北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2013-08-24 残暑お見舞い申し上げます

太白陰経における天門地戸の用法の一例  太白陰経における天門地戸の用法の一例を含むブックマーク  太白陰経における天門地戸の用法の一例のブックマークコメント

太白陰經』には以下の記述がある。

以勝光、小吉、從魁加地四戸、是謂福倉。遠行、出入、移徙皆吉。

勝光、小吉、從魁を以て地四戸に加える、是を福倉と謂う。遠行、出入、移徙の皆に吉である

奇門遁甲を正しく使うためには『遠行』、『出入』、『移徙』がそれぞれ具体的に何を指しているかの理解が必要となる。まあこの『福倉』は日本普通に知られている方位でも吉なんだけどね。

占い師医者に例えると  占い師を医者に例えるとを含むブックマーク  占い師を医者に例えるとのブックマークコメント

救急外来担当医ということになるだろう。ただクライアントには悪いけど手遅れってこともよくある。例えば凶方位を取ってしまったら、それをキャンセルするのは割と難しい。紫白九星は八門と違って定位対冲の星同士で作用を打ち消し合うわけではないからだ。それに五黄殺があるしね。ここでじゃあ八門使えよと思ったあなたあなたは方位について何も判ってない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130824

2013-08-08 そんなの聞き飽きた

二十四節気  二十四節気を含むブックマーク  二十四節気のブックマークコメント

立秋によく聞くのが「立秋なのにこの暑さ」、立春には「立春なのにこの寒さ」だ。ほんともう聞き飽きたって感じだ。

20130808150203

地球の地軸が黄道に対して23.4°傾いているために、地球の公転軌道平面である黄道面と地球赤道を含む平面である赤道面は一致しない。そのため天球図において黄道上に特徴的なポイントが4箇所できる。

天球図は地球北半球から天体観測を前提としている。そのため太陽がD点付近にあるときには北半球では太陽南中高度が最も高くなる。昔の人はこれを『夏至』と名付けた。また太陽がC点付近にあると、太陽南中高度が最も低くなる。これは『冬至』と名付けられた。なので天球図のD点は『夏至点』、C点は『冬至点』と呼ばれている。

赤道黄道が交差する点ABで、太陽冬至から夏至点へ移動する途中にあるのが春分点夏至から冬至点に移動する途中にあるのが秋分点である。春と秋は季節に合わせてある。そして冬至春分中間立春と名付けられた。他の立夏立秋立冬も同じように、2つの分点と2つの至点の中間となっている。これら二至二分四立の8つは気温とは無関係に付けられた名前となっている。

そして1年つまり見かけ上の太陽の公転周期がおよそ12朔望月からできていることから、8と12の最小公倍数である24ポイントが定められた*1。そして1年は12の節月から構成され、節月の始まりとなるポイントが正節、正節と正節の間が中気となった。

さて夜明けで太陽が昇ると光を受けて地表が温められ、太陽が沈むと熱が放出されて地表は冷える。地表は熱溜めでもあり、太陽高度の変化よりも気温の変化の方が遅れることが観測されている。実際の気温は未刻から申刻、特に申刻の始まり辺りが最も暑い。同じように1年の中では未月から申月が最も暑い。そして申月の正節は立秋だ。立秋暑いことになんの不思議も無い。それでも『秋』の文字に引きずられて何か言わないと気が済まないのが人間というものなんだろうね。

ProgressがDirectionより面白いこと  ProgressがDirectionより面白いことを含むブックマーク  ProgressがDirectionより面白いことのブックマークコメント

ProgressはDirectionと違って『進行』の中で月が満ち欠けするということについ最近思い至った。Progressでは『進行』の中においてさえ月を満ち欠けさせる程に月が重視されている。私はProgressの技法アランレオによってインドから持ち込まれたんじゃないかと考えているのだが、その想像が補強されたように思う。

*1:この定め方は実は単純な話ではなくて、突つけばややこしい話がいくらでも出てくる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130808

2013-08-05 オマエの安全じゃ安心できないよ、とか

安全安心  安全と安心を含むブックマーク  安全と安心のブックマークコメント

東日本大震災の影響で発生した福島原発事故によって、はっきりと見えるようにようになったものの一つに『安全』と『安心』は別物ということがある。私見だが『安全』というのは様々なリスク評価の結果として、この程度の発生確率と損害額であるなら危険共存しようという判断を指しており、『安心』は不安が払拭された状態の心理を指している、と考えている。

なので安全であっても安心できないことはいくらでもあるし、いい加減もしくは無茶なリスク評価による安心は実は安全ではない、つまり危険だということもいくらでもある。後者の一番良い例は原発だろう。みんななんとなく安心していたし、運用していた東電も少なくとも本店安心していただろうけど、安全ではなかったわけだ。前者は福島県産農作物が良い例になるだろう。放射性物質である14Cや40Kは自然界に遍在していて、それこそ福島県産キュウリだろうが、東京都下で栽培されているズッキーニだろうが、農作物には必ず含まれていて、それを食べる我々は日々、放射線による内部被曝を受けている。そういった事柄を含めて被曝量の基準値が定められているわけだが、福島県産農作物による被曝が基準値内に収まっていて安全であっても安心できない人は多数いるだろう。

そして安全安心乖離無視できない現在、とんでもない商材が安心提供するものと売買されているのは非常に問題だと思う。例えばEM放射能の影響を除去できるとか、ね。

占いも人によっては安心を売る商売として認識されているらしくて、安心できるまで占い師を取っかえ引っかえする人もいれば、オレを安心させることのできないオマエはヘボと思われることもある。でも術を曲げてまで吉と告げることはできないよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130805
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.