北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2011-04-21 身辺雑記ではあるかな

奇門遁甲 - Wikipediaに大幅に手を入れた  奇門遁甲 - Wikipediaに大幅に手を入れたを含むブックマーク  奇門遁甲 - Wikipediaに大幅に手を入れたのブックマークコメント

奇門遁甲 - Wikipediaに大幅に手を入れた。編集合戦になって、運営に乗り出してもらうことになったけど、相手が沈黙して終わった模様だ。

独自研究スッパリ消させてもらった。

徐世大の説なんて載せてる周易と、風水名前は易の水風井から来てる*1なんてのたまう風水もなんとかしたいね

[]御自分開運宝石選定とかやってるでしょうに 御自分、開運の宝石選定とかやってるでしょうにを含むブックマーク 御自分、開運の宝石選定とかやってるでしょうにのブックマークコメント

4月21日の『インド占星術とヴェーダ思想〜人生の四目的〜*2』のエントリに以下ののような記述があって驚いた。

アガスティアの葉、宝石療法、タントラリズム、薬物によるカルマから解放等々、妖しげなオカルティズムや黒魔術から自らの身を守らなくてはいけない。

宝石療法』って、本多先生、ラオ*3から学んだ今になっても宝石開運指導やってるじゃないですか。↓の魚拓参照

http://megalodon.jp/2011-0421-1301-17/astro459.com/d00.html

まあついでに言うと“Tantrism”なので『タントラリズム』はタイポですかね。

*1:じゃあなんで水風じゃなくて風水なんだよと故張耀文に聞いてみたいものだ。

*2魚拓

*3開運指導では宝石とかバーストゥシャーストラはしないことでも有名。

え 2011/07/18 22:49 「本多信明」で検索を掛けてここにました。
インド占星術に興味あるんですが、だまされなくてよかったです。
2chでも、本多信明は悪評がすごいですね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20110421

2011-04-20 四柱推命の大運

ダイレクションによる大運計算  ダイレクションによる大運計算を含むブックマーク  ダイレクションによる大運計算のブックマークコメント

以前あけた定気と恒気の二十四節気エントリで、以下のように書いた。

ただ四柱推命で定気法二十四節気を全面的に採用するとした場合大運の算出をどうするか?が最大の問題になると思う。私だったらどうすだろう?例えば、1年1日で太陽のダイレクションを計算することにして、太陽のデーカンが変化する毎に大運を変化させる、とかはどうだろう?この場合、陰男陽女は時間の進行を逆にとることになる。

ここで『陰男陽女は時間の進行を逆にとる』と、私の出生の太陽は白羊宮の0.9度くらいにある。そして私の場合陰男なので出生の太陽を355度まで逆行させる時間計算して1日を1年に換算したものが、出生から第一運までの時間、つまり立運の時間となる。

2011/09/10 追記
以下の考察は正しくありません。申し訳ない。


従って立運の時間は、太陽を355度まで逆進させる時間時間を1日1年で換算するのだけど、それはどう考えても6年くらいあるのは太陽の位置からすぐに推測できる。私の立運の時間は5年弱なので、さすがに年単位での差は見過ごしにはできない。

しかし元々の立運の時間計算は、陰男陽女では出生時刻から次の正節までの時間を3で割って出すのだから、陰男陽女ではダイレクションの計算太陽を前進させて計算しないといけないわけだ。ということで逆運という言葉にとらわれていたようだ。太陽を前進させて計算すると以下のようになった。

日時 干支 太陽位置 進行日時
1957/03/22 04:45 癸卯 0.92952448 - -
1961/04/29 20:54 壬寅 5 1957/03/26 07:17 4.10596913
1971/06/15 06:27 辛丑 15 1957/04/05 10:18 14.23184675
1981/08/23 00:28 庚子 25 1957/04/15 14:52 24.42166227
1991/11/21 19:23 己亥 35 1957/04/25 20:48 34.66907734
2002/03/10 06:47 戊戌 45 1957/05/06 03:58 44.96765524
2012/07/17 11:46 丁酉 55 1957/05/16 12:30 55.32299513
2022/12/10 05:46 丙申 65 1957/05/26 22:03 65.72089058
2033/05/16 08:25 乙未 75 1957/06/06 08:24 76.15262743
2043/11/02 22:28 甲午 85 1957/06/16 19:35 86.61851864
2054/04/26 17:27 癸巳 95 1957/06/27 07:07 97.09866272

