北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2003-12-16 占いの話はしばらくネタ切れ

義理をした日が続く  不義理をした日が続くを含むブックマーク  不義理をした日が続くのブックマークコメント

先週から何か疲れた感じが続いて色々不義理をしてしまった。

震さんきたる  震さんきたるを含むブックマーク  震さんきたるのブックマークコメント

もう先々週になるが、震さんが所用でこっちにしばらく滞在ということだったので、無理を言って鎗田道場で落ち合う。積もる話色々。田中さん合流するも仕事で呼び出されてしまい、中途で退場。途中から大石さん黒門さんも合流。更に積もる話色々。震さん、誰某*1について語る時、苦虫を噛み潰したような顔をする。

震さんの空手を始めて見せてもらったが、まるで映画のような動き。宙返りをしながらの蹴りは驚きました。道場にあったミットで震さんの蹴りを受けてみたが、ちょっと生身で受けたくはない衝撃がミットを通してズシズシくる。大石さんは抜刀術を披露してくれたが*2、足が八卦掌していてちょっと面白かった。

実はこの日の次の日には、鎗田道場で新体道の秘密ワークショップが開かれるということで、新体道のTさんが合流。Tさんと震さんが同じ空手の型を披露してくれたが、全く異なる印象だった。新体道の動きは実に柔らかい。普段は眺めてばかりだけど、新体道の技を2手教わった。このときのTさんから受けた印象から、新体道についてある仮説を持った。

明日の秘密ワークショップを見学させてもらうことにしていたので、名残惜しいけれども電車がある間に帰宅した。楽しい一日だった。

新体道秘密ワークショップの見学  新体道秘密ワークショップの見学を含むブックマーク  新体道秘密ワークショップの見学のブックマークコメント

普段はUSAで新体道の師範をされているI先生が帰国されているのに合わせて、新体道秘密ワークショップが鎗田道場で開かれることになり、見学を許していただいたのでずうずうしく午後一から鎗田道場に乗り込む。

稽古を見学していて前の日の仮説が確信に変わった。新体道では相手の制圧ではなく相手との対話を第一の目的としている、と。稽古においても相手との対話が重視されているようで、見ていて「あなたと気を通して対話できて嬉しい、気持ち良い」という感じ*3が伝わってくる。楽しい雰囲気を身体で受けて、緊張が緩んだせいで不覚にも少し眠ってしまった。

懇親会で「新体道では相手の制圧ではなく相手との対話を第一の目的としているのではないか?」という自分なりの考えをI先生にぶつけてみた。「確かにそういう所はある」との答をいただいて、何か嬉しい発見をしたような気になった。整体の方法を教わったし、有意義な一日だった。

ラブセン収録風景の続き  ラブセン収録風景の続きを含むブックマーク  ラブセン収録風景の続きのブックマークコメント

出川哲郎さんの回の収録にそなえて、林先生は衣装替え*4をし、服に合わせて髪型を変える。控え室で出川さん用の準備について少し話す。結局出生時刻はわからなかったが、行動パターンから見て従格なのは間違いなさそうということで準備は万全だった。

そこへディレクターさんがやってきて制作サイドからの要望を出すが、向こうの要望と林先生の見立てがほとんど一致していて、ディレクターさんの方が驚いていた。

収録時間は放映時間の3倍くらいあって、出川さんが現在お付き合いしている彼女と結婚するのに良い時期はと真顔で聞く場面等見所は満載だったが、実際に放映されたのは一番面白そうなところがちょびっとという感じだった。

*1:あいつだよ、あいつ。

*2:夜中の奇行というやつである。

*3:ひょっとすると女の子とHするよりも気持ちいいのかもしれない。

*4:迂闊にも着替えのときまで控え室にそのまま居ようとしてしまった。気が効かないヤツである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20031216

2003-12-04 ほんとに日記

perlに遊んでもらう  perlに遊んでもらうを含むブックマーク  perlに遊んでもらうのブックマークコメント

ここ数日 perl で HTTP プロトコルを使ったデータのやり取りに挑戦している。*1理由は秘密。多分 CPAN とか使えば楽チンなんだろうけど、サンプルをネットで拾ってきてゴツゴツ書いて、何とかデータをゲットできるようになった。後はこれが使われる予定のところの状況を確認する必要がある。*2

めずらしく予定が詰まる  めずらしく予定が詰まるを含むブックマーク  めずらしく予定が詰まるのブックマークコメント

金曜から公私を含めて予定が一杯になった。

*1:ほとんど GET だけだけどね。

*2:認証とかかかってたらどうすればいいのだろう?HTTPSだったらどうしよう?

