北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2004-10-08 もう一つ

人の巻配信開始*1  人の巻配信開始*1を含むブックマーク  人の巻配信開始*1のブックマークコメント

圓寂坊さん「六壬占断口訣 人の巻」の配信を開始された。ただ一般向けの内容ではなく六壬研究者向きである。

六壬神課、奇門遁甲、太乙神数の三式は過去においてれっきとした軍事技術であり、将官級の人間は−実際の運用にあたっては専任の人間を置くとしても−どのような術であるか知っておくべき存在であった。中でも六壬は軍の運用に直接に結びつくものとして重視されており、太白陰経李筌)で解説されているのはもちろん近代的な内容を持つという評価のある紀効新書(戚継光)でにも解説があると聞く。

六壬占断口訣 人の巻」はこの軍事技術としての六壬の解説ではあるが、「占選将」で太常を将軍(単なる将軍ではなく派遣軍司令官)の類神としているなど、六壬が生まれた時代の記憶を伝えている。司令官級の将軍と太常の関連性は、玄珠さんが掘り起こした漢代の記録と一致しており非情に興味深い。六壬の象意を深く極めたいなら読んで損はない。

なお付録の六壬護身法は非情に簡便ながら験のある術と感じている。実は圓寂坊さんから「人の巻」評価の依頼があってデータを送ってもらった直後に、自動車を運転する前に護身法を修した。目的地への途中に踏み切りを越えたすぐT字路にぶつかる所があるのだが、T字路を左折したところでいきなり自転車を大きく左右に振りながら加速中のおばあさんと出くわした。一瞬ぶつかったかと思ったがなんとかすれ違い、護身法を修していてよかったとホッとした*2

話は自己言及にもどる  話は自己言及にもどるを含むブックマーク  話は自己言及にもどるのブックマークコメント

これまで書いてきたように私は自己言及性では占いが当たることを説明しきれないと考えているが、この自己言及性は依頼者とのコミュニケーションにおいて非情に重要であるとも考えている。

はっきりいって依頼者は切羽詰っている割には占い師の言うことをまともに聞いてないことが多く、依頼者にとって楽に受容できる内容だけを選択的に聞いていると考えた方がよい。従って占い師は依頼者が自己言及を受けてどう反応するかを予測しながら話をする必要があるだろう。

宮本悦也の流行学によれば人間が新たな情報を受容する場合に3つの形態がある。

  • それまで受容してきた情報から構成される既成概念から連想できるものとして受容する。
  • 既成概念に組み込むことができるが意外性を感じるものとして受容する。宮本悦也はこれを弱い意外性と呼んでいる。トリビアでヘェーと感じるレベルとでもいっておこうか。
  • 既成概念に組み込むことができず、とりあえずこれは別という形態で既成概念と対立するものとして受容する。宮本悦也はこれを強い意外性と呼んでいる。この強い意外性を持つ情報が強いと既成概念の転換が発生する。

占い師にとってやっかいなのは、強い意外性を持つであろう情報をどうやって依頼者に正しく受容させるかという場合で*3、おそらくは論理による説得と暗示をうまく連動させることが必要だろう*4。理想は京極堂が憑き物を落としたり付けたりするときに使っている方法だろうが、これも御話だからうまくいってるわけで学には多分ならないだろう。

閑話休題  閑話休題を含むブックマーク  閑話休題のブックマークコメント

天使如来が同格だなんて発言したら、

  • まともな仏教徒なら「法身である如来と所詮は良くても天部の存在が同格とは、何にも知らない割りに変なことを言うやつだな。」
  • 敬虔なキリスト教徒かムスリムなら「造物主の使徒と異教の神が同格とは、造物主を侮るにも程がある。」

ってな反応が返ってくるだけだろう。本気で大天使如来が同格って言ってるのなら、アラブ世界でムスリムを前に一説ぶってもらいたいなぁ。さぞかし見ものだろう。世界各地の信仰対象を集めて格付けなんてタチの悪い遊びができるなんて日本くらいのもんだろうな。日本てホント平和だ。

