北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2008-08-06 リハビリがてら色々書いてみた

鹿卜について  鹿卜についてを含むブックマーク  鹿卜についてのブックマークコメント

以前の日記で、神傳鹿卜秘事記*1について、復刊地球ロマンの記事からの受け売りで以下のように書いたが、

伴信友は「正卜考」に「神伝鹿卜秘事記」の図面を引用している。

実は伴信友が引用した図は、伊勢貞丈のものからの引用であることが「正卜考」に明記されているそうだ。どうも復刊地球ロマンや迷宮といった怪しげな雑誌から仕入れたネタはやっぱり怪しいらしい。

しかも、神傳鹿卜秘事記自体、複数の写本?があるそうで、阿伎留神社に固有のものでもないのだそうだ。この辺り完全に誤解していた。神傳鹿卜秘事記の鹿卜はかなり特殊なもののようで、よく行われたある意味一般的な鹿卜とはかなり異なっているものらしい。そういう点で、神傳鹿卜秘事記に忠実らしい阿伎留神社の鹿卜は貴重なもののようだ。

ミク友のMAT-TUNが口を酸っぱくして言っているように、一次情報にちゃんとあたっておかないといけないことを痛感した。伴信友の「正卜考」くらい読むチャンスはいくらでも作ることができたはずなのだから。

長年の誤解を正す機会を得ることができてめでたい。

アホな話  アホな話を含むブックマーク  アホな話のブックマークコメント

紫微斗数についてあれこれ考えているわけだけど、「時間ベースと空間ベース」と題したエントリで、朔からの経過時間を、

TFNM(Time From New Moon)とでも呼ぶことにしようか。

と提案したわけだけど、これって出生時刻の月齢そのものなわけで、我ながら阿呆なことを書いてしまったと反省している。

知ることは楽しい  知ることは楽しいを含むブックマーク  知ることは楽しいのブックマークコメント

邵雍-Wikipediaによると、邵康節は自分自身は儒者でありながらも、陳希夷*2の弟子筋でもあったらしい。Wikipediaに、

この間、宋初の隠者・陳摶*3の系統をひく李挺之から『易経』の河図洛書と先天象数の学を伝授された。

とある。梅花心易は、こういった背景があって生み出されたものなのだろう。しかし「康節」が諡とは知らなかった。

Google Map ストリートビュー  Google Map ストリートビューを含むブックマーク  Google Map ストリートビューのブックマークコメント

Google Mapで、新しく「ストリートビュー」というサービスが始まった。これはマップ上で指定した位置に立った人の視点からの眺めを表示するというサービスだ。Google Earthの3D表示機能が、大域的な風水を観ることにおいて革命的だったように、このストリートビューもまた風水鑑定において革命的なツールになるだろう。特に水法、砂法*4で威力を発揮しそうだ。

マップの例(杉並の閑静な住宅街)

上のリンクをクリックすると地図と街の様子を写した写真が出る*5。写真内の視点コントロールのボタンをクリックするとあたりをグルグル見回すことができる。そして道路にそって移動することもできる。これは砂水についての直感的な情報を与えてくれるだろう。

*1:鹿卜について色々と教えて下さった方が、一貫してこちらの表記を使用されているので私もならうことにした。

*2:自称ではなく御本人

*3:陳希夷の諱

*4:具体的な手法については無知なのだが

*5:IEじゃないとダメっぽい。

鮑黎明鮑黎明 2008/09/04 16:41 先日は済みませんでした。書斎にずっと居たのです。が、チャイム音が聞こえなくて気が付きませんでした。宅急便配達の人からも言われました。どうもウチの書斎は防音効果が高いみたいです。

hokuto-heihokuto-hei 2008/09/04 18:44 こちらこそ無理やりアポとった感じで申し訳ありませんでした。

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.