比べて日本が相対的にマシであるとか、そうした見方が皮相的だといっているのです。植民地支配という問題にたいして、アンビバレントな側面は必ず存在するということです。

kinorikinori 2009/04/16 01:31 >kinoriさん
んー、簡単にいえば、語られたことそのままが事実であるわけではない。語られたことと、その語られた背景を総合していくことで、事実というものが浮かび上がっていく、ということでしょうか。本人が「真意」はこうだと言ったことによって即、彼が語ったことの重要度のランクが決まるわけではないのです。

質問に答えていただいてないようですね

私の
>ここでいわれてるのは
>被取材者 柯徳三氏
>http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-716.html
>の「真意」と「ありのままの姿」ってことですよね?

に対して特に記述がないので了解してもらってるようなので、
ここでは
柯徳三氏の「真意」= 柯徳三氏が心の中で思っていて、私たちに伝えたいこと
柯徳三氏の「ありのままの姿」=実際に柯徳三氏が発した言葉
ということになると思いますが、これについては異論はありますか?

もし同意されるとすれば、hokusyuさんが考える
柯徳三氏の「真意」= 柯徳三氏が心の中で思っていて、私たちに伝えたいこと
ってどのような内容なのでしょうか?具体的にお聞かせ下さい。

hokusyuhokusyu 2009/04/16 01:35 >kinoriさん
「ありのままの姿」というのは、このテーマすなわち植民地問題ということですが。
番組で伝えることを決めるのは番組製作者です。
そして、「柯徳三氏が伝えたこと」のどの部分を使うかという問題において「柯徳三氏が伝えたいこと」を使う場合、植民地問題の「ありのままの姿」を反映しなくなると判断したならば、当然、柯徳三氏の意図に反した部分を使うということになります。それが今回の編集であるということです。

越前谷越前谷 2009/04/16 12:32 >そうした見方が皮相的だといっているのです。植民地支配という問題にたいして、アンビバレントな側面は必ず存在<
ところがそうした見方をすることなく、あなたのような考え方のみに重点を置き、一方的な報道を視聴者に浴びせかけ、己の意図を宣伝するため編集によって回答者の意図とまったく違ってしまう印象操作とも受け取れる放送をし、当時の台湾の実情や日本の統治の実情をゆがめて放送することに問題があるのは明白なのですが。NHKはその実情がどうであろうと、海外の一般の人から見れば日本の公共放送なのですよ。当然日本の公共放送であるというそのことを信用して答えているわけです。その公共放送があろうことか自身の言いたいことを隠匿し、あまつさえ印象操作ともとれる編集までおこなっている。これが問題なのです。放送法どうのこうのは国内にあってこそ言い訳程度にはなるでしょうが、他国においてそのようなことをすれば、たんに日本の公共放送に騙されて、中国共産党の宣伝工作に利用されたと思われるのはいたしかたないことです。今回のNHKの放送は彼らの信頼に対する裏切り以外のなにものでもありません。NHKはなにがしたくてどのようないとがあって放送したのでしょうか。当時の台湾のありのままのすがたを伝えたかったのでしょうか、それとも日本を悪者にして自虐史観を強く植え付けることが目的だったのでしょうか、それとも製作者のなんらかの思想的宣伝工作が目的だったのでしょうか?

hirasan000hirasan000 2009/04/17 20:43 台湾人の思いと事実って相反するものなのかもしれないんじゃないでしょうか
難しいですね・・・植民地支配って。

aruja-nonaruja-non 2009/04/26 04:43 番組では触れられてないアイヌのことを書いているけど、「漢民族の誇りにかけて戦った」とか、「何百万の漢民族」とか、「漢民族」を連呼してることについてはどうお考えなんでしょうか。
生物学的には漢民族の女がいないと同じ民族とはいえないと思うんですけど。

それから、「台湾人は親日と言われていますが」というナレーションと、「日本人は俺たちを馬鹿にしよって」と悔しがる映像だけを見せられたら、「台湾人の親日は都市伝説なんだな」って思いますよ。
日本語をしゃべるのも日本人ですら知らないことを覚えているのも洗脳の結果、日本の悪行の成果としか表現されていませんでしたね。

「台湾が発展したのは日本のおかげ」とは、どっかで聞きましたが、世界中のパソコンのマザーボードを作ってるのは台湾だということを考えれば、日本は世界中にパソコンを広めた恩人だとも言えると思います。

ところで、中国は偽造コンピュータを売りつけてコンピュータを誤動作させるのが得意ですよね。もし台湾が中国に編入されたら世界中のコンピュータは使い物にならなくなります。

中国は世界中の企業に対して、ソースコードの開示を要求しています。
台湾が漢民族の国として成立すると、世界中のコンピュータに組み込まれたソフトウェアのソースコードは中国の所有するところとなります。

世界中のすべてのコンピュータが中国の支配下に入るんです。

aruja-nonaruja-non 2009/04/29 07:40 民主党の岡田さんは中国人に参政権与えるって言ってるってホント?

在日朝鮮人と在日中国人合計すると、国会議員10人くらい送り込めるわけだけど、これって法案提出可能な議席ですよね?
まあ、今の国会議員秘書は統一教会がやってるから実質朝鮮人が日本政府を動かしてるようなもんなんだけど。

s-ryoos-ryoo 2009/04/30 09:07 日本の植民地だった時代にも霧社事件のような抗日争乱事件はありましたから、日本の支配に対する反発はあったでしょうね。
私の知る台湾人はこんな風に言ってました。「日本支配時代にお前らは中国人だと言われていたので、戦後中国に返還されて祖国復帰だと喜んだ。ところが大陸からやって来た人たちは私達には全く理解出来ない北京語という言葉を話し、これが我が国の国語だと押し付けた。祖国復帰は幻想だった。北京語を話す人達と私達が同じ民族だなんてとても信じられない。だから台湾人による台湾を求めて台湾独立運動を始めたら国民党政府は戒厳令で弾圧した。国民党政府の弾圧が余りに厳しかったから、これならまだ日本支配時代の方がましだったと思うようになった」。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。