*1:10/09に配信が開始されたのでそれに合わせて一部訂正しました。

*2:ま、この話をどう感じるかは人それぞれだが、私は験があると感じている。

*3:多分、ほとんどがコレだろう。

*4:いうこと聞かないと地獄に落とすぞって脅す方法だけは使いたくないよね。

光雲光雲 2004/10/08 19:28 >>大天使と如来が同格だなんて発言したら、

まともな仏教徒なら「法身である如来と所詮は良くても天部の存在が同格とは、何にも知らない割りに変なことを言うやつだな。」
敬虔なキリスト教徒かムスリムなら「造物主の使徒と異教の神が同格とは、造物主を侮るにも程がある。」
ってな反応が返ってくるだけだろう。本気で大天使と如来が同格って言ってるのなら、アラブ世界でムスリムを前に一説ぶってもらいたいなぁ。さぞかし見ものだろう。世界各地の信仰対象を集めて格付けなんてタチの悪い遊びができるなんて日本くらいのもんだろうな。日本てホント平和だ。

 そういう考えだから、君は排外的なんだよ、きっと。
 あと、君のは知識だけで、信仰心が欠けているようにも見えるけどね、北斗柄君。

ぺーぺー 2004/10/08 21:48 光雲さん。 知識のない信仰心はオーム真理教と同じで、キチガイとみなされますよ。あなた○チガイなんですか?

araraarara 2004/10/08 23:19 えーと、道教も似たようなことを考えそうなかんじしない?
道教の神様としては、キリストも居ればお釈迦様もいればムハンマドもありなワケだし。
つーことはアジア全土みな平和ってやつだね。あっはっは。
あと、僕個人の意見としては、中東圏の問題は宗教問題ではなくって貧富のもんだいではなかろうかとかおもってみたりみなかったり。・・・

光雲光雲 2004/10/09 00:27 ↑あのー、私は北斗柄氏に言っているので、特にペーさん、横から余計な茶々入れるの止してもらえますか。迷惑かけたくないので。それに、あなたみたいな人と同類に見られたくないので、私自身もすごく嫌です。宜しく。
araraさん、あなたのも少しお気楽すぎる考え方だと思います。少なくとも道教にそのような考えがあると聞いたことがありません。私は観念の遊戯をする目的でここに来る程暇ではないため、いい加減な発言者は”Get out of here!”
もっとも、家主さんご自身が宗教に対しお気楽な考えしかお持ちでない場合、君達酔っ払いを責められないんだが。如何>北斗柄君。

ぺーぺー 2004/10/09 01:02 あらあら。光雲さん。ここに書き込んでいるだけで十分同類じゃないですか。お友達になりません? あなたみたいな人って、光雲さんは私のなにを知っているのでしょう。不思議です。不思議人間大好き! ぜひお友達になりましょう。 で、観念の遊戯をして遊ぶのですか? 出ていけって、家主さん以外には言われたくないなあ。

光雲光雲 2004/10/09 01:30 >>法身である如来と所詮は良くても天部の存在が同格

 如来には法身・応身・報身があるのはご存知か?応身に相当する大日如来・アシュク如来、その他の具体的に個性を持った如来が存在し、如来は悟った存在だから転生輪廻の枠を脱すると普通は仏教で説明されるが、実際はかなりの長周期で地上に人間の姿をとって下生する。キリスト教の大天使も通常上層霊界8次元に存在し、ときに地上に預言者として生まれて来る。8次元存在である点において同一である。こういう点を、在来の仏教・キリスト教は明確に説かない。日本において万教同根を先駆的に説いた生長の家の谷口雅春師は、生前7次元的世界を著書「生命の謎」において説き、ご自身は8次元的世界観を把握していた結果、死後8次元世界に帰還した。日本神道系の有力な神の一柱である。こういった類の世界観を幸福の科学は説いている。しかし、伝道目的で来ているのではなく、北斗柄氏の友人として来ているだけです。在来の神道や仏教は信仰しておられるのか、それがさしあたりの関心事である。如何>北斗柄君。

hokuto-heihokuto-hei 2004/10/09 01:39 >>実際はかなりの長周期で地上に人間の姿をとって下生する。
カルトの教義を撒き散らすのはやめるように。キミが伝道ではないと言い張ったとしても、こういうのはカルトの伝道以外の何者でもない。で、私はキミを友人などとは一度も思ったことはない。友人として来ているなどとなれなれしい態度は二度ととるな。

hokuto-heihokuto-hei 2004/10/09 01:49 ついでに言っとくが、キミが今まで、そして今も私に対してどいう態度をとってきたか胸に手を当ててじっくり考えることだ。もっとも思い出せそうもないようなので近日中に思い出させてやるよ。

