北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2017-08-02 凡人なら凡人の道を進むしかない

筮前の審事、筮後の審事  筮前の審事、筮後の審事を含むブックマーク  筮前の審事、筮後の審事のブックマークコメント

加藤大岳昭和の易聖とよばれていて、明治の呑象翁から数えると、大雑把に100年に一人の天才といえるだろう。

では、加藤大岳のどこが易聖と言われるまでに凄かったかというと、多分、正しい卦を得る能力でも、卦を解釈する能力でもなかったと思う。加藤大岳が凄かったのは筮前の審事においてだったのではないだろうか。

加藤大岳以降、筮前の審事、つまり卦を得る前の段階で問いを突き詰め、正しく問うことの重要性がうるさく言われるようなった。しかしながら、この正しく問うて卦を立てることがちゃんとできてたのは加藤大岳くらいしかいなかったのではないだろうか。というか天才加藤大岳をしてやっと筮前の審事を尽くすことができたのではないだろうか。

例をあげてみよう。大熊茅楊先生の占例だ。梅雨最中、大熊先生明日の天候を占って習坎を得、明日も雨と判断されたのだそうだ。ところが実際には、次の日はカンカンに晴れたそうで、大熊先生は溜まっていた洗濯物を片付けるべく洗濯機を回していたのだが、洗濯機の中の水流を見て、『これが習坎だったのか』と納得されたのだそうだ。つまり、大熊先生の本当の問いは「明日晴れるか?」ではなくて「明日洗濯できるか?」だったということだ。加藤大岳弟子の大熊先生にして、こういう誤占がある。

なので、私のような凡人では加藤大岳のようには筮前の審事を尽くすことができないのだ、ということを折り込んだ上での筮前の審事ということになる。そして得た卦を見てクライアントと話をして筮前の審事を再検討する、という筮後の審事が重要になる。

加藤大岳を虎に例えるなら、虎を描いたところで猫になるのは仕方がない。それでも凡人が猫であっても形をなすことがでたとしたら、やはり喜ぶべきだろう。多くは形をなすことすらできないのだから

小岳小岳 2017/08/02 13:54 こんもの筮前の審事とよばんよ。あたな易学通変とかまともに読んだことないろう。

hokuto-heihokuto-hei 2017/08/02 17:54 同じ内容の投稿が4個続いたので1個にしました。

hokuto-heihokuto-hei 2017/08/02 18:08 どうせなら御自分のサイトででも、「これが筮前の審事だ」といったものを公表して頂けると私も勉強になるので宜しく御願いします。

2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.