通常の大運計算と比べると、立運の時間に0.6年くらいの差がでるけど、これはそういうものかという気がする。太陽黄経は10°づつ増えているのに対して、差のカラムの1の位の数値が変化しているところが、ダイレクションによる大運計算の特徴になる。普通は1の位が立運の時間対応していて、その後は10年づつ増えて行くことになる。

ただ太陽の位置計算はSwiss Ephemerisを使ったにしても、挟み撃ちの繰り返し計算をExcelVBAでやらせると、それなりに誤差が出まくるというのは良くわかった。

2011-04-17 納甲とか奇門遁甲とか

納甲と納音  納甲と納音を含むブックマーク  納甲と納音のブックマークコメント

以前から断易で使う納甲の干支は注意深く決められているのではないかと考えていたのだけどやっぱりそうだった。火珠林の納甲の干支とその納音を表にしたものを以下にしめす。

  納甲 納音
八卦
甲子 甲寅 甲辰 壬午 壬申 壬戌
乙未 乙巳 乙卯 癸丑 癸亥 癸酉
丙辰 丙午 丙申 丙戌 丙子 丙寅
丁巳 丁卯 丁丑 丁亥 丁酉 丁未
戊寅 戊辰 戊午 戊申 戊戌 戊子
己卯 己丑 己亥 己酉 己未 己巳
庚子 庚寅 庚辰 庚午 庚申 庚戌
辛丑 辛亥 辛酉 辛未 辛巳 辛卯

初爻、四爻はほとんどの八卦で納音が土になるように干支が定められている。この点で全陽全陰の乾坤は特殊で初爻が金、四爻が木になっている。納甲 - Wikipediaなんかでは、先に爻と干とが対応付けられて納甲の名前が生まれたとしているが、納音を見ると最初から爻と干支対応付けられていたのではないかという気がする。

ただ納音からでは火珠林で乾卦が別扱いされているのかはわからない。納音の規則から甲子と甲午はどちらも納音が金になるからだ。

武術方面の奇門遁甲ってどんなものなんだろ?  武術方面の奇門遁甲ってどんなものなんだろ?を含むブックマーク  武術方面の奇門遁甲ってどんなものなんだろ?のブックマークコメント

出所した山口組六代目司忍組長のファッションが一部で話題になってたけど、私の眼を引いたのが組長宅の門だった。


大きな地図で見る

上のストリートビューでは、背後から来る丁字路の突き当たりに門が位置しているので、私の目からは丁字路の形殺を逸らせるために門が傾けてあるようにみえた。なのでブコメで以下のようにコメントした

明らかに誰かが風水で坐向を見たような門の向き。透派の陽宅遁甲なら笑えるけどね

ただこのコメントに対して、id:complex_catさんから

これセキュリティより風水意味が強いと読みとけるのですか?

と問い合わせを受けた。id:complex_catさんはそれに先だって

凄い,屋敷の門が正面からの直撃かわせる,奇門遁甲仕様になっている。

と、奇門遁甲を使ったセキュリティ強化のために門が傾けてあるとブコメしていたので、当然の疑問だったのだろう。

id:complex_catさんは中国武術をやってる人で、

ゲーセンのパンチングマシンに掌を着けたまま打って,その日の最高値を出せる程度の「寸勁しか打てない

方なのですが、どうもどこか武術の門派で奇門遁甲を学ばれたらしい。そういえば通臂拳には奇門遁甲伝承があると、あの松田隆智さん*1が書いてた。

以前、高橋圭也さんだったか圓寂坊の御師さんから「古い流派は必ずどこかで陰陽道みたいなものとつながっている」と聞いたことがある。現に香取神道流には築城術に関連して風水伝承があるそうだ。多分、中国武術でも似たようなところがあるのだろう。

