北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2013-09-29 占星術記号で遊んでみた

“Sign”の“Ruler” “Sign”の“Ruler”を含むブックマーク “Sign”の“Ruler”のブックマークコメント

Unicodeフォントには占星術記号や小成八卦まで含まれている。この御蔭で小惑星とか使わないなら『外字フォント』による著作権の縛りが無意味になった。ありがたいことだ。実は構想段階だけれどもExcelとSwiss EphemerisでCopyleft占星術ソフト作ってみたいと考えている。目標としているのはSolar Fireで、前もって様々なデータ作成しておいて、それらを組み合わせて多様な表現を可能としているところは優れていると思う。

ただUnicodeフォント採用されている占星術記号のグリフはそんなに美しくなくて20ptくらいで表示してやっと見るに耐えるという印象だ。

           



   


日周運動や年周運動において、北半球太陽は宝瓶宮から上昇を始め双魚宮、白羊宮、金牛宮、双児宮と上昇を続けて夏至の巨蟹宮で最も高くなる。そして獅子から下降を始めて処女宮、天秤宮、天蝎宮、人馬宮と下降を続けて、冬至の磨羯宮で最も低くなる。

そうすると一番低いところで、宝瓶宮−磨羯宮が同じ高さとなり、順に双魚宮−人馬宮、白羊宮−天蝎宮、金牛宮−天秤宮、双児宮−処女宮がそれぞれ同じ高さになる。重要な星である月を巨蟹宮、太陽獅子宮に割り付け、残ったサインに低い順からカルディアンオーダーに従って5惑星を割りつけるとサインとそのルーラーの対応が完成する。

これは十二支でも同じようなことができて、草木眠る丑刻から太陽を上昇させて、寅、卯、辰、巳と上昇し午刻で南中して高度が最も高くなる。そして未刻から下降を始めて、申、酉、戌、亥と下降を続け、子刻で北中して最も低い高度となる。午に日、未に月を対応させて、低い子−丑に土星対応させ、その後は順に寅−亥に木星、卯−戌に火星、辰−酉に金星、巳−申に水星対応させると支合(十二支六合)の関係が出来上がる。

もっともルーラーとの対応の図において黄道十二宮十二支は裏表になっていて、これはそのまま月建と月将の関係対応している。

[]以前、田宮規雄先生が言っていたことがある 以前、田宮規雄先生が言っていたことがあるを含むブックマーク 以前、田宮規雄先生が言っていたことがあるのブックマークコメント

故人となられた田宮規雄先生が『これは六龍さんが言っていたことだが』と前置きした上で、『十二支は言ってみればサインのようなもので、十干惑星のようなものと考えることができる。四柱推命干支は、特徴のあるサインにどんな惑星が入っているかをしめしているようなものだ。』と語っていた。話のソースを提示した上での慎重な言い回しであり、田宮先生知的には誠実であったことを伺わせる。

もっと西洋占星術惑星10個になったのは1781年ハーシェルによる天王星発見以降の話であり、一方、干支は商(殷)代に亀甲獣骨に卜辞と共に日付をしめすために使用が始まっているので、10惑星十干には3000年近い時の隔たりがある。そういう点では佐藤六龍先生もしくは田宮先生のような慎重な言い回しにならざるを得ないだろう。

ということで、こんな能天気tweetを見るとなんか癇に障るよね。盗作の人ってこんなもんか。

2013-09-28 十二支とサイン

“Triplicity”と三合会局  “Triplicity”と三合会局を含むブックマーク  “Triplicity”と三合会局のブックマークコメント

西洋占星術の“Triplicity”と中国占術の三合会局は非常に似たものとなっている。どちらも円形に配置したとき正三角形を構成する3つのサインもしくは十二支が特殊な関係にあるとするものだ。一方で決定的に異なっている部分もある。それは“Triplicity”と三合会局では、それらが属する四大もしくは五行に食い違いがある部分だ。

三合会局 五行
Triplicity Elements
Fire
Earth
Air
Water
前回に考察した四象と四大の関係から、火行−Fire、金行−Earth、水行−Water、木行−Air対応は正しいと考えることができる。そしてFireのTriplicityと火の三合会局、EarthのTriplicityと金の三合会局はサイン十二支とも一致している。一方、局五行が木行となる亥−卯−未に対応するのTriplicityのElemntはWaterであり、局が水行の申−子−辰に対応するのTriplicityのElementはAirとなっていて、サイン十二支関係が逆転している。 この違いはやはり十二支サインが異なっているという当たり前の事実をしめしているのであろうが、十二支の局五行が単純に季節ないし太陽の日周運動を基本として、頂点の子−卯−午−酉の五行から局の五行を決定しているであろうことに対して、サインのTriplicityのElementを決定する規則が見えてこない。 以下は推測だが、この違いはTriplicity rulershipと関わりがあって、日月五星にも燥湿寒暖があってそこから、TriplicityのElementにイレギュラーが発生しているのかもしれない。
Triplicity Ruler
Day Night Participating
Fire ♈♌♐
Earth ♑♉♍
Air ♎♒♊
Water ♋♏♓
トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130928