ぺーぺー 2004/10/09 02:35 な〜んだ。光雲さんは、仏教もキリスト教も知らないで、知っているのは生長の家と幸福の科学なの? 呆れた。 万教同根? それなら大本教はどうしたの? さすがに知識のない信仰心だこと。「実際はかなりの長周期で地上に人間の姿をとって下生する。」っていうけど、光雲さんはそれをみたことがあるんだ。かなりの長周期って、どれくらい? 光雲さんは長生きなんだねえ。 いま45億才くらい?

araraarara 2004/10/09 07:18 ? 私は日記のコメントをしているだけであって、光雲さんの批判はひとつも書いてないが? 文章はよく読んでほしいな。?_?
それと長い文章の添付はやめたまえ。ここは日記に対するコメントするとこで、掲示板でもなければ、君の演説をする場所でもないでしょ?

光雲光雲 2004/10/09 09:30 北斗柄を含め、外れた連中に付ける薬ナシ!
所詮、キミはただの一匹狼だよ。

hokuto-heihokuto-hei 2004/10/09 09:39 群れないのが御自慢の御宗家から一匹狼の御墨付きが出たぜ(笑)
どうやら御宗家は群れたくても群れる相手がいないらしい(笑)

光雲光雲 2004/10/09 09:44 友人でないのなら、アンテナのリンクは・ず・せ!!
勝手にリンクするな!!KIMOIだけだ!!
キミみたいなのが関っているニフティの占い師登録も抹消したいから別途連絡する予定。
ここに来るナメクジ連中を見れば、君の体質は明白だ。
外道・下郎とは関りを持ちたくない。
ひとりで独善やってれば??(笑)

hokuto-heihokuto-hei 2004/10/09 09:56 私は以前から勝手にやってるし、そうし続けるよ。キミにいわれなくてもね。
なおアンテナのリンクを外すことは現在できないな。私だってカルトな御宗家なんかと関わりを持ちたくはないが、キミはフォーラム会議室のログ無断持ち出しを初めとして負の実績があまりに多いのでシスオペとして監視せざるを得ないのだよ。

hokuto-heihokuto-hei 2004/10/09 10:01 アンテナのカテゴリーもちゃんと監視用になってるだろ。

光雲光雲 2004/10/09 12:29 >>フォーラム会議室のログ無断持ち出し

 何のことかな??

>>負の実績

 これも反問する。何のことかな?
 何より、そうしたキミの話の内容からは、まず人を許すということを知らないタイプらしいことが匂って来る。むしろ、キミと関りを持つと人は敵・味方のいずれかに分類され、臆病者はヨイショするしかない立場に立たされるのではないかな??
構造的に、キミ自身が人を罪人扱いし、仕立て上げているわけだ。
これを祟り神と言わずして何と言う??
2chの書き込みでは、最近キミは陰で玄ちゃんの悪口も漏らすようになったというではないか。
キミのマナーの良いのは表面だけで、内実は相当違う人間なのではないか??
日本人によくある建前と本音の乖離だけでは説明出来ないものが、キミにはあるように思う。
玄ちゃんもホントの2重人格だったけどね。というか、ネクラの小心者ではないかと私は思っている。
ときに、
>>在来の神道や仏教は信仰しておられるのか
この点につきまだ返答を頂いていませんが、如何>北斗柄氏。

ぺーぺー 2004/10/09 12:54 > ここに来るナメクジ連中

光雲さん。あなたもここにきてるンだから「なめくじ」決定!「外道・下郎とは関りを持ちたくない」ってあんたも仲間だよ。それよりararaさんの書いてあることを良く読んでね。あんたも社会常識から「外れた」ので「付ける薬ナシ!」でしょ。「マナーの良いのは表面だけで、内実は相当違う」って、光雲さんはマナーも悪そう。 ププ。

hokuto-heihokuto-hei 2004/10/09 13:33 まあそうあわてなさんな、光雲クン。今、過去ログ、メールの履歴その他掘り起こしてるところだから。

光雲光雲 2004/10/09 22:51 ↑質問には無視??いつものヤリクチだな。
では私も今後無視することにする。

ぺーぺー 2004/10/09 23:48 光雲さん。 無視には無視ですか。 同格というわけですね。それならやっぱあなたも「ナメクジ」じゃん。北斗柄さんは「あわてなさんな」といってるんだよ。日本語読めるよね。

hokuto-heihokuto-hei 2004/10/12 00:42 しかし証拠もなしに私が2chでコレコレのことをやったっていうのはこれで3回目か。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20041008
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.