奇門遁甲には太白陰経遁甲巻の頃から真人閉六戊法や玉女反閉局法についての記述がある。ただこれら文字になったものには多くの欠落があるのも確かで、これらを読んだところで、閲微草堂筆記に残された徳州の宋清遠の友人の奇門遁甲が使えるわけではない*2のが残念だ。しか香取神道流の風水とか、武術門派の奇門遁甲とかチャンスがあれば学んでみたいものだ。

しかストリートビューがあるということは、あの門の前をストカーが走ったということだよね。好い度胸と褒めておこう。

*1:張策を酔鬼張三の張長禎と誤認しているような人だけど

*2:期待して読んだ私が言っているのだから間違いないです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20110417

2011-04-10 太白陰経

太白陰経についての論文  太白陰経についての論文を含むブックマーク  太白陰経についての論文のブックマークコメント

Wikipedia太白陰経をめぐっては、以下のように色々あったわけだ。

こちらの主張は、

  • 遁甲巻における『徴明』の使用
  • 『夜半』といった十二時辰による時刻の表記法

から太白陰経は遁甲巻を含めて唐代の李筌によって記述されたものと一貫して主張している。そして上記2点について有効な反論はなかったと理解している。

ところで『太白陰経』で検索していたら、以下の論文が見つかった。

著者は大阪大学大学院湯浅先生で、専攻は異なるが私の母校の教官だ。論文PDFで公開されているので、誰でもダウンロードして読むことができる。私も早速ダウンロードした。

上記論文では、明らかに合理主義者であった李筌の兵書において、方術に関連した九巻(全体が奇門遁甲にあてられている)や十巻(玄女式つまり六壬解説が含まれている)で解説されている『兵陰陽』は、どのように位置付けられるのかが、後世に付加されたものの可能性を含めて考察されている。湯浅先生の結論は、

  • 遁甲巻を含めて李筌の合理主義とは矛盾しない。
  • オリジナルの段階で九巻、十巻は存在した。
  • 『兵陰陽』が全くの迷信であっても、それを信じる人間がいる以上、それを利用することが李筌の合理主義だった。

であったというのが私の理解だ。

ということで奇門遁甲の文献上、太白陰経の遁甲巻が現段階で最古と考えて良いだろう。最近、方術関連の文献がまともな論文で取り上げられるようになってきていて面白い

荒木荒木 2011/04/11 11:24 荒木と申します、覚えていらっしゃいますでしょうか?

hokuto-heihokuto-hei 2011/04/11 11:38 申し訳ないですが、憶えてないです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20110410

2011-04-03 disります

これは癇に障った  これは癇に障ったを含むブックマーク  これは癇に障ったのブックマークコメント

Chikirinの日記今日エントリ「そうだ、選挙、行こう」は、私にとって非常に癇に障る内容・表現だったのでdisることにする。

まず表現の部分

原発問題が起こってから、「海外メディア報道日本メディア報道が余りにも違う。これはなぜなのか」的な論調が起こっているのも楽しいです。

東京で放映されていない関西テレビ番組、「たかじんのそこまで言って委員会」の中で原発問題について解説した某教授映像ネットにアップされ、多くの東京視聴者がそれをみて大騒ぎになり、その教授は大人気、みたいになっているのも愉快です。

楽しい』とか『愉快』とか、現時点で原発問題に絡めて使うには、あまりに無神経としか言い様がない。空気の読めなささで定評のある私でも、これは癇に障った。

それと冒頭、

福島原発が大変なことになり、昔から原発反対論者の人が勢いづいています。彼らの多くは自衛隊にも大反対していたはずと思いますが、彼らが今それを言うことはありません。

私は反原発だけど、自衛隊存在に反対したこと等一度もない。こういう十束一絡げの物言いもすごく癇に障る。で、私の尊敬する自衛隊の皆さんをダシにして、反原発に水を差したいわけですか?Chikirinさん。

で、オマケの様についている、健康そうなヤツに投票しようという結論には、占い師として異議を申し立てておく。運の好いヤツに投票することだ。

Chikirinさんが頼もしく感じている東電の首脳部は、この点でダメダメだ。少なくとも今は全くツキがない。全員更迭して、もっとツキのある人間を選ぶべきだろ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20110403
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.