2013-09-23 秋分の日

秋分の日  秋分の日を含むブックマーク  秋分の日のブックマークコメント

今日秋分の日で05:44に秋分となった。この秋分の時刻には太陽天の赤道上と黄道が交差する秋分点ににいたことになる。太陽は1日にほぼ1°しか移動しないので、秋分の日太陽地球赤道を、ほぼ直上から照らし続けることになる。秋分点赤道上の点でもあるからだ。

世間ではよく勘違いされている*1けれども、春分秋分の日に昼夜が均等になるわけではない。例えば今年の東京では、国立天文台によると日の出が05:29で日の入り17:37と計算されており昼間が12時間8分ある。出入りでは昼間が16分長い。今年は完全に昼夜均等になる日はなくて、26日が日の出が05:32、日の入り1733と出入りで昼間が2分長く、27日には夜の方が長くなっている。

太陽赤道直上を照らしているのに昼夜均等にならない一番大きい要因は、地球の大きさや観測位置の高さが日の出日の入り等では無視できなくなっているからだ。この辺りは『史上最強科学のムダ知識』の著者である平林純さん考察されていて、身長によっても日の出の時刻が変わることが、『「一日」「新年」が始まる瞬間』というエントリで解説されている。同じように春は春分の数日前に昼夜均分を通過することになる。

そして地上からの高度によって日の出日の入りの時刻が変化することが、『夕焼けこやけ』の『こやけ』や『夜光雲』、『真珠母雲』の原因となっている。

紫微斗数における暦の問題  紫微斗数における暦の問題を含むブックマーク  紫微斗数における暦の問題のブックマークコメント

紫微斗数についての情報交換用に紫微斗数掲示板を運営している。かなり前だが、紫微斗数の暦について興味深い例があった。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/3858/1175780372/8-14

YMさんというハンドルの方と幾つかコメントのやりとりをしたのだが、日本作成した太陰太陽暦の方が適応性が高いことが報告されている。悩みの尽きないところだ。ついでだが盗作の人についての情報もあった。

[]申が火の三刑を構成するそうだ 申が火の三刑を構成するそうだを含むブックマーク 申が火の三刑を構成するそうだのブックマークコメント

十二支の申は、秋の十二支なので本来の五行は金行であり、申−子−辰の水局の孟支であることから水を含んでいる。火行の巳と支合するが、支合によって変化する五行は水行であり、申自体には火行のカケラもないと言ってよいだろう。

ところが本多信明先生はこんなことを言われるわけだ。

火の五行に通じる寅、巳、申の「火の三刑」

申が火の五行に通じているのだそうだ。どういう理でそうなるのだろう?『火の三刑』なんて用語は一体どこから出てきたのだろう?

魚拓

http://megalodon.jp/2013-0921-1618-54/chardash21.astro459.com/?eid=1428467

*1:姉ケ崎寧々さんも間違えていたりする。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130923

2013-09-13 村野先生の受難

ネットで怖い人と思われているのは  ネットで怖い人と思われているのはを含むブックマーク  ネットで怖い人と思われているのはのブックマークコメント

別に不都合ばかりというわけではない。

村野先生御自分のブログに『またこの手の電話』というエントリをあげていたが、村野先生のように好い人と思われているとこういう災難に逢うこともあるわけだ。個人的にはもっと凄まじい嫌がらせに逢った話も聞かせてもらったことがある。

怖い人と思われているというのは、こういう災難に逢うことが少なくなるという利点もある。まぁたまには菅原光雲御宗家とか藤ヤンの知人のアーマーキング氏が、このはてな日記mixi日記コメント欄荒らしをかけて来たりもするけれども、それくらいのもんだ。

そういえば2chで●の購入情報や●を使った書き込み情報が大量に流出したそうだけれども、2chの『占術理論実践板』で私関係で吠えてる連中はシミッタレばっかりで●買ってまでやろうという程の人間はいそうもないから、●の流出情報にはアクセスしていない。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130913

