北斗柄の占いについて思うこと このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

北斗七星夜柄長 破軍廻剱曳光芒
悠々法界無窮命 小我帰天満十方
Hokuto.logo

  Office HOKUTO の「占いについて思うこと」から移行
  紫微斗数って占い知ってます?

菅原光雲御宗家が「はてな」さんに削除要請を出したみたいです。(2005-05-26)
御宗家の主張が世間で通用するものなられっきとした刑事事件なんだからケーサツ行くべきでしょう。

バカバカバカのコメントを残した菅原光雲御宗家がやったコメント荒らしの足跡とか
2003-11-102004-04-072004-10-082005-04-102005-04-172005-05-152005-07-04
2005-07-132005-07-14
見て楽しいものでもないですが、光雲御宗家はこういうことをする御仁です。

2018-05-11 あれは9年前

東京大学文学部図書 東京大学文学部図書室を含むブックマーク  東京大学文学部図書室のブックマークコメント

以前、『東京大学行ってきた』のエントリをあげたのが2009年4月のことだから来年になると10年前ということになる。歳月人を待たず、とはよく言ったものだ。

東京大学といっても行ったのは文学部図書室で、御目当ては元勇準博士学位論文「『周易』の儒教経典研究−出土資料周易』を中心に−」だった。この論文は出土物の考古学的な分析から、易の始原の姿を追求したものだ。論文では以下のように結論付けている。

儒家は『周易』を経典として採用することによって、『周易』が持っている呪術性・宗教性を自らのものにすることができた。それによって、儒家道徳性の上に呪術性・宗教性を兼ね備える聖人像を提示することができた。

そして易の始原の姿として、

  • 爻辞の六や九は、陰陽を数字でしめしものではなく、元々から六や九であった。それが後に陰陽と解されるようになった。
    • このことは『周易』が、遠い過去からの卜辞、爻辞の集積に上に成立した卜筮の書であることを教えてくれる。
  • 周易周易となる以前の形態として、商・周において一から十の数字使用した数字卦が存在した可能性があり、使用されている数字に種類が減って行き、最終的に九と六に収斂したのではないか。
  • 周易において卦名・卦辞が定まったのは、爻辞が定まった後のことである

といった事柄が、考古学的な出土物の分析から導き出されている。

孔子が『十翼』を書いたというのは、単なる伝説ということだし、伏羲も出番はない。六十四卦から八卦が作りだされたのであるから八卦を重ねて大成卦を作ったという文王の逸話も単純に伝説だ。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hokuto-hei/20180511
2003 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2004 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 |
2100 | 12 |

Creative Commons License
This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Share Alike 3.0 License.