北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2003-11-10 与党の勝ちか

遁甲挨星の基本  遁甲挨星の基本を含むブックマーク  遁甲挨星の基本のブックマークコメント

2chの内藤公スレだったか、奇門遁甲の勉強を始めたいスレに出ていた以上、もう公表されたに等しいので、遁甲挨星の考え方をまとめておこう。

おそらくは元空大卦法と気学挨星がベースになっていると推測できるので、まず気学挨星の話から入ることにする。今時刻を6月25日16時とすると、壬申刻で四緑となる。このとき紫白星は図1のような配置となる。時支の申は坤宮と対応しているので、坤宮の一白を中宮においた紫白星の盤を元の盤に重ねると図2となる。次に紫白星をその定位に基づいて小成八卦に変換すると大成卦が得られる。これが挨星卦である。五黄をどうするかは昨日も言ったように「秘伝元空占術」に書いてあるから熟読すること。

■■■
__
__
__
__
__
__
__
__
__
__
__
__
__
__
__
__
__
__
■■■
噬火
盍雷

遯山

困水

剥地
■■
■■
大雷
壮天
中風
孚沢
同天
人火

謙山
図1 ■■■ 図2 ■■■ 図3
図4

遁甲挨星では図2における天盤紫白星の配布順を奇門遁甲の地盤によって決定するというところが気学挨星と異なっている部分である。例としてあげている時刻は陰三局なので、地盤の配置は図4のようになる。時刻の干支である壬申は甲子旬なので旬首六儀の戊、時干の壬とも中宮に入っていないので通常の配布法となる。この通常の配布法が内藤文穏公と高島青龍公では異なっており、高島公のやりかたでは陽遁時は逆に飛泊させることになっている。例は陰遁なので結果として御両所の方式とも得られる挨星卦は図3と同じになる。

[]御宗家からのコメント 御宗家からのコメントを含むブックマーク 御宗家からのコメントのブックマークコメント

消せば書いた事実がなくなってしまうと御考えのようなのでこのやり方で行くことにした。

kouun 『メールの管理責任があなたにはあったはずだ。それが原因になった以上、

あなたの責任は免れない。フォーラム管理者としての責任もね。訴訟を検討して

いたのは事実で、脅迫などではない。粘着型のあなたには無理だとは思うが、お

互い前向きでないことはもう止めようよ。』

この件については以前の私のメールで決着が付いていたはずだが。以下に引用しておく。

>>  玄氏がもはや問題にしていないと思われる事項を蒸し返すわけ

>> ですか。玄氏の要望があれば、私信ではありますが当時の内容を

>> 公表してもいいですよ。


と条件付ながら公表してもよいとしたものであり、運営上必要と考

えられる数名に回送したことに問題はない。必要であれば玄さんか

ら要望とやらをいつでもとってあげよう。


                   −北斗柄@XXXXXXXX−

私のフォーラム運営理念と反対のことをコソコソやってる御仁に対して正しい対応だったと今でも思っているよ。しかし「もう止めようよ。」という割りに付き合いがいいねぇ。フォーラム会議室と違ってイヤなら見に来なければ済む話なんだよ。

kouun 『造作法で危ないことを書いたからチェックしたまでだ。どっちにしろ、

あなたの遁甲の腕前を信じたら危ないことになるのはこれで判明した。それでは。』

なんか意味不明のことをノタマウね。私の造作法が効果があるといってるのかそうでないのかどっちなんだね。ま、小泉、石破、川口には大いに危ない目にあって欲しいと願っているよ。私の友人が戦地に派遣されてしまう可能性が高いからね。

kouun 『baka』

kouun 『baka』

kouun 『baka』

こんなのは2chの厨房でも今時はやらないね。よっぽどやましいところがあったんだろうと思われてもしかたないね。

光雲 『2chに毒された北斗くん』

2chの厨房以下のことをやった御仁から言われても何の説得力もないね。

光雲 『ストリッパー北斗屁!』

光雲 『本家粘着北斗柄』

光雲 『粘着度では私は負けるよ』

心理学的投影ってのが図星だったみたいね。いやここまでツボに刺さった反応が返ってくるとは思わなかったよ。

光雲 『玄さんの限界事例テストの意味合いがわからなかったのは君のほうだよ北斗君』

一応、玄さんに確認してみたよ。私は正しく理解していたと太鼓判を押してくれたよ。まさか自分の脳内世界と現実の区別がつかなくなってるなんてことはないよね。もしそうなら精神科を受診することをお勧めする。そういえばあの当時、君も少しはものの判った人間かと思って以下のように言ったんだよな。

内藤さんの旋式遁甲では、挨星卦を出すのに実は符使式の地盤九干

が必要なのは、光雲さんの言われる通りです。この地盤の配置によっ

て、挨星卦を作る場合の上卦に相当する九宮の配布の順逆が影響を

受けることになるわけです。

ほら私はちゃんと地盤で配布順が決まるといってるだろ。しかし君がこのことを理解できてなかったとわかったとき、もうみんなで大笑いだったよ。その後、黒門さんだったか震さんだったかの掲示板でやっと理解できるネタを見つけたんだよね。しかしその直後に2000円でそれを売りに出したのを見たときは本当に唖然としました。これが内藤公を尊敬していると常々言ってる御仁のやることかとね。

光雲 『君は紫微命宮天梁星だから南斗に改名したほうがいいのじゃないかな』

奇門遁甲命理では誰でも必ず北斗の星を持つんだけどね。*1しかし何でこんなことをいきなり言い出すのだろう??ああそうか、一時閉鎖中の公伯さんの掲示板で私をケナシていた真北斗というのは君のことだったりするのか。もしそうならハンドル変えてコソコソやってるのはここだけじゃなく色々な所ということになるな。

光雲 『やってくれたぜ南斗くん!その恨みで2chに書き込んだんだろう。

あの際南斗くんしかああいう書き込みをする者はいないだろうし。

二重人格的にイッヒッヒと書いちゃったんじゃないの?』

何を言ってるのかよくわからないが、証拠もなしに私が何かやったというのはこれで2例目ですな。ちゃんと自分の脳内世界と現実の区別がついてる?

光雲 『関西系やくざ風南斗どの』

ますます意味不明。しかし私がこんな一連のコメントで行動を何か抑制したりするはずがないのは君もよく知ってるはずだけどね。そういえば私とやり合ってることについて、君のところの掲示板では何も言及してないね。やっぱり厨房がはじけてるような場面は、御信者?お弟子さん?お客さん?には見せたくないか。

*1:天蓬九星は北斗七星と輔弼の2星をその根源に持つ。そして天蓬九星の母である斗母元君は仏教の摩利支天尊と同一であるといった掘り下げると面白い話は色々ある。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20031110
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.