2013-09-11 誰かコイツを止めてやれよ

[]地理ダメなら天文地理がダメなら天文もを含むブックマーク 地理がダメなら天文ものブックマークコメント

椎羅さんの『紫微斗数入門』を盗作した中島多加仁さんが自身のオフィシャルブログで、地理(=風水)について出鱈目を垂れ流していることについては何度か指摘してきた。

さて、今回は地理と対をなす天文について出鱈目を書いている

まだ始めのころ、中国の暦は西洋に遅れをとっていた。
それが五行を取り入れることで、精度が格段に上がったわけです。
あっというまに西洋技術を超えました。

魚拓 http://megalodon.jp/2013-0911-1431-04/www.nakashimatakahito.com/2013/09/%E6%9A%A6%E3%81%AB%E5%AE%BF%E3%81%A3%E3%81%9F%E5%BD%B1%E9%9F%BF%E5%8A%9B/

中国五行説が出た頃の世界望遠鏡や高精度の時計を手にしておらず、世界の各文明での天文観測の精度はチョボチョボだったわけで、特に中国が遅れていたわけではないし、五行説天文観測の精度の間には何の関係性もない。

七曜から日月を除いた五惑星西洋(といってもギリシャローマ)と同じくらいには見つけていた。何故そんなことが言えるかというと、五行説起源の一つがこの五惑星なのはハッキリしているからだ。盗作する人ってこんなもんか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130911

2013-09-08 秋はcold & dry

四大と方形チャート  四大と方形チャートを含むブックマーク  四大と方形チャートのブックマークコメント

四大と寒暖燥湿

四大と四象関係検索していたら英語版のWikipedaで右のような図を見つけた

Wikipediaでの記述によると、寒暖燥湿の属性の一番二番は固定されたものではない。

  • Air is primarily wet and secondarily hot.
  • Fire is primarily hot and secondarily dry.
  • Earth is primarily dry and secondarily cold.
  • Water is primarily cold and secondarily wet.

この辺りは爻が下から積み上がって行く易の四象と四大が異なっているところだ。

方形チャート

しかし占星術に興味のある人がこの図を見たら誰しもこの方形のホロスコープチャートを思い浮かべるのではないだろうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130908

2013-09-07 鑑定力とは

鑑定力  鑑定力を含むブックマーク  鑑定力のブックマークコメント

昔、mixiの友人まで公開の日記自分自身について以下のように書いたことがある。

占い師として、

  • 術理を突き詰めて考える能力はそれなりだろう。
  • 実占もそんなにヘボではないと思う。
  • 相手の話を聞いて必要な回答を導き出す、鑑定力とでもいうべきものは、ダメダメだろう。

で、ちょっと前に鑑定力を話題に出した時に大石さんから「それ職養道とどう違うの?」と聞かれた。その時は上手く答えられなかったこともあって、ちょっと考えてみることにした。まぁ職養道と同じって結果になるかもしれないけれども、まずは考えてみることにする。

まずクライアントの問いかけって、占う側の都合は無視されていることが多い。例えば「恋愛運はどうですか?」と聞かれても、それが巡ってくる運勢としての恋愛運を問うているのか、今、意中の人がいてその人と仲良くなれるのかを問うているのかが判らない。そしてクライアント側がそれを判別することなく聞いてくることもある。

そのためクライアントの真の問いに到達するために、占いを繰り返す必要が出てくる。巡ってくる運勢として「今の○○運はどうたら」と答えて、「じゃあ○○は上手く行きそうもないですね。」という感じで真の問いが導出できれば好い方だ。こういうプロトコル時間をかけてインストールして行くしかない。アスペルガー障碍の可能性が高くて非言語情報の扱いに難のある私には結構大変な作業だったりする。

私にとって鑑定力というのは、こういったクライアントの真の問いを導く能力ということになる。そして得られた真の問いを、自分に答えられる形に落し込むことも含まれると考えている。こういう事を考えると『ラーメン発見伝』の芹沢のセリフが身に沁みるね。

アマチュアとしては優秀だけれど、プロとしてやっていくのはキツイんじゃないかな。

2013-09-06 ラブプラスから始まって四象に至る

天道有寒暖、地道有燥湿  天道有寒暖、地道有燥湿を含むブックマーク  天道有寒暖、地道有燥湿のブックマークコメント

■青 ■緑
■橙 ■桃

ラブプラス三人娘は、それぞれに複数の個性が与えられている。静動のどちらか、温冷のどちらということで、本来は4種類の個性ということになり、それぞれ青緑橙桃のカラーコードが与えられている。ゲームではその4つの内の3つが採用されている。例えば高嶺愛花場合だと動で冷の緑の愛花ゲームで現れることが無い。