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20031204

2003-12-01 最近占いの話をしてないな

THE-FORTUNETELLER.COM を仮オープン  THE-FORTUNETELLER.COM を仮オープンを含むブックマーク  THE-FORTUNETELLER.COM を仮オープンのブックマークコメント

後はアップローダを作ってユーザがアップロードできるようにすれば、一応の形は整う。スタイルシートを導入したが、ブラウザによって表示が異なるのに少しムッとしてしまった。そういえば林先生のページから THE-FORTUNETELLER.COM へ来た人がいて少し驚いた。*1しかし、Office HOKUTO をどういう形で THE-FORTUNETELLER.COM に持ってくるかでまだ考えがまとまっていない。

大石さんはやはり影響力が大きい*2から、玄学舎のページにも"Powerd by THE-FORTUNETELLER.COM"を入れさせてもらおうかなぁ。劉氏真伝奇門遁甲とか鈴木星翔さんの活学活用とかも誘致できると少しはドメイントップもにぎやかになるんだが。

下らないカルトの存在を知る  下らないカルトの存在を知るを含むブックマーク  下らないカルトの存在を知るのブックマークコメント

最近、下らないカルトの下らない話を聞いた。そのカルト教祖は「仏陀の生まれ変わり」を自称しているそうだが、もうここでアウト。仏陀は悟りを開いて輪廻を脱出した存在で、それ故に生まれ変わったりしないということすら知らないらしいし、それを聞いて信じる信徒も無知というしかない。

酷いのが病院にくる患者の7割は憑物が原因といってるらしいことで、こんな教えは病気治療の妨げでしかない。こんなデタラメいってても信徒はそれなりにいるらしいから、人間の無明は深いとつくづく思う。

そういえば、そのカルトではムー大陸の伝説を肯定しているらしいが、こんなものはプレートテクトニクスの研究で完全に否定されている。私はこんな作り話よりも、古代ポリネシア人達はカヌーで太平洋を行き来して広大なポリネシア諸島の間で共通の文化圏を築き上げていた、そして日本もその一部だった、という話の方が遥かに夢を感じる。

イラクでの襲撃事件  イラクでの襲撃事件を含むブックマーク  イラクでの襲撃事件のブックマークコメント

神浦さんのコメントを読むこと。

TVで川口外務大臣の弔辞を聞いて非常に不愉快になる。ほう、「信じられない事態」というかね。外務省はイラクの情勢をどう分析していたんだね。そんなこったから貴重な人材を散らしてしまったんだよ。「2人の時間が短くて」、そうかい、はっきり言ってあげよう、外務省としてまともな情勢分析をやってないか分析がまともだったとしても、それに基づいた判断をしてないから2人の時間が短くなってしまったんだよ。こんなことでは犠牲になった2人が「最初の2人」になっちゃうぜ。

*1:実は驚く程のことではなくて、多分、色々御世話になってるあの人だと思う。

*2大石さんのコラムを更新したらすぐ2chにその話が出てた。

picopico 2003/12/01 20:24 ども、ご無沙汰してます。お元気そうで何よりです。以前勧誘された宗教が同じようなコト言ってました。それとは別に阿弥陀如来の化身ってのにも誘われた経験アリ。どうせなら、もっと面白い事を思いついてもらいたいもんですね。

hokuto-heihokuto-hei 2003/12/01 20:38 おひさしぶりです。何とかやってます。そのうちまた会いましょう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20031201
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.