北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2008-06-17 紫微斗数とか

時間ベースと空間ベース  時間ベースと空間ベースを含むブックマーク  時間ベースと空間ベースのブックマークコメント

四柱推命の月律分野蔵干が、十干を1年365.2422日の中で時間として均等になるように配当されているように、中国占術の系統では時間分割が基本となっている。一方、西洋占星術は明らかに、天体その他の感受点の空間的な位置を基本としている。

以前、GMPI(Global Moon Phase Index)を使って、紫微斗数の暦の問題から逃れることを模索して見事に砕け散った。しかし考えてみればGMPIは太陽と月の空間的な配置から作成した指標である。一方、紫微斗数占星術から生まれたものであっても、完全に暦化しており時間ベースにした占術となっている。つまりGMPIを紫微斗数に導入するということは、木に竹を接ぐのに近い所業だったわけだ。

そこで朔からの経過時間そのものを新たな指標にしてみることを考えてみる。

対象 出生時刻 経過時間
皇后陛下 1934/10/20 08:00 1934/10/09 00:05 11.33日
北斗 1957/03/22 04:45 1957/03/02 01:12 20.14日

皇后陛下の場合、朔から数えて12日目だし、私の場合も21目になる。この時間的な指標を使うことで、両者とも太陰太陽暦の地域性から逃れつつ適合性の高い命盤が得られることになる。TFNM(Time From New Moon)とでも呼ぶことにしようか。(計算間違いを修正した。17日追記)

ラオの処方  ラオの処方を含むブックマーク  ラオの処方のブックマークコメント

インド占星術で有名なラオの直弟子である清水さん日記サイトによると、ラオが護身ないし開運で指導するのは−正しくはシャンティー(処方)とよぶそうだが−マントラ(真言)、バジャン(神への献歌)、スタンザ(詩篇)の3つだけだそうだ。

インド占星術でよく話題になる、宝石バーストゥー(インド風水)、ホーマ(護摩)といったタントラ系をラオは処方しないのだそうだ。こういうのは実際に対面で指導してもらわないと判りにくい部分ではないだろうか。清水さんは正しくラオの直弟子なんだろう。

2008-06-10 風水の極意

常風  常風を含むブックマーク  常風のブックマークコメント


カムイ外伝(1)

白土三平が自分の忍者マンガのために作り出した忍術の一つに「春花の術」がある。これは微粉末にした薬物*1を気流に乗せて相手のところに送り込み、吸入させて相手をコントロール*2する術である。実は液体を霧状にした場合よりも微粉末の方が気管支の奥まで届くようで、喘息予防薬の一つであるフルタイドも乳糖の微粉末に、抗炎症の作用を持つステロイドをのせたものになっている。フルタイドが出てから喘息コントロールがずいぶんやりやすくなった。もっとも白土忍者マンガが扱っている戦国〜江戸時代に、春花の術で必要とされるような微粉末を作る技術があったかどうかは疑問だ。

さて、カムイ外伝の第7話の「常風(とこかぜ)」は、この春花の術の極意が話の中心となっている。この回では、抜忍となったカムイの追跡者が、春花の術の使い手であり、追跡者はその奥義を極めている。そして肌で感じ取れるような明確な気流がない状態でも周囲の地形から、定常的に存在している微妙な気流を読み取る『気流読破の術』こそが、実は春花の術の極意であるということが冒頭でしめされる。そして地形から発生する定常的な気流が常風(とこかぜ)と呼ばれている。

さて地形から発生する定常的な気流=風と聞いて、この日記の読者ならすぐ風水という言葉の基になった、晋の郭璞の『葬書』の一節を思い出したのではないだろうか。

気乗風則散、界水則止。古人聚之使不散、行之使有止。故謂之風水

気は風に乗れば則ち散り、水に界せられば則ち止る。古人はこれを聚めて散らせしめず、これを行かせて止るを有らしむ。故にこれを風水と謂う。

黒門さんに風水って何ですかと聞くと多分次のような答えが返ってくるだろう。

風水とは文字通り、風と水を読む術で、水は見えるけど、風は見えない。しかし風は地形に沿って吹くので、地形から風を読み取ることができる。

つまり春花の術の極意は風水の極意でもあるわけだ。

カムイ外伝では、常風が時刻によって変化することを察知しているカムイが、追跡者の春花の術を逆手にとって逆に追跡者を昏倒させてしまう。これもまた黒門さんの、

巒頭のない風水存在しないけど、理気が巒頭に及ぼす影響を無視した風水もまた存在しない。巒頭と理気は一体のものとして扱わないといけない。

を思い出させて面白い

*1:多くの場合、麻酔薬。

*2:多くの場合、昏倒。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20080610

2008-06-05 岩田書院様創立15周年

謝恩セール  謝恩セールを含むブックマーク  謝恩セールのブックマークコメント

ということで20% OFFの対象に、拙著占事略决』も入っていました。

今、岩田書院様に直接注文すると20% OFFです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20080605
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.