Wet Dry
Cold Water(水) Earth(地)
Hot Air(風) Fire(火)

この静動をWet-Dryと読み替ると、温冷はHot-Coldそのままで四大となる。つまり地水火風の地はCold&Dryというわけだ。

さて易の世界では太極両儀を生じ、両儀から四象が生まれ、四象から八卦が生じたことになっている。四象はそのまま季節とつながっているので、四象は四大とほぼ同じと考えても良いだろう。つまり少陽が春でAir(風)、太陽が夏でFire(火)、少陰が秋でEarth(地)、太陰が冬でWater(水)というわけだ。五行では春は木行だが、木行は水行と火行が分離した後、残った陽気が東に移動して散って風となり、その風から木行が生まれたことになっているので、五行が四大の影響下にあることが理解できる。

20130906005236

四象は二つの爻で表されるが、上の爻と下の爻のどちらが湿燥でどちらが寒暖かというと夏の太陽から秋の少陰への変化や冬の太陰から春の少陽への変化を考えると、上の爻が寒暖で下の爻が湿燥ということになる。上の爻が天、下の爻が地であるなら滴天髄の『天道有寒暖』『地道有燥湿』がそのまま出てくる。もっとも滴天髄の天道、地道が四象の爻の上下を指していると主張するつもりはないが面白い

易の本筮では春夏秋冬の季節の巡りが何回あるかで爻の陰陽動静が決まるわけだが、爻の陰陽動静もまた四象と読み替えることが可能であるなら、本筮特有の判断方法が見えてくるかもしれない。

2013-09-03 昨日から引き続き『季節の持つ力』を受講しての話

シュレーディンガーの猫  シュレーディンガーの猫を含むブックマーク  シュレーディンガーの猫のブックマークコメント

って結局のところ、確率的な予測しかできない量子力学を1発勝負の問題に適用すると変なことになるよ、というのを示したわけだ。一方で、占いは、そのシュレーディンガーの猫の生死を当てようとしているわけだ。

占いの当たり外れの結果を統計的に検証することは不可能ではないけれども、結局のところ占いは常に1発勝負ということだ。『占い統計だ』とか言われるとカチンと来るよね。

禄神  禄神を含むブックマーク  禄神のブックマークコメント

禄神は常に陽生陰死の十二運の臨官*1を持って禄神とする。何故常に陽生陰死を採用するのか少し疑問だったのだが『季節の持つ力』の講義で十二運の話が出たついで質問した結果、疑問が氷解した。

まり十二支の中に同じ十干があるときにそれを以て『禄』とする、禄神はここから来ている。なので巳の本気の十干が丙であることから丙は巳を禄神とし、午の本気の十干が丁であるので丁の禄神は午となる。こういうことだ。

まり陽生陰死の十二運は、こういった『禄』や『刃』の出方に合うように作られているというわけだ。

昨日から引き続き、こういった事柄を理解させてくれた鎗田先生大石さんには感謝している。

なんとなく作ってみた  なんとなく作ってみたを含むブックマーク  なんとなく作ってみたのブックマークコメント

*1:一般には建禄として知られているが、臨官が正しい。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20130903

2013-09-02 季節が持つ力は侮れない

季節の持つ力  季節の持つ力を含むブックマーク  季節の持つ力のブックマークコメント

玄学舎鎗田先生ゲストに迎えて開いた『季節の持つ力』の講義に出席してきた。

梅花心易においては体神の季節による旺衰が吉凶の判断に大きな影響を与えるそうだ。これは六壬でも考慮するべきことだろう。六壬における体神は日干だ*1

水土長生  水土長生を含むブックマーク  水土長生のブックマークコメント

五行は土行によって相生相尅のサイクルを持ち、四大よりも遙かにダイナミックな存在となったが、生旺墓の三角形拡張して作られた『十二運*2』において、土行をどう扱うかという問題を抱え込むことにもなった。古い時代には、土行の十二運のサイクルを水行と同じとしていた。私はこれを『水土長生』と呼んでいる。

土行を水行に寄せる理由については、漠然と『最後に生まれた土行なので、最初に生まれた水行に寄せることにした』のだろうと考えていたが、奇門遁甲と同じく『説卦伝』を基に中宮と坤宮を同一視することで、自然に水土長生となることが理解できた。これだけでも『季節の持つ力』の講義に出たかいがあったというものだ。

そして火土同根も実は中宮の寄宮法から生まれてくるもので、五行相生から出てきたものではなかったりする。

*1:干上神ではない。

*2:本当は十二長生とでも呼ぶべきものらしい。

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.