北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2013-01-20 水取り暴走族

神職からみた水取り  神職からみた水取りを含むブックマーク  神職からみた水取りのブックマークコメント

発端は、どこぞの御宗家が、

お水取りは本来、神社神事の一種であり、方位・方位術とは無縁の行事である

とか書いていた事なんだけど、神職の方にとっては噴飯物の発言だったようだ。水取りなんて神事とは無関係な上に、水取りに来る人達の中には非常識な人がままあって、神社としては迷惑しているということだった。

神社にとって一番迷惑なのは、朝の5時とか、夜の10時とかに水取りに来る人がいるということだそうだ。神社は神さんとの出会いの場であって、水にしか用が無いなら神社に来て欲しくは無いというのが、神職非常識な水取りに抱く思いのようだ。神社開運亡者の水取り暴走族向けのコンビニではないのだよ*1

一命、二運、三風水、四積陰徳、五唸書なわけで、神職迷惑かけて水取りしても効果は薄いと思うよ*2

黒門さん登場  黒門さん登場を含むブックマーク  黒門さん登場のブックマークコメント

ケンちゃん先生の「隈本健一占い夜話」の対談に黒門さんが登場した。

第023回『隈本健一の占い夜話』対談黒門先生

D

髪の毛の減った私が言うのもなんだけど、黒門さんも老けたね、という印象。しかし「活盤奇門遁甲精義」は、やっぱり凄い本で、透派奇門遁甲とその亜種*3しか知らない人にとっては強烈な解毒作用があったと思う*4

第023回『隈本健一の占い夜話』対談黒門先生

D

第023回『隈本健一の占い夜話』対談黒門先生

D

ここで展開されている、風土の異なる所で成立した風水やヴァーストゥシャーストラがそのまま日本適用できるか?という問題意識は、放送大学の「東アジア東南アジアの住文化」の講義を見てからは私の中にも強くある。この、はてな日記でも、

で、触れたことがある。

*1:水取りだけでなく、土取りにも変な人はいるらしい。土取り用の土は用意してないのか、と文句言う人もいるそうだ。

*2:水取りが風水の一種とかいうタワケたことは言わないようにね。

*3:その亜種が何を指すかは、奇門遁甲#日本の奇門遁甲-Wikipediaを参照のこと。

*4:当時としては解毒作用が強すぎたかもしれない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130120

2013-01-18 占いとは関係ない話

無限についてクイズ2題  無限についてクイズ2題を含むブックマーク  無限についてクイズ2題のブックマークコメント

あらき先生の「いわゆるゼノンのパラドックスの議論の進め方で気色が悪い部分」のエントリで、数学やってた兄から*1出題された、無限についてのクイズを思いだした。

  • 問い1
    無限に生きている男*2がいる。この男がある日、思い立って日記を付けることにした。ただ相当にドンクサイので1日の日記を付けるのに2日かかる。男の記憶力は確かなので、記憶という点では日記を付けることに支障はない。さて男はちゃんと日記を付けることができるのだろうか?(少し数学的に言うと、男の日記を付けるという作業は収束するのか?になる。)
  • 問い2
    ギリシャの神さんが集まって祭りを行うことに決めた。それで宿を作り始めたのだが、1部屋作り上げた時に2柱の客が来た。そこで神力を発揮して、そこから祭り開催の日までの2分の1の時間で1部屋作った。するとそこへ客がまた1柱やってきた。そこでさらに神力を発揮して、祭り開催までの2分の1の時間をかけて1部屋作りあげると、また客が…、これが繰り返される時、祭りの開催日に全ての客の部屋は用意されているのだろうか?(少し数学的に言うと、客の部屋を用意する作業は収束するのか?になる。)

解答は、どちらも収束する、になる。理由は、日記については、日記を付け始めてからt日目の日記は2t日目に必ず書き終えられるから、宿の部屋については、客は自分がやってきた時刻から祭りの開催日までの2分の1の時間が経過すれば、必ず自分の部屋が用意されるから、ということだった。

