北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2012-05-19 奴僕宮って厄介だな

奴僕宮について考えてみた  奴僕宮について考えてみたを含むブックマーク  奴僕宮について考えてみたのブックマークコメント

昨日は椎羅さん紫微斗数東京講座に出張ってきていたので、大石真行さんや、私が予約を入れて占ってもらったことのあるMieshaさんとかMIGMMYさんとかの綺麗どころ数名と田中俊平さんとかで楽しい時間を過ごした。

そのとき奴僕宮の象意というか類神*1が話題になったので、ちょっと考えてみることにした。William Lillyは『キリスト教占星術』(Christian Astrology, 1647年)の第1巻の6室の解説が以下で始まっているのは、十二宮の原義で書いた通りだ*2

It concerneth men and maid-servants, galley slaves, hogs, sheep, goats, hares, conies, all manner of lesser cattle, and profit and loss got thereby; sickness, its quality and cause, principal humour offending, curable or not curable, whether the disease be short or long; day-labourers, tenants, farmers, shepherds, hogherds, neatherds, warreners; and it signifieth uncles, or the father's brothers and sisters.

CAプロジェクトでの訳)
6室は、召使と女中、召使としての料理人、豚、羊、ヤギ、野ウサギウサギ、より小さい家畜の気質、などに関係し、それらがもたらす利益や損失にも関係していますさらには病気に関係していて、その種類、原因、人体を傷つけること、治療可能か、または治療可能でないこと、長期にわたって闘病するのか短期ですむのかをしめします。6室は日雇い労働者テナント、農夫、羊飼い、豚飼い?、牛飼い、兎飼いに関係しています。そして、6室は叔父または父の兄弟姉妹意味しています

そのまま奴僕宮と考えて良い内容だけれども、William Lilly以前はというと、Filmicusによる“valetudo”や、Maniliusによる“laboris”がある。これについては、國分秀星さんのところにあった、様々な時代のハウスの意味を解説した図を参考にした。ただこの図には微妙誤植?があるので、まのめのほーむぺーじへようこそさんのところのハウス(星宿)も合わせて参考にさせてもらった。

“valetudo”は健康を、“laboris”は労働や厄介事を意味するラテン語だ。現代では6室で病気を見ることが多いが病気健康は裏表の関係で、病気も厄介事の一つだろう。また労働も厄介事の範疇に入りそうだ*3。疾厄宮である8室が『死のハウスである以上、疾厄宮の病気は命に関わるもので、そうでない小さな病気が厄介事として6室の範疇なのだろう。2-6-10室は仕事に関わる三角形を構成していて、厄介な御主人さまとか面倒な御客様*4も6室の範疇に入りそうだ。

Swiss Ephemerisも微妙に誤差があるね  Swiss Ephemerisも微妙に誤差があるねを含むブックマーク  Swiss Ephemerisも微妙に誤差があるねのブックマークコメント

今度の金環日蝕の日時で計算させたら月が30分程太陽から遅れてた。月の計算て、やっぱり難しいんだな。

[2012/05/20追記]

上記についてさかい@技術系占星術使いさんから、測心位置(Topocentric positions)だと太陽と月が綺麗に重なるとの指摘を頂いた。ありがとうございます

*1:用語の使い方として逸脱してるかも。

*2Deborah Houldingさんの所から原文を拝借した。

*3:そういえば「働いたら負けかなと思ってる」と言った人がいたよね。

*4:具体例としてはこんな感じ

2012-05-16 六壬とか暦とか

伏吟課杜伝格  伏吟課杜伝格を含むブックマーク  伏吟課杜伝格のブックマークコメント

六壬地盤が伏吟のとき初伝が自刑の場合は、中伝に陽日は三課を、陰日は一課を取る。伏吟課は初伝が刑するものを中伝、中伝が刑するものを末伝と、刑によって伝を伝えて行くのが基本である。また明示されることはあまりないが、三伝全てが異なるように三伝を取るという裏の規則がある。そのため初伝が自刑の場合は、伝の流れが塞がってしまうことになる。杜伝格の名前はそこからきており、『杜』は奇門遁甲の杜門の『杜』と同じく『閉じる』の意味で使われている。

ふと思ったのは、八専日(五重日)の場合だった。一課と三課が同じなので、伏吟課杜伝格が発生した場合に中伝が取れなくなる可能性がある。そこで八専日全てを調べてみる。まず甲寅日。これは初伝に寅がたつので自刑ではない。丁未日、己未日は初伝が未で、これも自刑ではない。庚申日もまた申が初伝で自刑ではない。癸丑日は賊剋があって丑が初伝にたつけれども、丑は自刑ではない。このように八専日全てで伏吟課杜伝格は発生しなかった。

さて八専日で杜伝格が発生しない理由を少し考えてみると、十干の奇宮が自刑になる乙日と壬日には八専を構成しないから、ということになる。これは二十四山で十干の隣の十二支に寄宮させるが仲支は避けるという、寄宮の規則が上手く行っているということでもあるのだろう。

