北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2014-12-25 冬至も過ぎました

恒例の年の切り替わりのロードマップ  恒例の年の切り替わりのロードマップを含むブックマーク  恒例の年の切り替わりのロードマップのブックマークコメント

冬至も過ぎたので、恒例化しつつある年の切り替わりのロードマップを。時刻は全て日本標準時

冬至 2014/12/22 08:03
日本国元日 2015/01/01
立春(定気) 2015/02/04 12:58
立春(恒気) 2015/02/05 23:46
太陰太陽暦正月 2015/02/19 08:47
春分(定気) 2015/03/21 07:45
春分(恒気) 2015/03/23 15:30

今年冬至にたてた年筮は酷くて坎二爻だった。年が明ける前に、やっかいな事が持ち上がって、何とか切り抜けたけど、寿命が3日くらい縮んだかもしれない。坎が指していたのはこれだったと思いたい。

冬コミで売り子します  冬コミで売り子しますを含むブックマーク  冬コミで売り子しますのブックマークコメント

既にあちこちでPRが出ていますが、12月30日冬コミの最終日にサークル占い館みーしゃと椎羅』で売り子をします。扱っているのは、

です。

コミックマーケット87
東京ビッグサイト 2014年12月30日 火曜日
東2ホール Uブロック 07a 「占い館みーしゃと椎羅」

へお越しやす

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20141225

2014-12-13 月建と月将

『月建』と『月将』  『月建』と『月将』を含むブックマーク  『月建』と『月将』のブックマークコメント

20141213193613
星座の日周運動

この『はてな日記』へのアクセスリファラを眺めていたら『「月将」と「月建」の意味が掴めなくて、私キーっとなってしまう方がいらっしゃったので、今更ながらに『月建』と『月将』について説明してみることにする。

占星術的な観点に立てば、恒星は天球に張りついていて『日周運動』とよばれる、天の北極を中心とした回転運動をする。これは地球が自転していることの反映でもある。引用した図*1はそのことをしめしている。古来から東アジアでは北斗七星を日周運動の指標としていた。北斗七星の柄が指している天球上の方角は『斗建』とよばれている。そのために『建』には動詞として『おざ(す)』の訓があるというのは、以前、この日記でも触れたことがある

さて天球が1周するのは1恒星日なので1平均太陽日よりも少しだけ進んでいる*2。この進みが累積して行くと1年で丁度1恒星日になる。そのため特定の平均太陽時に斗建を観測すると斗建の回転角が変化して行くことになる。そこで斗建がある一定範囲にある期間を1ヶ月として、その一定範囲内の斗建を『月建』とよぶことになった。月建の『建』は斗建の『建』であり、旧暦中段の十二直の最初の『建』でもある。十二直の建は月建が変わって最初の月建支と同じ日支から建が始まっている。一般的には、建を『たつ』と訓じているけれども、私は『さす』の方が正しい訓だと考えている。そして恒星時が地球の自転に基づく時刻であり、恒星時と平均太陽時とのズレを指標とする月建は赤道座標に基づく『月』と考えることができるだろう。

一方、月将の十二支太陽過宮に基づいていて、太陽黄道のどの位置を占めているかを指標としたものだ。これは黄道十二宮と一致する。月将の十二支は月建の十二支の成立後に、シルクロードを経由して西方から持ち込まれたものだ。といってもその時代は、中国戦国時代を遡ることはないが、前漢東漢)より下ることはないという古さを持っている。この月将の十二支を使用する占術で代表的もの六壬神課と七政四餘だが、六壬神課の成立は月将の十二支中国に到来した頃と考えてよいだろう。それは六壬神課では酉=従魁が昴と同じものとして扱われており、これはギリシャホロスコープ占星術が一応の成立をみた頃と同じく、金牛宮が星座としての牡牛座と一致していた頃の記憶六壬神課に残っていることから、そう考えることができる。

さて『「月将」と「月建」の意味が掴めなくて、私キーっとなってしまう方は、紫微斗数の命宮が何故、月の十二支から時刻に従って逆に進むのか疑問に思われていたようだが、それは六壬神課における天地盤作成方法を考えてみれば判ると思う。すでに『命宮算出』のエントリで書いたように、月将が同じなら上昇宮である命宮の十二支時間と共に逆行して行くからだ。七政四餘でも命宮は六壬地盤の卯地と同じものとなっているはずだ。

ということなので、私は紫微斗数西洋占星術ベース中国オリジナルの占術として開発されたことをもって、十二支も西洋由来とする説には全く賛成できない。月建の十二支は月将の十二支中国に到来する以前から中国存在していたからだ。ついでに言えば、二十八宿インドの二十七宿は異なっており、インドの二十七宿を適当漢字一文字にしたものではない。それは宿曜経で解説されている宿の簡易算出法の付表が何故か牛宿を含む中国二十八宿になっていることから判る。

なお先に出てきた十二支西洋由来とする説を唱えた人は、別の所古代の占術では『日干を本人とする』と言っていたけれども、五行大義以前では年干が本人だったなんて知らないんだろうな。

キーとなっていた人ですキーとなっていた人です 2014/12/14 00:12 説明していただいてありがとうございました。
月建と月将について、だいたいのところは理解できました。細かい部分までは理解が及びませんでしたが、それは私の基礎知識の不足によるものなので、折々勉強していきたいと思います。まさか説明してもらえると思わなかったので嬉しいです。ありがとうございました。

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.