このクイズを聞いてから無限であまり悩まなくなったように思う。

*1:その時私は10代だったか

*2:男に拘る必要はないのだけれど。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130118

2013-01-08 近況

ドキュメントレンタル料金  ドキュメントのレンタル料金を含むブックマーク  ドキュメントのレンタル料金のブックマークコメント

紫微斗数の自動占いに付けたGoogle AdSenseがそこそこ稼いでくれた。小額とはい新幹線大阪東京往復よりも少々多い額を占い文言レンタル料として椎羅さんに支払うことができた。まずは重畳。

その椎羅さんだが、今年の4月から東京大阪の2箇所で紫微斗数講義カイロンで新たに始めるそうだ。

本が少し売れた  本が少し売れたを含むブックマーク  本が少し売れたのブックマークコメント

20121105134604
安倍晴明
「占事略决」
詳解

ケンちゃん先生対談したとき拙著を強力にプッシュしてもらった*3いか岩田書院在庫20冊くらい減っていた。まずは重畳。

*1URLちょっと気分悪い。

*2:これもURLちょっと気分悪い。

*3:18:10くらいから。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130108

2013-01-07 新年ブログ初め

父母宮と禍害宮(12室)  父母宮と禍害宮(12室)を含むブックマーク  父母宮と禍害宮(12室)のブックマークコメント

西洋占星術ハウス紫微斗数十二宮対応付けて行くと、父母宮は最後に残った12室つまり禍害宮*1対応付けられることになる。

福徳

8
官禄宮

7
遷移宮

6
疾厄宮

5
禍害宮

9
  夫妻宮

4
命 宮

10
奴僕宮

3
財帛宮

11
兄弟

12
田宅宮

1
子女

2

紫微斗数では、田宅宮を本人が育った家庭を特徴付ける人物として父母の一方、その田宅宮から見た夫妻宮として、父母のもう一方とする観方で、個人的には落ち着いたというのは、『珍しいこともあるもんだ』のエントリで述べた通りだ。

西洋占星術でも、田宅宮で本人が育った家庭を特徴付ける人物、つまり多くは父母の一方として、そこから見た配偶者として官禄宮を父母のもう一方とする。では禍害宮は田宅宮から見て何になるかということで、田宅宮を1室として反時計回りに番号をふってみる。すると禍害宮は田宅宮からみた9室、つまり遷移宮ということになる。

遷移宮が未知との遭遇を象の核に持っているであろうことは『遷移宮』のエントリで述べたが、遷移宮はその未知と遭遇しての第一印象ということでもある。ということで、禍害宮は本人が育った家庭環境の第一印象を特徴付ける人物でもあるわけだ。

ということで、ハウスの原義に戻って考え直してみたが、禍害宮を父母宮とするのはあながち無理なわけでもないようだ。

シンプル易経の解説書  シンプルな易経の解説書を含むブックマーク  シンプルな易経の解説書のブックマークコメント

20130107131216
易経
ビギナーズ・クラシックス
中国の古典
角川ソフィア文庫

風水講義』の著者である三浦國雄先生が書かれた『易経』の解説書があるというので購入してみた。文庫本1冊のスペースにどうやって易経を詰め込んだのだろうと考えたのだが、一読して謎が解けた。

この本は、いわゆる『易経から全ての『伝』を取り除いて『経』の部分のみを解説しているのだ。多くの場合『経』と一体化している『彖伝』や『象伝』すらない。しかしその分、『経』の解説は丁寧で、卦名と卦画*2の後に三浦先生による卦辞・爻辞の解釈があり、続いて原文の読み下しと原文が出ている。次に原文を解釈するために必要な語注が詳しく書かれている。そして最後に古今の占例が解説されている。また三浦先生解釈も原文に忠実なものとなっている。『貞』を『問う』としているのも『易経』が生まれた頃の用語法に忠実なものとなっている。

考えてみれば、最も原初の『易経』には卦画と爻辞しかなかった*3わけで、こういった易経の解説書があって当然という気もする。何より文庫本なので手軽に持ち歩くことができる。良い本だと思う。

*1:少なくとも宿曜ではこう呼んでいる。

*2:できたらもう少し大きい方が良いように思う。

*3:元勇準博士研究による。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130107
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.