ハードソフト  ハードとソフトを含むブックマーク  ハードとソフトのブックマークコメント

大石真行さんは、暦をハードウェア、その暦をベースとする占術をソフトウェアに例えて話すことがある。例えば最近の『節というもの』のエントリだ。

20120516153515

暦法の数だけ暦があり、占術がある。暦法天文学進歩政治的な理由で変遷して行くが、それによって作成される暦に大まかな互換性があるところが厄介なところだ。恒気法二十四節気の節月と定気法二十四節気の節月は80%以上の互換性があるだろう。

暦のベースとなる天文データ作成者と占術家が分離しきってしまった現代では、この互換度で良しとする人が大多数を占めている。しかし状況はPCやその上で動くソフトウェア進歩によって変わってきた。冬至の節入り日時がわかっていれば、恒気の二十四節気の節入り日時はExcelだって作成することができる。

ただしExcelの日付関係の関数閏日についてかなりいい加減で、私が今でも使っているExcel 2007は1900年1月1日から1日づつ足して行くと、存在しないはずの1900年2月29日が出てくるので御用心*1。以前、危うく間違った暦を納入するところだった。

*1:この現象は中村正三郎さんチクっておいたからこっそり直されているかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20120516

2012-05-14 『銀の匙』面白いよ

八軒勇吾というロールモデル  八軒勇吾というロールモデルを含むブックマーク  八軒勇吾というロールモデルのブックマークコメント

今年のマンガ大賞をとった荒川弘著の『銀の匙(Silver Spoon)』は、学歴以外に価値を認めない家庭に育った八軒勇吾が、高校進学で挫折した結果、家から逃げるようにして全寮制の農業高校にやってきて、様々な体験を経て成長して行くという話だ。現在少年サンデーで連載中で、単行本が3巻まで出ている。

201205131857032012051318570420120513185702

舞台農業高校なので、主人公の八軒を除くほとんどの生徒が将来は実家を継いで農業へと進む予定であり、また農業についてそれなりの夢と計画を持っている。そんな中で、八軒けが将来への展望が持てないという状況設定がある。八軒はそのことについて引け目をもっており、そのため周囲から舐められていると感じている。この舐められている感は、対人関係でハッキリと描写されることはないが、対動物、つまり馬術部の馬や八軒が拾ってきた犬との関係では、八軒動物から舐められていることが描写される。

さて天相星が命宮にあって凶である場合に悪さがどのように出るのか、正直うまくつかめてなかったのだけれども、『銀の匙』を読んでいてピンとくるものがあった。まず天相星のもとに生まれると、どのような人となりとなるかを椎羅さんの『紫微斗数入門から引用しておく。

あなた一言で言うといわゆる「世話やき」です。非常に面倒見のいい人で、ある意味自己犠牲とも思えるような世話のやき方をします。基本的にこの人は、人の喜ぶ顔を見ることが好きなのです。また、自分が何か人のために役立つことを喜びと感じるのです。しかしながら、決して親切の押し売りになるようなことはありません。その結果、多くの人から慕われ、自然リーダーシップを発揮するようになります。また、困った時にはその友人たちが何かと力になってくれます。

だいたい八軒勇吾そのままだ。八軒が何か行動する場合、ほとんどが無私の行動として描かれている。天相星は天の印鑑*1であり、無私の星である。そして八軒が『舐められる人』であることを合わせると、天相が悪く出る場合は『舐められる』という形になるわけだ。

なお天相が福徳宮に入って凶の場合も『舐められる』ことになるだろう。この場合、命宮には貪狼星が入ることになる。なので天相星や貪狼星のもとに生まれて、他人からの『舐められている感』に悩んでいる人にとって、八軒勇吾は有効ロールモデル提供してくれるのではないだろうか。そういえば八軒勇吾も『美味しい』という身体感覚に忠実な人間だった。貪狼の生まれとした方が良いかもしれない。

まあ30年は探したかな  まあ30年は探したかなを含むブックマーク  まあ30年は探したかなのブックマークコメント

そういえば大石真行さんブログ直近のエントリでこんなこと言ってた。

から命を知る、己を知るという行為はとても大切なことなのだが、多くの自分探しとやらが、くだらないと思えるのは、命の一部だけを突っつきまわして、次の運という視点が全く欠如しているからだ。

自分探しというか『真の自己』を探すのは、そうさね、30年はやったね。出会いさえすれば自分を劇的に変える*2ことができる『真の自己』。好いよね。

でも30年探したけれども、そんな都合の好い『真の自己』に出会うことは、ついぞなかったね。当然、瞑想くらいはやったよ。でもどんなに深く潜っても、そんな都合の好い存在出会うことはなかった。精々がメンタルをより壊したくらいの結果に終わった。

結局そこに居たのは、追い詰められて、それでも具体的に何かしようとすることもなく、真の自己出会えば全てがなんとかなると夢見てる、ちっぽけで下らない自分だった。

*1大石真行さんからそう教わった。

*2:当然、良い方向にね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20120514
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.